クイールを育てた訓練士 (文春文庫PLUS)

  • 12人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (1)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
  • 文藝春秋 (2009年3月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (195ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167753641

クイールを育てた訓練士 (文春文庫PLUS)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  盲導犬クイールを育てた訓練師、多和田悟さんの生い立ちから訓練師になってからの様子が描かれた一冊。
    少し前までの私のように
    「盲導犬は厳しい訓練を受けて、大変な仕事をがんばってる」
    というイメージを持っている人にぜひ読んでもらいたい。

    「そんなの人間の思い込みだ」
    とか思う人もいるのかな。
    それでも私はこの本から、犬がいかに仕事を「遊び」と捉え、褒めてもらうこと、「グッド!」という言葉にどれだけの喜びを持って人と一緒に歩いているか、それがよく分かりました。
    この褒める訓練手法を考え・実践したのが、犬の魔術師と言われている多和田悟さんです。
    (今度お会いしたらサイン貰おう)

     視覚障碍者のパートナーとして、一緒に歩く・そして一緒に生きる、盲導犬はそんな存在なんだと思います。

  • 多和田さんの育てた盲導犬という個性。個性的に仕事をする犬。そんな盲導犬の訓練が出来る人はどんな風にクイールを育てたのか。まさに訓練士になるためにうまれてきたような多和田さんの訓練で旅立った盲導犬たちも、そのユーザーの方も、ともに楽しんで歩いておられるんだろうなぁと想像できる。共著者の矢貫さんがフィスを連れて歩いたことを、フィスが特別な出来事として記憶していて、矢貫さんを覚えていた記述がとても印象的だった。この人こそプロフェッショナルと呼ぶにふさわしい人。

全2件中 1 - 2件を表示

多和田悟の作品

クイールを育てた訓練士 (文春文庫PLUS)はこんな本です

クイールを育てた訓練士 (文春文庫PLUS)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

クイールを育てた訓練士 (文春文庫PLUS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

クイールを育てた訓練士 (文春文庫PLUS)を本棚に「積読」で登録しているひと

クイールを育てた訓練士 (文春文庫PLUS)の単行本

ツイートする