恋愛詐欺師 (文春文庫)

  • 69人登録
  • 3.23評価
    • (2)
    • (5)
    • (21)
    • (2)
    • (0)
  • 10レビュー
著者 : 岩井志麻子
  • 文藝春秋 (2007年3月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (251ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167706029

恋愛詐欺師 (文春文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • エロイ。悪い。寝る前に少し読むのにちょうどよい短編集ですが 爽やかでは決してないです。女の醜い心の描写がゾゾっとするぐらい上手いです。
    あとがきの鈴木おさむ氏の志麻子伝説が最高です。やらせるブス 韓国の男は腰の動きが鋭い
    名言だらけです(笑)

  •  よるねこと同じタイミングで読んだので、若干脳内で混ざった。
     こちらも怖い。
     当たり前の情景を描き出し読ませる筆力はすばらしい。

     しかしなぜに表紙が吾妻ひでおなんだ……。岩井志麻子氏の書く女性はロリコン的な感覚がないんだけど、永遠のニンフ的なイメージなのかしら。不思議。

  • 岩井志摩子の恋愛詐欺師を読みました。女性たちの暗い側面を描いた短編集でした。どろどろとした官能的な表現もあり、幻想的なホラーテイストのものもあり、ストーリーのどんでん返しもあって面白く読めました。表題作の恋愛詐欺師は、「あたしバカだからわかんな?い」を口癖に男たちを騙し続けるグラビアアイドルの物語でした。確かにどこかにいそうな女性の物語で、騙すほうも騙される男も仕方のない人たちとして描かれていました。虚無的なにおいのするところが、岩井志摩子らしいところです。

  • 出張中の飛行機の中で読んだ本。暇つぶしにはなるけれども、っていう感じかな。

  • 短編集。

    下腹の突き出たデリヘル嬢を糾弾する
    自称幸せ主婦の腹の内等々

    もうね、この人は、女をよく見てる!!
    かなりシニカルに見てる。そこが好き。

  • 「罰当たりの花園」が一番好きです。

全10件中 1 - 10件を表示

恋愛詐欺師 (文春文庫)のその他の作品

恋愛詐欺師 (文春文庫) Kindle版 恋愛詐欺師 (文春文庫) 岩井志麻子
恋愛詐欺師 単行本 恋愛詐欺師 岩井志麻子

岩井志麻子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
岩井 志麻子
岩井 志麻子
有効な右矢印 無効な右矢印

恋愛詐欺師 (文春文庫)はこんな本です

恋愛詐欺師 (文春文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

恋愛詐欺師 (文春文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

恋愛詐欺師 (文春文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする