賢者はベンチで思索する (文春文庫)

  • 558人登録
  • 3.70評価
    • (35)
    • (101)
    • (93)
    • (5)
    • (1)
  • 98レビュー
著者 : 近藤史恵
  • 文藝春秋 (2008年6月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (293ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167716035

賢者はベンチで思索する (文春文庫)の感想・レビュー・書評

  • びっくりするぐらいに久里子の考えているところに共感してしまった。
    どうありたいのか、どこにいきたいのか答えに迷っている感じに分かる、と頭を抱えたくなった。
    国枝さんはひたすらかっこいい。最後の落ちに驚いた。

  • 面白かった。
    後半の展開は想定外だった。
    こんな風になるとは。

  • 近藤史恵さんの小説は取り上げるテーマは様々ですが、隠し味的にミステリーの要素があり引き込まれます。
    今回は専門学校を出たけれど思うような就職が出来ず、ファミレスでアルバイトをする主人公(女子)が、客として出会う謎の老人との交流を通して、ちょっとした事件を解決していきます。そして、やがて謎だった老人の正体が明らかになります。可愛いワンちゃんたちも登場するところも魅力です。

  • フリーターの久里子は、ファミレスでいつも同じ席に座り一杯のコーヒーで何時間もねばる老人と公園で出会う・・・日常の謎の連作短篇。
    折り目正しい感じの文章に引き込まれました。
    最後は思いがけない展開・・・。
    お客さんの事情っていろいろ想像してしまうなあと接客業してるだけに興味深かった。

  • 別冊文藝春秋(隔月刊)2004年5、7、9、11月号、2005年1月号掲載のものを2005年5月文藝春秋刊。2008年6月文春文庫化。シリーズ1作め。2作めを先に読みました。飼犬のアンとトモとのなれそめがわかって良かったです。国枝老人に魅力があります。そして久理子と国枝とのやりとりが面白い。

  • 近藤史恵の賢者はベンチで思索するを読みました。

    七瀬久里子は服飾の専門学校を卒業後、希望する職種に就けなかったためファミレスのアルバイトをしています。
    そのファミレスに来てコーヒー一杯で数時間ねばっている老人国枝さん。
    国枝さんは久里子と一緒に犬の虐待事件やファミレスの業務妨害事件などを解決していきます。
    そして、国枝さん自身にも謎が隠されていたのでした。

    この物語には二匹の犬も登場します。犬好きの気持ちがちょっとわかりました。

  • 出だしは暗いお話かと思ったけど、ほっこりするお話でした

  • 近藤史恵は、「天使はモップを持って」「サクリファイス」に続き3作目だ。いずれもジーンと心に沁みる。心が開かれる。

  • ファミレスで働く主人公がまきこまれた事件をひょんなことから解決してくれたのは、勤務先のファミレスでいつも同じ窓際の席で何時間も粘る老人だった。
    誰かが亡くなったりするわけではなく、日常にはびこる悪意や悲しみを解決するお話。
    また主人公のどこにもいけない気持ちがだんだん変わっていくのがとてもあたたかく、胸にくる。
    最後にはあっと驚くどんでん返しも待っている。
    連作短編でさらりと読める。

  • 猫派の私には、犬の散歩の描写が出るたびに「毎日散歩するのはしんどそうだなぁ」なんて思うのだった

    犬パルボウイルス感染症なる病気を初めて知る。

    次回作は「ふたつめの月」
    機会があれば。

  • 「ふたつめの月」の前の作品。

    アンとトモの2匹の犬が
    久里子の家にやってくる事情がわかった。

    久里子にもらわれてよかったね^^

    決して順風満帆ではないけれど、
    一生懸命「何か」を見つけようとする若者と
    生活圏で起きるミステリー。

    善と悪はどこで分かれるのだろうか
    、ということを考えさせられた。

    続きが読みたいなぁ。

  • 近藤史恵さんは大好きな作家さんのひとり。
    いつも読み始めからす~っと引き込まれていく。

    この本は「ふたつめの月」の続編なのですが、私は先にこちらを読んでしまいました。
    が、十分、楽しめました。

    ファミレスでバイトしながら悶々とした日々を過ごす久里子は、バイト先のファミレスで國枝老人と知り合う。

    國枝老人の言葉が心に刺さる…

    ファミレスを舞台に起こるライトミステリーですが、考えさせれることも多く…

    「ふたつめの月」をもう一度読みたくなりました。

  • 大崎梢作品が好きなら、とおすすめされた本。
    大崎さんは本屋や出版、学生を主人公にした本が多いけど、この本の主人公は21才のフリーター、久里子。思うような就職先が見つからず、かといって妥協して普通のOLになるなんて嫌だ、とファミレスでバイトしているが、そのファミレスにはおかわり自由のコーヒーで何時間も粘る国枝という老人がいる。
    ある日久里子が飼ってる犬が公園で異物を食べてしまい、その公園で毒物入りの餌が撒かれている事件があることを知る。その事件解決に乗り出したのは、なんと国枝老人。その姿はファミレスにいる姿と全く違う。

  • 老人が探偵役の日常系ミステリ
    主人公はフリーターで弟はニート気味の浪人
    老人は痴呆とか思われてる部分もあったり
    なんつーか、設定が暗い
    でも、問題の回答はさくっと出るんだよなぁ
    ま、その解決方法がまためんどいんだけど

    最後の話し
    続編があるのはわかってたので、何か理由があるんだろうなぁと思ってたけど
    老人の正体がねぇ・・・
    何だか腑に落ちない
    結局誘拐の犯人扱いのままじゃないのかなぁ?
    そんな状態でこれまで通りにできるわけないし
    もしそうするんだったらもっと納得出来ない

  • 2015/6/26
    飛ばしてしまったシリーズ1作目。
    結構鬱々とした始まり。
    弟が謎なとこが怖かったんだね。
    2作目では解決してからのスタートでもっとのほほんとしてたから違和感。
    順番通りに読まないとね。

  • はじめの方辛かったけど後半は面白かった。

    久里子
    弓田くん
    公園のおじいちゃん
    久里子の弟

    就活失敗してファミレスでバイトする久里子。不思議オーラのおじいちゃん。私の周りにも頼れるおじいちゃんみたいな人いないかな。

  • なかなかいい話です。近藤さんは折り目正しいですね。

  • 知らずに続編(ふたつめの月)を先に読んでしまっていたので、どうかな・・・
    と思ったけれど、問題なく楽しめた!!

    アンとトモが久里子の元へやってきた経緯が知れて良かった。
    続編と同じ感想になるけれど、
    仲良く老人に向かって駆け出す2匹が何とも愛らしい。

    人との関わり方について、改めて考えてしまった。
    周りの評価に影響されず、自分自身の感じ方で人を判断することの大切さと難しさを再認識しました。

  • 一話完結。
    出演者同じ。
    うんうん。いいね。
    シリーズ二作目を一緒に借りといてよかったなーと読み終わった時、ワクワクした。

  • ファミレスでアルバイトをしている21才の七瀬久里子さんと、お客さんでお店にやってくる老人国枝さんが主人公のお話です

    ミステリーとは言いがたい、日常的何処にでもありそうな悪意が取り上げられた連作短編集です

    久里子さんの不安や不満に共感でき、読後感は良いです!

  • 久しぶりの近藤さんの作品。んで、久しぶりの電子書籍にて。
    急な展開で事件が起きたり、ハラハラドキドキする訳じゃないですが、心地よいリズムで進む話。
    いつもあっという間に引き込まれてしまいます。
    謎かけも終わり方も好きだった。
    近藤さんの作品はやっぱり好きだなぁと思えた作品。

  • フリーターの久里子が勤めるファミレスを舞台に、常連客の不思議な国枝老人を交えて、犬の餌の毒入り事件や食中毒事件、小学生の誘拐事件などの近所で起こる色々な事件を解決するお話。久里子の心情や所々の風景の柔らかな描写が印象に残る。(例えば「夕刻の空気は皮膚にまとわりつかずにすべる皮膚のようだ。」)タイトル通り、ベンチで思索する賢者の国枝氏が鮮やかに事件を解決に導いていくが、最終話の「その人の背負ったもの」では、国枝氏の素姓をめぐる思いもよらぬ展開が待っている。この後に続く物語にも興味がわきました。

  • フリーターの女の子と不思議なお爺さんがメインの話。
    女の子はこれといった特徴の無い、すごく普通の子で、だからこそ、すっと受け入れられる。
    弟との関係も私と少し似ている気がして、親近感。
    国枝老人の正体にびっくり。

全98件中 1 - 25件を表示

賢者はベンチで思索する (文春文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

賢者はベンチで思索する (文春文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

賢者はベンチで思索する (文春文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

賢者はベンチで思索する (文春文庫)の単行本

賢者はベンチで思索する (文春文庫)のKindle版

ツイートする