ガールズ・ブルー (文春文庫)

  • 2865人登録
  • 3.45評価
    • (214)
    • (294)
    • (626)
    • (92)
    • (32)
  • 328レビュー
  • 文藝春秋 (2006年11月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (231ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167722012

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
あさの あつこ
東野 圭吾
あさの あつこ
有効な右矢印 無効な右矢印

ガールズ・ブルー (文春文庫)の感想・レビュー・書評

  • 2007年1月11日読了。

    あさのあつこといえば、少年たちの光るシーンが印象的。でもこの少女たちも眩しく輝いてる。特別大きな事件が起きるわけでもなく、淡々と進む17歳の夏。

    理穂と美咲の、決して仲良しでもなくベタベタしてない女同士の関係が良い。
    解説者は彼女たちのことを「共犯者。恋人や親友よりも得がたいもの」だと書いてたけど、どうなんだろう? 親友だとか軽々しいノリではないことだけは頷ける。

    ふたりとは幼なじみの、如月(弟。理穂とは「親友」)、睦月(兄。理穂に想いを寄せる)兄弟とのバランスも良いねぇ。
    でも「タッチ」世代には、どう見ても優等生じゃない弟との関係が気になるのですが。

    続きの話はありえない。なくても安心できるというか、17の夏は一度きりだし。
    こんなにすっきりする話って初めてだ。

  • この作品の中には、「起承転結」がないと言えるのではないかと思う。
    事件らしい事件は何も起こらない。普通の高校生が体験するような…ありきたりなことがあるだけ。

    ドラマチックな物語や、ロマンチックな展開もない。
    作りものの感動もないし、泣けるような切なさもない。

    万引きを疑われたり、花火大会に行ったり、犬を連れて海へ行ったり…と、そんな感じで物語は集結してしまう。

    この作品の魅力は、何よりも登場人物たちの驚くほどの魅力にあるのだ。

    このことについては、巻末の解説で金原瑞人さんが特筆していらっしゃる。

    "登場人物が、信じられないほど魅力的なのだ。とくに主人公の里穂と美咲がいい。ふたりとも、ろくに勉強もできないし、何かの目的に向かって邁進しているわけでもないし、中途半端だし、いってみれば、なんの根拠もないくせに、「何とかやっていけるという自信」だけはある。

    あんたは、負けないよ。負けたことなんて、一度もないじゃないか。美咲だけじゃない。あたしたちは、負けないのだ。しょっちゅう酸素吸入器や点滴のお世話になっていても、万引きを疑われても、「いくら?」と、おじさんに尋ねられても、高校を退学させられても、負けてしまうわけには、いかないのだ。

    こんな理穂と、病弱でどこかで死を意識しながらも、理穂以上に現実をたくましく生きている美咲のふたりは、(~省略)なんとなく、似ているのだ。"


    理穂と美咲の関係は決して"親友"とか呼べる類のものではない。

    ふたりはどこかでお互いに支え合っているし、お互いを大切に想い合っている。

    だけどそれを親友と呼べるか、と言えば、答えは否なんじゃないだろうか。

    金原さんは解説の中で、ふたりの関係を『共犯者』だと言及している。

    共犯者。

    素晴らしい比喩。

    端的で、的を得た――。

    この言葉に含まれたもろもろは、読めば分かるんじゃないか、とだけしか言えない。

    とにかく、この小説は犯罪小説らしい。

    実際には犯罪など全く無関係の世界なのに、

    犯罪小説らしい。

    理穂と美咲は共犯者、なのだ。


    彼女らの魅力に、息遣いに、思わず息を呑んでしまうだろう。

    余分な登場人物がひとりとしていないのだ。

    壮大な世界観の中、すべての登場人物が自分らしくそれぞれ生きている。

    そんなところが、面白い。


    私は文春文庫の「ガールズ・ブルー」を購入したのだが、実はポプラ社からも出版されている。ポプラ社の方では、2巻が続編として既に出ている。
    こちらも読まなきゃ。
    理穂や美咲、如月、睦月がどんな魅力を放つのか、続編も楽しみで仕方ない。

  • 特別何かがおこることもなく、さらっと読める青春小説。
    高校のときって友達といることが本当に楽しかったな~と思い出された。

  • 古本屋で格安で購入。1ページの文字数が少なめなので読みやすい。
    主人公の気持ちに共感できるところと、共感は出来ないがなんとなく理解できるところがあり、
    地の文章での感情の変化がわかりやすくまとまっているので、
    戸惑うことなくすんなりと読める。良作。

  • 【あらすじ】
    落ちこぼれ高校に通う理穂、美咲、如月。十七歳の誕生日を目前に理穂は失恋。身体が弱く入院を繰り返す美咲は同情されるのが大嫌い。如月は天才野球選手の兄・睦月と何かと比較される。でもお構いなしに、それぞれの夏は輝いていた。葛藤しながら自分自身を受け入れ愛する心が眩しい、切なくて透明な青春群像小説。

    【感想】

  • 「おれたちがやれることって、思ってる以上にいっぱいあるとか、思うだろ」
    ー如月


    理穂、美咲、如月の3人の会話や関係が良かった。ケイくんがどうなったのか…続きが気になる。

  •  他人の期待に応えることで必死になって自分の人生を放棄しちゃいけない。
    他人が描く「理想の自分」を自分に嘘をついてまで演じるのではなく、自分自身の人生を主役として生きるということ。
     そして、未来のためだけに生きるのではなくて、きちんと「今」生きている私の希望、感覚、感情に心を傾けて、大切にすること。未来をずっと目指していると、ずっと「今」の私を満たすことができないまま終わる。
    高校生の立場を通して若くみずみずしい感覚として描写されているけど、人生をどう生きるかの大切な話。

    >油断するな、みんなが期待する美しい物語に嵌め込まれたら、逃げ出せない。捕まりたくない、演じたくない。演出も脚本も主演も、全部あたしがやる。他人の物語のなかで生きていくことだけは、したくない。

    >あたしたちの前には長い長い時間がある。それなのに、今しか着れない浴衣も、今しか感じられない歌も、今しか愛せないものもある。今だけがよければいいなんて思わない。でも過ぎていく時を惜しむことも、これから来る時に怯えることもしたくない。

  • 読了。さらっと読むことができました。

  • 『バッテリー』でおなじみ、あさのあつこによる透明な青春群青小説です。
    進路や就職、なにかしらに悩んでいる人におすすめです。私自身、自分と重ねてしまう部分が多くあり、いろいろと考えさせられました。

    (849090/913.6/A/大学図書館)

  • つかみどころのない女子高生の日常を描いているけれど
    何が言いたかったのか。
    共感とは程遠く、といって興味がわくでもない
    話を読むのは苦痛ではなかったのが不思議。それが、あさのあつこさんの文章力なのだろうか。
    続編も読みたいと思っていることは
    だんだん引き込まれているのだろうか。

  • 私が登場人物に魅力を感じることができなかったのが私がこの小説を好きになれなかった原因だと思う。この小説の少年少女は私と全く違う境遇で、私自身がこの春高校を卒業したばかりで年齢が近いこともあり、少年少女を受け入れられなかった。もっと私が大人になれたときには魅力を感じることができそう。5年後10年後に再読したい。

  • 現実味がない。お利口ちゃん。

  • 一番好きな本、強くて弱くて、

  • 「バッテリー」シリーズなどでお馴染みのあさのあつこによる、青春小説。
    同じ高校に通う幼なじみの理穂、美咲、如月が、恋愛や家族、進路など様々なものと向き合い葛藤しつつ、生き生きと過ごす姿が描かれる。

    登場人物みんな魅力的で愛おしいのもさることながら、彼らの物語を包む爽やかでどこか切ない描写・雰囲気も随一だと思います。初めて読んだ小学生の時、中高生時代、そして大学生になった今。いつ読んでも色んな形で共感ができたりキラキラの青春が眩しく感じられたりちょっと前向きになれたり、な、本当に大好きな本で、大人になって読み返したらどんな風に感じるのか、今から楽しみです。

    komotoo 629

    蔵元2階文芸コーナー 913.6llAsll1
    ( 2巻は913.6llAsll2 )

  • いいなあ、若いって。不思議な自信と、不安と、懐かしい。

  • ホントのともだちって、
    こんな感じ。ってウスウス思ってた。

    親友っていうのは何をもとにするんだろ…
    こっぱずかしくて、親友ってよびたくない。
    ともだちはともだち。

    ともだち同士って
    意外とシビアじゃないと
    やってけないと改めて思う。

    高校生じゃない今でも、
    コレ読んで刺激的だった。
    何度か、自分も問われた気がした。

  • 美咲と理穂と如月の会話が面白い。美咲と理穂はなんであんなにサバサバ会話が出来て仲がいいんだろう。本当にキャラが濃い、生きてると思う。

  • 大きな変化がある物語ではなく、ごく普通の平凡な学生生活が描かれている。

  • 落ちこぼれ高校に通う女子高生の日常。
    特別人より秀でている何かは無いけど
    キラキラと輝く日々

  • 人の日記を読んでいるような。
    高校生の頃、私こんなに潔くなかったっんじゃないかな。
    今でも潔くないけどさ。
    この人たちと同じクラスでも、友達に馴れないタイプだろうな。

  • 女子高生の日常ってこんな感じなんだろうなーと思いながら読みました。
    この方の書く青春ものは、読んでてすごく感情移入しやすい気がします。

  • 著者の作品は「バッテリー」以外読んだことないけど、比べると見劣りするかな…^_^;

  • 初あさの作品。主人公が一人称視点で語り、情景描写がほとんど無いライトノベルだ。情景描写がないと書いたが、唐突に関係のないような文章が挟まってきたりして、なんというか「リアルな17歳」なんだろうなあ。

    落ちこぼれで、学校に通うことすらままならない登場人物に対して、作者は淡々と描くのみであるのは、わざとというよりも、自己の同一性と同族嫌悪の入り混じった感覚からであろう。そこに感情移入できなければ、読者は置いてけぼりを食らう。というか、食らった。正直な所、あまりよい印象は得られず。

    この作家の他の小説では、高校野球がテーマになっているようで、そちらに絡むかと思いきや、「興味ない」で済ませたのは、狙いなんでしょうか。

    また、男女の別が重要な学生時代において、男だか女だかわからない名前で、説明もほとんど無いのは混乱する。やはり、文章として「足りてない」のだ。

    ワタクシはそういう小説を称して「マンガの原作ならありかも」と書くことが多いのだが、マンガならその情景を、背景の絵などとして補完しなければならないからである。

    次にこの作家の本を手にするのは、ひょっとしたらもう無いか、かなり先になるだろう。まあ、元はポプラ社からってことで、出版社のスタイルがこうだったというだけかもしれませんが…。

全328件中 1 - 25件を表示

ガールズ・ブルー (文春文庫)に関連する談話室の質問

ガールズ・ブルー (文春文庫)を本棚に登録しているひと

ガールズ・ブルー (文春文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ガールズ・ブルー (文春文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ガールズ・ブルー (文春文庫)の単行本

ガールズ・ブルー (文春文庫)の文庫

ガールズ・ブルー (文春文庫)のKindle版

ツイートする