カラフル (文春文庫)

  • 13164人登録
  • 3.81評価
    • (1515)
    • (2036)
    • (1985)
    • (244)
    • (52)
  • 1815レビュー
著者 : 森絵都
  • 文藝春秋 (2007年9月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (259ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167741013

カラフル (文春文庫)の感想・レビュー・書評

  • 冒頭の修行説明で筋書きもテーマも予想ついちゃって…なぞる様に読んだ。自分の見え方に気を遣う、自分の見方で間違う。誰しも経験したことに懐かしくなる。私視点では「特別な何か」を探す母親の黄昏と相反するひろかの達観に心が乱されました。それすらも見え方なんですけどね。極彩色にどっぷり漬かって、とりあえずしぶとく生きる。確かに考えて結論が出ても幸せにならないからね。

  • 痛快で読みやすく意外と単純だった
    自殺なんてするもんじゃないな、生きてると悪いことばかりじゃないなと思わされる

  • 大変読みやすく、さくっと読めた。

    生前の罪により輪廻のサイクルから外された「ぼく」の魂が天使業界の抽選にあたり、再挑戦のチャンスを得た。自殺を図った少年、マコトの身体にホームステイし、自分の罪を思い出さなければならないのだ。(裏表紙より)

    めっちゃファンタジーなお話かと思ったら、そういうことではなかった。

    誰しも悩みがあり、どこにも答えを見いだせなくなってしまうことはある。思春期の少年少女なら更に視野も世界も狭くなる。
    けれど、
    人様の人生だと思えばその立場も客観的に観ることが出来る。期間限定だと思えばなおさらだ。

    「ぼく」の魂が、真の人生をおくりながら、「生きる」ことの意味を模索していく姿を、是非多くの少年少女に読んでもらいたいと思う。

    この「カラフル」は、「産経児童出版文化賞」を受賞したそうだ。

    かなり早い段階で先が読めたけれど、そこにたどり着くまでの過程を読むことが楽しかった。

  • 今、何かに悩んでいたり(例えば、誰かにいじめられていたり…。)している中高生あたりに読んで欲しい。
    人生って、今が悪くてもずっと悪いわけじゃない と思える作品です。
    人生イーブン、今がきつくてもいつか楽になるし逆もまた然り。

    もっと若いころ、10代で読みたかったなぁ。
    ただ、勘のいい人は途中で結末に気付いてしまうのは避けられないと思う。笑

  • 悔しい。良かった。
    途中まではあんまり共感もしないし、いまいち話に入れないなあという感覚があった。どのキャラも掴みきれないというか。

    高校生向けみたいな本はもう合わない歳になったのか?とも思った。


    ラストに近付き、主人公が自分の罪に気付くあたりから見え方が一気に変わった。感情移入してしまい、最後のあたりは少し込み上げるものがあった。
    もっかい読み直そうかなとも思えた。



    がんばれ真。君の世界でしぶとく生きろ。

  • 面白かった。正直大きな展開も期待通り、描写も少し甘い雰囲気で。うーん?と感じながら読んでいましたが、それを許容しまうぐらい読みやすく一気読みでした。
    最後の余韻もよく、カラフルな表現もよく。とても心地よく最後まで読めました。

  • 人生はちょっとしたことで変わるって思える本。きまった型にはまらず、先入観にとらわれず、周りの人たちと支え合って生きることが大切って爽やかにまっすぐ伝わる。

    徐々に主人公の世界が色めいていくのが分かって一気読みできたけど、学生向けの本だなって思ってしまった。

  • 再読。
    前世の罪を償うため『ぼく』の魂が天使によって送り付けられた先は自殺して心肺停止した小林真という中学生の身体だった。
    父親の仕事の問題だったり母親の不倫問題だったりいじめだったり。中でもキツいと思わさせれたのはちょっといいなと思っていた女の子の売春行為だったり・・・。大なり小なり出会う可能性の多い苦悩の爆弾が真の周りで炸裂したのだ。
    大人になる一歩手前の一番多感な時期、この本に出合った子供たちはそれぞれに自分自身と何かを照らし合わせて真と一緒に悩み一緒に逃げ出したくなったりするのだろうな。そして逃げ出すだけじゃなく何をなすべきか立ち止まって考えたりもする。
    本当の自分を見つける、という言い古された言葉で言い表すことしかできないけれど、『ぼく』はどうやって自分を取り戻してゆくのか。
    中学生に読んでもらいたいのはもちろんだけれど世代を超えた読者を選ばない大切な一冊。
    文字通り、魂の再生の物語です。
    題名の「カラフル」という言葉にもいろんな意味が込められてあり表紙の黄色に心傾けてみたい。

  • 中学時代に読んでいたかった。
    子供ができたら中学時代におすすめしよう。

  • ちょっと軽い感じがして、今の自分には合わなかった。中学生くらいの時に出会いたかったな。

    たかだか人生数十年。自分の体は神仏からの借り物。そこにちょっと長いホームステイをしてるって考えればいいじゃない。気楽に自分らしく生きればいいんだよ。

    って思わせてくれる、フッと心が軽くなるような余韻のある物語。重厚な人生哲学が語られているわけではないけど、日々、競争競争、他人との比較…、こんな生活の中で、心身が疲弊し自分を見失ってしまっている人にとってはちょっとした清涼剤になる作品かなと思う。

  • 「この地上だはだれもがだれかをちょっとずつ誤解したり、されたりしながら生きているのかもしれない。それは気が遠くなるほどさびしいことだけど、だからこそうまくいく場合もある。」

    このことばお気に入りです。

    いろんな大事なことが詰まったお話でした。

  • 夏目漱石や芥川龍之介も素晴らしいが、中高生の国語ではこういう本を読ませるべきだ。御都合主義な展開だし結論も予想しやすい。ただ、やはりホロリと来てしまう。名作映画『素晴らしき哉、人生!』に通ずる、自分が生きる意味や価値に気付かせてくれる。

    絶望の淵に居る人に対して「死に気でがんばれ」という言葉は無責任だと思うが、人は独りで生きているわけではないし、無為無策で諦めることもまた無責任だと思う。最後は「やっぱりな」と思いつつ、爽やかな気持ちにさせてくれる。全員の人生がこんなに上手く出来てるわけではないが、意外と人生はシンプルで考えるよりよいものかもしれない。

    ★4つか5つか悩んだが、今回は★4つ。

  • 内容(「BOOK」データベースより)
    生前の罪により、輪廻のサイクルから外されたぼくの魂。だが天使業界の抽選にあたり、再挑戦のチャンスを得た。自殺を図った少年、真の体にホームステイし、自分の罪を思い出さなければならないのだ。真として過ごすうち、ぼくは人の欠点や美点が見えてくるようになるのだが…。不朽の名作ついに登場。

    まず表紙がいい。黄色って好きだなほんわかして。
    そして内容もとてもいい。死にたいって思ったことは10代20代の頃は山のように有ったけれども、30代になってからは急激に減少して、今では生きている事がとても貴いと思うようになりました。
    人の欠点や世界の不条理ばかり見ていると生きている意味を見失うけれど、いい面と悪い面が表裏一体だと分かるようになると、哀しくても生きていけるようになるような気が今はしています。
    この本は若い人にも読んで欲しいけど、おっさんにもちゃんと響きますよ。

  • 一般的な読み方にならなかったのは、大人になったからなのか、森絵都さんの作品の読み方がわからなかったからなのか。
    DIVE!の著者だと知り、あ、あの時は(学生の時は)のめり込むように読んだなと思い出しました。溺れるなら小中高生でしょうか。
    他の作品を読もうか読まないか迷いました、自分の心はもう子供には戻れないという現実を受け止めきれないかもしれないので。。。
    うーん…大人の方々はこの本をどう読まれてるのでしょうか、難しい!けれどとても良い本だということは変わりないですね。

  • ずっと読んでみたかった一冊。
    後半の展開がよめてしまったけど、それでも一気に
    読みたくなる、読みやすい一冊でした。

    伝えたいことがストレートなので
    どこかでこういうのあったよな・・的な部分がちらほらと。
    ストレートよりむしろ自分で感じ取りたい、
    読む側によって感じ取り方が違うだろう文章が好きな私としては少し物足りなさも。

    でも、大事なことをわかりやすく、魅力的な話の展開で書かれているので

    10代に読んでみたかったな。

  • お気に入り の カフェ に
    置いてあった本。
    書き出しが魅力的で、読みたくて読みたくて、つい買ってしまいました!(笑)
    生きる勇気をもらえる本だなと思いました◎

  • なんと読後感が爽やかな小説なんだろ。
    カラフルって色鮮やかで超ハッピーな人生をイメージしますが、黒や灰色もある。それでもいろんな色があるからこそ様々なことを考え、感じ、周りの人を知り、感謝もできる。
    サクッと読めるけど、いろんなことがさらっと盛り込まれたとってもステキなお話でした。
    私の生きる下界で気持ちが縮こまりそうになった時に読み直したい作品です。

  • 当作品で描かれる家族内の軋轢、青少年の葛藤、各々の誤解は、小説のみならず、現実でもよく見かけるものである。その意味で、魂の輪廻というファンタジーの衣を身に纏いつつ、リアルというアクセサリーが付され、不思議な読後感を残す。文体の軽さ、非実在感がその不可思議さを増す。プロットは家族と魂の再生を描くシンプルなものだが、丁寧な心象描写をする良作かと。

  • 小・中学生のころに読みたかった本

  • 「ホームステイみたいにね…。」

    天使の名前がプラプラというのがなんだかとてつもなく好き。その天使に負けじと口げんかする僕の様子がコミカルで笑ってしまう。人生は下界でのホームステイ。なるほど、そういう考えもあるんだね、と。主人公と、その彼につく天使や神様、悪魔の設定はよくあるが、私はどうもその設定が好きなようだ。

  • 29年度  6-2  紹介のみ8分
    28年度(6-3)紹介
    27年度(6-2)紹介
    10分

全1815件中 1 - 25件を表示

カラフル (文春文庫)に関連する談話室の質問

カラフル (文春文庫)に関連するまとめ

カラフル (文春文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

カラフル (文春文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

カラフル (文春文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

カラフル (文春文庫)の単行本

カラフル (文春文庫)の単行本

ツイートする