午前三時のルースター (文春文庫)

  • 1163人登録
  • 3.52評価
    • (70)
    • (189)
    • (261)
    • (27)
    • (7)
  • 153レビュー
著者 : 垣根涼介
  • 文藝春秋 (2003年6月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (360ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167656683

午前三時のルースター (文春文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 勤めている旅行代理店の得意先の孫とその父親の消息を尋ねることになった主人公。
    しかし、何者かがそれを妨害する。
    最後にたどり着くのはせつない真実……。



  • 失踪した父を捜しにベトナムへ。
    青春小説かと思いきや。
    どうしようもない事実を受け入れ成長していく様が、実に巧み。

    主人公が少年かと思いきや、旅行代理店の添乗員の目線で物語は進んで行く。
    ドライな質感が良いね。

    垣根氏って、人間の抗えない現実の描き方が、中々に優れてる。

  • うーん(・・;)

  • ストーリー、展開 面白かった。こういうのわりと好きです。

  • 垣根さんの時代物が面白かったので、昔の作品を読んでみた。スピード感があって、まるで映画のようなエンターテインメント性が楽しめた。主人公の男の子が格好良すぎ。

  • ハードボイルドでかっこいい。少々少年が大人すぎるところが難点。

  • ベトナムの感じは凄くいいなあ、と思ったしバックで誰が妨害してるかは最初ですぐわかっちゃうとはいえ、父親の謎で結構引っ張って面白かった。それだけに父親のその動機的なものはもうちょっとなんか説得力のあるものにして欲しかった。

  • 垣根作品初見という事で、垣根作品デビュー(笑)

    失踪した父を探しにベトナムに飛ぶ、主人公と失踪した父の息子。ベトナム好きな私としては(まだ行った事ないけれどw)嬉しかった。

    父親を探す過程で、行く手を阻む何者かが出てきてその展開にハラハラしながらもページを捲るのがやめられなくなって、一気にラストまで読み切ってしまった。

    ただ、ラストの部分が意外にあっさりとしていたのでもう少し深く描いて欲しかったなぁ。という印象。プラス、バイクや車の描写が綿密だけれど、私はその辺に全く疎いので読んでいてもイマイチ、ピンとこなかった。

  • 次に読むボーダーに関係ある人物が出てくるとのことなので先に読む。垣根さんのデビュー作。ベトナム着いてすぐ旅行の計画が妨害された時点でなんとなく話の道筋が読めてしまったけど面白く読めた。やはり垣根さんの小説に出てくる男の人はとても魅力的でいい男が多い。ボーダーで、どうに成長した慎一郎と会えるのか楽しみ。

  • この人のこの路線は好き
    一気に読んじゃった

全153件中 1 - 10件を表示

垣根涼介の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
伊坂 幸太郎
東野 圭吾
伊坂 幸太郎
東野 圭吾
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

午前三時のルースター (文春文庫)に関連する談話室の質問

午前三時のルースター (文春文庫)に関連するまとめ

午前三時のルースター (文春文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

午前三時のルースター (文春文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

午前三時のルースター (文春文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

午前三時のルースター (文春文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする