ふつうの生、ふつうの死―緩和ケア病棟「花の谷」の人びと (文春文庫)

  • 11人登録
  • 4.50評価
    • (3)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 土本亜理子
  • 文藝春秋 (2007年10月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (326ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167717490

ふつうの生、ふつうの死―緩和ケア病棟「花の谷」の人びと (文春文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ターミナルケアを専門とするホスピスで繰り広げられる人間ドラマ。人が死を悟り死を迎える準備をする時、何を思ったり体がどう変化するのか、いつか訪れる自分の死への過程をパニックにならずに受け入れるための参考になればと思い読んだ。

  •  個々の患者さんの現実の事が書かれていて、がんで亡くなることをわかりながらも前向きに生きていく心が書かれた本。院長の考え方なども書かれていて、色々と考えることができました。
     しかし読み応えは重たいものではなく、心がほっとするような感覚を覚えました。医療関係にかかわらず何かを得られる内容と思います。

  • ホスピスの中でも革命的だと思われるクリニックのレポート。の、ようなもの。

    個人的にホスピスには随分前から興味はある。
    情報収集目的で読んでみたものの、ホスピスで働いてみたい気持ちと、わたしのようなキャリアも浅く年端も行かない者が働けるところでもないと思う気持ちと、両極に分かれてしまった。
    わたしに人の死を受け入れ、ケアしていく度量があるのか?
    そうは思えない。

    …と、レビューから話はそれてしまったけど、今後の日本における緩和ケアジャンルにおいてはなくてはならないことが、いろいろ書いてある。
    こういう場所がもっと増えればいいのにな。
    いや、もっと増えなければならないんだよね。

  • 2008年1月26日

全4件中 1 - 4件を表示

土本亜理子の作品

ふつうの生、ふつうの死―緩和ケア病棟「花の谷」の人びと (文春文庫)を本棚に登録しているひと

ふつうの生、ふつうの死―緩和ケア病棟「花の谷」の人びと (文春文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ふつうの生、ふつうの死―緩和ケア病棟「花の谷」の人びと (文春文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ふつうの生、ふつうの死―緩和ケア病棟「花の谷」の人びと (文春文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする