イニシエーション・ラブ (文春文庫)

  • 22783人登録
  • 3.48評価
    • (1740)
    • (3085)
    • (3441)
    • (1164)
    • (371)
  • 3596レビュー
著者 : 乾くるみ
  • 文藝春秋 (2007年4月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167732011

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
東野 圭吾
東野 圭吾
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

イニシエーション・ラブ (文春文庫)の感想・レビュー・書評

  • 読み終わってからすぐに思ったのは、この物語は果たしてミステリーなのだろうか?という疑問だ。
    どちらかというと、心理サスペンスのような気がする。

    どこから見ても安全そうな道を歩いている。
    そんなつもりが、実は道に見えていたものは氷の上に人工的に作られたもので、もしかしたら途中には薄い氷があるかもしれない。
    落ちれば二度とはい上がれない凍りつくような水が満ちているとも知らず、自分の幸福に酔っている。
    もしかしたらすべては作為的なものとも知らずに・・・。
    この物語に登場する女はしたたかだ。
    そして、傷ついてもただでは立ち上がらない。
    女は学習する。
    今度こそは間違わないように・・・今度こそは痛い目にあわないように・・・。

    やたらと意味ありげな宣伝文句。
    でも、結局のところやっぱり二度読みしてしまった。
    作者の思惑にまんまとハマってしまった物語だった。

  • ブクログ仲間さんたちが「どんでん返しに驚愕した!」と
    あちこちでショックに震えているのを見て
    普段はあんまり読まない感じの作品だけれど、どうしても気になって
    得意の105円の棚で見つけたのをきっかけに読んでみたところ。。。

    評判通り、きれいに騙されました!
    うーん、ミステリって、こういう書き方もあるんだなぁ。。。

    鈴木くんがひとりになる瞬間を必ず見計らって声をかけてくるあたりとか
    部屋に1冊だけ場違いな感じで置いてあるアインシュタインの本、
    自分へのご褒美として購入し、大切にしていたはずの指輪の紛失、と
    マユちゃんは可愛いだけの女の子じゃないぞ!たっくん、気をつけてー!
    と思いながら読んではいたのだけれど。

    登場人物の中に好きになれる人が誰もいなかったので、☆は少なめですが
    side-A、side-Bと、昔のヒットソングを
    6曲ずつ章タイトルにした目次の構成も小粋で
    ラスト2行で世界がひっくり返る鮮やかさに凄味を感じる、
    私にとっては新鮮な読書体験でした。

    それにしても、私でも耳にしたことがない曲が何曲もある、この目次の12曲、
    10代20代の若い読者さんたちだと、1曲も聴いたことがなかったりして。。。

  • トリックには確かにとても驚かされます。うまくできてるな、いった感じで。

    ただそれ以外は特に目立ったところがない作品に感じます。
    登場人物に誰一人として魅力を感じなかったのも、私としては珍しい作品です。

    印象には残るが心は残らないと思いました。

  • ずーっと積んだままになってたんだけど
    最近やたらとCMを見かけるようになったりだとか
    王様ブランチのBOOK LOVERSのコーナーで
    広瀬アリスさんが押しまくってたりだとかで
    ようやく読んだというね。

    読み始めてみたら若干バブルの匂いがするものの
    ごく普通の(ちょっとドロドロな)恋愛小説で。
    巷で言われているラスト2行が気になって気になって
    ついつい読み飛ばしたくなるのを堪えていざ最終ページ。
    最後の2行よりも前に雲行きが怪しくなり
    読み終えたときには電気グルーヴの『誰だ!』が脳内リピ(笑)。
    要するにあれだ、
    謎が提示されるタイミングが最後だった、ということだ。うん。
    2度読みしたいのはやまやまなのだが気力が続かなくて(爆)
    解説サイトを覗くというものぐさ太郎に成り下がる。
    覗いてみて判ったのは
    ただ2度読みしても自力では理解したつもりにしかなれなかっただろうということ。
    そして、ラスト2行の意味のみならず
    解説の重要さもそこで判ったのであった。
    謎解きの鍵に使うアイテムの選択も巧いなぁと。

    2度読み必至という惹句はあながち嘘ではないと思う。
    が、個人的には1回読んで解説サイトを見て
    もう1回読むのがいいかなぁ。

  • 叙述の金字塔のような評価をうっすら知っていたので、なるべくスカッと騙されようと、ただの恋愛小説だと自分に言い聞かせて素直に読んでみた。
    でも、これは疑って読んでも分からなかっただろうな。途中おかしいなと思う部分はあったものの、それを真相と結びつけることは私の頭では無理でした。
    「最後の2行」に衝撃があることは耳に入っていましたが、私の場合はすぐに理解できず、読み返したりして緻密極まりない伏線を確認してからジワジワと感心した感じ。
    細かすぎるとも思える伏線には、作者の遊び心も感じました。

  • 必ず二度読みたくなると言われて読んでみたが最後の二行のために平凡な恋愛小説を読むのは大変だった。

  • 某鑑定士の映画を見た時並の衝撃。これは2度読み返さざるをえない。

  • この作品は目的のはっきりした小説です。叙述トリックのためだけに存在している小説です。叙述トリックを使う目的はありません。ただ使いたかったから使う、非常にあっさりした考え方です。
    この小説は叙述トリックのみしか旨みがありません。そもそも叙述トリック自体にも旨みがありません。叙述トリックを使ったことによって、読者にもっと素晴らしいメッセージが伝わるとか、面白かった筋書きがより面白くなるとか、それが叙述トリックの旨みだと私は思います。しかしこの小説は、叙述トリックなしで読んだ時の筋書きが余りにも面白くなく、何も楽しくないんです。叙述トリックなしでは何も面白くない筋書きに叙述トリックを入れて、さあ面白いでしょうという小説です。
    初めて付き合った相手とは大体別れちゃったりして、これが通過儀礼ってヤツだよねっていう「イニシエーションラブ」というテーマ自体も、正直大きなお世話で、世の中には初めて付き合った相手と結婚して添い遂げる人間もたくさんいるだろうに、お粗末な考え方と言わざるを得ません。そのお粗末な考え方も共感できないまでも納得できるように描いてくれれば良いのですが、テーマの掘り下げについてはノータッチでしたので、反応に困りました。

  • 「最後から二行目(絶対に先に読まないで!)で、本書は全く違った物語に変貌する。」

    このキャッチフレーズ。

    たったこれだけ。でもこれ以上にこの物語を正確に表現できる言葉があるだろうか。

    読後の今なら自信を持って言える。

    これは殺し文句だ、と。

    まんまとやられた。

    本当に、まんまと、ね。

    時系列をごっちゃにした物語は好きだ。
    でもそれは、読んでいる最中で気づきながら読んでいるからこそ面白かったりする。
    ああ、こっちが先にきて、今過去に戻ったのか、なるほどなるほど……って具合。
    だけどこの物語は、本当に巧い。
    それに気づかせるのは最後の最後。そう、"最後の二行"。

    自分にどれだけミスリードがあったかを考えると(正確にいえば読者にミスリードをさせようと作者が意図的に文章を書いているわけだけど)巧みな構成に舌を巻くしかない。

    ちなみに、もちろんだけどからくりは時系列だけじゃない。
    最大のトリックは、……。

    ヒントはたくさん隠されていたのになあ。
    こんな小説もあるんだ、と感動。
    実際、異色の小説であると思う。

    普通に読んでれば、至って普通の、というかむしろ退屈な部類に入るであろう恋愛小説。
    だけど、最後の二行を読んで、トリックがわかった今は思う。
    作者は、わざと退屈な小説にしたんじゃないだろうか?って。
    退屈な恋愛小説だったからこそ、からくりが余計に面白く感じるのだろうし、今思い返してみれば節々に作者のたくさんの意図が隠されている小説だ。

    「必ず二度読みたくなるミステリー」。
    確かにもう一回読みたい。二度目は確実に視点が変わる。

    この本に関しては、自分の目で読んでみるのが一番だろうと思う。
    自分でこのトリックを体験するのが、一番。

    最後になってしまったけれど、本書は解説がかなり秀逸。

    考えすぎずに読むのが一番楽しめるんだろうなあ、この本は。

    とりあえず作者に賞賛の拍手を送りたい。

  • どんでん返しがある本に名前が挙がっていたので、
    興味を持って読みました。

    Side-Aは素直に読んでいたのですが、
    Side-Bに入ると何ともいえない違和感を覚えてしまい、
    結果、中盤すぎには施された仕掛けに気づいてしまいました。

    マユが夕樹のことをたっくんと呼ぶ理由がこじつけでイタイこと、
    Side-AとSide-Bではたっくんの人格が異なりすぎていること、
    (成長とか経年変化とは違う異なり方なこと)、
    現在のことを書いているようで、
    Side-Bの方がSide-Aより古い事象が書かれていること、
    時系列トリックが稚拙などなど、
    仕掛けに気づくきっかけとなった違和感は色々あります。

    そうなると単なる恋愛小説としか思えなくなり、
    どんでん返しとされている最後の2行でも「ああ、やっぱり」と
    自分の考えが間違っていなかったことを確認し、
    やっと冗長な物語から解放されたという気持ちが正直なところです。

    帯には必ず再読したくなると書かれていましたが、
    面白いから再読というより、確認作業のための再読ではないでしょうか。
    私はそれすらする気になれませんでした。

  •  あちこちのレビューでも絶賛の声が上がっており、買ったものの積ん読になってた一冊。が、読み始めたら一気だった。
     80年代後半を舞台にした恋愛小説。代打で呼ばれた合コンで、奥手の僕はマユと知り合う。程なく恋に落ちてゆく二人。大学生の僕が彼女のためにする全てが初々しく、出会う度に新たな思い出ができていく。
     しかし、僕が会社の転勤で東京暮らしとなり、マユの住む静岡との遠距離恋愛になってから、二人の仲にはだんだんとすきま風が。東京勤務での同僚がこれまたすごい美人で、ありがちと言えばありがちな展開に。そこで出てくるのが表題の「イニシエーション・ラブ」という言葉。二人はどうなってしまうのか…

     本作は、予備知識を持たずに頭から読んでいくことを強くオススメします。そうしたときに一番「面白い!」と思えるように書かれているからです。だから、Amazonのレビューを見るのも禁止! 文庫版のカバー後ろの内容紹介も読まないで欲しいくらいです。
     とにかく、ダマされたと思って読んでみて下さい。面白いから!

  • 最後の2行で!
    ドンデデン返しが!

    とか言われれば構えずにはいられない。
    勿論最初の1ページ目から降るガードで読みました。
    私が読みながら考えたオチです。

    1.タックンは実は女
    2.タックンは実はオッサン
    3.タックンは実は妻子もち
    4.繭子は実はカーディーラー
    5.繭子は詐欺師
    6.A面とB面のタックンは別人
    7.B面のマユは繭子とA面のタックンの娘で名前はマユミ
    8.総務部長が実はタックン?
    9.B面が先の話でA面が後からの話(タックンは別人)
    10.まさか同時進行?

    とか考えて読んでいましたが、それでも2度読みしました。

    解説の最後の1行にこそ驚かされた!

    それと『乾くるみ』という作者がオッサンだったのにも驚き!!!

  • 僕・鈴木(たっくん)がマユに出会ったのは代打で出た合コンの席。
    やがて僕らは恋に落ちて…。
    「必ず2回読みたくなる」と評されたミステリー。

    学生時代のたっくんと社会人になったたっくんの雰囲気に
    時々違和感を感じながらも、たっくんとマユの恋愛を淡々と描いてて
    何が必ず2回読みたくなる…?
    これ程までに評判な本なのか…?
    そんな風に思いながら読んでいました。
    最後の2行を絶対先に読まないでくださいとあったけど、
    最後の一頁、たっくんの回想シーンで、
    (  ゚ ▽ ゚ ;)エッ!!これは…。
    やっぱり、前の方に戻って確認しました。
    一瞬にして、あーそうだったのか。
    違和感は正しかったんだと思った。
    ルビーの指輪も(@'ω'@)ん?って思ってた。
    でも、やはりまんまんと騙されてました~(*´ `*)
    2回読むほどではなかった~(笑)
    マユ可哀相って思ってたけど、マユもしたたかだったんだね。

  • ラスト二行が衝撃的すぎて何が起きたかわからなかった。思わず戻って読み返し、ここか! ここもか!と納得の数々。
    登場人物が選りすぐりの屑野郎揃いなので、潔癖な人にはオススメできないかなと思う。

  • ラスト二行の衝撃、といろんなところで目にするので読んでみた。
    違和感がそこここにあるので、しっかり読めば書かれていない部分を予想できるはず。
    …といって身構えてしまうと面白さは半減しちゃうかもしれないので、そのまま素直に考えずに読んだら、きっとラストで「!? どういうこと!?」ってなるんだろうな…
    ミステリではなく恋愛小説の部類かなあとも思うけれど、主要登場人物に好感が持てない。

  • 以前映画を見たことがあったが、トリックをすっかり忘れており、また引っかかってしまった。
    最後の2行目でそういえばそうだったと思った。
    時系列に出来事が並べられた解説サイトを読んでようやく頭の整理がついた。様々な伏線やミスリードが散りばめられており手の込んだ作品。最後のトリックが分かる部分は面白いが、途中は夜のシーンなどの描写が多くてあまり好きではない。

  • 本屋ですごいオススメされてたので、
    どんなものかと買ってみた本。
    途中まで読んで、退屈なラブストーリーだと思って、そのまま放置。
    時間が出来て、積読本消化の為に、再読。
    オチが分かっても、やっぱりタイプじゃなかった。
    読み返す気も起きず…
    時系列を読み返すタイプは、
    面倒臭くて向いてないみたい。

  • ただの恋愛小説ではなくどんでん返しがあると
    聞いていたので期待していたらいつの間にか読了。
    と思ったら最後の二行に驚愕。
    勘ぐりながら読むとトリックに気付く人もいるだろうけど、
    さらっと読んだ限りでは気付かないような
    伏線の張り方は上手いと思いました。
    恋愛って最初は相手のことを自分のいいように
    美化しちゃうけど、
    夕樹はマユちゃんの怖さに気付く時が来るのかな。
    オチ以上に時間的なトリックが巧妙だと思いました。

  • 久しぶりに本を読んでぞくってしました。
    興奮して寝られなくなりました。
    もう、頭の中が『???』って感じで、解説サイト読んで『そういうことかー!』って。
    こういうトリックのある本は絶対に自分では真相にたどりつけません…
    人間てほんと怖いですね。
    表があれば必ず裏がある。
    したたかな人だなあと感じました。
    そいえば、レビューを書くとき2007年出版のほうで書こうかと悩みましたが、こっちにしました。
    表紙にも、いろいろと意味があるんですね。
    アイスコーヒーとホットコーヒー。
    同じだけど、違うもの。
    そしてその間にある1本のたばこ。
    これ、カプリ?笑
    なーんか見えてきますよね、人間関係が。
    とりあえず!
    これから読む方は、ぜーったいに最後の2行を先に読まないでくださいね。
    すべてがひっくり返されてしまいます。

  • かなり絶賛された本だと聞き、期待値をあげて読みました。
    まず思ったのが、(ミステリーとは、必ずしも事件性があるものではない)ということ。
    探偵が登場しなくても、恋愛小説でも、謎がある限りはミステリーというのですね。

    バブル期のアイテムが次々と登場して、少しレトロな感じ。
    話的にはあたりさわりなく、男女の青春恋愛ものだなあと思って読んでいました。
    話題となった「最後から二行目」も、(えっ)と驚いたものの、(ああそうか)と、さほど驚きませんでした。

    「たっくん」が東京勤務を始めたあたりから、なんだか性格が変わっているように思えたからです。
    「木綿のハンカチーフ」なんていう思わせぶりな章タイトルがついたりしていますが、そこまで人の思考は変わらないだろうと引っ掛かりました。
    あと、マユのはめるルビーの指輪も、無意味な割には気になる描写がされているし。

    そういうところにヒントをちりばめ、そしてミスリードを引き起こしているわけですね。
    国電からJRに変わった時期や、BOOWYの解散期をうまくトリックに使っています。
    からくりがわかった後で、当然ながら読み返しましたが、それは「二度読む価値がある」というわけではなく、パズルのように間違い探しの状況合致をするため。
    小説としての流れを愉しむというより、読み違えの意外さで翻弄し、読者の記憶に残る作品でしょう。

    読者のミスリードを促す類のものにしては、少し小ぶりかと思いました。
    ただ、小説全般を通じて綿密に計算されているため、ぼんやりとした話のようでありながら、精査すると整合性が取れてきます。
    「たっくん」が東京へ行ってからの話が、途中で入るところで、知らぬ間に読者は騙されていきます。
    好みが分かれるでしょうが、論理的ではなく感覚的な自分にとって、この類の小説は、あまり好きなジャンルではありませんでした。

    ただ、登場人物たちが、いろいろあっても全員ハッピーなようだし、明るく終わるため、まあそれでいいのでは?という感じです。
    マユが夕樹に接近したのは、その名前だったからかと思うと、なんだかガッカリします。
    やっぱり、恋愛は夢を見ているのが一番ですね。
    当時の風俗の解説が巻末にまとめられた中で、カセットテープの項目で「A面を聞いている時には、B面も一緒に回っている」というのが象徴的でした。

  • 友人に貸してもらった本です。
    友人のおすすめ+裏表紙のあらすじから、最後に待ち受ける仕掛けの伏線を見つけてやろうと意気込んで読み始めたものの、やっぱり最後には驚かされていたのでした・・・。
    読みながらちょっとした違和感は何度か感じていたのですが・・・やられたっ!!

    80年代後半のストーリーなので、ちょうどその頃に生まれた私にとっては、なんとなく聞いたことあるなー、というようなものが多かったです。
    「クイズダービー」とか、「ハイレグ」とか、「男女7人夏物語」とか。

    そしてわがふるさと静岡が舞台の小説なのです。
    静波海水浴場や曲金なんて地名についついうれしくなってしまう静岡県民なのでしたw

  • 最後のどんでん返しが凄い!最後の2行ですべてがかわる、必ず2回読みたくなる・・とあったので いやいや騙されないように読むよ~と気合を入れて読みました。
    途中、あれ?あれ?と思うところがなんどかあったのだけど 最終的な謎解きにはいたらず・・最後の2行で 「えっ??」と思い 不覚にももう一度読み直してしまいました。。。でもちょっと??となり解読サイトみちゃいましたが・・
    この謎がなければ よくある恋愛小説なんですけどね・・
    同性だけど、女って怖いって思いました。

    本中に出てくるものが「男女7人夏物語」「杉山清貴」だとかで、中学の頃を思い出して、なつかしくて「そうそう!!あった、あった」と思いながら読むのは面白かった。(年がばれるか・・・)

  • とりあえず、未読の人は、事前情報を何一つ仕入れずに読んでください。あらすじも帯も何もかも読まないほうが良いと思います。

    ラブミステリーという情報だけが頭に入っていたので、「あれ?どのへんがミステリー?ただの青春恋愛小説?」と思いながら読み進めてました。ところどころ、文章に違和感は感じるものの、「まあ何かの間違いかな」ぐらいに思って読み進めてました。最後の最後で「えええええ!!なにこれー!?どういうことー!?」ってなりました。それから「ああぁああああーそういうことー!!!」ってなりました。何もかもが伏線です。びっくりです。ぞわーってなります。読んでる時は、オトコって最低ねって思ってたけど、読み終わったあとは、オンナって怖ってなりましたw 

    携帯もJRも当たり前に使ってる世代としては、分かりにくい部分もあったかなあ。わかりにくいというか共感できないというか…

    最後に、避妊はちゃんとしよう。

  • 今まで一番衝撃を受けたと言っても過言じゃないです(といってもそんなにたくさん読んでいるわけじゃないんですが)。

    ――最後から二行目(絶対に先に読まないで!)で、本書は全く違った物語に変貌する。――

    と書いてるので、最後から二行目を読みたいという欲望を抑えつつ(まあ実際読んでたとしてもなんのことか理解できなかったと思いますが)、どんな仕掛けが施されてるんだろうと思って読み進めました。最後の二行目を読んでも、しばらくは「?」となっていました。ので、解説されているサイトにジャンプ!すると「なるほどね~」と納得。そう言えばところどころ気になるところあったよなーと解説を読んだ後に思いました。ネットは怖いものなので、こんな僕のレビューなんて誰も読んでないだろうと思うけども、でも実は読んでる人がいて、その人が『イニシエーション・ラブ』読みたいと思ってるんだけど、ここにネタバレされてるよあーあ、なんてことにならないように内容については書きません。というか書けません。うん、確かに二回読みたくなる作品ですね。解説サイトを熟読したうえで二回目読みたいと思います。

  • よくあるような感じの青春恋愛小説だと感じた始まりでした。sideAの終わりの場面で「あれ?」と思うまゆちゃんの言動。この瞬間に、主人公って、もしかする「まゆちゃん?」なんて思いました。
    必ず二度読みたくなるといううたい文句のついている作品ですが、二度読まなくても「あっ!」て気づく人が多いと思います。ただ、二度読んだとき、sideBの部分から、まゆちゃんとたっくんの両方の気持ち・・・仕事のこと、友達のこと、家族のこと、恋愛のこと・・・を考えると、ちょっと胸苦しさを覚えます。今までの色んな経験を振り返るからでしょうね。

全3596件中 1 - 25件を表示

イニシエーション・ラブ (文春文庫)に関連する談話室の質問

イニシエーション・ラブ (文春文庫)に関連するまとめ

イニシエーション・ラブ (文春文庫)を本棚に登録しているひと

イニシエーション・ラブ (文春文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

イニシエーション・ラブ (文春文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

イニシエーション・ラブ (文春文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

イニシエーション・ラブ (文春文庫)の作品紹介

僕がマユに出会ったのは、代打で呼ばれた合コンの席。やがて僕らは恋に落ちて…。甘美で、ときにほろ苦い青春のひとときを瑞々しい筆致で描いた青春小説-と思いきや、最後から二行目(絶対に先に読まないで!)で、本書は全く違った物語に変貌する。「必ず二回読みたくなる」と絶賛された傑作ミステリー。

イニシエーション・ラブ (文春文庫)のKindle版

イニシエーション・ラブ (文春文庫)の単行本

ツイートする