クチュクチュバーン (文春文庫)

  • 148人登録
  • 3.27評価
    • (11)
    • (17)
    • (34)
    • (5)
    • (7)
  • 28レビュー
著者 : 吉村萬壱
  • 文藝春秋 (2005年8月3日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167679477

クチュクチュバーン (文春文庫)の感想・レビュー・書評

  • 人類の成れの果てみたいな出来事がやけにさらりと書かれていて、世界観に引き込まれた。
    有り得ないのだけどそうツッコむ隙を与えないというか‥吉村さんが書いているからこそ最後まで読めた作品だと感じた。

    笑える内容ではないし、人に薦めたくなるような本でもない。
    しかしなぜか読んでよかったと思えているから不思議。

  • 悪趣味な話です。
    読んでいると指先とか耳の奥の辺りとかがムズムズしました。
    20世紀末の頃ってこういう破滅に向かう世界で生きる人を描いた漫画が多かった印象があります。
    ただ、そういう漫画との大きな違いは、登場人物たちが破滅に抗おうとしていないところでしょうか。
    いやーな読後感を味わえる作品でした。

  • 「クチュクチュバーン」★★★★★
    「国営巨大浴場の午後」★★★
    「人間離れ」★★★★

  • 【本の内容】
    ある日突然、世界のすべてが変わる。

    蜘蛛女、巨女、シマウマ男に犬人間…地球規模で新たな「進化」が始まる。

    究極のグローバリゼーション?

    新しい人類の始まり?

    「巨大な塊がクチュクチュと身をよじらせて、バーンと爆発する」。

    小説界を震撼させた、芥川賞作家、驚異の文学界新人賞受賞作。

    単行本未収録作品併録。

    [ 目次 ]


    [ POP ]
    表題作は、あらゆるモノと人間が同化していき、異形の人間というより化け物で溢れた世界で、人々が愛し合い、憎しみ合い、散々に殺し合う。

    蜘蛛女にシマウマ男、巨女、犬人間、これは進化なのか?

    到底受け入れたくないような、異常な光景。

    もうやめて欲しいくらいなのに、なぜか吸い寄せられ、あっという間に読了。

    それから、何が起きたのかもう一度確認するように、二回目はもう少し落ち着いて読んでみた。

    じっくりと読んでも、未来にこんなことが起きたら、という恐怖は全く沸いてこない。

    読む前はクチュクチュバーン?

    何それ?

    だったのが、読了後は、私たちがいる世界で、他者、情報、開発などと遠い距離感を感じた時の虚無感と、クチュクチュという音が、私の頭の中でもやもやと同化してくる。

    このまま行ったら世界はバーンなのかな、等とぼんやり考えが浮かんだ時、著者の想像力が紙の上で今繰り広げている、クチュクチュバーンという世界に、初めてぞっと恐怖が沸いてきた。

    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 発想の豊かさに乾杯!納められた作品は必ずしも快適ではないが、力強く響くものがある。

  • 「ボラード病」で開眼し、「ハリガネムシ」で病みつきになったこの作者。
    もとから「ボラード病」に潜む、畸形や変形や集団への違和などがあった、ことが本書でまざまざとわかった。
    それが原発事故を経てああいう形で噴出したのだ。

    さて本書は、はっきりいってぐっちゃぐちゃ。
    漫画や映像から影響を受けた趣味や衝動がぶち込まれたごたまぜの鍋。
    僕は大好きなのだけれど、どうして新人賞を獲れたのかが理解できない。
    むしろ「ハリガネムシ」は(藤沢周に寄せて)芥川賞を狙っていったのだとわかる。

    でも、いいね。

  • 全ての有機体も無機物も一つになってクチュクチュしてバーンするだなんて、わくわくが止まらない。気持ち悪さを通り越しての痛快さに脳裏が刺激される。人類補完計画の悪趣味バージョンだと思っている。

  • 恐怖によっても快感を与えられるのかと気付いた作品。
    あと、わたしこーいうの好きなんか、て気付いた作品。でも多分、この人の文章じゃないと読めんかったと思う。設定自体はありきたりだし、言ってることはあざとい。破壊力半端ない文章でぐいぐいキてるから読めた。
    めっちゃ体力使う。

  • ある日人間が異形に変様するようになり、世界が崩壊していく「クチュクチュバーン」他2編。
    いずれも世界の終わりを描いている。
    読みながら、映画「宇宙戦争」を思い出した。
    異形の襲来を受けて、混乱する人間の有様を延々と詳述し続ける作者の熱意には、ある意味脱帽だった。

    読んでよかったとは、思わなかった。

  • 強烈だった。救いがない、なんてもんじゃない。
    命も、生きる努力もすべてを無意味にしてしまう不可抗力。理不尽すぎる。

  • 気持ち悪くなるだけ。お勧めはできない。

  • 再読。
    何度読んでも凄い。突拍子ないようで
    ひょっとしたらこの世界の全てなのかもしれない

  • 絶望的だけど面白かった

  • 全く意味が解らない。読み物としても面白みを感じない。

  • うーん、すごい世界観w
    エログロが耐えられるなら一度読んでみてもいいと思う。
    発想は小学生みたいで、舞台も構成もそういう鼻で笑ってしまうような物。だから、この作品は設定とかは気にせず読むべき。

    自分が感じたのは圧倒的無力感。
    これを読み終わったのが大地震の後だったので、そうした自然災害に対してあまりにも無力である人間という生物がいつもよりさらに惨めに思えるように思えた。
    読んでいると洗脳されているかのように作品の世界に吸い込まれ、少し淀んだ薄暗い雰囲気になれるのでそういう気持ちを体験してみ買ったら読んでみてもよいと思います。

  • ●きっとシマウマ男は神様で、決してこの世界に干渉することなく、見ることを仕事としているのだろうと思った。
     でも、そんなことは何とでも言えるな。抽象的なテーマを提示して読者の考えを想起させるのってずるいと思う。


    ☆きっかけは文学賞メッタ斬りで絶賛されていたこと。


    読了日:2010/12/06

  • 元々グロが嫌いで、今は一層ダメな時期なので苦痛でしかない。

  • トラウマになりかけた、ある意味ホラーとしては逸品。<br>
    コレを読んで『純文学』の定義が分からなくなりました。<br>
    <br>
    実は母と妹は吉村萬一先生ご本人と面識アリ。<br>
    頭のバンダナを取ると地球が爆発するんだとか。。。

  • グロいし理解できない!けど、なんか魅かれた。一番怖いのは人間ですね…

  • 好き嫌いがはっきり分かれそうな作品。
    これでもかってくらいバイオレンスですが、ぶっとんでるんである意味爽やか。
    宇宙の何を信じればいいのかわからなくなる、素敵なおはなし。

  • クチュクチュっとして、バーン!!

  •  肯定的な意味で無茶苦茶だ。こればかりは流石に筆者の感性を疑った。表題作だけなら分かるが、同収録の2作も同じような世界で、確実に作者がどこかしらこういった世界に興味を持っていることが推測されて好感を持った。面白くはないが、なるほどと思った。

全28件中 1 - 25件を表示

クチュクチュバーン (文春文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

クチュクチュバーン (文春文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

クチュクチュバーン (文春文庫)の作品紹介

ある日突然、世界のすべてが変わる。蜘蛛女、巨女、シマウマ男に犬人間…地球規模で新たな「進化」が始まる。究極のグローバリゼーション?新しい人類の始まり?「巨大な塊がクチュクチュと身をよじらせて、バーンと爆発する」。小説界を震撼させた、芥川賞作家、驚異の文学界新人賞受賞作。単行本未収録作品併録。

クチュクチュバーン (文春文庫)はこんな本です

ツイートする