メタフィジカル・パンチ―形而上より愛をこめて (文春文庫)

  • 82人登録
  • 3.59評価
    • (6)
    • (5)
    • (15)
    • (1)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 池田晶子
  • 文藝春秋 (2005年2月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (243ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167679323

メタフィジカル・パンチ―形而上より愛をこめて (文春文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 池田晶子という銘の刻まれた刀を、我流で、ただひたすらにぶん回す。
    後には、刀で無残に斬られた者が横たわり、刀によって守られた者が立ち尽くしている。

    著者の言う「哲学」という言葉は、決して難解なものではない。

    「誰か人が考え、考えつつある現場、そこでそれがどのような仕方で為されているか、どれほど自覚的なのか、そのことを見極めることの方がよほど面白いと思うのだ」(P.47)

    考えるということについて考える、ということを哲学と呼ぶのなら、著者は紛れもない哲学者だろう。
    そうして、彼女によって愛を注がれる哲学者たちが、これまでの歴史とこれからの歴史を、連綿と形作っている。

    「自分がたんに自分であることの卑小な個人性から、人類的な精神性へと昇華されることができるのは、古典を愛し、また愛した人々をさらに愛するという我々の心の無限の連鎖を感受するときだろう。新しい知識や方法を追うのに忙しいタイプの学者さんに感じる危なかしさの、それはちょうど裏返し、人間が考えることがそうそう変わるはずはないのだから、静かな、超然としたそういう人の方が、私はいいなあ。」(P.142)

  • 2011.09
    メタフィジカルパンチ
    知っていて悪を為すものはない ソクラテス
    ニーチェは信仰の神を殺すことによって真性の神を生き返らせたのだ
    明晰判明の人デカルトは信じるの語を故意か否か無視している
    ある語はその語が意味するところのもの以外ではない ソクラテス
    歴史は鏡だ 過去の鏡に自分が映る 人間の顔が映る 小林秀雄
    私は対象を語る しかし私が語るのではない 対象が語るのだ
    私は、対象を語る私を語るのではない 対象が語ることを語るのみである
    哲学は常識に到着するのではない 常識から身を起こすのだ
    手遅れ状態で発見されれば病人として生きる期間は短くてすむ選択もある
    健康はそのことを考えたときに人は不安になってしまう
    病は気からというように、病は自然現象につけられた名称であって、私たちの頭の中や観念のうちにしか存在しない
    がんにおいてこそ、病という観念から死ぬまで解放される
    哲学と人生とは実は真っ向相反する関係にある
    思い悩むなんてのは現実認識が甘いのである プライドが足りないのである
    現実とは言葉以外の何物でもない

  • いろんな人間をばったばったと切りまくる。
    でも小林秀雄にはある意味ラブレターだな〜てまじラブレターなんですがw

  • そもそも哲学なんていうのは著者がいうように、考えたくなくても考えずにいられない人がするものであって、ニーチェ全巻読破してやろうと勢いこんでやるものではないし、哲学ぶってる私ってかっこいいとか思う人がするものでもない。別にニーチェを読まなくても哲学はできるのである。皆さまエセ哲学入門書などでその気にならないようお願い申し上げます。

全4件中 1 - 4件を表示

池田晶子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
池田晶子
池田 晶子
池田 晶子
池田 晶子
池田 晶子
池田 晶子
有効な右矢印 無効な右矢印

メタフィジカル・パンチ―形而上より愛をこめて (文春文庫)はこんな本です

メタフィジカル・パンチ―形而上より愛をこめて (文春文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

メタフィジカル・パンチ―形而上より愛をこめて (文春文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

メタフィジカル・パンチ―形而上より愛をこめて (文春文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする