その日のまえに (文春文庫)

  • 5929人登録
  • 4.11評価
    • (820)
    • (788)
    • (490)
    • (44)
    • (5)
  • 680レビュー
著者 : 重松清
  • 文藝春秋 (2008年9月3日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (365ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167669072

その日のまえに (文春文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 何年か前にこの映画を観て、「やられた」という気分になった。
    そして小説を読んでみたら、表題作で映画化もされた「その日のまえに」の後に、「その日」と「その日のあとで」という短編が収録されていて、さらに切なくなり、深みが増した。

    その他にも4つの短編が収録されているのだけど、すべて“人の生死”が関わっている。
    それも全部が病気。
    小学生のときに病気で亡くなった同級生の回想、余命告知をされた男、若くして夫をなくした女、など。
    そしてそれらが少しずつ繋がっていて、連作のようにもなっている。

    余命告知をされた人の気持ちは理解できるはずもないから軽々しくは書けないけれど、大事な人を亡くした経験はあるからそちら側の気持ちは解る。
    そういう人は、友人、知人、日々出会う人のなかにもたくさんいて、みんなそれぞれ深い悲しみを抱いていたり、後悔の念を持っていたりする。
    突然であれ猶予があった状態であれ、大事な人を送り出したあと、何ひとつ後悔が残らない人間はいないと思う。少なからず「あの時ああすればよかった」とか「これを言っておけばよかった」とか思うことはあるし、もっと重くなれば自分のせいでその人が死んでしまったと自分を責める人もいると思う。
    正解がないから、悩むし苦しむ。
    それでも人間は強かだから、時間とともに少しずつ忘れて立ち直ったり、後悔を違うかたちに変える力も持っている。それはけして悪いことではなくて、生きていくために必要な機能なのだと思う。

    送る側、送り出される側の苦悩や葛藤、悲しみ、痛み、そして強さ。
    それらが詰まった物語の集まりに、思わず涙が流れた。

    大切な人が余命宣告されたら?
    事前に準備して、後悔しないように最大限動いて、心の準備をして。
    それでも「その日」になると、全てが無駄だったかのように時間が過ぎていく。
    そして「その日」はだんだんと遠のいていく。
    思い出すことは日増しに減っていく。それでも絶対に、忘れはしない。

    父が突然亡くなった日、そしてその後の日々のこと。
    そして三年前に母が癌告知された時のこと。
    いろんなことが、読んでいる間に頭のなかで蘇った。

    泣きながら、苦しみながら、それでも徐々に日常を取り戻して、笑える日がだんだんと増えていく人間の強さ。
    とても素晴らしい、と思う。

  • 妻、夫、母、あるいは友達が死に向かっていく日々「その日」を丁寧に静かに綴っていく短編集。メインストーリーは「その日の前に」「その日」「その日のあとで」と続く連作になっています。読めば誰もが投打されてしまうような圧倒的な共鳴がそこにはあります。斯く言う私も途中から肩が震え、涙の膜で活字が一切見えなくなりました。でも、悲しみや後悔よりもその先にある、もっとこう温かくて微かな希望を見出せるような読後感です。「生きること」と「死ぬこと」、「のこされること」と「歩き出すこと」を真っ直ぐに描いた一冊。同じようなテーマの違う作者の本も今まで読んできましたが、彼の表現性は秀逸であると殊更感動した一冊です。

  • 死をテーマにした重松清さんの連作短編集


    幼い頃〝人は何故死ぬのか?〟
    夜になると自分の周りの人が死ぬ事を想像して悲しくて、
    怖くてよく泣いていた時期があった。


    30歳を目前にして、自分の大切な人の死を乗り越えて
    今なら少しだけ分かる事がある。


    人の命には限りがあるから、
    生きているこの瞬間を大切に生きようと思えるし、
    大切な人をもっと大事にしようと思えるんだということ。


    この小説を読んでいる間涙が止まらなかった。
    改めて今この瞬間を大切にしようと思った。
    そして、大切な人をより愛しく思った。


    重松さんは何故こんなに心に染みる様な温かい文章を書けるんだろう。

  • 家族や友人、自分の死に向き合う人たちをテーマにした短編集。
    電車の中で読んでいて、何度も泣けけた。
    誰しもいつか訪れるその日を想像して、自分ならどうするか、どうして欲しいかを考えると、また泣けてくる。

  • だいぶ前から手元にはあったのですが
    何だか読むのが勿体無くて、意を決して読みました。

    短編集なのですが、最後に色々な事が繋がる。
    私はお母さんと息子くんの話が好きでした。

    読み進めるのが辛いなぁ…と思う場面が沢山ありましたが
    ただ悲しいと言うだけではなくて
    何だか優しい気持ちがふんわりと溢れる。

    隣で寝ている主人の事が愛おしく思えました。
    あぁ、今日は主人孝行しよっと!

    いつか、自分にも自分の大切な人にも
    “その日”は来てしまうんだよなぁ。

  • なんだろう、期待が大きすぎたのかな。
    泣ける小説といえばコレ!っていう先入観びんびんで読み始めてしまったものの、あまり感情移入できる余地がみつからず、ぐっとくるところが無かったのは残念でした。
    本作は死をテーマにした短編集で、まさに「その日のまえ」と「その日」と「その日のあと」が描かれています。
    死ぬことそのものよりは、大切な人を亡くした残されてしまった側の視点から語られる話が多い。
    もし自分が余命宣告されたら。
    そんな想像をすると、死にたくない!よりも、生きたい!よりも、怖い!よりも、家族は?子供たちは?と、確かに残してしまう人のことを心配するだろうなぁ。
    表題作の妻のような手紙を書いたりもするかもしれない。
    忘れることは、決して悪いことではない。忘れられることも。消え去ってしまうのでは無いのだから。忘却はむしろ救いだ。
    何かの折にふと思い出して、そのときに「お帰り」と言ってもらえればそれで良いのだと、そう思えました。

  • ありがちな死ネタではなくてうまいと思うんだけど、やっぱり死ネタは苦手。読み返すのは怖くて出来ない。

  • 何だか無性にセンチメンタルな小説を読みたくなって柄にもなく手に取ってみたのだが、少々ベタ過ぎた。でもたまにはこういうのも良いな。何の変化もない毎日が少しだけ貴重なものに思えてきた。
    だからと言う訳でもないけれど、今日10ウン回目かの結婚記念日の朝に届くよう、妻のために花束を注文してきた。こういうちょっとした心境の変化をもたらすのも小説を読む醍醐味ですな。

  • 自分自身の、そして私の大事な人たちの「その日」のために…今、そしてその時、何が出来るだろう
    手元に置いて何度も読み返したい一冊でした

  • 自分の大切な人達は私が「その日」を迎えたときどんな思いを抱くかなぁとふと思った…

全680件中 1 - 10件を表示

重松清の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
湊 かなえ
伊坂 幸太郎
東野 圭吾
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

その日のまえに (文春文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

その日のまえに (文春文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

その日のまえに (文春文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

その日のまえに (文春文庫)の単行本

その日のまえに (文春文庫)のKindle版

ツイートする