新装版 義経 (下) (文春文庫)

  • 1263人登録
  • 3.52評価
    • (69)
    • (181)
    • (277)
    • (23)
    • (3)
  • 103レビュー
著者 : 司馬遼太郎
  • 文藝春秋 (2004年2月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (498ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167663124

新装版 義経 (下) (文春文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 来年は司馬遼太郎作品を時代順に読んでみよう。義経は以前読んだので早速登録。読む前は絵本の牛若丸のイメージだったが、読んでみると義経の人物像が深堀されていて面白い。 軍事的天才は政治的には幼稚。バランスを欠いたキャラゆえに物語になるのかな。それにしても英雄や京男はモテてエエなぁ。

  • 義仲の滅亡から一ノ谷、矢島、壇ノ浦の戦いを経て義経の滅亡までを描く下巻。義経の戦における才能と裏腹に政治的才能も情勢を見極める事ができる家臣もなく、やがて落ちぶれていく過程が上手く描かれている。物語のきっかけとなる政治家の行家とうまく折り合えばと考えるが、それにしても歴史というものは際どい所で成り立っているものか。
    終盤はかなり急ぎ足で締めくくっており、その後の頼朝の状況や義経の敗走のエピソード、安宅の関での弁慶との勧進帳の逸話も触れることなし。弁慶は出会いこそ劇的に描かれているが活躍の場があまりなく残念。
    法王のあまりの俗人的なところは宮内庁あたりから文句が出そうな描かれ方で、ある意味人間臭さがあり面白い。
    ともあれ、物語としてとても面白かった。

  • 義経が後世の人々に愛される理由がわかった。だめなところがまた可愛く思えるのか。現代に生きてたらいいところ発揮できないだろうし、どんな風なんだろう。想像すると楽しい。生まれ変わった時には幸せに生きてほしいなと思う。

  • 面白かった。
    あえて、そこで終わるのかという結末。
    司馬さんの本は結構読んでたつもりでしたが、
    本当に楽しめた。2年も本棚で寝かしただけはあるw

  • 頼朝と義経の関係はなんとなく知っていたが、これほど憎悪に満ち溢れていたとは。。。意外な展開と結末のあっけなさ。

  • 平家追討の最大の功労者であり自分の弟でもある義経を、自分の武家政権擁立のために悪として誅する頼朝に対し、正義とは何なのかと考えさせられる作品だった。惜しいのは義経の最期。奥州に落ちてから、死の描写が完全に簡略されていることと、京、鎌倉、平泉の三竦み状態だったはずなのに下巻では平泉の情勢などが省かれてしまっていたのが心残り。

  • 大将としての義経の凄さと、それ以外の時の義経の幼さに、大きなギャップを感じて、そこがまた魅力なんじゃないかと思いました。
    京を離れた後、詳しいことは書かれていませんが、奥州へ逃れた時、自害した時は一体義経がどんな心境であったのか、非常に気になります。結局一度も頼朝と戦おうとはしなかった義経は、最後まで頼朝を慕っていたんじゃないかな...

  • 「司馬遼太郎そろそろ読まなきゃだけど『坂の上の雲』とか長いしどうしよう!」という、どうしようもない理由で買ってみた。入門として。
    が、後からフリークの人に話を聞いたところ、どうやら入門としてはアレな模様。
    一通り読んでみると、なるほどその通りかな、と思った次第。

    本書の義経像は、だいたい以下の3点に集約される。
    ・(多分に先天的な)戦術の際を以って、戦場で華々しい活躍をすることによってのみ存在意義があったこと。
    ・関東武士団を中核とする御家人集団からは、頼朝による秩序を乱す者として白眼視され続けたこと。
    ・私生活はぐだぐだで、かつ大した教養もなかったこと。

    というわけで、壇ノ浦で平家が滅亡した時点で、義経その人の存在意義も消滅したということになる。
    だから、そこから終わりまでの記述は非常にあっさり。もともとあっさりだけど、特に。
    でも、もともとが時代の相をマクロ的に描き気味なので、衣川まで引っ張って悲劇性を煽るよりは、すんなり受け入れられたのかもしれない。

    個人的にはドラマ的要素を求めちゃいなかったので、納得と言えば納得なのだけど、スペクタクルを求めがちな方にはお勧めできないかなあ。

  • 前評判は知ってたのだけど空気読めないお子ちゃまな義経、面白かった!

  •  この時代については「1192つくろう鎌倉幕府」程度にしか知らなかった。戦国、幕末と日本史で人気の時代がたしかにある。あるのだが、あえてわたしは『義経』を押す。律令制から武家政治に変革する変わり目に現れた天才義経はとても魅力がある。わたしの中では信長越えまちがいなし、なぜなら800年以上前に騎馬戦術を理解し行動しえたのだから、すごいとしかいえない。いつの時代も改革者は変人なのである。

全103件中 1 - 10件を表示

司馬遼太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三島 由紀夫
フランツ・カフカ
有効な右矢印 無効な右矢印

新装版 義経 (下) (文春文庫)に関連する談話室の質問

新装版 義経 (下) (文春文庫)を本棚に登録しているひと

新装版 義経 (下) (文春文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

新装版 義経 (下) (文春文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

新装版 義経 (下) (文春文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

新装版 義経 (下) (文春文庫)の作品紹介

義経は華やかに歴史に登場する。木曽義仲を京から駆逐し、続いて平家を相手に転戦し、一ノ谷で、屋島で、壇ノ浦で潰滅させる…その得意の絶頂期に、既に破滅が忍びよっていた。彼は軍事的には天才であったが、あわれなほど政治感覚がないため、鎌倉幕府の運営に苦慮する頼朝にとって毒物以外の何物でもなくなっていた。

新装版 義経 (下) (文春文庫)のKindle版

新装版 義経 (下) (文春文庫)の文庫

ツイートする