強運の持ち主 (文春文庫)

  • 3797人登録
  • 3.57評価
    • (217)
    • (546)
    • (638)
    • (95)
    • (10)
  • 506レビュー
著者 : 瀬尾まいこ
  • 文藝春秋 (2009年5月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (262ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167768010

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
瀬尾 まいこ
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

強運の持ち主 (文春文庫)の感想・レビュー・書評

  • 久々の瀬尾さん。OLから転身した占い師が主人公。主人公・ルイーズの占いは、どちらかと言えば人生相談のような感じ。
    占い師の師匠がそれっぽいこと言ってたけど、たぶんルイーズは客観的に人を見る目があるんだと思う。
    占いに来るときって迷ってるので「貴方はこうなんだよ」とズバッと言ってもらえると心強い。
    私の場合だけど、占い師然としてるより、ルイーズくらいユルい方がなんか説得力あるんですよね。
    ただ、そういう人って、人の嫌なところまで丸わかりだから、あまり人に心を許せなくて一人を好む。
    そういうある種殻のようなものを、ルイーズは武田くんの「おしまい予言」がきっかけで破り、他者とのかかわりによって新たな気づきも得ることになる。

    4つの短編からなっていますが、話が進むにつれ、ルイーズが通彦と別れるんじゃないかとハラハラ。
    終盤まで(というか最後まで読み終わっても)、通彦とルイーズがお似合いだと思えなかった。
    でもそれは恋人としてお似合いではないということで、夫婦になるんだったらこれがベストな関係なのかもしれない。
    話中にあったように、スーパーに行くのが楽しいと思える関係が。

    終盤「おしまい予言」に出てきた関西弁男子・武田くんがいいキャラでした。ルイーズとくっつくと思ったくらい。
    武田くん周りの話もちょっと読んでみたいですね。

  • 乙一ワールドにぞくぞくした後は、瀬尾さんの小説でほっと温まるひとときを。

    元OLが、営業の仕事で鍛えた話術を生かし、占い師に転身。
    「ルイーズ吉田」と名乗って、星だの運命だのに関連させながらお客さんの人生相談、恋愛相談に耳を傾ける。
    お父さんとお母さんどっちを選ぶべきか聞く小学生、
    ある人に気にしてほしいと、何度外れても足を運ぶ女子高生、
    ときどき人の「終わり」が見えるという男子大学生の武田くん、
    アシスタントとして雇ったシングルマザーの竹子さん…。

    占いってほんとに眉唾ものというか、胡散臭いものですね~!
    占いの楽屋裏が面白すぎた。占いで言うネタ考えて女性雑誌をめくる占い師…!本当にいそう(笑)。
    そんな適当な主人公だけど、
    「先生どうしましょう、この人結婚運ゼロで、手相も人相も悪いんですよ!」
    なんてことをお客さんに面と向かって言っちゃうアシスタント竹子さんに対して、上手にフォロー入れるあたりはすごい。

    「大事なのは正しく占うことじゃなくて、相手の背中を押すことだから」
    これは師匠の言葉だけど、本当にそのとおりだなぁと思った。
    当たるも八卦、当たらぬも八卦。でも占いに来る人は何かしら、背中を押してほしいことがあるのであって、悪いことを聞きに行くわけじゃない。
    かくいう私も、当たるとか言われるとためしにやっちゃったりするし、星占いもテレビでやってたら一応チェックするし、この間は旅行ついでに15分3000円の占い行っちゃったりね・・・!
    (それによると、35歳か36歳あたりのとき、消化器系に気をつけた方がいいらしい。しかしどう気をつけろというのだろう。)

    面白かったしほんわかもした、ただ、何となくだけれど主人公があまり好きになれなかったのです。
    「インチキ占い」なんて自分で言っちゃういい加減なところは面白くもあるのだけど、占いの結果だと言って、お客さんの彼氏を強引にもぎとって悪びれないようなところが。。
    占い師はお客さんを幸せにしないといけないとは思わないが、でも自分のお客さんを積極的に不幸にしてどうすんねん、と真面目なことを思っちゃいました(笑)

  • 元OLが営業の仕事で鍛えた話術を活かし、ルイーズ吉田という名前の占い師に転身。ショッピングセンターの片隅で、行列のできる占い師として生きる。
    恋人の通彦は星回り的には強運の持ち主。のはずだけど、今のところはとても平凡な公務員だ。
    占い師という仕事を通じて出逢う様々な人とのエピソードと、ちょっとずれてる通彦との面白おかしい生活を描いた物語。

    占い師って、占いの才能が第一に必要なわけではなくて、相手の話を否定せずに聞くことや、悪い結果だとしてもそれをいかにして傷つけないように相手に伝えること、が必要でそれが適性というものなのだと思う。
    そういう意味ではカウンセラーにも通じるような仕事で、占ってもらう側は、自分の悩みを聞いて背中を押してもらいたいと望む人が多い。
    ルイーズ吉田は占い自体はけっこう適当だけど(笑)、そういう適性はものすごく高い。占いからかなり外れた部分で相手の悩みを聞いてあげちゃったりする。
    でも必死感はなくて、どことなくのほほんとしている。
    人の悩みを吸収せずにある程度受け流せる。そういう人じゃないと出来ない仕事だ。

    全体的に幸福感が漂う小説だった。
    ルイーズ吉田(本名は吉田幸子)と恋人の通彦のおかしなやり取りや、強運なはずなのに全然そうは見えない通彦が作る変すぎる料理の数々。
    占いにやってくる人のエピソードもよくよく考えてみればけっこう重いものもあるのだけど、何となくほっこりと感じられるのは、温かみと少しのおかしみがある文章の力なのかも。

    生きていれば色んな辛さや悲しみがあるけれど、それに触れて救いの手を差しのべてくれる人もいて成り立っているのだということ。ひどい人間も確かにいるけれど、そういう人ばかりじゃない。人生捨てたもんじゃない、と思える出来事だって、実はけっこうある。
    占い自体は、当たるも八卦当たらぬも八卦くらいに捉えるのが正解だと思うけれど、聞いてくれる人がいるというのがきっと重要なんだ。
    ルイーズ吉田が実際にいたら、適当な占い、してもらいたい。笑

  • 表紙のイラストがかわいいのに、タイトルが残念かな?
    さっくり読みやすい。
    占いで見てもらいたい。という心理は理解できる。私もすがりたい時もある。でも、ルイーズのような占い師がいたら、幻滅だな~っ、お金だすもんじゃないな~なんて思いながら、読んでいたけど、最後は、ルイーズが本物の占い師に思えてきたから、笑える。しかし、ルイーズの彼氏は、いつ強運を発揮するのだろう?(笑)

  • なんとなくで占いをしている人のお話。世の中占いに頼る人は多い。私の友人もよく占いに行っている。私はあまり占いを信じないのだけれど、この話の主人公・ルイーズ吉田のような占いの仕方だったら、信じてみようと思うかもしれない。でも、占いはちょっと背中を押してもらう程度で、結局良いことも悪いことも自分次第なのかなと思った。

  • テーマは「占い」、といっても神秘な世界とはちがって、何だかほのぼのとした空気に包まれている。
    悩んでいる人の心を軽くしてくれたり、迷っている人の背中を押してあげたり、言葉ひとつで聞く人の気持ちも変わるんですね。
    話術って奥が深い。
    そして、一番大事なのは、他人の意見よりも、自分の率直な気持ちだということ。

  • 優しくて軽い。

    内省したい時に読むのには向かないけど、読み終わったとき、ほんのちょびっと優しい人間になれた気がしてしまう。

    おしゃれしてはりきってお出かけじゃなくて、近くのスーパーで2人が使うものを2人で選ぶお出かけ。恋人から、家族に踏み入れている気がして、読んでいてなんだか得した気分になったのは、何故だろう。

  • もし、この物語を映像化したら、キャストは誰がいいかなーなんてことを考えながら読み進めていました。
    占い師は、相談者の人生のいろんな悩みのアドバイザーであると共に彼ら自身も一人の人間だから、自らの体験談をアドバイスに使ったり、お互いの経験がものを言うこともあるんだなーと感じました。
    ルイーズさんは魅力的な占い師さんだったなー。

    『ニベア』と『おしまい予言』が好きでした。

  • 普段占いはあまり見ないのだけれど。

    プラスの方向へ向けるエネルギーは心地好かった。

  • さらっと読めて楽しい、こころがあったかくなる話。
    占い師というより人生相談所職員かのような主人公が色んな人の人生を垣間見、相談者の悩みを一生懸命解決したり、自分で占いに振り回されてどたばたしたりする。

    本作を読んで、正論をまっすぐ言われたら反感を覚えるけど、星だのなんだの言った方が受け入れやすいのかもしれないなと思った。

  • 本屋さんおすすめ本だったので買ってみた。なんとなく読んでいてほのぼのする本。

  • 3年生のゼミ決めのころ読んだ一冊。


    占い…

    迷っているとき、悩んでいるとき、ふと背中を押してくれるものなのかもしれない。

    こっちを選んだら、こうなるかも…
    もしかしたらあっちのほうが、いいのかなぁ…

    そんなとき、「あなたの星は、こういう生まれだから、こうすることがあなたにとっていい選択ですよ」って言われたら、あぁこれが正しい選択なんだって安心して前に進めるんだと思う。

    自分の意思とか誰かの言葉とかじゃなくて、「生まれの星」っていう絶対的(に思える)もので、自分の選択を裏付けたいんだろう。
    そうすることで、自分を正当化してるんだろう。
    この選択で間違ってないんだって、自分を納得させるための理由なのかもしれない。

    結局自分のこと決めるのは自分しかいないけど、それで前向いて自信持って歩いていけるんだったら、占いに頼るのも悪くないのかもね。

    この本を読みながら、「あぁ、私もゼミ決めなきゃなぁ...」と悩んでいたのがいい想い出。笑

  • 女性向き。

    何度も繰り返し読みました。暖かい気持ちなります。

  • この本のタイトル、『強運の持ち主』。
    主人公の恋人、通彦くんのことですよね。

    短時間で簡単に読むことのできるお話なので、
    あっさりしていて、何の後味もない感じに一見思えるのですが、
    実は、このお話で重要なカギを握っているのは通彦くんのような気がしました。

    カギと言っても、そんな重厚なものではなくて
    家の扉をあける程度の・・・。
    なんと言うか、ルイーズに良いパスを出しているのは
    通彦くんであって、何気ない二人の会話が、
    小さな世界の回転に一役買っているのでは・・・
    それが、普通であって、普通でないことを
    普通に描いているお話なのかなと思いました。

  • わいそっくさんおすすめ

  • ほっこりする話。私は、おしまいが見える青年の話がすごく良いなぁと感じた。
    あとは、彼氏のこともちょっと羨ましいくらい素敵に感じた。

  • 瀬尾まいこの中では一番今の所好き。おじさんだってな、ゆるゆる日常の中でちょっとしたいいことを見つけて系小説を読むこともあるんだ。

  • さらさらと読めるあったかい物語。
    ルイーズさんの話術がすてき。
    占いにくる人たちって、本当は自分の中では答えが出ていると思うのよ。だけれど、誰かに背中を押してもらいたいの。それで思うとおりに応援してくれたりしたら、やっぱりね!と勇気も貰えて頑張れる。けれど反対でもされたときには、えーっ、でも…、だけど…なんて納得いかない自分がいるのよね。占いって道標みたいなもんだけど、最後は自分で答えを出すしかないわよね。

  • この作品に限らず、瀬尾さんの作品は、日常の中で気づかずにとおりすぎてしまったことに改めて振り返ることができて、穏やかな日常っていいなと思えます。
    「おしまい予言」は思わず主人公とおんなじ結末を予想してしまったけれど、そういうことかー!という意外なオチでした。

    あと時々登場してくる食べ物の描写が好きです。めちゃくちゃおいしそう。

  • 数年ぶりに再読。

    やはり瀬尾まいこさんの作品は優しいです。
    難しい理屈なくサラッと読めるのに、読後は何かが心に住みつく感じがします。

    「だから、たいていのことは、なんとかなる」
    凝った言葉ではないけれど、お守りにしたい一節です。

  • 瀬尾さんの作品はいつも読んでいてほっとすると言うか、それこそ物語の中に出てくるニベアクリームのよう。

    ただ今回の物語は、どうしても主人公を好きになれなかったかな。
    まずルイーズさんはインチキ占い師のくせに、占いに気持ち左右されすぎでしょう。そこがまたおもしろいところなのかもしれないけれど、わたしは少しイライラした。ルイーズさんの彼氏さんの食のセンスにもイライラ。後から雇った新人さんにもイライラ。

    でも、名前を忘れてしまったけどルイーズさんの芸名を付けてくれた師匠と、終わりの見える少年はすごく素敵な人物だったと思う。ある意味そこでうまく調和がとれていたのかな。

  • 運命を気にするよりも現実的に直感を信じて進むことが大事なのかな。最後までほのぼのして読みやすかった。
    けどルイーズ吉田さんがお客さんにはてきとーに星に当てはめて対応するのに彼氏になると本気になって熱心に占い信じて虜になったり、強運って理由だけで占い濫用して略奪愛したりするのは...すごく嫌!!

  • 占い師が主人公のお話。
    さらっとしてて、読みやすい本。
    読んでてほっこり、ほのぼのした気分になった。

  • なんでもないような日常が、日々感じる感情が、どれだけ貴重な時間の積み重ねなのか。
    ふと、思えた作品。

    占いは、占い。だけど、そのひと言で
    その一文で、気づく感情があるんだろうな。

  • 元OLが営業の仕事で鍛えた話術を活かし、占い師に転身。ショッピングセンターの片隅で、悩みを抱える人の背中を押す。父と母のどちらを選ぶべき?という小学生男子や、占いが何度外れても訪れる女子高生、物事のおしまいが見えるという青年・・・
    じんわり優しく温かい一冊。

    占いではなく、話術で人を良い気持ちにさせる主人公。
    占いにくる人の人生に向き合う姿は大人の女性。
    一方で、自分に関する占い結果には少女のように必死になって、先輩占い師に助言を求める。
    その二面性のバランスがいいなぁ。可愛いなぁ。と思う。

全506件中 1 - 25件を表示

強運の持ち主 (文春文庫)に関連するまとめ

強運の持ち主 (文春文庫)を本棚に登録しているひと

強運の持ち主 (文春文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

強運の持ち主 (文春文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

強運の持ち主 (文春文庫)のKindle版

ツイートする