ぬるーい地獄の歩き方 (文春文庫)

  • 329人登録
  • 3.31評価
    • (16)
    • (29)
    • (118)
    • (5)
    • (2)
  • 35レビュー
著者 : 松尾スズキ
  • 文藝春秋 (2002年4月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (175ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167656300

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
フランツ・カフカ
松尾 スズキ
松尾 スズキ
松尾 スズキ
宮藤 官九郎
リリー・フランキ...
リリー・フランキ...
松尾 スズキ
松尾 スズキ
有効な右矢印 無効な右矢印

ぬるーい地獄の歩き方 (文春文庫)の感想・レビュー・書評

  • 『ゆるーい地獄ってどんなところ?』

    ある意味ハードでナイーブな対談集。ゆるーい地獄だとあるが僕はなかなか酷な内容だと思った。対談事態はポップに進むので、通勤中の読書に最適。具体的な書評は割愛する。

    地獄って天国より僕のなかで想像しづらい。今まで余り幸せじゃない人生を生きてきても、未だに地獄を見たことはないし(天国もみたことはないが)、兎に角なんだか曖昧な存在だった。そもそも地獄の定義もよくわからない。いじめられたら地獄なのか、失恋したら、地獄なのか?
    自分の中の尺度が足らなくて今一リアリティがなかった。残念。地獄の定義を独自に学びたいと思った。

    限界企画2/172

  • パッケージ買いしました。うん。コンプレックスじごく...というどろっとした濃い話が詰まってました。若ハゲの辛さや、バーコードハゲの件もあるけど、子役のその後とかふつーに興味あったからほほう!という感じでした。私的には就活疲れたよね、社会疲れたよね、受検めんどうだよね?みたいな人に読んでもらいたい〜

  • ぬるくないけどぬるいと思われている地獄のような生活について。芸能界ってやっぱえげつない業界だなー。

  • 人それぞれの人生があるが、ちょっとしたつまづきもまた、人を大きくするものかもしれない。ぬるーい地獄という表現が、悲壮感の中にも逃げ道を感じさせるもの。

  • 松尾スズキによる対談集。お相手は「ぬるーい地獄」の経験者達。

    「ぬるーい地獄」とは即ち、「世の中にはもっと不幸な人がいるんだから」云々なんて正論の前にはただただ黙るしかないような辛さのこと。
    「甘えるんじゃない、命があるだけいいじゃないか、世界には飢えて死ぬ子供たちだっているんだ」……いやそれは解るんだけど、それでも自分は辛いのです。そんな声を収集する試み。
    その後の松尾作品(戯曲でも小説でも)のモチーフがいろいろ発見できます。

    本書で紹介される様々な地獄の中に「いじめ」の項があるところに時代を感じますね。そうか、昔は「我慢しなさい」って言ってたんだ……。

    子役、失恋、付き人の「辛いはずなのに妙に居心地が良くてなーんか抜け出す気になれない」という点が、一番ぬるくて地獄っぽいな~と思いました。自覚がないのはヤバいでしょう。

    ネットなんかに「辛いんです!」とか訴えれば、次の瞬間には有象無象の姿なき人々が慰めてくれる。本人もそれで溜飲が下がったりもする。
    これが現代社会の「ぬるじご」でしょうか。

  • 特殊業界や経験など、ぬるーい地獄を歩んだという人と松尾スズキの対談。個人的には失恋のぬるーい地獄が面白かった。

    さて、私にとってのぬるーい地獄とは何か。
    もしかしたら現在かもしれない。

    でも本中の人たちも地獄をどこか楽しそうに語っているふしがあった様に感じた。
    私も現在がぬるい地獄なんだったら楽しみながら歩いてやる。

  • 流石に、「いじめ」の題のときの大人計画3人は殺伐としていて、イイ!
    大人計画ファンには欠かせない一冊。

  • 子役、昆布漁、いじめ、失恋、メディカルアート、痔、若禿げ、付き人。世の中には「公然とつらがれない地獄がある」(@松尾スズキ)そういうなかなかおおっぴらに語られない、というか語らせてもらえない負け組の地獄をおおいに語ってもらいましょうという企画。タレント養成所のヒエラルキーや飼い殺しのシステム、朝昼晩の食事がごはん納豆みそ汁×45日の出稼ぎアルバイト、殺される約束をさせられた宍戸美和公のいじめ体験、付き人の日常など、いままできく機会のなかったぬるい地獄のはなしがきけておもしろい。共感したのは井口昇の「おれもあの首だったかもしれない」という酒鬼薔薇事件をうけての発言。酒鬼薔薇だったかもとか加藤だったかもって人はああいう凄惨な事件のあと大量に湧くのに、淳くんだったかもって人の声はきこえてこないから、そうそうそうだよねむしろあっち側に共感するよねとはげしく相づちをうつ。わたしもおおむね被害者の方に共感してるんですよ。いつもだいたいぶっ殺される側。だからずっと違和感をもっていて。でも新井亜樹にさえしずかに爆笑されていたくらいだからやっぱその感覚って特殊なのかなー。

  • 積読カテゴリの理由は「読み終わったのに積読」状態。
    トイレに誰かが持っていく、あら?とまた読んでしまう。
    「昆布漁」が個人的に地獄ツボ。

  • 松尾スズキさんはインタビュアーとしては自分を出しすぎている気がしたけど、対談相手としては面白いひとだとおもった。世間一般でいうダメ人間でも、哲学をもっていれば不思議とそれほど惨めには見えない。

  • まんまだが、ぬるい…

  • 元子役役者とか、失恋からの鬱経験者とか、結構読んでみると、書き方一つでちっともぬるくない方向にも転がりかねない際どいネタが多かった気がする。でも松尾さんとの対談だから、そんなこともあるのかよーはははーな感じでおさまって、読みやすい。

  • 先輩からいただいた本。

  • 落ち込んだときの必需本ですvv

  • ”ぬるーい”だから、そんなに深刻にならずに読める。(むしろ面白い。。。)しかし世の中にはいろんな地獄がある
    普通がいかに恵まれた境遇であるかと再認識^^

  • あ、私もぬるい地獄にいるのかも

  • ぬるくてゆるゆるな対談(?)集。当人にとっては地獄であったろうに、不思議と笑えるのはその人の人柄であろう。

  • 痔にはなりたくないことよ。

  • ハゲ地獄がすごく良かった。
    痔地獄はそこそこかな。

    他はあんまりだけど、全体的に
    中年の湿り気があってよろし。

  • あーーぬるいぬるい

  • 本当にぬるい。生ぬるい。
    だから余計に痛い。そして笑える。

  • 松尾スズキと歩くいろんな地獄。

全35件中 1 - 25件を表示

ぬるーい地獄の歩き方 (文春文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ぬるーい地獄の歩き方 (文春文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ぬるーい地獄の歩き方 (文春文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ぬるーい地獄の歩き方 (文春文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ぬるーい地獄の歩き方 (文春文庫)はこんな本です

ぬるーい地獄の歩き方 (文春文庫)の単行本

ツイートする