私はこうして発想する (文春文庫)

  • 301人登録
  • 3.19評価
    • (7)
    • (30)
    • (70)
    • (16)
    • (2)
  • 41レビュー
著者 : 大前研一
  • 文藝春秋 (2008年3月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (205ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167717667

私はこうして発想する (文春文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 私がこの本を読んで感じたことは
    事例を多くあげているので根拠が
    確かになっており、
    著者が言っていることを実践すると
    こんなにも説得力がある文になるのだなということである。
    そのためここに書いてある要素を
    学ぶために
    自分の身近なことに落とし込む必要があると感じた。
    例えば思考を硬直させないために
    色々な人と話し理解を深めることは
    実践できることの一つだと思う。

  • 大前さんの手法考え方の紹介本
    題名にも表れているように、自分に対する自信がすごい。
    特に面白くはないので、流し読みしました。
    大学の宣伝目的なのかとも思います。

  • ありがとうございます

  • 半分は大前研一氏設立のビジネス・ブレークスルー大学の宣伝のような本ですが、紹介されている
    1)先入観を疑う
    2)ネットワークから考える
    3)「他にないもの」を目指す
    4)歴史から教訓を引き出す
    5)敵の立場で読む
    6)討論する
    の6つの視点は、シンプルかつ実用的。2005年発行の本著に書かれた大前氏の予測は、その後当たった事も、そうでないものもありますが、ロジックとしては納得できるものです。

  • 131111読了。

  • ピンとくる話とそうでない話の波があった。コンテンツが勝ち残るための手段は1つで、「一番美味しいバニラアイスを発想することだけ」ってのはホントそう思う。1時間ぐらいあれば斜め読みできると思う。時間がなければ後書きだけでもいいかも。

  • Why is he this awesome??? I always how I haven't thought in other people's position after I read his book.

    Especially the parts he talked about Korea and north Korea.

    Question, think about network, try to achieve things spent exist now, learn from the past, think in enemy's point of view, and discuss!

    Wow! I want to learn more and have to know soooo much more!!! Sky is the limit!

  • 学校では先生の言うことを、会社では上司の言うことを聞いていればよい時代は終わり、「答えのない時代」に突入した。
    そのような時代に必要とされる「発想する技術」について書かれた本。
    6つのステップに沿って書かれているが、これを実践したら発想する技術がつくとは思わない。
    大前さんの知識や考え方を学ぶという意味では価値はあった。

  • ①先入観を疑う
    ②ネットワークから考える
    ③”他にはないもの”を目指す
    ④歴史から教訓を引き出す
    ⑤敵の立場で読む
    ⑥討論する

    なるほど、と思ったが、圧倒的な知識があって初めて出来る、いや、知識の引き出しは発想の幅を間違いなく広げる。

    変革のためには、
    ①変わらなくてはいけない、という考え方を持つ(現状ではいけないという危機意識)
    ②どのように変わるのかを考える(方向性、内容、代案の利害損失を考え選択する)
    ③どうしたら変われるのかを考える(手法、技法、パートナーの存在など)
    ④後戻りせず、さらに前進する方法を埋め込む(退路を断ち、前進を加速する)

    全力で頑張っていきたい。そのためにもビジネス知識とそれについて討論する場が欲しい。

  • 間違っても買わないように!
    全く発想力が向上する感じがありません。
    「考える技術」は良かったのに残念です。

全41件中 1 - 10件を表示

大前研一の作品

私はこうして発想する (文春文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

私はこうして発想する (文春文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

私はこうして発想する (文春文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

私はこうして発想する (文春文庫)の作品紹介

世界的経営コンサルタントとして、常に独創的なビジネスアイデアを生み出し続けてきた大前研一。彼はなぜ、新しい発想を獲得し、それを具現化することができるのか?誰もが知りたい"大前流発想のメソッド"を、6段階のフローチャートにして分かりやすく伝授する、すべてのビジネスパーソン必読の書。

私はこうして発想する (文春文庫)の単行本

ツイートする