民王 (文春文庫)

  • 3662人登録
  • 3.56評価
    • (207)
    • (568)
    • (533)
    • (120)
    • (24)
  • 458レビュー
著者 : 池井戸潤
  • 文藝春秋 (2013年6月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167728069

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
池井戸 潤
三浦 しをん
池井戸 潤
有効な右矢印 無効な右矢印

民王 (文春文庫)の感想・レビュー・書評

  • 漢字の読めない政治家、揚げ足取りのマスコミ、バカ大学生が入り乱れ、巨大な陰謀をめぐる痛快劇。
    総理大臣:武藤泰山、息子:武藤翔
    野党:蔵本、娘:村野エリカ
    黒幕:南真衣(学生)
    親と子が入れ替わる

  • あまりにも安直な内容にがっかり。著者の作品はあまりにご都合主義的な作品が多い印象だが、その中でも一番残念な内容でした。

  • あり得ない設定にギャグ中心のストーリー。軽いタッチだけどテーマは、ある。得意分野である金融系ほどのキレはないが着想はとても良いてすね。
    しかも作者の作品は相変わらず読みやすい。気軽に読める一冊。

  • 一国の総理大臣とそのバカ息子の体と心が入れ替わってしまう、奇想天外なストーリー。
    やがて、米国も巻き込み、話は意外な方向へ。
    随所に、笑いのエッセンスを盛り込みながら、最後はホロリとさせる、さすが池井戸マジックです。
    伏線も多々あり、楽しめます。
    異色の政治エンタメは、一読の価値あり。

  • 中盤までの突拍子の無い展開には、チョット辟易したが、終盤からラストへの展開は見事!

    熱い思いは、最高にカッコイイ!

  • 面白かった!!!

    最初、政治の専門用語ばかりが並び、漢字が多く疲れる話かな…と途中まで読んでいて感じたが、まさかまさかの展開になり、一気に面白くなった。

    大体のエピソードとして、父と息子が入れ替わるーというのは知っていたものの、そう簡単なファンタジーで終わるわけもなく、日本という国の、中枢を担う総理大臣や周りの閣僚をからめ、政治に疎くとも楽しめるエンターテイメント作品だった!

    ドラマ化されて、そちらも人気があったようだが、まだ観ていないためビジュアルのみのイメージで読んでいた。
    ドラマも観てみたい。

  • ある日突然、総理大臣の父親と漢字もろくに読めないバカ息子の意識が入れ替わった。
    何とも荒唐無稽な話だけれど、入れ替わってしまった後のふたりのようすが面白い。
    最初は戸惑ってばかりいた二人だけれど、世間に公表するわけにもいかず、それぞれ総理大臣や大学生として国会や就職試験に臨むことになる。
    いくらバカ息子とは言っても一応大学生。
    こんな漢字くらい読めるだろう!とつっこみを入れながらも、漢字なんか読めなくてもピュアでまっすぐな心を持ち続けている翔には好感が持てる。
    国家のことなんて二の次三の次、相手を蹴落とすことばかり考えている国会議員には翔が言っていることなんて耳に届かないだろうけれど。
    父である泰山も、就職試験のために書かれた志望動機を読んであらためて息子の思いを知る。
    表向きの企業理念と、内向きの理想なんて追い求めていたら経営なんか成り立たないと考えている実情。
    実際の企業にも当てはまるような話の展開に、ちょっと考え込んでしまった。
    綺麗事はいくらでも言える。
    でも、その通りにしていたら利益を求めるという企業の根幹が揺らいでしまう。
    その兼ね合いが難しいのだろうな、と。
    入れ替わったことで泰山は政治家としての初心を思い出し、翔はあらためて社会というものを考えるようになる。
    痛いところを突きながら、エンタメ性の高い物語にしているところが池井戸さんらしい。

  • 深夜ドラマだったけど、放映されて、もうどれくらいになるだろう?
    俳優さんたちのコミカルな演技、音響効果など、斬新な演出で、面白かったけれど、正直、目まぐるしすぎて、ストーリーが入りにくかったところもあった。

    政治的陰謀に巻き込まれ、中身が入れ替わってしまう武藤総理と、息子の翔。
    息子は内閣閣僚のスキャンダル対応に、父は就活にと、スラップスティックが繰り広げられる。
    その中で、父は息子から世の中のために役立ちたいという、もともとの志を呼び起こされ、息子は父を少し見直していく。

    ドラマも確かに面白かったけれど、やはり小説の良さをしみじみ感じる。
    何より、すっきりまとまっている。
    いろいろな材料がとっ散らかったまま終わるなどということはなく、収まるべきところに収まっていく。
    そういう納得感を生み出すのが巧みな人だ、と改めて思った。

  • 先に映像化版を観たが、どっちも面白い。サクサク読めて熱い。

  • コメディテイストだけど、大切な意思や思いを気付かせてくれる、読みやすくて楽しい一冊。

  • だいぶ前に読んでた。あんまり覚えてないから再読決定。

  • ドラマで少し見ていたことがあったが、なかなか読みやすい作品だった。コメディの中に熱い思いも感じられた。

  • 俺がお前でお前が俺で!?
    総理大臣とバカ息子が入れ替わる。他の政治家も、バカ子供と入れ替わる。総理大臣の取り巻き、総理のこと尊敬してるフリだけど、そうでもないな?笑

  • 総理大臣とその息子がある陰謀によって体と意識が入れ替わり、息子が総理大臣で総理大臣に息子がなると言うところから話が始まる。

    答弁は息子がしなくてはいけないから秘書がその答弁を考え原稿を渡して読ませるが、どこかの総理(この小説の当時は麻生総理だったが、今のアベ総理も同じかも(^^;;;)と同じで未曾有をみぞうゆう、踏襲をふしゅうと読み間違えるなど(云々はでんでんというのはなかったが)国民から顰蹙を買ったり、酔っ払った大臣がでてきたり、総理が一年足らずで次々辞めて投げ出すなどあの時代の事も折り込み、物語はすすんで行く。

    息子の考えや総理というオヤジの生き方をお互いがお互いで見つめ合い、総理(政治家)というものや、学生生としての生き方をそれぞれがその立場から見つめ直すことで、自分の生きていく生き方を原点に立って見直すことになっていく。

    心と体が変わるのはこの親子だけではなく何組かの親子が入れ替わるなど話はドタバタではあるけどハラハラドキドキの展開をしていく。

    政治家はどうあって欲しいかを物語を通じてこの本を読む私たちが考えさせられる一冊でもある。

    確かこの小説をテレビドラマでやっていたのを録画してDVDに焼いてあるはずなのですぐ見よう!(^^)

  • すごく良い後味❗️政治家には誰しも可能性がある。いや、政治家以外もだ❗️

  • 政治を題材とした、エンターテインメント小説。首相とその息子が入れ替わる、という奇抜な発想が面白い。

  • 民政党総裁で、内閣総理大臣の武藤泰山は、クラブ遊びを繰り返す息子の翔とある日突然入れ替わる。
    息子に成り代わって就職活動で圧迫的な面接官に対して怒りの反論をする泰山と、父親に成り代わって答弁でスピーチを行い漢字を間違える翔。
    在任当時、何度も漢字を間違えた麻生太郎総理大臣を風刺した痛快エンタメ小説です。
    池井戸潤のいつもの様な緻密に積み上げられた社会派的な内容と言うよりは、どこかコミカルで、親子の絆や感動シーンもあり、サクサクとテンポ良く読める小説です。

  • 20170208
    総理大臣である父と、大学生の息子が入れ替わり、お互い自分の純粋な部分を見つめなおしていく話。漢字が読めなかったり女たらしの総理、留年しそうな就職活動で暴言を吐いてしまう息子、コメディかつ軽快な話で一気読みした。最後はうまく締めていて満足だった。いつも銀行の話の池井戸潤だが、政治だったり就職活動の笑える話も書くのだなと驚いた。

  • 面白かった。
    金融関係とはまた違う政治の世界のお話。

    現実にはありえない設定だけど、知らぬ間にのめり込んでいってた。

    エリカと翔も、綾と泰山も、最後は良い感じ!泰山が新薬の法律を可決に持っていくのも、真衣が新薬の輸入代理店に名をあげるのも、綾が真衣の企業に投資するのも、全部気持ち良く終わってるやん!

    紫の袱紗が持ち込まれたとき。つまり、衆議院解散をする瞬間、鳥肌が立った!

    陸王も早く読みたいな〜。(文庫化待ち。)

  • 私もプリズンホテルのノリを思い出しました。もう一盛上りあるといいなぁ。

  • ドラマ化されたのは知っていたので『空飛ぶタイヤ』より柔らかい雰囲気なのかなとは思っていましたが予想以上に砕けたカジュアルな物語で奥田さんの『イン・ザ・プール』のシリーズや浅田さんの『プリズン・ホテル』のシリーズみたいな感じにスイスイ読めました。軽い読み物の中に、現実の社会や政治への痛烈な風刺がザクザク入っていて読み応えもたっぷり。面白かったです。

  • 面白くて、一気読み。
    何度か涙腺が緩む場面もあったり

全458件中 1 - 25件を表示

民王 (文春文庫)に関連する談話室の質問

民王 (文春文庫)に関連するまとめ

民王 (文春文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

民王 (文春文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

民王 (文春文庫)の作品紹介

夢かうつつか、新手のテロか? 総理と息子の非常事態が発生--。「お前ら、そんな仕事して恥ずかしいと思わないのか。目をさましやがれ!」漢字の読めない政治家、酔っぱらい大臣、揚げ足取りのマスコミ、バカ大学生が入り乱れ、巨大な陰謀をめぐる痛快劇の幕が切って落とされた。総理の父とドラ息子が見つけた真実のカケラとは!? 謎が謎をよぶ、痛快政治エンタメ!

民王 (文春文庫)のKindle版

民王 (文春文庫)の単行本

ツイートする