オレたちバブル入行組 (文春文庫)

  • 11307人登録
  • 4.08評価
    • (1424)
    • (2300)
    • (876)
    • (81)
    • (11)
  • 1388レビュー
著者 : 池井戸潤
  • 文藝春秋 (2007年12月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (368ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167728021

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
宮部 みゆき
池井戸 潤
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

オレたちバブル入行組 (文春文庫)の感想・レビュー・書評

  • 読了後、半沢さんは池井戸さんの半身だと感じて鳥肌立った。 体制に辟易し「人」が蔑ろにされない銀行を切望する。その為に半沢さんは銀行内で上に行き変革を志す。池井戸さんは銀行外に出て読んで面白い本を書き実情を多くの人に知らしめ変革を願う。しかもドラマになっても面白かったため本を読まない人にも知れ渡った。どちらも目論見通りじゃ…。ドラマの半沢さんは真っ赤な炎を宿しているように見えたが、原作は真っ青な炎が見える。ゾッとするようなお人柄。はっきりドラマ見てないけど奥様もこんな嫌キャラやったっけ

  • 大手銀行にバブル期に入行して、今は大阪西支店融資課長の半沢。支店長命令で無理に融資の承認を取り付けた会社が倒産した。すべての責任を押し付けようと暗躍する支店長。四面楚歌の半沢には債権回収しかない。夢多かりし新人時代は去り、気が付けば辛い中間管理職。そんな世代へエールを送る痛快エンタメ。

  • ドラマから入ったクチである。
    ドラマ版は原作をよりドラマチックに組み立てた物になってる事が分かる。その原作も銀行内部という馴染みのない舞台にしながらも分かりやすい物語構成でストーリーに集中できるようになっている。
    面白かった。

  • 今更ながら半沢直樹シリーズを読んでしまいました。
    テレビドラマはあれだけ話題になりましたが全く見ていません。
    なので物語を楽しみながらも堺雅人の顔は全くチラつきませんでした。

    ストーリーを言ってしまえば不審な感じに進んでしまった融資の
    融資先が倒産してその債権を回収するというだけなのですが
    根性のひん曲がった悪役が次から次へと出てきて
    最終的にそいつらを全て完膚なきまでにとっちめるという
    とても爽快な仕上がりになっていました。
    途中は半沢と共にかなり憤っていましたが最後はとても溜飲が下がりました。
    支店長がどう破滅するのかについてはちょっとハラハラしたのですが
    そこは人間的な情状酌量が少し働いてそれはそれで良かったです。

    職業柄銀行の人と付き合うことは全く無いので未知の世界ですが
    お金が直接関わる仕事っていうのは凄くシビアだなと思い知らされましたし
    「責任」ということの重大さを改めて考えることになりました。
    一つ思ったのは就活でメガバンクだけ3社ほど受けましたが
    ホントに受からなくて良かったということ。
    絶対自分には向いていないなと思いました。

    面白かったので次作も読んでみたいと思います。

  • H29.5.18 読了。

    ・「成功は上司のもの、失敗は部下のもの。」は嫌な言葉ですね。
    ・出世はバツが付いたら終わり。出世はトーナメント方式とは、言えて妙ですね。

    半沢直樹の出世の続きが気になりますね。

  • 小難しい始まりだったけどラストにかけては痛快にスピード感ある流れだった。

  • 半沢直樹シリーズの第一弾。
    東京中央銀行の大阪西支店の融資課長である半沢。
    気の進まない融資案件の粉飾決算が発覚し、融資先の社長は、行方不明。
    5億円の債権は、果たして回収できるのか。
    はらはらドキドキのストーリー展開で、一気に読めます。

  • ドラマが大ヒットしていたが、リアルタイムでは観ていない。しばらく経ってから原作→ドラマ。どちらも面白い。原作は臨場感とリアリティのあるストーリーで引き込まれる。

  • ドラマはちゃんと見たことがなく、半沢直樹は堺雅人さんで、倍返しだ!のセリフと、香川照之さんの土下座が印象的だった…という記憶しかない。
    でもその印象が強すぎたので、本の半沢直樹も自然と堺さんのイメージで読みました。
    それも、あっという間に。
    いきなりピンチがやってきて底まで落とされかけながらも、自力で這い上がり逆転するパターンは、ありがちでもやっぱり面白い!
    それに、一人で敵と戦うだけではなく、同期の渡真利や、部下の垣内、竹下社長という味方がいてくれたことが、本を読み進めていく上での心の支えになったw
    同期って本当にいいなと思う。
    みんな最初は新入社員で何もわからなかったのに、どうして年取って偉くなると変な方向にプライドが高くなるんだろうね。
    そして…妻の花は…なんか…うざくて好きになれない…。

  • 20170216

    適当に手を取ったら「倍返し」で有名な半沢直樹の原作でした。
    内容は非常に痛快、あとは銀行の文化や中間管理職の辛さなんかも書かれているのがよかった。
    現実にいたら友達になれなさそうな半沢直樹の論戦の切れ味たるや、、
    サラリーマンの暇つぶしには最高だと思います。

  • この間、楽天koboにこの本を勧められました。もう、持ってたんですけどね。
    大ヒットドラマ「半沢直樹」の原作本です。正確には、ドラマの前半部分ですかね。

    ドラマで頻発していた「倍返しだ」はあんまり出てきません。推測ですが、作者はそんなに半沢直樹がヒットするとは思ってなかったんじゃないですかね。少なくとも「倍返し」が流行語になるとは思ってなかったと思う。

    作者の元行員という経歴を生かした銀行内部のリアルすぎるほどの描写と融資をめぐる海千山千の中小企業の社長たちとのやりとりは読み応えがあります。ある種のサラリーマン小説と言えると思いますが、普通のサリリーマン小説であれば、不条理を耐え忍ぶところを、不条理に立ち向かい打破していくところが新しいです。サラリーマンスカッと!小説といったところでしょうか。元気のないときに読めば元気が出ること請け合いです。

  • 銀行という巨大な組織の中、どんなに理不尽な状況でも自分の信念に従い、間違いを間違いと主張する。組織にいる以上、右習えになりがちだが、半沢のこういう考えは見習わないといけないと思った。続編も早く読みたい。

  • ドラマを視てから読んだので、登場人物の顔が役者さんの顔をしていた。
    まあ、そんなに邪魔じゃなかったけど。

  • 2017年7冊目。
    説明不要の痛快銀行マンフィクション。数年前に見たドラマは半沢直樹の痛快ドラマであったが、本では敵役である上司や社長のドラマも垣間見ることができた。大手銀行だけではなく、どの会社でもあるような不満が共感を呼びますね。

  • ドラマを見てからの原作読了。いやー面白い。銀行や経済の知識がなくてもエンターテイメント小説として読み進められる。また、登場人物がみなキャラクターがたっていて紙面から飛び出してきそうな躍動感があった。

  • 年末年始で読みました。力強さがありスッキリした読み応え。

  • 半沢直樹シリーズ第一弾

  • あらすじに「痛快エンタメ」と書かれてあり、ビジネス小説ではなく、気楽に楽しめる。なるほど、ブームになった「3倍返し」はここででてくるのかと思う。フィクションであるが、会社が時にはえげつない組織になるリスクは常にはらんでおり、会社員はその組織に所属している。
    以下は自分の私見でという前提。組織に従属・縛られる生き方はこの小説に出てくるような災難に巻き込まれたときに動きが取れない。主人公の半沢直樹のようなタンカを切ることはかっこいいが、そういう人はごく少数だろう。組織を見限ることができる人間でいたい。

  • #池井戸潤 『#オレたちバブル入行組』読了。 https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-08-9982744623 … 数年前の話題作。池井戸作品は初めてだけど、面白かった。銀行は大変な仕事やな~。

  • 図書館で借りて読んでみた。

    ドラマはほとんど見てないけど、面白かった。

    続編が図書館にあったので借りてみようと思う。

  • ”既得権益”が個人的にホットワードだったため、イメージがつきやすそうな本を選んでみた。笑

    「感想」
    ・ドラマで見たスカッとする描写が、文章でも丁寧に書かれており、同様にスカッとした。専門用語も少なくないがわからなくても気にならなかった。一方で、改めて読んでみると主人公の入社同期は理解しつつもあまり責任のない立場に対してやりすぎなのではと感じる場面もあり、主人公自身の”銀行員らしさ”も垣間見れ怖かった。

    ・既得権益を守る社内の戦いが、人事制度上強そうな銀行ってどんな感じだろと軽い感じで読んだものの本当にこれがあるのかもしれないとゾッとした。長期雇用・年功序列のいわゆる日本的雇用形態が”無能の階段”を生む可能性があると人事領域で理論的には勉強したが、実際にあるとしたら組織として制度不良になるのは間違いないと感じた。

    「学び」
    世間では色々と問題が起きながらも、それでもいわゆる日系大手のカタイ企業を志望する学生の多さには驚く。そこまで考えが及んでいない学生側の責任なのか、採用段階で情報がオープンにされていない状況が問題なのか、、いずれにせよ近年も多くのミスマッチは起きているように感じる。

    自分の就職活動中にも感じたことだが、会社の内情を知ることができるのはあくまで内定をもらった後、もっと言えば実際に入社した後である。学生レベルで手に入る情報のキラキラした部分だけではなくその人にあった(合ったの定義も難しいが)情報から企業選択をするというのは”新卒一括採用”の弊害が数多く生まれつつある日本企業全体の課題であると感じた。

  • まあテレビドラマと同じように勧善懲悪ですっきりする。

全1388件中 1 - 25件を表示

オレたちバブル入行組 (文春文庫)に関連するまとめ

オレたちバブル入行組 (文春文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

オレたちバブル入行組 (文春文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

オレたちバブル入行組 (文春文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

オレたちバブル入行組 (文春文庫)の作品紹介

大手銀行にバブル期に入行して、今は大阪西支店融資課長の半沢。支店長命令で無理に融資の承認を取り付けた会社が倒産した。すべての責任を押しつけようと暗躍する支店長。四面楚歌の半沢には債権回収しかない。夢多かりし新人時代は去り、気がつけば辛い中間管理職。そんな世代へエールを送る痛快エンターテインメント小説。

オレたちバブル入行組 (文春文庫)の単行本

オレたちバブル入行組 (文春文庫)のKindle版

ツイートする