空中ブランコ (文春文庫)

  • 12559人登録
  • 3.83評価
    • (1296)
    • (2027)
    • (1864)
    • (148)
    • (19)
  • 1313レビュー
著者 : 奥田英朗
  • 文藝春秋 (2008年1月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (282ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167711023

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
東野 圭吾
宮部 みゆき
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

空中ブランコ (文春文庫)の感想・レビュー・書評

  • イン・ザ・プールに続く空中ブランコ、読了。

    伊良部総合病院を訪れる患者は、相変わらず、伊良部先生に振り回されっぱなし。
    「いらっしゃーい」と素っ頓狂な声で迎え入れられ、有無を言わさず注射を打たれ、伊良部先生の言動に翻弄される。
    治療に来たはずなのに、伊良部先生と話すたび、患者たちは、伊良部先生に突っ込みを入れずにいられない。

    一見すると、伊良部先生の相手をするのは疲れそうだ・・と思っていたのだけど。
    果たしてそうだろうか? だってまるで5歳児の言動。気兼ねなく、好き放題やってくれるのだから、患者も、つい、
    無防備になってしまう。思わず、素で話してしまう。遠慮する必要もなければ、見栄を張る必要もない。
    そんな相手と一緒にいて、果たして疲れるのか? ここに出てくる患者さんたちのように、いつの間にか伊良部先生を
    心のよりどころにしてしまうのに、疲れるわけがないのでは・・と次第に思いました。

    ギスギスした現代社会、ストレス社会だからこそ、伊良部先生みたいな人が、今、必要とされているのかも・・。
    だからこそ、このタイミングで読んで、心に沁みるのだと思います。

  • 抱腹絶倒とはこのことか!

    仕事帰りの電車で読んでいて笑いが止まらなかった。それでも読むのをやめられなかった。初めは何とか笑いをこらえていたが、いつのまにか声に出して笑っていた。車内で完全に変質者だった。しかし、思う存分笑うのは気分がよい。今月に入ってからというもの、忙しさとの戦いに疲れ果てていた昨日までの私とうってかわり、今日の私は快調だ。たった一冊の本でこんなに癒されるのだから、本当の娯楽作品にはとてつもない力があることを身をもって思い知らされた。

    色白デブの中年で声が甲高くてマザコンの精神科医、伊良部が活躍するこの短編集の二作目。
    どの作品も面白いが、中でも「義父のヅラ」が凄まじい笑いを提供してくれるだろう。普段いい大人を演じている人間には、こういった程度は低いがシンプルかつ強度のあるハゲネタは有効なのだろう。

    ここまでくると、水戸黄門と同じで、先が読める決まった展開なのだが、それが安心感につながっているのだろう。伊良部の暴走は周囲を巻き込んでいきハラハラするが、最後は読者もいつのまにか患者と一緒になって、心に抱える問題を解きほぐされて、穏やかな気持ちになれるのだから。

    読む薬といえるかもしれない。

  •  精神科医、伊良部先生が登場する「イン・ザ・プール」の続編です。前作が楽しかったので、そのままの勢いで読み始めました。
     精神科医なのに、なぜかやたらと注射を打ちたがる。いや、打っているところ見たがるへんな先生。
     前作同様にそんな先生の下に診察に訪れる患者さん。患者さんは普通であれば変わり者が多いと想うのですが、伊良部先生ノインパクトがすごすぎて普通の人に見えるという・・・。

  • 読みやすい。
    面白い。

  • 5歳児のような伊良部先生がツボ。
    尖端恐怖症のヤクザの話「ハリネズミ」が一番面白かった。
    どの話も少し光が見える終わり方でホッとする。

  • 「いらっしゃーい」
    素っ頓狂な声を響かせる、相変わらずの伊良部センセイと注射担当のマユミちゃん。
    このコンビは無敵だ。

    前回の『イン・ザ・プール』よりも、心に染みる話が多かったように思う。
    初めは異次元に迷い混んだとちょっと後悔する患者達も、伊良部センセイのマジックにかかり、自分の話を聞いてもらいに通うのだった。
    そして皆それぞれの問題に吹っ切れて無事解決。

    「人生、長いよ。今のうちに吐き出すものを吐き出しておかないと」
    読後の爽快感がたまらない。

  • 面白い。
    落ち込んでる人、ちょっと元気が欲しい人、適当な気分になりたい人。
    超おすすめ。

    ストーリーなんて数年後には何にも残らないかもしれない。
    でも読んでいる間中、何かハッピーになれる。
    そんな本。

    元気を失ったら再読してみるのもいいかもしれない(*^-^*)

  • 声だして笑いました。
    義父のヅラが最高です。
    はちゃめちゃで、でもあんな病院行ってみたい。

  • このシリーズの主人公はふざけた奴だが、どれもいい話。外で読んでいても、思わずニヤニヤしてしまい慌てて顔を引き締めるが、話が進んでいくうちに涙ぐんでしまう。3冊の中で一番好きなのは町長選挙。空中ブランコは3番目。読むのは順番に。まずはインザプールで伊良部を知ってから。

  • めちゃくちゃ良かった!面白いし、泣けるというか心があったかくなる。あっという間に読み終えた。何回も読みたい

  • 『イン・ザ・プール』に続く、トンデモ精神科医・伊良部の、シリーズ第2弾。
    というわけで、『イン・ザ・プール』を読んで以来、ずっと楽しみにしていた文庫化です。

    で、感想は…やっぱりこのシリーズ、めちゃくちゃおもしろい!
    期待を裏切らない作品です。直木賞も納得。

    なんといっても、伊良部が好きです。すごい自由。

    子どものように、自分の欲望に忠実に生きてる感じが、すごく、いいなぁと思います。
    人の目を気にしなければ、人間、いくらでも自由になれるんだなぁと…。

    うらやましい。

    ただ、自分の周りにそういう人がいたら、やっぱり傍迷惑なんだろうけど。

    でも、一方では、周りの人が、そういう人たちをはた迷惑だなぁと思うのは、なぜなんだろう? って思います。
    きっと、みんな、そういう人を見たら、「いいなぁ」って思うと思うのに。

    それこそ、この短編の「義父のヅラ」に出てくる患者のように、実際に、自分も自由にやりたいことをやってみれば、絶対楽しいと思うのに。

    たぶん、みんな、やっぱり人の目を気にせずに生きていくほどの度胸はなくて、いろいろ、余計なことを考えちゃって、そうそう自由には振る舞えなくて、でも、ホントは、自由に振る舞えた方が楽しいこともわかってて…。

    自由な人の存在っていうのは、そういうことをいちいち思い出させてくれちゃって、そういうところが、イライラするんじゃないかなぁと思います。

    あと、不公平感。
    自分たちは日々、こんなにいろんなことを我慢してるのに、世の中には自由な人もいるってことと、そういう自由な人たちが、こんなにいろいろ我慢してる自分たちより楽しそうだってこと、に対する不公平感。
    そういうのも、イライラの原因なんだろうなぁ…とか思います。

    …ただの憶測だけど。

    んで、小説の話に戻って…。

    このシリーズは、そんな、自由だけど、それゆえに傍迷惑な、トンデモ精神科医と、それに振り回される患者のお話。

    で、それが絶妙におもしろいんです。

    伊良部を「変な奴/迷惑な奴」と思いながらも、なんでか伊良部にノせられていく患者たちと、伊良部の会話がもう、すごい笑える。

    なんだかんだで、最後はイイ話だし、患者の神経症も治るし、読後はスッキリ。爽快感。

    奥田英朗は、ホントに、巧い作家だなぁと思います(でも実は、このシリーズ以外は読んだことない。『サウスバウンド』の上下巻は持ってるけど、2冊続けて読む時間がなかなかとれない…)

    さて、で、すでに単行本では公刊されている、シリーズ第3弾の『町長選挙』。
    これも文庫化が楽しみです☆(でも、『空中ブランコ』は、話題作だったにもかかわらず、文庫化まで4年…)

  • 奇人・ドクター伊良部はともかく、いろんな悩みを聞いてるうちに自分も少し肩の力を抜いていけそうな気がする。

  • 同じオチだけど、何かが違う気がする。1作目より何かが良い。

    「伊良部先生の暴走治療シリーズ」?2作目です。
    こんなクスクス笑える小説もナカナカ無いですね。通勤とか会社の昼休みとか、ニヤリに注意です。

    今作では、伊良部先生の学生時代がチラリ。
    プラスして、まゆみちゃんの読んでいる雑誌名が判明しました。(確かあの雑誌名はかなりアレな雑誌だった気がします。)

    そんな感じで、相変わらず名医なのか、迷医なのか、超自己中的に見える治療で患者を導きます。

    次の3作目でラスト(らしい)です。
    もう少し、伊良部先生に楽しませてもらいます。

    所で、著者の奥田さんはこんな感じの本が多いのでしょうか?

  • 一気読みできる。
    サラッと笑いながら読めるけど、深くてなんかお得感さえある。
    伊良部という精神科医が患者と面白おかしく関わりながら
    いつの間にか気づきを促し症状を和らげてる話。
    自分を苦しめているのはたいてい自分なんだよね。

  • この伊良部シリーズ大好きになった。
    ちょっと元気になりたい時などに読みたくなる。
    心が軽くなる。
    義父のヅラには声を出して笑った。

  • 人から見るとバカバカしいけど本人にとってはとても大きな悩みって少なからず誰にでもあるんだろうなーと改めて実感。
    伊良部先生のキャラは癖になります。

  • イン・ザ・プールに続き、変な患者ばかり出てきて刺激的でサクサク読めた。

  • 短編集。変な主人公はみんな通して一緒なんだけど。文句なく楽しく読める作品2.

  • 人間って面倒くさそうに見えて実は根っこは単純明快な生き物。伊良部先生が正にそのものだから、患者たちの毒も抜けるのかな。

  • 変人精神科医・伊良部一郎シリーズ第2段。
    空中ブランコを飛んでみたり、看板標識に落書きしたり、毎度伊良部の行動力には驚かされます。義父のヅラは笑えました。
    とんでもない方法で治療をすると思いきや、意外とセオリー通りに治療していのかなと感じるところも。神経科に通う患者達は、伊良部と話している時は、呆れつつもリラックスしているように思えます。とんでもないいしゃですが、意外と天職かも。

  • これまた久しぶりの再読。
    伊良部シリーズ第二作。
    『義父のヅラ』は最高。こうした衝動って、分かる気がする。さすがに実行は出来ないけど。
    伊良部先生だからこそどこまでも付き合ってくれる。
    カウンセリングより患者に付き合うこと。何より伊良部が楽しんで、患者の妄想や願望のその先を行くから笑える。

  • 評価は4。

    内容(BOOKデーターベース)
    伊良部総合病院地下の神経科には、跳べなくなったサーカスの空中ブランコ乗り、尖端恐怖症のやくざなど、今日も悩める患者たちが訪れる。だが色白でデブの担当医・伊良部一郎には妙な性癖が…。この男、泣く子も黙るトンデモ精神科医か、はたまた病める者は癒やされる名医か!?直木賞受賞、絶好調の大人気シリーズ第2弾。

    このシリーズが人気なのは分かる気がする。読み始めはテンションの高い主人公に付いていけなかったが、ただ闇雲に無茶をしているのでは無く計算してのことか?と思えたあたりりから一気・・特に義父のカツラは良かったわ~現実はこんな事は無いだろうけど、エリート達の心の内が庶民に近いのに親近感。

  • 2017年3月5日読了。「イン・ザ・プール」シリーズ続編。前回同様、おもしろかった。さすがにパターンが読めてくるのだが、今回はわりと特殊な職業に焦点があてられていた。
    通勤のおともに読みやすく、コント的なおもしろさが良い。特におもしろかったのは「ハリネズミ」「義父のヅラ」。

  • 自分は割と周りを気にしないタイプである。周りがうるさいとか、自分が何を言われるとか、まぁどうでも良いタイプ。そのかわり、周りに対して特に空気読まずに酷い事を言ったりするかもしれないわけで。まぁ年をとるごとにそういう事は止めるべぇと抑えるわけですが、若いころはなー、などと思うのです。
    対して、人のことを気にしちゃう人は、人に対して気を遣って、これは言っちゃダメかもとか、人には迷惑をかけん!って言うかわり、相手に対してもそれを求めるというか。あれだ、等価交換とか、バーターとか、そういうやつか。生きていくの疲れるというか、大変そうだよなぁ、と。
    まぁなんというか、いろいろ何でも気にしちゃうって人は大変だよなぁ、と思うわけで、そういう世界で、何も気にしないで突き進むって人がやっぱ必要なんだよなぁ、と思うのです。

  • *傑作『イン・ザ・プール』から二年。伊良部ふたたび!
    ジャンプがうまくいかないサーカス団の団員、先端恐怖症のヤクザ……泣く子も黙るトンデモ精神科医伊良部のもとには今日もおかしな患者たちが訪れる *
    もう最高に可笑しくて馬鹿馬鹿しくてユニークであたたかくてほろりときてしまう、色んな感情を味合わせてくれる傑作本。前作より伊良部先生の子供心が最大級に発揮されているし、人生の機微も細やかに描かれていて、本当にあっと言う間に読み切ってしまってもったいなかった。じんわりとあたたかい余韻を残してくれる秀作。

全1313件中 1 - 25件を表示

空中ブランコ (文春文庫)を本棚に登録しているひと

空中ブランコ (文春文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

空中ブランコ (文春文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

空中ブランコ (文春文庫)の作品紹介

伊良部総合病院地下の神経科には、跳べなくなったサーカスの空中ブランコ乗り、尖端恐怖症のやくざなど、今日も悩める患者たちが訪れる。だが色白でデブの担当医・伊良部一郎には妙な性癖が…。この男、泣く子も黙るトンデモ精神科医か、はたまた病める者は癒やされる名医か!?直木賞受賞、絶好調の大人気シリーズ第2弾。

空中ブランコ (文春文庫)の単行本

空中ブランコ (文春文庫)のKindle版

ツイートする