星々の舟 Voyage Through Stars (文春文庫)

  • 3525人登録
  • 3.54評価
    • (246)
    • (445)
    • (700)
    • (85)
    • (23)
  • 385レビュー
著者 : 村山由佳
  • 文藝春秋 (2006年1月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (432ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167709013

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
石田 衣良
有効な右矢印 無効な右矢印

星々の舟 Voyage Through Stars (文春文庫)の感想・レビュー・書評

  • とにかく、すっごい良かった!!
    短編連作小説とありますが、ストーリーは一貫してて登場人物それぞれの気持ちを連作短編という形で読者にストレートに伝えてくる。

    特に今回は「家族」をテーマにしています。
    翼などもそうでしたが、家族をテーマとした話は村山由佳さんの真骨頂ではないでしょうか。

    禁断の恋に悩む兄妹、他人の恋人ばかり好きになってしまう末妹、居場所を探す平凡なサラリーマンの長兄、そして冷血で難物かと思わせる父は実は戦争の傷跡を抱えているーーーなど家族と言っても抱えている思いは個人それぞれ。家族が家族としてあるためには、その人が何を考えてどんな思いを抱えているかを理解することから始まるのかなぁと、考えさせられました。

    これは私の超個人的な意見ですが、妹との禁断の恋を忘れられずにいる水島暁がものすごくイケメンで大好きですw
    今まで「禁断の恋」には拒否反応を示して来た私ですが、愛し合う二人が綺麗だったら許せてしまう、そんな自分が愚かなまでにミーハーだったということを発見しました。
    とにかくこの二人の恋はせつなくて、愛し合いながらも二度と触れ合う事はないのでしょう。

    最後の墓参りのシーンで暁が妹にジッポ渡すシーンや、暁が憎んでいた父と少しだけ打ち解けるシーン、最高でした。
    また、二人を引き裂いた父が妹に「お前、本当にもう、どこへも嫁かん気か」と心の中で独白したあと

    ーーー幸福とは呼べぬ幸せも、あるのかもしれない

    と自分の気持ちを結んだこの一文。

    私の心の中に響きました。

  • この小説は2003年に直木賞を受賞したときに読んだ。
    そしてこの小説から影響を受けて“家族”というものについてじっくり考えた。大きなきっかけを与えてくれた。
    再読しようと本棚を探したけれど見つからなくて、結局文庫を買い直した。

    あるひとつの家族の物語。父の重之を軸に、二人の息子、二人の娘、孫、そして先妻と後妻。
    それぞれに歩んできた人生には、当然家族には明かさない秘めた思いもあったりして、そのことによって理解し合えずに長年平行線を保ったまま進んでしまった関係性もある。
    だけどそこにはけして拭い去れない愛情があって、それが一見ばらばらに見える家族を細い糸で結びつけて、大きな星座のようなかたちを造っている。

    背景には第二次世界大戦もあって、戦争をリアルに知っている世代とそうじゃない世代とでは、大きな隔たりがあることは否めないと思った。
    どちらが偉いとかいうことではなくて、否応なしに時代に巻き込まれて自由を失った世代の人にしかわからない感情というのは、確かに存在するのだと思う。

    ここからは、再読して個人的に再確認したこと。
    自分の人生の主役はもちろん自分だから、どうしたって自分の記憶や経験や感情に焦点を当てて物事を考えたり解釈したりしてしまう。
    最も身近な家族に対してもいろいろな思いを抱くけれど、自分から見た両親、自分から見た兄弟姉妹、自分から見た子ども…という見方にどうしてもなってしまう。
    でもそれぞれ歩んできた人生があって、とくに親のことに関しては知らない部分のほうが多いけれど、親の人生はどんな人生だったのかということを知るにつけ、自分との接し方や親としてのあり方に対しての疑問が少しずつ解き明かされていく。

    実際はそこまでの理解をするのは難しいけれど、私の場合は苦しんだ時期があったから、それを知ることでそれまでのいろんなことを納得できたし、いい意味で諦めたり赦したりする大きな転機になった。
    親には親の人生があり、それぞれの苦しみがあったということ。
    初めて読んだときから10年以上が過ぎたのだけど、その思いはまったく変わらなかった。

    きっとまた読む日が訪れるだろうから、今度こそはきちんと本棚に残そうと思う。

  • 「星やどりの声」のあとに「星々の舟」。星が続いたが特に意味はないチョイス。

    子連れ再婚、腹違いの兄弟。思春期の男女が共に暮らすと、恋愛感情が芽生えるというのはよく聞く。漫画でも小説でもいい加減使い古された設定であるが、これだけ多いのは「一緒に暮らす」ことがその人の素の魅力を最大限に引き出すせいなのかもしれない。一方で誤魔化しきれない相性の悪さも露呈するのだろうが。。

    重之と晴代、志津子、ミジュ、暁と沙恵、清太郎、奈緒子、貢と頼子、真奈美、美希と相原、聡美と可奈子、健介。
    夫婦、後妻、兄弟姉妹。幼馴染、不倫、初恋、友情、失恋。暴力、戦争、陰湿なイジメ。

    おいしいコーヒーシリーズとは全く違う重さを感じる内容だった。
    不幸など望まないのに、どうしてか幸せを選べない不器用な人たち。

    でも。
    --幸福とは呼べぬ幸せも、あるのかもしれない。 叶う恋ばかりが恋ではないように、みごと花と散ることもかなわず、ただ老いさらばえて枯れてゆくだけの人生にも、意味はあるのかもしれない。--と結ぶ村上さんの優しさ。

    --人間、「自由であること」を突きつめれば、「孤独であること」にも耐えなくてはならない。でも自分だけの足で1人で立つことが出来てこそ、人は本当の意味でほかの誰かと関わることができるんじゃないか。そうすることで初めて、何物にも惑わされない自分だけの幸せを 見つけることができるんじゃないか--というあとがきの言葉からもそれは感じ取れる。

  • 禁断の恋に悩む兄妹、他人の恋人ばかりを好きになってしまう末妹、居場所を探す段階世代の長兄、そして父は戦争の傷痕を抱えて…。愛とは、家族とはなにか。別々に瞬きながらも見えない線で繋がる星座のように、家族は、「家」という舟に乗って無限の海を渡っていく。心震える感動の短篇連作小説集、第129回直木賞受賞作。

  • 家族の一人一人を主人公にした連作短編集の形を取りながら、一つの家族の歴史を浮き彫りにする。
     
    家族の一員であっても、共有しきれない秘密、理解されない思い、一人で抱えて行く記憶がある。同じ様に抗いがたい川の流れに身をまかせる家族であっても、一人一人は別々の小舟の様に、どんなに近づいても一つになる事無く流れて行く。それは辛くて胸が潰れる様な思いであっても、自分の人生の終わりまで、一人一人が抱えて行かなくてはならないからなのだろうか。

    それぞれの愛情のベクトルが、報われないところにばかり向く家族達。キリスト教で「罪」とは、日本人の多くが考える悪意ある犯罪ではなく「ハマルティア=的を外すこと」である、とふと思い出した時、この家族ほど全員が深く罪にまみれた家族もそうはないだろうと思うほど、この話は、家庭内暴力、近親相姦、不倫、性的虐待、出征兵士の意に染まない結婚、戦時中の従軍慰安婦、いじめ、片思いと友情の裏切りなど、まさに己の意思の弱さや情念に流されて嘆き惑う人間の心理を描いて読む手が止まらない。そして作品は、救いを示さない。

    「幸福とは呼べぬ幸せも、あるのかもしれない」嫁ぐことなく老いて行くかも知れない美しい長女を見ながら、心の中で呟く重之の言葉が、唯一、囚われから自由になることはかなわないまでも、それでも自死すること無く、最後まで自分の人生を生きると言うことに一筋の光明を残している様だった。

  • 全体を通して暴力が吹き荒れていて、最近読んだ中ではずば抜けて重かったが、久々の名著に巡り会えた。感動というより感慨深いと感じた。
    雪虫…次男の話。暴力と暴行。傷を癒そうとするかのように兄と妹は結びつき、妹以外の誰をも愛せなくなる。失った義母の深い思いも抱え込むことになる。
    子供の神様…次女の話。不倫相手にオペラの約束をすっぽかされたシーンはまるでその場にいるかのような臨場感があった。女が何とか一人で生きていこうとするのは淋しいものがある。
    ひとりしずか…長女の話。兄をどうにか忘れようとするのだが、そんな15年の努力も兄を一目見ただけで吹っ飛んでしまう。これほどまでに愛した者同士が一緒になれない法律というのも非情というものか。
    青葉閣…長男の話。次男、次女と同じくこの男も不倫に手を染める。思うようにいかない現実から逃げるように畑仕事に没頭する。家族があり仕事もあるのだが、この男には常に孤独が付きまとっている。
    雲の澪…長男の娘の話。女子高生の腿に一生残るタバコの痕を残すあたりは記憶に焼き付けられた。これは手が震えるほど恐ろしいし、やり場のない苛烈な憤りに我を忘れそうになる。
    名の木散る…父の話。ただただ酷いとしか言葉がない。そういう時代だったと言えばそれまでだけど、本当に過去の話として片付けられるのだろうか。戦争を経験していない世代にもその暴力性は脈々と受け継がれているのではないか。そして再び誰も反対の声をあげることもなく戦争に突入してしまうのではないか。けれども、反省をしている限りはその危険を遠ざけることはできると思う。過去を語らないこと、忘れてしまうことは罪の上塗りなのではないか。

  • 男の腕枕は、どうしてこんなに落ち着くのだろう。


    ー わかる。

  • 直木賞を選抜して読んでいる友人からの勧めで、村山由佳の初読み。
    ある一家族の、親子、兄弟、姉妹のそれぞれ関連する愛情、相克を描いた6編からなる連作短編集。
    恋愛ばかりかと思いきや、最終章では従軍慰安婦がテーマ。著者があとがきで、戦争小説ではないと書いているが、この最終章がやはり、秀逸というべきか。
    最近の慰安婦問題は、枝葉にこだわりかまびすしいが、論評する人たちは、一度この作品を読むことをお勧めする。

  • それぞれの視点からサイドストーリーのような形で進められていく展開がのだ面白かった。一番気になるしずこさんサイドからの話が読みたかったのだが、なかったので残念。

  • 章分けで人物それぞれの人生観や思いを描かれていたけど、
    全内容としては、今一歩な感じ。

    でも、お父さんの描写は、この終戦時期とあいはまり
    戦争を知らない私には、生々しかったです。

  •  人間、「自由であること」を突きつめれば、「孤独であること」にも耐えなくてはならない。
     でも、そうして自分だけの足で独りで立つことができてこそ、人は本当の意味で他の誰かと関わることができるんじゃないか。そうすることで初めて、何ものにも惑わされない自分だけの「幸せ」を見つけることができるんじゃないか。
    (あとがきより)

  • 面白かった。村山由佳らしい本。

  • 近親相姦から慰安婦問題まで幅広かったが、織り込みすぎ感はなく、それぞれの人生と経験がありつつ、一つの家族としてのつながりも感じられた。

  • 盛りだくさんの小説。近親相姦あり、不倫あり、いじめありで、どの章も一つの長編になりうる素材。
    はじめはドロドロの愛憎劇かと思ったが、一番影が薄い貢の話にすごい共感がもて、それからどんどん話に引き込まれていった。それぞれの家族の話というより、現代社会の問題を取り上げ作者の優しさでオブラートをかけたセピア色の小説と感じた。
    あとがきにある「自由」がすべての話を貫いている。満足!

  • 短編連作集。
    6人の家族一人一人のお話。
    沙恵と暁の話が面白かったなぁ~。あと美樹。
    この3人の話は非常に面白かったため、ものすごい勢いで読んでた。
    でも、他の人の話になった瞬間ペースダウン。
    一冊の本にまとめた割には、いくらなんでも関連性が無さ過ぎなのではないかと。
    上述の三人の話は☆5つ。
    他は☆3つ。
    平均して☆4つ。
    って感じです。
    それにしても、
    「幸福とは呼べない幸せもあるのかもしれない」
    う~ん…。わかったようなわからんような…。

  • 何故か私の心に残っている一冊です。
    家長、亡くなった母、長男、次男、長女、次女、姪っこ・・・それぞれの物語に、見えない絆で関わりあう互いの存在。短編が続きながら、少しづつ彼らの人生も変化していく。

    近親相姦の関係に気づき、苦渋の思いで家を飛び出した次男。残された長女。特にこの二人の行く末が気になり、あっという間に読んでしまいました。
    燃え上がるような恋が理不尽に終わった後に残る鋭い苦しみを、これからも抱えながら二人は生きていくのかな。

  • ひと家族のそれぞれの人生とか恋愛とかを書いたもの。重之がずっと嫌な役で出ていたけど、重之も重之でそうなった理由があるのが最後に描かれていた。とはいて許せないよね。
    さえちゃんとかは美人だからこその辛さなんだろうなあ。噛み合わない家族だなぁ。

  • わたしはあまり好きではなかった。村山由佳初めてだったんですけど、難しく感じてしまった。自分自身がいい歳の大人になってきたのもあるけど、グサグサ刺さる感じのストーリーでした。これ、もっと子供の頃に読んでたら違ったろうし、更に歳を重ねてから読んでたら更に違ったと思う。「自由であるということ」を突き詰めれば「孤独であること」にも耐えなければならない、という解説にとてもしっくりきました。
    お話としては「雲の澪」が好き。まだわたしは大人になりたくないんだなって心底思った。

  • 息もつかず一気に読んだ
    面白かったなどと言えないかも
    引き込まれて
    読んでしまわなければ、
    兄妹
    なのに愛し愛されるてしまった。
    許す?赦される?

  • 最後の章まで面白かったのに、最後で真偽が疑わしい慰安婦左翼イデオロギー小説に変貌。
    騙された感がして残念

  • 6つに分けた短編小説と思いきや、すべてが繋がっている。家族一人一人が主人公になり切なく、それでいて、たくましくも感じる。戦争体験のない私に、衝撃的な部分があり、読んでよかったと思う。直木賞受賞作で手元に寝かせてしまっていた一冊。もっと早く読むべきだった。

  • 愛してないわけじゃないけれど屈託なく接することができるわけでもない家族。その機微な感情が波のように押し寄せてきて、途中で気分が悪くなるほどだった。しかしこの物語が多くの人の心を揺さぶったというのだから、案外そういう想いを共有できる人は多いのかもしれない。それとも、あくまで自分とは関係のない、虚構として楽しんでいるのだろうか?わからないなぁ。最後に重幸の戦争体験を持ってきたのはすべての責任を戦争になすりつけようとした印象も受ける。筆者の狙いがどうだったかに関係なく。タイトルを船ではなくて船としたところが秀逸

  • 【第129回直木賞】う〜ん…禁断の恋の話?それとも家族?それとも戦争?もう色んな事が埋め込まれていて何がメインだったのかよくわからない。全て含めて1つの家族の話なのかな。全体的に寂しい話だった。

全385件中 1 - 25件を表示

星々の舟 Voyage Through Stars (文春文庫)を本棚に登録しているひと

星々の舟 Voyage Through Stars (文春文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

星々の舟 Voyage Through Stars (文春文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

星々の舟 Voyage Through Stars (文春文庫)の単行本

星々の舟 Voyage Through Stars (文春文庫)のKindle版

ツイートする