ブクログ大賞

少し変わった子あります (文春文庫)

  • 1209人登録
  • 3.50評価
    • (62)
    • (130)
    • (177)
    • (43)
    • (2)
  • 138レビュー
著者 : 森博嗣
  • 文藝春秋 (2009年6月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (230ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167743024

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

少し変わった子あります (文春文庫)の感想・レビュー・書評

  • 毎回異なる場所で、2人分の代金を払って見知らぬ女性と向き合って食べる。
    自分語り、愚痴、沈黙。毎回異なる女性はいつも違うタイプだが、不思議と私は満足感を得て帰宅する。
    哲学的な本。

  • 森博嗣氏の視点と思考が好き。
    しかし不思議感漂う本作、なかなか手に取ろうとしなかったのだが。
    うん、モヤモヤ。
    女将や相席してくれる女子の素性とか、お店運営とか色々想像し放題。
    全く何も明かされず、皆どこにいってしまったんだ。。
    これは所謂『世にも奇妙な物語』デスヨ。

  • ふと、靄がかかる。
    孤独の味わい、己との対峙、生命の歩み。

    完璧であると、満足したと言ってはならない。
    それが意味することとは…。

    至極贅沢で、我儘で、そして心地よい。

  • 「ようするに、若い頃は「あれもしたい、これもしたい」と願っていたことが、この頃では、「あれもできなかった、これもしていない」という後ろ向きになる。 この視点の差が、人間を大きく二分するようなもののような気がする。男女の差よりも大きな違いではないだろうか。」
    「不思議なことに、孤独は自分の力で育てることができない。荒木が言ったように、他人との関係によって生じるものだからだ。」
    「待てよ。では・・・、真実とは何か? 自分に関わらない他人の人生における「私の真実」とは何だろうか?」

  • 食べ方の綺麗な女性達の表現がとても美しく繊細に描かれている。一風変わったミステリー。森博嗣に慣れている人はちょっと肩すかしかも。

  • 見ている側が気持ちよくなるような食べ方

  • 2016/9/8
    最初のほうは、大学教授の悪趣味じゃない?って思ってた。そもそも一緒に食事する相手はいつも女性なところがいやらしい。
    でもだんだん教授本人の思想を語り始め、ちょっと退屈だけどなるほどーっと思っていたら最後で、ええーー??と、ゾッとしました。
    おもしろかった!

  • 小山先生……!

  • どことなく不思議だけど現実味もある物語。

    ”一人の人間だと思っているものは、実は社会や町のような集合なのだ。”

    この一節が強く印象に残る。

  • 少し変わった小説だった。ぼんやり読むには良い本かも知れない。少しだけ孤独についての価値観が変わった。

  • 毎回違う場所、女性との食事。往復の毎日が多い中で、こうした非日常を味わえる場が私も欲しい。しかし最後まで読むとそれも怖くなる。フィクションだから楽しかった。

  • 実に面白かった!
    ミステリー作家森博嗣による、不思議な小説。
    ある大学教授が、友人で行方不明になった同僚に聞いたレストランに行ってみる。そこは名もない店で、毎回違う女性が話し相手として食事に参加するのだが…。
    一人称で語られる情景描写や内面描写がきわめて巧みであり、主人公が悶々と考えていることに妙に共感できた。「食べる」という生理的行動についての考察や、孤独についてなど、唸らせるものがある。
    ミステリーだと思わず油断して読みすすめたら、違和感はあったものの、まんまとやられた。ビックリして、読み直してしまった。凄い作家だ。

  • 行く度に場所が変わり、一緒に食事をしてくれる女性も変わる。
    この不思議なシステム、毎回先が読めずドキドキするのかと思うと病みつきになりそう。
    けど、けどさ、なぜかずーっと永遠に通い続けられるわけでもなさそうなんだよね。
    最終的にはどうなっているの? という疑問が残るところも魅力だな。

  • 本屋で買う時に、読み終わったら必ず読み返すとポップ?に書いてあったけど、本当でした!笑

    するすると読んでいって、最後の章に入った瞬間、えーーーーー!!!!!って、思わず前のページに戻りましたね。

    いや、驚きました。
    ちょっとだけ消化不良だけど、気持ち悪い訳ではなく、不思議で面白かったからまぁいっか、という感じ。

  • なんとゆーか…不思議な感じの本だった。

  • 少し変わった話で最後の最後で怖かったです。

  • どこをどう探してもそのような記憶はないのだが…。
    どうやら私はこの本を読んだことがある。

    にも関わらず、ラストの展開にうなったのだから、森氏の発想力は並ではない。いやそんなこと、数十冊も森作品を読んだのだから、とうに知っていた。

    しかし「孤独」の正体を解き明かすには、もう一度読まざるを得ないように思う。まだ飽き足りない。底の深い作品だ。

  • 森博嗣らしい、もうひとつの側面。日常にある、非日常への入り口。なんてことはない、意味が無いようで意味を探してしまうような世界観。

  • 少し変わった小説でした。
    美しい。落ち着く。また読みたい。

  • 森博嗣の文章は硬い。格式張って堅苦しい、という意味ではなく、むしろ文体は柔らかいし、使われている言葉もわかりやすいのだが、いかに誤読させまいかという気持ちが文章に現れているため、イチゲンさんお断りというような構えた文で、書き出しからしばらくは読者を受け付けてくれない。

    それはそうと、本作は失踪した友人を探しに、友人の行きつけの謎の店に出向き、一夜(一章)に一人、名もない知らない女性と食事をする。食事をするだけである。ある意味ファンタジーかホラーなのかもしれない。

    各章の最初の数ページは、最近の起こったことや様々な現象についての考察だし、半数ほどの章では、女性との会話も社会についての考察であり、小説という形態をとった、評論でもあり哲学書なのであろう。

    だからといって、全く堅苦しい話はないし、最初の章ではそれらを一切表さずに、舞台の蓋然性を説明するため、自ずと読者は引き込まれていく。

    小説という形をとってはいるが、作家森博嗣の頭のなかのアイデアを芋づる式に引っ張りだして、詰め込んだという話だ。

    小説が嫌いな人にもおすすめしたい。

  • 少し変わったお店で少し変わった女性と食事をする。
    説明してしまえばそれだけの話だが、女性の仕草を見たり会話をしたりする中で深く深く思考を巡らせていく様子は面白い。
    とても哲学的なのに、どこかファンタジックな印象をうける不思議な作品。

全138件中 1 - 25件を表示

少し変わった子あります (文春文庫)を本棚に登録しているひと

少し変わった子あります (文春文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

少し変わった子あります (文春文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

少し変わった子あります (文春文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

少し変わった子あります (文春文庫)の作品紹介

失踪した後輩が通っていたお店は、毎回訪れるたびに場所がかわり、違った女性が相伴してくれる、いっぷう変わったレストラン。都会の片隅で心地よい孤独に浸りながら、そこで出会った"少し変わった子"に私は惹かれていくのだが…。人気ミステリィ作家・森博嗣がおくる甘美な幻想。著者の新境地をひらいた一冊。

少し変わった子あります (文春文庫)はこんな本です

少し変わった子あります (文春文庫)のKindle版

少し変わった子あります (文春文庫)の新書

少し変わった子あります (文春文庫)の単行本

ツイートする