バチカン・エクソシスト (文春文庫)

  • 162人登録
  • 3.34評価
    • (1)
    • (21)
    • (15)
    • (6)
    • (1)
  • 24レビュー
制作 : Tracy Wilkinson  矢口 誠 
  • 文藝春秋 (2010年4月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (271ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167651671

バチカン・エクソシスト (文春文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • なんと複雑な問題だろうか…。結局「悪とは?」「悪魔とは?」に行き着いて、その捉え方は人により様々。悪の定義なんてそんな簡単にいかないもんなあ…。

  • 小説「エクソシスト」のなかにこんな台詞がある。「エクソシストに会いたければタイムマシンにのって16世紀へ行くことだ」
    しかし著者はいう。

    その必要はない。現代のイタリアへ行けばすむ話だ。

    エクソシズム-悪魔祓いの儀式は中世の物語ではなく、バチカンも公式に認め現代イタリアで実際に日常行われている儀式だという。

    本書はロサンゼルスタイムズ誌の記者による、エクソシストへの多面的なアプローチによって成り立っている。
    複数のエクソシストと実際に悪魔祓いを受けている被術者にインタビューを行い、飽くまで客観的な視点に立ち、読者に現代の悪魔祓いの持つ意味を問いかける。

    超自然的な現象に懐疑的な人、それを受け入れられる人、双方に興味深い本だと思う。


    記事URL:http://spenth.blog111.fc2.com/blog-entry-10.html

  • 忘れた

  • 映画でしか知らない「エクソシスト」いわゆる悪魔祓いですが、実は現代イタリアではエクソシストがたくさんいて、エクソシストを頼るキリスト教徒もいっぱいいる…という、真面目なレポートです。
    現代の日本人からすると、悪魔憑きなどありえない…と思いますが、そう信じている人にとっては、現代医学よりもエクソシストを頼ってしまう傾向があるようです。
    しかし、悪魔憑きといってもその患者はほとんど女性であること、イタリアでは精神病を忌み嫌い理解しようとする心が薄いこと、また、無意識にエクソシストに合わせて演技したり、罹患することによって、人にかまってもらえるので悪魔憑きになったような気持ちになってしまう…ということも、本書では指摘してます。
    かっちりした記者レポートって感じで、独創的…ってほどでもないですが、この手のノンフィクションってあまりないし、イタリア人の精神性も伺える本でした。

  • イタリアにおける"現代"のエクソシスト事情。イタリアではエクソシストに対する需要が増えて居るのだとか。精神病を恥と捕らえる環境から精神病と認めたく無い人達、また精神科医の治療で改善できない人達がエクソシストを頼る。

    タイプの違う現役エクソインタビューや、エクソシストを頼った人達の体験談が興味深い。熱心なキリスト教信者だけではなく、あまり宗教に熱心でなかった医学生も検討の結果、自らを悪魔憑きと認め悪魔払いを望んだ例もある。

    そして教会のエクソシストに対する扱いも一枚岩ではない。

    治療として見た場合の悪魔払いは、サイコセラピストが医学的観点からやらないようなこともやってしまうのでなかなか問題があるようだ。ただそれで問題を解決出来る人も居るというのが難しいところ。

    日本にも狐憑きというものがあるが、キリスト教のように神と悪魔という概念から来る物ではないため少し事情が変わって来るらしい。

  • 現代でも、というか、現代だからこそなのか、悪魔祓いが増えているとのこと。

    精神の病気と一言では片付けられないことがあるという。

    大変力の入ったレポートだった

  • エクソシストで思い出すのはやはりあの映画である。キリスト者では
    ないけれど、インパクトがあって怖かった。でも、信仰がない分だけ
    現実感とは乖離していた。

    悪魔ではなくても、何かに憑かれるという現象は多かれ少なかれ
    正解中のいろんな国や地域にある。日本ならさしずめ狐憑きか。

    憑きもの落としと言えば京極夏彦の京極堂シリーズなのだが、
    カソリックのエクソシストも京極堂に通じるものがあるのでは
    ないだろうか。

    本書は実際に悪魔祓いの儀式を執り行っているエクソシストや
    悪魔に憑かれておりエクソシストの祈祷を必要としている人、
    またカソリック教会のなかでエクソシストの位置付け、賛否両論
    を併記している。

    「ああだから、こう」という結論は出していないが、その分、公平性が
    保てている良書である。

    極端なオカルトは好きではないが、科学では解明出来ないことも
    この世にはあると思う。でも、悪魔憑きの人の口から釘だとか
    ガラスの破片だとかが吐き出されるっては信じがたいな。

    社会が発達するにつれ、人間の心の病は多様化している。もしか
    したら、エクソシストはカソリックの信仰の中で精神科医の役割を
    担っているのかもしれない。

    それにしても悪魔が本当にいるのなら会ってみたい。あ…日本には
    いるな、大相撲好きの悪魔が。蝋人形にされちゃうらしいけど…。

  • カトリック協会、エクソシスト、精神科医、警察それぞれの組織内において、悪魔払いに対して意見が統一していない。

  • なんかノストラダムスの大予言とか、あんな感じのつかみどころのなさ。
    エクソシストってそんなにたくさんいるのか、とかは思いましたが。

  • なぜにコレ?とおもわれたでしょう(笑)^^;
    ふらふらっと手にとってみたら意外や意外、かなり知らないことが満載でした。
    ほんと、人間って知らないことのほうが多いんですよね。だから、めぐり合った本はちゃんと読まなきゃ!

    信仰と悪魔
    キリスト教と悪魔祓い
    悪魔祓いをする人(エクソシスト)の現状
    日本にはなぜエクソシストが存在しないのか
    女性の罪はイブまでさかのぼるしか仕方がないのか
    悪魔祓いはでっちあげか
    医学と宗教

    これらのことについてきちんと向き合って書かれている点が多く見受けられました。私もこの本を手にとったのは不純な動機でした。エクソシストなんて映画しか知らない。でもその映画もきちんとローマ教会の許可を得て作られており、悪魔祓いのシーンには、本当のエクソシスト(司祭)2名が同席していたとか。そもそもエクソシストは公的な職種ではないにしても、現実的には200名近いエクソシストが現在も存在し、活動している。また大学で養成講座も行われているという。
    どうでしょ?ここまできたらなんだかよ見たくなりませんか?(笑)
    時代をさかのぼればイエス・キリストそのものが、悪魔祓いをしたということがマルコ伝にものっている。そもそも悪魔(デーモン)だって、天使だった。その天使の堕落により悪魔と化しているわけだから、その悪魔が人間に憑依するには何かしら意味があると私は思う。だが・・だ。日本には悪魔という認識もない。しいていうと妖怪だ(笑) どうしてもその国、その土地の土壌というものがかかわっているらしい。
    現代は、医学、科学も進歩し、解明できなかったことが事細かに解明されているため、猫も杓子も体の異変は悪魔のせいにする輩もおり、また宗教に偏りすぎて本来治療で治るべきものも悪化させてしまうということも多いらしい。エクソシストの役割が現代に本当に役にたってるのか否かは正直わかりません。

    ただ、宗教とのかかわりの中で、人間の意志ではどうにもできない部分があるということだけははっきりとわかりました。

    すべてが自然科学で解明することは不可能。信じる信じないは別にして、一読する意味はあると思います。

全24件中 1 - 10件を表示

トレイシー・ウイルキンソンの作品

バチカン・エクソシスト (文春文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

バチカン・エクソシスト (文春文庫)の作品紹介

バチカンには法王公認のエクソシストがいて、いまもハリウッド映画さながらの"儀式"が行われている。約2千年にわたるカトリックの歴史のなかで、それはどのように位置づけられ、悪に取り憑かれた人々を救済してきたのか?LAタイムズの女性敏腕記者がスリリングに暴きだす「現代の悪魔祓い」の闇と真実。

バチカン・エクソシスト (文春文庫)の単行本

ツイートする