壬生義士伝 下 (文春文庫 あ 39-3)

  • 4331人登録
  • 4.23評価
    • (1148)
    • (465)
    • (589)
    • (18)
    • (3)
  • 518レビュー
著者 : 浅田次郎
  • 文藝春秋 (2002年9月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (454ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167646035

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

壬生義士伝 下 (文春文庫 あ 39-3)の感想・レビュー・書評

  •  「福山ロス」「タモリさんロス」「五代ロス(D・フジオカ)」色んなロスが流行った昨今ですが、今日からしばらく私は“吉村ロス”状態に入ります。
     一文字目から最終文まで本当に心を振るわされる傑作でした。
     我が人生一の英雄(ヒーローまたは男前)がこの物語の中に生きたのです。

  • 嗚咽ほどの号泣。号泣。
    読んだ後、しばらく何も手につかなかった。
    浅田節炸裂。

  • 息子の理屈に納得いかず。

  • 時代小説は読んだことがなく、上巻は時間がかかったが次第に慣れたのか下巻は一気に読み通せた。
    親から子、子から親、友、主従、同志、恋人・伴侶と、人をとりまくすべての関係に対する作者の理想が描かれているように感じた。浅田次郎さんを全く以て知らないのに申し訳ないけれども。
    すべて素晴らしかった。読んで良かった。
    死に際の貫一郎の願いが子達にちゃんと伝わっていることが分かったところが一番嬉しく、伏線とそれが解決するところが好きなのだと改めて思った。

  • 巧み。人物、その心情、情景がありありと迫りくる。話の展開もしかり。下巻では心の内からしぼり出るような涙が出た。

  • 下巻です。

    この巻は、、、主人公の手紙とか斎藤一とかが
    佳かったです。

    泣いたです。

  • 映画の存在は知ってたけど、ストーリーまでは知らなかった。

    今回小説で読んで感動。
    通勤電車の中で何度も涙ぐんでしまった…。

    口述の文体なので読みにくい感じがしないでもなかったけど、雰囲気としてはこれが良かったんだと思う。

    これはおもしろかった。

  • 下巻です!
    下巻は上巻以上に泣けて泣けて。
    電車の中では読めませんでした。

    家族を守るために義を選んで死んだ父、父を一人で死なせないと函館で討ち死にした長男と多くのものに支えられていることを知り、生き抜くことを選んだ次男。
    傍で育てられなかったけれど、父の思いはちゃんと息子達に受け継がれていったことに感動しました。

    盛岡に行きたくなりました。
    北上川のほとりに立って岩手山を臨みたい。もちろん岩を割って咲く桜の時期に・・・

  • 南部藩屋敷に現れた吉村貫一郎の様子と、様々な形で吉村貫一郎と関わったひとびとが吉村について語るものとが交互に描かれている。

    この構成や吉村貫一郎の人となりが、以前読んだ「永遠の0」によく似ていると感じた。どうやら百田尚樹さんが本書をベースに作品を書いたとも聞き納得する。

    吉村貫一郎について訊いて廻る人物は一体誰だったのかがよくわからないが、ここは読者が勝手に想像して良いということだろうか。

    泣けるというほどではなかったものの、新撰組にそれほど興味のなかったわたしであっても終始面白く読め、新撰組にも興味を持つことができた。

    妻と子が無事に生きることだけを願った吉村であったのに、戦いに身を投じ生命を散らす長男の姿は、親の思いの伝わらないことが切なくもあり、父親の姿によって自分も武士の誇りに生きたとも言える。読者それぞれで感じ方もまたそれぞれだろう。

    最後にある大野次郎右衛門の認めた手紙は、読みにくいものではあるけれど、大野の吉村に対する深い思いがこめられており胸に迫る。

    こういう構成や人物描写、物語の展開のうまさが浅田次郎さんや本書の評価が高い所以なのだろうと思う。
    他の作品も読んでみたいと思わせる「壬生義士伝」だった。

  • さすが平成の泣かせ屋。千秋と嘉一郎の水盃の契、貫一郎の割腹とそれを見た次郎衛の反応、もう親子二代で主従でもうもう……。
    ちょっと登場人物把握しきれず聞き手が誰か分からずじまいだったの残念でした。

  •  本音と建前がいつも違って、でもそのどっちが本音なのか自分でも分からなくなってしまう。建前を経て本音も心から変わっていってしまう。
     建前が格好良いし、そう生きたくて生きていた時代で、でもそんな生き方は歪んでいたし、死ぬ道なんか歩きたくはなかった。
     そういう一言に言いきれない侍という化物たちの歪んだ生き様がとても胸に来た。

     人を憎みながら、憎しみの対象が姿を得たような男を生かしたいと願って泣いた一さんがとても好き。

  • 吉村貫太郎を主役に持ってきたのはいいけど、展開が読めてしまいあまり印象に残らなかった

  • そして、泣いた!

  • この新選組の話、吉村貫一郎とその縁者の話を通してたくさんの筆者の伝えたいことがちりばめられていたと思う。 息子の最後の愚痴には泣きそうになった。父の刀に血を付けるなという思惑は思い通りにはいかなかいつらい運命はあったものの、恨んでいたわけではなかった父思いの息子と家族を一心に思い続けた父の思いがつながった。

  • 上巻からの斉藤一の回想から、親友の息子、親友の下僕、最初の新撰組隊士と続き、主人公の末息子の回想で終わる。
    下巻では、吉村貫一郎だけではなく、吉村貫一郎の長男と、吉村貫一郎の親友で切腹を命じた大野次郎衛にスポットライトが当たる。

  • 嘉一郎が母へ宛てた手紙がすごく好きです。とても良い本を読みました。吉村貫一郎という男を知ることができて何より。

  • 泣き過ぎて目が腫れるという恐ろしいことになった。

    しんみりとそして穏やかに石割桜と車窓からの風景を思い浮かべて語りを聞いていたのに、最後の大野様の手紙でまた泣かされた。義士ですよ、もう。最期にあの手紙を認めることが出来る大野様、紛れもなく義士。
    貫一郎も嘉一郎も次郎右衛門もみんな義士。

  • 嘉一郎の母への手紙に震えた。父が好きだった。南部弁が心に染みる。男性偏重の凄まじさ、悲しさ、今の日本に通じる。ただ、平等の世もこのような封建の世を正しく生きた人がいてこそ、生まれてくる、根付いてくるのだろう。

  • 新撰組の裏面史で生きたという吉村貫一郎なる男の物語。
    下級武士の極貧生活に窮し、家族を養うためやむなく南部藩を脱藩、新選組に名を連ねたという剣士である。吉村は、新撰組でも随一の剣の強者で、幕末の京、大阪の幾多の修羅場を斬りぬけてゆく。
     
     小説は、新撰組の生き残りの者達が、往時の吉村について証言する、という形式で、面白い構成で飽きさせない。
     
     また、幕末の乱世で新撰組が担わされていた微妙な捨石的な役割を改めて知ることが出来た(私は日本史は不勉強なので…)。 
     
     函館五稜郭の戦。北の果ての大地の最後の戦いを、哀愁と寂寥感を漂わせて語り、巧みである。
     
     会津藩と南部藩、武士の道理を貫き滅びゆく悲哀…。 
     吉村が遠い盛岡に残した家族に寄せる思い、故郷盛岡への想いがいじらしい程に一途で、胸を打つ。 そして、吉村の息子 嘉一郎が五稜郭の戦へ旅立つ際、親友と水盃を交わす場面が胸に迫る。  

  • おもしろかったぁ。
    電車の中で読んで、危うく涙ぐむところだった。これは家でひとりじっくり読む本ですね。

    義は忠義の義ではなく、正義の義である。最後の手紙にまた涙です。

    ところで、最後までこのインタビュアーがわからなかった。ご想像におまかせってことかな?

  • 上巻に続いて、最後まで心を込めて読めた。
    最後の手紙、古い形態で書かれているが、内容を
    じっくりと読むと、この物語の最後にふさわしい
    手紙でぐっとくる。

    ひとりの人間の生き様をこんなにも壮大に描かれ、
    見事にその人物像を目の前に表現する浅田さんは
    すごい作家である。
    ここ最近では自分のベスト小説である。

  • (まだそんたなこと言うておるのか。これはな、貫一。身も心も燃やし尽くし、捧げ尽くした者の末期の有様じゃ。しかと目ば開けて、座敷を埋むる血ば見よ。お前は、おのれの体に流るる血を子らに分かち、その意味をば身をもって十全に教え諭した。座敷にはっ散らがした血は、子らに与えた残りもんだ。よくぞここまで、おのれをふり絞った。お前の体には、最早一滴の血も残ってはおらぬ。ええか、貫一。お前は父母の与えた身体髪膚をば、いたずらに毀傷したわけではねぞ。一筋の髪、一片の肉、一滴の血すら無駄にはせず、すべてを使い果たしたのじゃ。この始末ば見た者は、過てる武士道に目覚むるじゃろう。武士道は死ぬることではなぐ、生きることじゃと知るじゃろう。わかるか、貫一。それこそがまことの武士道ぞ。南部の士魂ぞ)

  • 上巻から一変。
    涙涙の下巻でした。
    素晴らしい作品。
    これほどまでに貫いた生き方が出来る人がいるとは。
    その生き方が子へと受け継がれているのは、あっぱれでありながら、切なさを伴う。
    自分の命をかけるもの。
    考えようと思う。

全518件中 1 - 25件を表示

壬生義士伝 下 (文春文庫 あ 39-3)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

壬生義士伝 下 (文春文庫 あ 39-3)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

壬生義士伝 下 (文春文庫 あ 39-3)を本棚に「積読」で登録しているひと

壬生義士伝 下 (文春文庫 あ 39-3)の作品紹介

五稜郭に霧がたちこめる晩、若侍は参陣した。あってはならない"まさか"が起こった-義士・吉村の一生と、命に替えても守りたかった子供たちの物語が、関係者の"語り"で紡ぎだされる。吉村の真摯な一生に関わった人々の人生が見事に結実する壮大なクライマックス。第13回柴田錬三郎賞受賞の傑作長篇小説。

壬生義士伝 下 (文春文庫 あ 39-3)の単行本

壬生義士伝 下 (文春文庫 あ 39-3)のKindle版

ツイートする