町長選挙 (文春文庫)

  • 8267人登録
  • 3.66評価
    • (586)
    • (1220)
    • (1371)
    • (142)
    • (21)
  • 843レビュー
著者 : 奥田英朗
  • 文藝春秋 (2009年3月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (269ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167711030

町長選挙 (文春文庫)の感想・レビュー・書評

  • インザプール、空中ブランコが大好きなので読んだが
    本著だけはあまり記憶に残らなかった。

    他の2作とは明らかに違うと思う。
    登場人物に明らかな有名人のモデルがいて
    リアルな日常に存在するものとして感じられなかった。

    また、伊良部の存在感が薄かった。
    伊良部先生シリーズとして読まなければ面白いかもしれない。

  • 面白かったです。。

  • *町営の診療所しかない都下の離れ小島に赴任することになった、トンデモ精神科医の伊良部。そこは住民の勢力を二分する町長選挙の真っ最中で、なんとか伊良部を自陣営に取り込もうとする住民たちの攻勢に、さすがの伊良部も圧倒されて…なんと引きこもりに!?泣く子も黙る伊良部の暴走が止まらない、絶好調シリーズ第3弾*
    うーん、前作がかなり良かったので、比較してしまうと…と言う感想。伊良部の存在感が薄くて残念でしたが、有名人のパロディ版ストーリー展開はなかなかユニークでした。

  • ”伊良部先生”シリーズ3作目。文庫化すぐゲット!
    けど2作前に比べたら、若干ビミョー。面白いは面白いけど、前みたいに笑えるかっていうとそこまでは…。
    しかし「アンポンマン」はホリエモンをいじった人物がメインで、その人間をバカにした感じがステキ。世の気持ちを代弁したような。皮肉がきいてていいわー。

  • 全作2作が物凄いくだらなさが面白く、職場で大盛況(笑)
    また職場の方が買ってきてくださったので、みんなで回し読み(*^-^*)

    この3冊目は、先生の存在感より周りの存在感の方が大きかったなぁ・・・。
    先生の圧倒的ふざけてる感がたまらなく良かったのだが、この作品はそれほどスポットが当たっていないような。。。

    期待値が高すぎたからなのか????

    いやぁ、でも相変わらずぶっ飛んでる感は、ある意味とても清々しく、同じ毎日を退屈に繰り返しているサラリーマンには爽快な一冊になるんじゃないかと(*^-^*)

  • 風刺に笑える。アンポンマンとかオーナーとか。安心して読める。

  • 知っている有名人のパロディが
    持っている悩みを伊良部先生が解決してくれるのがもどかしくも素敵でのめり込まされた。

  • サクサク読める文体はいつも通り◎
    ふざけた内容も娯楽としてとても楽しい。
    こういう小説なかなかないかも。
    短編なので移動時など気楽に楽しめる小説です。

  • 前作から読んでいるとどうしても比較してしまって、お話が全体的に疲れ気味な印象

  • このシリーズの主人公はふざけた奴だが、どれもいい話。外で読んでいても、思わずニヤニヤしてしまい慌てて顔を引き締めるが、話が進んでいくうちに涙ぐんでしまう。3冊の中で一番好きなのは町長選挙。読むのは順番に。まずはインザプールで伊良部を知ってから。

  • レビュー読んでたら前作よりは物足りないというコメントが多かったんでどーなんだろうと思いながら読んだんですが、うん、確かに。。
    伊良部節が前作・前々作と比較すると弱い。
    最後の町長選挙とか、「え、これで終わりなの?」てな感じで終わっちゃった。
    とは言え続編出たら読むけども!

  • 伊良部先生第三弾。一話一話が重い。最後の一話が町長選挙。ついに伊良部先生までもが悩む事態に!?気軽に読めるコメディのような小説。

  • 3.5
    伊良部短編シリーズ3弾。伊良部が派遣された離島での町長選挙が特に面白かった。離島の文化や、相変わらず無邪気で人に好かれてしまう伊良部がなかなか面白い。

  • 伊良部先生、またまた笑わせてくれました。意表をつく伊良部ワールド全開!

    しかし4つの短編のうち大手出版社の会長で人気プロ野球チームのオーナーと「想定の範囲内」が口癖の若手IT企業の社長って、どう考えてもあの人とあの人じゃないの⁉︎ここまで書いていいのでしょうか?

  • このシリーズもっと読みたい。一気にこのひと好きになった感じ。チャレンジャーだなぁ。
    激しくも切ない。

  • 「この千寿は過疎の島じゃ。資源もなく、財源も乏しく、普通なら全員が貧乏じゃ。でもな、曲がりなりにもインフラが整備された文化生活を送れるのは選挙があるからなんじゃ。無風選挙なら町長は何もせん。役場もらくをする。数票差でひっくり返る宿敵がおるから、死に物狂いで公共事業を引っ張ってくるんじゃ。それが独自の公約じゃ。正義感だけで離島は運営できん。不正は正当防衛じゃ。生まれたときから当然のように病院や学校がある東京者にはわからん」(pp.249-250)

  • 伊良部シリーズの三作目。
    すごくおもしろいけれど……。
    その時間は楽しく過ごせるけれど……。
    今の自分には軽過ぎたかもしれない。
    マユミちゃんや注射とか漫画みたいだしね。

  • メンタルの患者には、伊良部のような無邪気?アホ?なくらいの方があっているかも。あるがまま、思うがまま、為すがまま、そんな振る舞いと何気ない一言が患者を快方に向かわせるのですね。パターン化して飽きそうですが、今回は実在の社会問題や人物や出来事を下地にしているようで、なかなかに批判や皮肉や揶揄が含まれています。町長選挙における地方の倫理、違法だけど皆承知の上でいっそ清々しいくらいにイベントに昇華している。

  • 率直に言って、楽しんだ。
    こんな破天荒な世界観に浸れるわけもなく
    相変わらずの伊良部医師とマユミさんに
    ただただ呆れ 二、三歩後ずさってはいるが
    頭の芯では何かに共感しつつ。

    こんな先生に会えたら 人生は
    楽しくなくても 楽にはなるかも。

  • 伊良部シリーズの3作目。伊良部先生は健在で、とっても楽しかった。
    オーナー…引き際の潔さが男の美学。
    アンポンマン…評価はこの章。幼稚園児と喧嘩するのがいかにも先生らしい。アンポンマンは世間を騒がしたあの人だな。
    カリスマ稼業…見た目の美を追求しても内面の美しさを失えば評価されない。
    町長選挙…島を思う気持ちは皆一緒というのがいい。

  • 3作目は、看護師のマユミちゃんも活躍したな(^-^)/

    多少マンネリ感はあったが、やっぱり伊良部先生!好きっす(笑)

  • これが一番好き。もう一回読みたい!

全843件中 1 - 25件を表示

町長選挙 (文春文庫)に関連するまとめ

町長選挙 (文春文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

町長選挙 (文春文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

町長選挙 (文春文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

町長選挙 (文春文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

町長選挙 (文春文庫)のKindle版

町長選挙 (文春文庫)の単行本

ツイートする