ハリガネムシ (文春文庫)

  • 254人登録
  • 3.05評価
    • (12)
    • (19)
    • (56)
    • (21)
    • (8)
  • 48レビュー
著者 : 吉村萬壱
  • 文藝春秋 (2006年8月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (280ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167679989

ハリガネムシ (文春文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2003年芥川賞受賞の表題作と、岬行の2篇。

    表題作「ハリガネムシ」は、小学校教諭の慎一が、風俗嬢のサチコと堕落していく物語。カマキリに寄生するハリガネムシを、人間の欲望や暴力性の暗喩として用い、欲望や暴力性に流されて社会から逸脱していく様を描いている。

    いくらきれいごとを言ったって、人間って、こんなものだよね。醜いよねと作者がサディステックに鏡を突きつけてきているような読後感。

    おっしゃるとおり、どんな人にも醜い面、嫌な面はあるし、どうしょうもなく醜い人間も沢山いますよねとしか言いようがない。

  • 痛い。とにかく痛い小説だ。それは、心の奥底ではこんなことがしたいと思っているよ、という吐露でもある。普通の人間として生きていくために、心にしまいこんだ欲望が誰にもあるはず。それを慎一は実行に移してみせる。堕ちていく自分を意識しながら、それを止められない。だから私はこの作品が好きなのだ。まさに、カタルシスのために存在している小説。
    一方、同時収録されている『岬行』は駄作である。なので、星5つは純粋に『ハリガネムシ』のみにつけた評価だ。まるでどこかの同人誌でも読んでいるような、素人くさい文章。退屈な作品だった。

  • 久しぶりに途中で投げ出したくなった本でした。
    まあ、確かに強烈で新鮮では有ります。ネット上の評価を見ても、真ん中が無く上か下かに極端に割れる作品です。見ての通り私の評価は下です。
    良し悪しでは有りません。好き嫌いです。賞を得た作品なので良い作品なのかも知れませんが、私にとっては嫌いな作品です。異常嗜好(サディズムとは少し違うようにも思えますが)を持った主人公を描いて居るのですが、そもそも何故それを描く必要があるのか判らないのです。なんの救いも無く、なんの考察も無い。ただ描いただけ。そんな気がします。

  • 何だろうか。理解するにはあと10年くらいかかりそうだ。

  • 同僚に「くずしか出てこないですよ」と言われて借りた本。確かにびっくりするくらいダメな人達ばかりが出てくる。お金ないくせに無駄にすぐお金を使ったり、簡単に体を安売りしたり、人としてどうなの?本当にこんな人いるの?と思うけど、実際いるんだろうから怖い。一生関わりたくないし、働きたいと思った。
    そもそも、ハリガネムシの主人公の男は普通の高校教師だったはずなのに、風俗嬢との出会いからどんどん転落していって、どんどん凶暴になっていく。人間らしいといえばそうなのかもしれないけど、怖い。付き合う人って大事だなと思った。

  • 堕落した娼婦と高校教師とのモラルを逸した関係を描いた芥川賞作品は、読後に妙な心のざらつき感を残した。この男女はお互いを尊重し理解し人として成長して行くどころか寧ろ真逆で、慣れ合えば馴れ合う程、醜さや汚さを露呈する。潜在的に人間が持つ蠢く何かが出るのだ。タイトルの『ハリガネムシ』がそれを象徴している。因みにハリガネムシとはカマキリの体内に寄生する虫。登場キャラも気色の悪い奴らばかりで作品の世界観に非常にマッチした。残念なのは人が堕ちて行くならばもっと性や暴力等の衝動を分厚くして欲しかった。

  • 「ハリガネムシ」
    倫理というのはしょせん無力なもんである
    人々を倫理に従わせるのは、結局のところ暴力であり恐怖である
    高校で倫理を教える主人公のプライドには
    暴力の裏打ちがない
    無力なんだ
    しかしどんなモラリストだって
    理由さえあれば、自らに暴力を許しうるんだよね
    風俗で知り合ったタチの悪い、愚かな女とのつながりを捨てきれないのは
    つまり暴力をふるってもよい理由をそこに見出すからだろう
    青春の蹉跌と呼ぶにもはるかに及ばない
    しょうもない男の生きざまなんである

    「岬行」
    マッチョであるということと、暴力的であるということ
    混同されがちだが似て非なるその両者を
    通過儀礼的な体験の旅を経て、手にしたはいいものの
    心の自由もやはり失われてしまい
    それを取り戻すために、主人公はまたいつか
    ドロップアウトするのかもしれない

  • 芥川賞受賞のはりがねむしと、岬行の2作品。
    身のうちに潜む悪をカマキリに寄生するハリガネムシに例えた表題作。
    主人公の暴力性が解放されていく様がおぞましいけれど、これも人間かなとある意味納得。
    ノンストップで、息を詰めて読みきった感(息はしてたけど)がある。
    岬行はハリガネムシよりは楽しめた。

  • 「クチュクチュバーン」を先に読みたかったが、本屋にあったのは「ハリガネムシ」のほうだった。何の根拠もなく、「ハリガネムシ」もカフカっぽいSFなのかと勝手に誤解していたが、まったく予想外の展開。同じ主人公の並行宇宙的な「岬行」もまた、どう話の決着をつけるのか予測不可能な展開に緊張感を保ったまま、「ボラード病」と同様最後の最後の一行が心臓に悪い。クローネンバーグの「ヒストリー・オブ・バイオレンス」を思わせるラスト・ショットが映画のような印象を残す。なんというか、傍観者だったはずが、いつのまにか自分が半殺しの目にあっていたかのような幻惑感。ちょっとこわいw

全48件中 1 - 10件を表示

吉村萬壱の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
三島 由紀夫
安部 公房
湊 かなえ
有効な右矢印 無効な右矢印

ハリガネムシ (文春文庫)に関連する談話室の質問

ハリガネムシ (文春文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ハリガネムシ (文春文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ハリガネムシ (文春文庫)の作品紹介

サチコ、底辺を這いずる痩せた、小さな女。手首に無数のためらい傷を抱えて。その女を知って、高校教師の内のハリガネムシが動きだす。血を流し、堕ちた果てに…。身の内に潜む「悪」を描き切った驚愕・衝撃の芥川賞受賞作。人間存在の奥の奥を見据えて、おぞましくも深い感動を呼び起こす。単行本未収録「岬行」併録。

ハリガネムシ (文春文庫)のKindle版

ハリガネムシ (文春文庫)の単行本

ツイートする