まほろ駅前番外地 (文春文庫)

  • 4418人登録
  • 3.83評価
    • (308)
    • (695)
    • (479)
    • (45)
    • (2)
  • 431レビュー
著者 : 三浦しをん
  • 文藝春秋 (2012年10月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (299ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167761028

まほろ駅前番外地 (文春文庫)の感想・レビュー・書評

  • 前作で登場した濃~い面々のスピンオフ作品。
    皆さん、相変わらず強い個性を放っておられました。

    内容としては前回よりも薄味かナ。
    曽根田のばあちゃんの恋、星の恋、そして多田の恋と、今作は所々に恋のお話が♪

    なかでも「星良一の優雅な日常」が好きでした。
    あのストイックさ、清海に向ける愛情、舎弟に対する愛情、ママへの諦めにも似た愛情。
    どうしようもない犯罪者とは思いつつ、そのギャップがけっこうツボでした!

  • 再読。外伝とかスピンアウトとかというだけあって主人公二人の話が少ない。その分二人の抱えている重たい過去がなくて、前作より物足りなさはある。とはいうものの話自体は面白いので楽しくは読めた。

  • スピンオフと聞いて、第一作より面白くないのかと思ったら、とんでもない。
    むしろ、私には、今作のほうが好きだ。

    曽根田のばあちゃん、菊子さんの若き日の「ろまんす」。
    男は一人でいるとおとなしいけど、二人になると途端に悪だくみする。
    だから、二人の男に争われる身もいいことはない。
    なかなか深い言葉だ。
    その返す刀で女もばっさり斬る。
    女はひとりで悪いことを考える。
    相手の女が屈服するまで、静かに争いを続けている...。

    多田の柏木亜沙子への淡い恋は、まだ続編に発展しそうな雰囲気。
    「家庭と健康食品協会」の件は、底知れない不気味さがある。
    今後何かの展開はあるんだろうか?

  • 今回は、いろいろなひとたち目線のお話が多くて、よりいっそう便利軒ワールドが濃く深くなった。本編では大して気にもしていなかった星くんが意外なキャラで、まだ二十歳なんだよなぁ、とかわいく思ってしまったり。立派な犯罪者だけど。
    個人的にお気に入りだった岡さんの奥さん目線の話がいちばん客観的で優しくて、好きだった。

    この先、行天の闇をつついて深めてほしいようなそこはこれ以上つつかずユルさを保ってほしいような、ビミョーな読後感。
    長く続くなら、このユルさは貴重だよね。

  • 前作同様多田便利軒の奇妙なコンビの話なんだが、今回は多田の視点からではなく、周りの人からの視点の物語も多くて、新鮮だった。岡夫人の章が、自分の境遇や年齢なんかに近い感じで一番共感が持てたと思う。

  • 前作の番外編、つまり前作でお客さんだった人が主人公であったりした。全7作の短編集。人生はいろいろ、そうつくづく思う内容だ。

  • 男二人名コンビのドタバタ劇の番外編。そのまま。引き続き楽しく読めます!

  • 本編の方が面白いけど、こちらもなかなか。
    物語の世界が広がっていく。
    映画化されたときにどちらがどちらだったか全然思いがけず。
    実際には瑛太が多田啓介、松田龍平が行天だったけど、逆で想像し、しっくりこないままだった。
    ーーー
    東京都南西部最大の町・まほろ市の駅前で便利屋を営む多田と、高校時代の同級生・行天。汚部屋清掃、老人の見舞い、庭掃除に遺品整理、子守も料理も承りますーー。
    多田・行天の物語と共に、前作でお馴染みの星、曽根田のばあちゃん、由良、岡老人の細君が主人公となるスピンアウトストーリー七編を収録。

  • このユルーイ感じが好き。

    読んだ!って達成感があるわけでなし、
    泣ける!って感動があるわけじゃないけど
    このダラダラ感がたまりません。
    (全くもって褒めてねー...気がする)

  • 多田と行天以外の人の視点から、多田と行天について描かれているところが暖かくてとってもとっても素敵。

  • 前作を読む前にこちらを手に取ってしまったが、軽妙洒脱な文章、謎めいた登場人物たちがちらりと見せる人情身あふれる一面などに引き込まれて、一気読み。前作を読んでから再読したい。

  • まほろ市に住む便利屋が帰ってきた!ってわけでもあり、そうでもなかったり。
    物語は前作から1年ほど過ぎ、今回は個性豊か過ぎるサブキャラの視線から、多田と行天の姿を切り取っている。
    第三者から見た人物像というのもまた面白い。
    短編集のようでいて、ちゃんと一冊で縦軸の話が完結する、良く出来た本である。
    行天の過去が知りたくなる…。

  • 脇役達の短編集。
    全員が魅力的。岡夫人さえも。
    やっぱり文章が好きだ。
    多田も行天もちょっぴり謎を残す。
    行天のように生きたいけど、多田のように生きてる。

  • 暗示させる展開ですねー。
    子供時代の虐待とかはやり尽くされた感は否めませんが、行天たちの場合はどういう乗り越え方をするのか見物ですな(笑)

    とりあえず皆元気そーでなにより。
    曽根田のばーちゃんと、岡夫人の話が好きだなー。

  • 前作のまほろ駅前多田便利軒を読んだのが大分前なので、前作に出ていた登場人物たちをほとんど忘れてしまっていた(;^_^A

    まほろシリーズは続けて一気に読むべきだ。

    曽根田のおばあちゃんの言葉が印象に残った。

    ☆☆☆
    悪くなかった。ろまんすも、そのあとの生活も。一生、あの気持ちを知らずに過ごすひともいるだろうが、私は知ってよかったと思ってるよ。


    会いにきてほしいなら、おかしな理由などつけず、ただ電話をすればいい。
    多田便利軒は、どんな雑用も引き受けてくれる便利屋なのだから。

  • 人とあまり深く関わりをもたないよう生きてる
    多田。しかし、いつの間にか行天の奇行に巻き込まれ、めんどうなことになっていく。人生って予定不調和だからおもしろいのか。自分だけのペースで生活するのは心地よいけど、心の波はあまりたたない。何がよいのか考えさせられる。行天と多田なんだかんだでいいコンビ。

  • 前作では終始一貫多田の視点でしたが、今作は星の私生活や横中バスに執着している岡老人の夫人、ユラコーの視点のお話もありました。『番外地』とタイトルにある通り、番外編的な扱いで『狂騒曲』への繋ぎみたいな位置付けなのかな。そうはいっても、曾根田のおばあちゃんのロマンスの話まであって盛りだくさんで面白さは相変わらずです。多田と行天のコンビも板につき、行天は変人に磨きがかかってきた気がする。多田の恋の行方も、行天が抱えている心の闇も知りたいから、『狂騒曲』早く文庫にならないかな~。

  • ソフトカバー版を既読。あいかわらず絶妙なおかしみが顔を出すが、すっと我に返るとどこからかひっそりとした息づかいが聞こえてくるようでもある。前作『~便利軒』から次作『~狂騒曲』への橋渡しのような一冊で、語り部も便利屋の周囲のひとびとに移る。小説の主人公を脇役に語らせるという趣向がだいすきなのでこの作品も楽しかった。わたしがしをんさんの小説をすきなのは、“普通ではないひと”を平易に描くところ。そこには上から目線も特異な感覚に対するおおげさな賛辞もない。腹筋崩壊にして涙腺崩壊な3作目の文庫版の発売が待ち遠しい。

  • 前作はずいぶんと前に読んだので、なんとなくだけど、うろ覚えで読んで思い出していた。
    瑛太と松田龍平を思い浮かべながら読んだ。
    曽根田のおばあちゃんの話しが特に印象に残った。
    行天は個人的に好きな人物。
    多田の恋はどうなったのか続きが知りたい。

  • 行天と星のやり取りが好き。

  • 図書館の本 読了

    内容(「BOOK」データベースより)
    東京都南西部最大の町・まほろ市の駅前で便利屋を営む多田と、高校時代の同級生・行天。汚部屋清掃、老人の見舞い、庭掃除に遺品整理、子守も料理も承ります―。多田・行天の物語とともに、前作でお馴染みの星、曽根田のばあちゃん、由良、岡老人の細君が主人公となるスピンアウトストーリー七編を収録。

    順番間違えて読んじゃったのをかなり後悔。これがあったからまほろ駅前狂騒曲に続くのね。
    短編ならではのキャラクターのたち方が凄い。
    由良と岡さんのエピソード、好きです。

  • まほろ駅前多田便利軒で描かれたまほろ市の住人が再び登場。前作は多田視点で繰り広げられたが今作は住人視点からも物語が語られる。
    思い描いていたキャラクターの意外な一面や過去を知ることができ、愛着が湧きました。

    失われた幸せは違う形で再生することが出来る。

    多田とシャチョーさんの恋の行方
    行天の過去に失った幸せ

    狂想曲が早く読みたい

  • 読みたかった星くんの日常が読めて最高でした……!!
    吉良くんのこともその後が気になっていたので読めてよかったです。
    行天の隠れた才能と言いますか、歌がうまいなんてちょっと意外でずるい。
    大人たちの大人げない喧嘩を、行天の姿に言葉を詰まらせる大人を吉良君はどんな目で見たんだろう。
    番外地は度のお話も好きだけど、ダイヤモンドのお話のオチが最高でした。
    そして何より始まったばかりの多田さんの恋の行方を応援したいな。

全431件中 1 - 25件を表示

まほろ駅前番外地 (文春文庫)に関連する談話室の質問

まほろ駅前番外地 (文春文庫)に関連するまとめ

まほろ駅前番外地 (文春文庫)を本棚に登録しているひと

まほろ駅前番外地 (文春文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

まほろ駅前番外地 (文春文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

まほろ駅前番外地 (文春文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

まほろ駅前番外地 (文春文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

まほろ駅前番外地 (文春文庫)の作品紹介

映画化もされた第135回直木賞受賞作『まほろ駅前多田便利軒』の多田と行天が帰ってきた!相変わらず、汚部屋清掃、老人の見舞い、庭掃除に遺品整理、子守も料理も引き受ける多田便利軒。ルルとハイシー、星良一、岡老人、田村由良ら、お馴染みの愉快な奴らも健在。多田・行天の物語とともに、曾根田のばあちゃんの若き日のロマンス「思い出の銀幕」や岡老人の細君の視点で描く「岡夫人は観察する」など、脇役たちが主人公となるスピンアウトストーリーを収録。

まほろ駅前番外地 (文春文庫)に関連するサイト

まほろ駅前番外地 (文春文庫)のKindle版

まほろ駅前番外地 (文春文庫)の単行本

ツイートする