その日のまえに (文春文庫)

  • 5749人登録
  • 4.11評価
    • (809)
    • (765)
    • (477)
    • (42)
    • (4)
  • 662レビュー
著者 : 重松清
  • 文藝春秋 (2008年9月3日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (365ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167669072

その日のまえに (文春文庫)の感想・レビュー・書評

  • 誰でもいつかは迎えるはずの「死」。
    それぞれの物語は、少しずつリンクし、「死」と向きあう人たちを描いている。
    誰にでも訪れる「死」だけれど、けっして同じ「死」ではない。
    事故や病気、事件などで突然「死」を迎える人たちもいる。
    天寿・・・という言葉があるけれど、まっとうする人がどれほどいるだろうか。
    「死」は運命です・・・そんな意味のことをドラマで聞いたことがある。
    そう思わなければ受け入れられない「死」はたくさんある。
    「死」と戦うこと。
    「死」を受け入れること。
    どちらが正しいのかわからないけれど、どちらも辛いことに変わりはない。
    読んでいて、自然と涙がこぼれてきた。
    毎日を生きること。
    明日が来ることが当たり前のように思える日常。
    でも、そこには大切な意味があるのだと・・・そんなふうに思えた物語だった。

  • 傲慢で自分本位になりかけたとき、ついつい即物的というか大事なことを忘れかけたとき、何度でも読み返して、人生を無駄にしないように、思い出したい本

  • ある人の勧めで読んだけど…可もなく不可もなく。

  • 泣ける!通勤電車の中で5回泣いてしまった。

  • サムくんオススメ

    ★ひこうき雲
    皮肉なものだ、と思う。ひとに伝えるのがいちばん難しいにおいのほうが、目で見た風景よりも記憶に深く刻まれている。25p


    神さまよりも人間のほうが、ずっと優しい。
    神さまは涙を流すのだろうか。

    僕はこんなふうにして少しずつ和美を忘れていく。


    その日のまえに
    その日
    その日のあとに

  • 家族の死、悲しみ、後悔。短編集だけどつながっている作品。良い話でした。

  • 短編集だが、それぞれの話が最後に集結している。
    悲しい話ではあるのだが、散りばめられたものがしっかり回収される形で、最終話でホっとできる。

    この感想を書く前に、皆さんの感想を読んでみたが、皆さんの感想に感動した。物語を素直に受け取り、純粋な気持ちで感動している。
    どの短編も子供に読ませたくなるような内容だった。

    私と同世代の主人公が多かったが、自分はうまく感情移入できず、よくできた国語の本だなぁという全く情けなく不甲斐ない感想(-"-;
    そういえば、去年子供と一緒に受験勉強をしていた時、国語の問題にこの短編の一作目が使われていたなぁ・・・・。

  • 人の死にまつわる短編集。いずれもあまり凝った内容ではなくシンプル。悪く言えばありきたりだが、シンプルだからこそ胸に迫るものがある。悔いのないよう家族と接しようと思う。

  • 一つひとつの家族の物語が知ってる家族のように、そして自分のことかと思えるくらいの身近で、純粋に怖かった。本当の本当にその立場に自分がなったら?いつなったって、おかしくない。がんの家族の持つすごく複雑で個人的な心の揺れが、もし私だったらと思うと張り裂けそうだった。
    がんだと言われた「その日」から、きっと今まで通りの人生は送れなくなる。「その日」が来るまでの日常の間に、やっておきたいことがたくさんある。だってまだ考えたくない。
    そしていつか必ず訪れる「その日」までに、あえて当事者ではなく家族として考えたときに、私は何が出来るんだろう。
    2016/07/01

  • 涙無しには読めない。

  • 若くして最後の日を迎える人びと、どこかで話がつながっている

  • 涙が止まらなかった。どの話も温かい涙が流れた。重松さんの作品は、どれをとってもそうである。おすすめの一冊。

  • 連作短編作品。
    ひこうき雲の次は、繋がりが無い。
    ん?連作じゃない!
    と、思ったら…後の3作で纏めたね〜
    基本、短編は好きじゃないけど、連作は良いね。
    重松作品は、友人や家族、クラスメートを軸にした作品が多い。
    老若男女問わず、身近に感じるストーリー。
    しかも読みやすい。
    '16.07.09読書完了

  • 昨日までの生活が、今後も続くはずだったが。。。不意にそれを断ち切る余命3か月の診断。新婚のころに暮らした街に一緒にでかける様は涙を誘う。妻を愛する夫と、最期を薄々感じている2人の息子。届いた手紙の短いせりふには、考え抜いた妻の思いが込められていてやるせない気分にさせられる。精一杯生きないといけないと考えさせられる作品。

  • 二年ほど前に買ったがその時は読めず今頃になって読む。
    七編の短編集だが「その日…」の三篇は一つの物語で他の短編とも繋がっている。
    最初に読んだ時は「その日のあとで」の妻が担当看護師(他の短編と繋がっている人物)に託した手紙のひとこと「忘れてもいいよ」が強く印象に残った。
    「忘れてもいいよ」は本当は「忘れないでね」なんだと思う。
    次はもう少し冷静に夫の気持ちに共感しながら読めた。
    自分にとって大切な人がいなくなったとしても街はそんな事も知らずに昨日と何も変わらない。
    悲しいや寂しいという感情が自分の心の重石になって居座り時々その重石に触れてしまうところや出口のない後悔にさいなまれてしまうところ。
    人はそんなに簡単にきれいさっぱり人の心から消えるなんて事は出来ない。
    大切な人がいなくなっても遺された人の人生は続く。
    時間は何があっても絶対に前にしか進まないし後悔しても何も変わらない。
    でも時間は何も解決はしてくれないけど悲しみの輪郭みたいなものを少しずつ変えてくれるのだと思う。
    後悔してもいいと思うし考える事が答えなんだというのも生きているという事だと思う。

  • デジャブ??
    読んでいるうちにどこかで読んだような内容が続く・・・
    重松清の他の本にも掲載されていたお話しが混ざっているのか?これも重松ワールドなのかも(^^;;;

    それぞれ短編のオムニバス形式のものが続く。それぞれの人生が突然消えたり変わる瞬間、そしてそれを受け入れるためにじたばたしたり、諦めたり、納得して準備したり、受け入れられなくて苦しむ人たちの話が続く。

    そして、その話がそれぞれ関係を持ち一つのお話しに変わっていく。それぞれの人たちの繋がりが分かってくる。

    終わった人生も、これから続く人生も流れていく時間と世界の中で紛れもなく続いていくという私たちの世界。

    そんな、重松清ワールドでした。

  • 終わりが見えた瞬間にそれは終わったも同然、
    といわれたことがあった。
    たしかそのときは友達の恋愛指南を拝聴していた。終わりを知る前とは同じようにできない。なくなるとわかったらもうそこにはないのと一緒。
    そのときは、なるほど、と思った気がする。

    今はどうだろうか。
    終わりが見えたそのときにこそ、今ある時間が華々しく輝くこともあるような気がする。
    急ブレーキを踏むと摩擦で火花が散るように。
    桜が華やかなのも花火がきれいなのも、一瞬でなくなってしまうことを知っているからこそ余計にそう感じられるのかもしれない、と思う。
    限られた時間が物事に色をつけて鮮やかにするのかもしれない。

    でも、そんなことを軽々しく考えられないくらい
    失うってことはしんどい。
    大切な誰かを失うことも、自分の人生を失うことも。
    これは病で人生の終末を意識せざるを得なくなる数家族の物語で、その重みがずんとのしかかる一冊。


    重松清の小説は問いしかないんだっていつも感じる。
    どうなんだと問いかけるだけ問いかけて、あとは自分でなんとか考えろよと手を離される。ふだんは意識に上らせないようにしていることを目の前に出される。著者自身が小さい頃から吃音に苦しんだとのことで、その体験が問いかけることを妥協しない・させない姿勢に結びついているのかもしれない。彼の本を読むときには、どこか覚悟というか心の準備が必要。読み終わるとしばらくぼーっとしたくなる。

  • 死を目の前にした人と残される人の心情…

    日々 死について考ることって中々ない
    この本を読んで いつその日がきてもおかしくないんだなぁ と その日の事を考える時間を持つことも必要だなぁと考えさせられた

  • その日の前に とても胸締め付けられる思いだった。けど、だからこそ 日々を大事にすごさなければと

  • 全編、癌にまつわる人々の話。ちょうど義父を肺癌で亡くしたばかりなので、途中で読めなくなった時期もあったけれど、最後はすんなり胸に入ってきた。重松さんの文章は重くないのにしっとりと来る。

  • 「その日」つまり「死」がテーマな小説なので、読み終えても何かどんよりとした気持ちになりました。

  • 死というテーマが明確なだけに他の短編よりものめり込んで読めた。とくに「その日の前に」から始まる連作は素晴らしい。

  • 重松さんの作品はうんと昔に何冊か読んで好きな作家さんだったので、以下辛口です。
    彼にしてはなんというか安易なつくりで正直期待未満。
    まずここに書かれてる「死」はなんだか似たり寄ったりなものばかりで、一気によんだぶん「その日」にたどり着く前に食傷気味になったのも否めない。もちろんじんとくるシーンも心に残る描写もある。でも続く言葉は「だけど…」だ。「死」というある意味、簡単に重くできるテーマだからこそ、中心に据えるのならもう少し何か欲しかった、かな。

    ※追記
    …お風呂を洗いながらふと思いついたのだけど、「その日」を一時回避できるパターンっていうのはタブーだったのかな。表題作でそれはちょっと違う気がするけど、短編の中にひとつくらい、誰にでもいつか絶対にくる「その日」だからこそ、一度その気配を間近に感じた(あるいはその日に触れた)あとに、続く日々があっても良かったよなあなんて思ってしまったんだけど。それはそれで安易になってしまうんだろうか。

全662件中 1 - 25件を表示

その日のまえに (文春文庫)を本棚に登録しているひと

その日のまえに (文春文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

その日のまえに (文春文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

その日のまえに (文春文庫)の単行本

その日のまえに (文春文庫)のKindle版

ツイートする