古地図に魅せられた男 (文春文庫)

  • 30人登録
  • 3.00評価
    • (1)
    • (0)
    • (7)
    • (2)
    • (0)
  • 6レビュー
制作 : Miles Harvey  島田 三蔵 
  • 文藝春秋 (2001年10月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (398ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167651145

古地図に魅せられた男 (文春文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2016/11/3購入
    2016/12/1読了

  • (チラ見!/文庫)

  • 歴史の中の地図泥棒と地図作成者の話。地図が好きな人にだけ勧めます。

  • アメリカ史上最悪の実在した古地図泥棒について書かれたふりをした古地図を巡る様々なエピソードをめぐらせた本。図書室から丁寧に古地図を盗んで売りさばいていた古地図専門店主も魅力的ならパスファインダーなどの開拓時代初期の冒険者たちもまた魅力的で、犯罪にまつわる読み物とは思わせない。

  • 今回読んだこれは、ミステリーではなくて、
    アメリカ犯罪史上最大規模の古地図泥棒を追ったドキュメンタリー。
    と言っても、ずーっと追ってるわけではなく、それを軸にして、
    古地図ディーラー、コレクター、図書館員、地図の歴史、地図の作り方など、古地図に関する読み物と言った感じ。

    最大規模といってるように、向こうでは古地図ってのは、フェアが開かれるくらい市場があるもののようだ。
    古地図は嫌いじゃないけど、集めたいとは思わないなー。
    でも、向こうじゃ研究家でなくても、実業家がちょっと応接室に飾りたいとかそういうのがあるみたい。
    それとも、日本でも盛んだけど、俺が知らないだけか?

    さて、この泥棒の手口はと言うと、偽名で図書館に入り、
    剃刀でページを切り離してしまうと言う、なんとも本好きにとってはぞっとするような手口。
    けれども、この本をばらすと言うのは別に犯罪でなくても、
    向こうの業者は稀覯本を入手すると地図や図版をばらして売ったりするのが、珍しくないようだ。
    日本でもこう言うことやってんの?

    蒐集と言う行為は基本的にハントであって、
    目当てのものを見つけたときは高揚するけどそれは長続きせず、すぐに次の獲物を探し始める。
    得てして、ハンターは獲物を探す過程自体を楽しむようになる、っていうコレクター心理の研究家の言葉が出てくる。
    まさにそのとおり(笑)

    結局、犯人にインタヴューすることはできないから、はっきりとした理由とかは出て来ないんだけど、
    それ以外の地図エピソードが面白いから別に気にならない。
    地図の蘊蓄がたっぷり詰まっていて、こないだ読んだ『経度への挑戦』とともに、
    この手の話に興味がある人にはオススメ。
    専門書じゃないから読みやすいしね。

全6件中 1 - 6件を表示

古地図に魅せられた男 (文春文庫)のその他の作品

The Island of Lost Maps: A Story of Cartographic Crime ペーパーバック The Island of Lost Maps: A Story of Cartographic Crime マイルズ・ハーベイ
The Island of Lost Maps: A Story of Cartographic Crime ハードカバー The Island of Lost Maps: A Story of Cartographic Crime マイルズ・ハーベイ

古地図に魅せられた男 (文春文庫)はこんな本です

古地図に魅せられた男 (文春文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

古地図に魅せられた男 (文春文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ツイートする