絢爛たる流離 長篇ミステリー傑作選 (文春文庫)

  • 46人登録
  • 3.47評価
    • (2)
    • (4)
    • (11)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 松本清張
  • 文藝春秋 (2009年6月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (414ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167697174

絢爛たる流離 長篇ミステリー傑作選 (文春文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 昭和初期、九州の炭坑成金、ダイヤ。。。
    もう既に、何かが起こりそうな匂いぷんぷんです。

    黒澤明の映画と松本清張の小説に共通して言えることは、「つかみが巧い」ということです。ものの5分、ものの1ページで、連れて行かれてしまう。

  • 3カラット純白無疵のダイヤモンドの指輪が流転するなかで次々と巻き起こる殺人事件。戦前から高度経済成長期に至るまでの期間、妖しく輝くダイヤモンドを手にした人々は、欲望と悲哀に溢れる事件に巻き込まれてゆく。持ち主に災いをもたらす呪いのダイヤモンドという話は、都市伝説ではごくありふれている感があるが、人間の深層心理を丁寧に描く名手である松本清張の腕により、読者を否応なしにミステリーの世界へと誘っていく。昭和の世相も細部まで描写されているので、歴史的な観点からも興味深く読める秀作。

  • 昭和の時代、様々な持ち主を渡り歩く3カラットのダイヤモンド。それを手にした者は常に殺人事件に巻き込まれる。そんな不吉なダイヤの流浪を描いた連作短編小説。

    ダイヤが目撃する日本昭和史は著者の体験したものなんだろう。戦争を経て、敗戦社会、高度経済成長と、めまぐるしく変動する昭和だが、著者の描く社会はなんとも陰気くさい。それが庶民の本当の姿なのか、著者の偏った感じ方のせいなのか。

    庶民と時代を優雅に移動する堂々としたダイヤに比べて、殺った殺られたに一喜一憂する人間は貧しい存在だなと思う。

  • タイトルがいいですね。つい引き付けられて買ってしまった。ミステリーとしてのおもしろさは正直なところほとんど感じなかったけれど、昭和を感じられるという点で、おもしろかった一冊。戦時中と敗戦直後の部分は、時代の暗さと、その時代に生きる人間のたくましさが出ていて凄みがあるな。

全5件中 1 - 5件を表示

松本清張の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

絢爛たる流離 長篇ミステリー傑作選 (文春文庫)はこんな本です

絢爛たる流離 長篇ミステリー傑作選 (文春文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

絢爛たる流離 長篇ミステリー傑作選 (文春文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

絢爛たる流離 長篇ミステリー傑作選 (文春文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

絢爛たる流離 長篇ミステリー傑作選 (文春文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする