イルカ (文春文庫)

  • 1436人登録
  • 3.60評価
    • (92)
    • (169)
    • (234)
    • (27)
    • (4)
  • 171レビュー
  • 文藝春秋 (2008年11月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167667047

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
よしもと ばなな
東野 圭吾
よしもと ばなな
よしもと ばなな
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

イルカ (文春文庫)の感想・レビュー・書評

  • ウーム
    当分ばななさんはいいかな…
    一気に読みすぎました。

    いいなと思う箇所もあるけれど、全体的には入り込めない。
    読めないことはないけれど、やはり合わないのかなァ。

    ばななさん作品は当分お休みします。
    暫くしたら初期の話を読みたいです。またキッチンのような面白さに出会えたら…

  • あとがきに違和感。
    よしもとばななの代表作⁉はこれではない。

  • イルカをみるとなぜだかほっこり幸福な気分になる。

    ――恋愛はいつでも時間を奪う。必ず冷めるとわかっているのに、そのときは巻き込まれて気づかないうちに、いろいろなものを失ってしまうし、私のための時間が減ってしまう。まだ誰にもなにかを与えたいというほどには愛してるいないのに、私はまた私をひとところにしばりつける流れの中に入ってしまいそうになる。

    よしもとばななさんらしい表現。決して甘すぎないものがたり。
    最後は涙がでた

  • ネガティブなこともまなまなしいことも一貫して爽やか。
    頭で考えることが多くなってしまいがちだけど、『感じる』っていうのも大事なんだと思った。

  • やわらかい気持ちになれる本。
    気分転換したい時に読むと癒されます。

  • 二ラウンド目で読みましたが、最初はストーリーを全く覚えていなかった。
    キッチンの時の様に、ややアブノーマルな状況で主人公は自分に正直に又淡々と生きていきます。
    だが、本当にこんな感じ方があるのだろうか。
    これは作者の理想?
    現実のドロドロした、全く統一性もないさまざまな感情を排除したいのか。
    これがバナナさんの本当の感性ならば、私とは凄く違うと思いました。
    普通の人とは違うと思いました。

  • 最初はなかなか進まなかったんだけど、途中から一気に読んだ。
    よしもとさんらしさがよく出ている作品だと思います^^

  • なんだか小説というより、よしもとさんの妊娠体験記を読んでいる気がした。それはそれでいいんだろうけれど、ちょっとイルカって小細工がとっぴ過ぎな気がする。まあ人によってはイルカだったりウサギだったりするのだろうけれど。なんだかよく分からないままに過ぎた本。

  • 出てくる人すべてが好ましい

  • 感覚はときに理屈より強い。

  • 白くてゆったりした気分になった。

  • おなかに赤ちゃんが宿った女の人の話。

    命が宿るって、すごく不思議なこと。

  • 婚姻制度に意味あるのかな?

    こどもに遺産を相続させること以外に
    あまり重要な意義を見いだせないかもと思ってた

    そしたらたまたまタイムリーにこの本読みました

    主人公は、とても自分がありのままでいられることを大切にしていて
    人に依存することもしなくて、だからこそ激しく憎んだりもしなくて
    とてもすてきに思える女性

    こどもの存在を
    「しばるものではなくつなぐもの」って言ってたシーンが印象的
    ここまでありのままに受け入れられたら、気持ちも楽かな

    気持ちよい子育てをしたいと思ったし

    気持ちよい異性との関係を続けたいと思った

    そのためには、やっぱり自分を大切にすることが一番大切。

    そうしないと、やっぱり他人のことを大切にできないと思うの。


  • なんだかものすごくよしもとばななさんの
    本が読みたくなって読みました^^
    赤ちゃんが出来るってどんな風であれ
    素晴らしいことなのかも。

  • イルカの不思議な力と、子供がお腹にいるときの母の不思議な力。
    それぞれがリンクして見える世界が描かれていました。
    主人公のキミコは一般的な生活からは遠い、人とは違うことに敏感な人だったからかもしれない。
    でもすべての母に共通するものがあるのではないかと思う。
    自分が子供を産む機会があれば、きっと共感できることが多いのだろうな。
    どこか客観的で、でも少しずつ現実を見つめていくキミコのお話。

  • なんか、かなりよかった。

    元々、吉本ばななの作品は好きで。
    そこで淡々と静かに迫力を持って語られる空気とか。
    喪失と再生の道のりとか。

    ものすごく熱狂的に「面白い!」と夢中でページを繰っていたわけではなく、
    むしろ前半はなかなか読み進めずにちょっと放置もして(笑)

    けど、現在の自分と妙に沿っていたような感じが
    最後にはとても心地よく、気持ちよく重なっていった。

    子供を産むことって、素敵なんだな。

  • 感性が豊か、そんな印象。

    感じていても口では説明できなかったり、堂々めぐりになるから考えないようにしていることとかを丁寧に言葉に起こして、しかもうまく言い当ててるところなんかはさすがだなーって思った。

    状況を変えようと無理に行動して、人生にゆがみを生じさせるのが嫌、っていうそういう感じが何か分かる気がした。

    今の年齢で読んでよかったと思う作品でした。

  • よしもとばなな、好きなんですが
    最近の作品はちょっと変わってきた気がする?
    この「イルカ」もいまいち心に残らなかった。

  • 素敵な内容ではあるけれど、非現実的。

  • 出産の話。びっくりするぐらい明るい。曲がりくねることなく、ほとんどブレることなく喜びと幸せにまっすぐ向かっていくのは他の作品とやや違っていて、なお心地良い。

  • 妊娠の時の細かな変化・気持ち、人を好きになって一緒にいることの意味を考えた。

  • 「あの瞬間が私が年齢とは関係なく大人になった瞬間なのだと思う。」(イルカ/よしもとばなな)

  • ストーリー的には
    恋愛小説でもあり
    家族小説でもあり
    友情もあり

    けれどどれも当てはまらない
    気がするのはなんでだろう。
    それは多分、
    妊婦独特の世界みたいなものがあって
    その経験をした人にしかわからない
    のかもしれないなぁ
    もし、私が妊婦になることがあったら
    そのとき改めて読んでみたい。

全171件中 1 - 25件を表示

イルカ (文春文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

イルカ (文春文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

イルカ (文春文庫)のKindle版

ツイートする