オレたちバブル入行組 (文春文庫)

  • 11513人登録
  • 4.08評価
    • (1447)
    • (2336)
    • (880)
    • (81)
    • (11)
  • 1407レビュー
著者 : 池井戸潤
  • 文藝春秋 (2007年12月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (368ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167728021

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

オレたちバブル入行組 (文春文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「半沢直樹」観てません!
    「オレたちバブル入行組」面白かった。一気に読み終えた。

    医療の世界と同じく魑魅魍魎な銀行の世界。
    銀行ものを読んだのは初めてかもしれない。

    サラリーマンの世界で「くそっ」と思うけど「できない」ことを、さらに特殊な銀行屋さんの世界でやり遂げていく「半沢直樹」。
    スカッとするのではなく「やる〜」かな。

    人を捨てるヤツ、人に助けられるヤツ。
    正義をかざし世界をリセットするのではなく、正義を武器とし世界を組み立てていく半沢直樹。
    真っ白いヤツじゃないから魅力的だった。

    続きも読まねば!

  • TVで観て、興味が有って読み始めたけれど、裏切らずに面白かったです。

  • 「半沢直樹」は見てない派。ただ完全に堺雅人のイメージで読了。
    先入観が無かったら違う役者をイメージしていたような…演技と脚本がそれだけ素晴らしかったんだろうな。

    池井戸さんのテイストは基本的に好きなので、この作品も楽しみながら一気読み。
    言わずと知れた「倍返し」だけれど、、、ちょっと登場人物皆やりすぎじゃない!?
    組織の中でこんなに皆が自分の感情絡めて仕事してたらめちゃくちゃになってしまう(笑)
    銀行員は少し特殊なのか…?

    エンタメ作品としてはもちろん満足の一冊。
    続編も読むのが楽しみ。

  • 半沢直樹はバブル景気時代に大手都銀である東京中央銀行に入行、
    今は大阪西支店で融資課長を務める。
    支店長浅野の強引な命令により5億円の融資を行った「西大阪スチール」が、融資直後に倒産。
    西大阪スチールは粉飾決算をしており、半沢は、浅野らに融資の責任を押し付けられる。
    半沢は反論するも、何とか5億円の回収をしなければ、子会社への出向は免れない。
    浅野や副支店長からの叱責、浅野に根回しをされた東京本店の陰湿な事情聴取、
    開き直って逃亡する西大阪スチールの社長…
    四面楚歌な状況の中で、半沢が突き止めた真相とは。

    「倍返しだっ」

    と、どや顔で言うのが(世間より遅い)最近のマイブームなわけですが、夫曰く「全然似てないから」。

    ドラマは、テレビをつけたときに偶然やっていた2回くらいを何となく見ただけで、
    その中でも「倍返し」は何度か登場していたと思うのに、この本では1回だけ、
    それも台詞の中でちょっと出てくるだけでした。
    オリジナル版では、別に半沢の決め台詞ってわけでもなかったのか。

    池井戸さんの他の作品でもそうだけど、最初の方はこれでもかというほどの試練がある。
    身内での足の引っ張り合いや責任の押し付け合いの醜いこと。。
    その中で徐々に解決の糸口をつかんで、最後は勧善懲悪、「悪は滅びる!」というわかりやすい展開。
    それでも、責任は押し付けるばかりのいけ好かない(どころでない)上司、
    迷惑をかけても反省のかけらもない取引先、陰険陰湿な本店の面々に、
    今後の展開は「V字回復」をするとは思いつつ、上昇気流に行きつくまで読むのは、
    半沢がいくら荒ぶる反骨精神をもって立ち向かえど、なかなか苦しい作業であります。

    こんな嫌な上司や取引先で、仕事が山のように降ってくるだけの状況だったら、
    チキンな私には到底1年も持たないだろうなぁ。
    やってらんねぇって辞めたくならないのかなぁ。というか池井戸さんはそういうのが嫌で辞めたのかな(笑)。
    元銀行マンの目線で書かれているだけに銀行内の描写は信ぴょう性もあるけれど、
    たまに一個人の小説の枠を超えた私怨が感じられるときあるもんね。
    他の職業ものにもいえることだけど、これが銀行業界のすべてと思ってはいけないのでしょう。

    話題になっているだけあって面白かったけど、世のサラリーマンのお父さんは大変だなぁとも思いました。
    (って他人事のように言ってちゃいけませんね!)

  • 半沢直樹シリーズの第一弾。
    東京中央銀行の大阪西支店の融資課長である半沢。
    気の進まない融資案件の粉飾決算が発覚し、融資先の社長は、行方不明。
    5億円の債権は、果たして回収できるのか。
    はらはらドキドキのストーリー展開で、一気に読めます。

  • ドラマは観てたけど本は未読でした。
    本編はドラマの前半に当たる部分。
    3、4巻が読みたかったので読む事に。
    単純に面白い。スカッとしますね。

    ドラマを観てたから、読んでてどうなるかは分かっていましたがそれでも面白い。

    浅野支店長が追い詰められて行く様子とか、ドラマのシーンがまざまざと思い出されました。
    ドラマよく出来てたな。

  • 2017.10.03

    本を譲ってもらったものの、ドラマ『半沢直樹』を観たのでなかなか手が出なかったが、ようやく読む気になって読み始めたら止まらなかった。
    勧善懲悪ものはやはり面白い。
    そして、ドラマ版半沢直樹よりも本書半沢直樹が…何て言うか人間じみているというか、そんな感じがしてこれまたよかった。

  • 大手銀行にバブル期に入行して、今は大阪西支店融資課長の半沢。支店長命令で無理に融資の承認を取り付けた会社が倒産した。すべての責任を押しつけようと暗躍する支店長。四面楚歌の半沢には債権回収しかない。夢多かりし新人時代は去り、気がつけば辛い中間管理職。そんな世代へエールを送る痛快エンタメ。(親本は2004年刊、2007年文庫化)
    ・序 章 就職戦線
    ・第一章 無責任論
    ・第二章 バブル入行組
    ・第三章 コークス畑と庶務行員
    ・第四章 非護送船団
    ・第五章 黒花
    ・第六章 銀行回路
    ・第七章 水族館日和
    ・終 章 嘘と新型ネジ

    勧善懲悪の痛快エンタメ小説である。初読時は筋の荒さが気になったが、やっぱり面白い。序章では、バブル時代の就活状況が窺える。終章で、意外な種が明かされるが、なかなかに良く出来たお話である。

  • タイトルからは想像できない過激な内容。TVドラマ放映以前のタイトルへの感想と、ドラマで話題になってから読了後の感想が入り交じってしまった。「空飛ぶタイヤ」など気になる作品を送り出し続ける著者。話題になる前は、そのタイトルから緩い感じを想像していたが、痛快大逆転物語であった。自分もバブル就職組だが、経済のけの字も知らなかった当時の自分を思うと残念に感じる。

  • 読了後、半沢さんは池井戸さんの半身だと感じて鳥肌立った。 体制に辟易し「人」が蔑ろにされない銀行を切望する。その為に半沢さんは銀行内で上に行き変革を志す。池井戸さんは銀行外に出て読んで面白い本を書き実情を多くの人に知らしめ変革を願う。しかもドラマになっても面白かったため本を読まない人にも知れ渡った。どちらも目論見通りじゃ…。ドラマの半沢さんは真っ赤な炎を宿しているように見えたが、原作は真っ青な炎が見える。ゾッとするようなお人柄。はっきりドラマ見てないけど奥様もこんな嫌キャラやったっけ

全1407件中 1 - 10件を表示

オレたちバブル入行組 (文春文庫)に関連するまとめ

オレたちバブル入行組 (文春文庫)を本棚に登録しているひと

オレたちバブル入行組 (文春文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

オレたちバブル入行組 (文春文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

オレたちバブル入行組 (文春文庫)の作品紹介

大手銀行にバブル期に入行して、今は大阪西支店融資課長の半沢。支店長命令で無理に融資の承認を取り付けた会社が倒産した。すべての責任を押しつけようと暗躍する支店長。四面楚歌の半沢には債権回収しかない。夢多かりし新人時代は去り、気がつけば辛い中間管理職。そんな世代へエールを送る痛快エンターテインメント小説。

オレたちバブル入行組 (文春文庫)の単行本

オレたちバブル入行組 (文春文庫)のKindle版

ツイートする