おれっちの「鬼平さん」―池波正太郎「鬼平犯科帳」傑作選 (文春文庫)

  • 33人登録
  • 3.45評価
    • (2)
    • (2)
    • (6)
    • (1)
    • (0)
  • 5レビュー
制作 : 山本 一力 
  • 文藝春秋 (2010年5月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (295ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167670115

おれっちの「鬼平さん」―池波正太郎「鬼平犯科帳」傑作選 (文春文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 昨年末にドラマをテレビで初めて見て、鬼平犯科帳の面白さに気づいた。
    偶然、図書館でこの本をみかけ、はじめて鬼平犯科帳を本で読んだが。。
    実に面白い。
    スムーズに読める文体で、イメージがしやすい人物描写、イメージがしやすい現場感。それらにどっぷりつかって、まるで、自分がその時代にいるかのように読めるのがすごいと思った。
    今年は、シリーズを1から読もうと思った。

  • 鬼平は倫理やら道徳やらを超えたとこにあるな。水戸黄門よりブラックで好み。まだ単発読みしかしてないのだが、いずれちゃんとシリーズ読みしたい。

  • (要チラ見!)/文庫

  • これはよい企画だと思います。他の作家の方のセレクションも考えられるだろうし。久しぶりに「鬼平」を読みました。

全5件中 1 - 5件を表示

おれっちの「鬼平さん」―池波正太郎「鬼平犯科帳」傑作選 (文春文庫)はこんな本です

おれっちの「鬼平さん」―池波正太郎「鬼平犯科帳」傑作選 (文春文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

おれっちの「鬼平さん」―池波正太郎「鬼平犯科帳」傑作選 (文春文庫)の作品紹介

「池波さんのことを語れるのは生涯の誉れ」と言い切り、青年時代から愛読していたほど池波ファンの山本一力氏。その氏が、なによりも愛する「鬼平犯科帳」の中から悩みぬいて選んだ傑作六篇と、鬼平作品の素晴しさを綴ったオリジナルエッセイ、池波正太郎記念文庫での講演を収録した、山本一力版「ベスト・オブ・鬼平」。

ツイートする