戸村飯店 青春100連発 (文春文庫)

  • 1422人登録
  • 4.07評価
    • (175)
    • (265)
    • (108)
    • (13)
    • (0)
  • 221レビュー
著者 : 瀬尾まいこ
  • 文藝春秋 (2012年1月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (313ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167768027

戸村飯店 青春100連発 (文春文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 男兄弟って 一番近くにいるライバルなんだな~って思う。
    意識せずにはいられないだろう。親からどう思われてるとか・・

    進路を決めるとき、親や先生じゃなく 兄のひと押しで進学をきめたコウスケ。そうそう、兄弟ってこう、いざって時に頼りになる。
    こんな兄弟っていいな~って思う。

    瀬尾さんのお話は、日常がリアルに描かれているから面白い。
    東京と大阪の違いってので、生まれも育ちも関西の私にはわかる~っていうのが多かった。

  • いいっ!この兄弟、大好き!
    相変わらず瀬尾さんらしい作品でした。
    電車の中で読んでいても、思わずニヤッとしてしまいました。

  • ところどころに見え隠れするさりげないユーモアのセンス。
    それまで真面目に文章を追っていたのに、突然、噴き出しそうになる。
    この独特の立ち居振る舞いが、瀬尾まいこ作品の面白さだ。

    自宅は中華料理店を営む高校生の兄弟。
    繊細で、女の子にもてて、スマートな兄のヘイスケは小説家を目指し、故郷を離れ東京に出て行く。
    がさつで、お笑い精神があり、でも本音は気の弱い弟のコウスケ。
    一見、正反対の二人。でも本当は──。
    兄が卒業して一年。弟は、親の中華料理店を継ぐために地元に残ろうとするが。

    コウスケがほのかに恋心を寄せている仲良しのかわいい女の子、岡野。
    この岡野さんが愛らしい。
    瀬尾さんの作品に出てくる女性はいつも愛らしいという表現が嵌る。
    しっかり者で、でもかわいい。

    さて、この兄弟二人、高校卒業後まったく違った道を歩もうとするが──。
    本当の自分は何をしたいのだろう? 成長するに連れ、二人とも、それにようやく気付き始める。
    なんともハートフルな青春ストーリー。
    相変わらずの瀬尾作品の持つ温かさ。
    楽しく、関西弁がいい味を出している、心がほっこりする物語でした。

  • まず思うのは、この本は表紙とタイトルで損してるんじゃない?って事。
    瀬尾さんの作品じゃなければ、私なら手に取らないですね・・・

    だけど、これ読んでみるとすごく良かった!
    コテコテの大阪下町に住む兄弟のお話なんですが、2人ともいいねぇ。ザ・兄弟!って感じでした。

    このヘイスケ・コウスケ、どっちもいいキャラです。
    最初コウスケの語りで始まると、ヘイスケがいかにもいけ好かない感じなのですが、次はヘイスケの章になっていて「あぁそうなんだ~」とヘイスケに同情したりして。

    お互いに相手を認めているからこそ持つコンプレックス。
    大阪ではコウスケのように、面白くておちゃらけな子は受けがいいです。
    逆にヘイスケみたいな子は「ええ格好しぃ」とか言われちゃうんですよね~。
    弟に対抗して、新喜劇の桑原和男のマネを必死で練習するあたりに兄の悲しさが・・・しかも全然受けないし(笑)
    兄目線の私としては切なかったです。

    大阪弁で勢い良く読み進むうち、ジーンとしたりほっこりしたり、とてもいい本でした。私にとってはコテコテの大阪弁がすっごく面白かったのですが、このコテコテの大阪弁&内容は、関西人じゃない方には読みづらくないのかな?ってちょっと気になりました・・・
    濃いすぎて関西人以外には意味分からないんじゃ?って部分もありますし。

  • ええわー
    これはええキャラやでー

    って思いながらの一気読み。
    瀬尾まいこさんは、若者を書かせたら天下一品やと思いました。

    今ちょっとしあわせな気分。

  • 文庫で再読。

    コテコテすぎるけど、兄のヘイスケが「ごめんください。どなたですか?戸村飯店の長男、戸村ヘイスケです。長い間勝手して迷惑かけました。ほんま、すんません。お帰りなさい。ありがとう。」と言って家に帰るところは、泣かされました。

    「ギャグはタイミングが大事なのだ!」

    ・・・ほんまや!

  • なんともベタなタイトルやねぇ。
    大阪下町の中華料理店の2人息子、要領も見た目もいい兄ヘイスケとボケがうまく単純明朗な弟コウスケ。交互に2人の視点から描かれるお話は、要領よく見える兄も実は不器用で、弟もやっぱりそのまま不器用で、互いに互いのことが見えずに、もとより自分のことも分からずに、何となく波長が合わない中で、兄が卒業・上京して初めて別々に暮らすのをきっかけに見えていなかったものが見え出す…。
    こう書いてしまうと、確かにお話もベタやねぇ。でも、これで悪くない。
    この歳になってこういうお話読むと、話の如何に拘わらず、自分のこと、自分と父のこと、自分と弟とのこと、自分の息子たちのこと、息子同士のこと…、図らずもそういう家族構成なんで、何となく身につまされるところが多々あって、ある種の感慨に浸っちゃうんだよねぇ。
    うちも店をやってて誰も継がずにそれっきりになっちゃったんだけど、今になれば、まあそれで良かったという感じで、息子二人も自分の好きなところに就職してくれりゃあ、それもまたそれで良いんだろうと思える。
    上手く言えないけどそういった男同士の親子や兄弟の機微が、関西をネタにしながら(まあ、関西の人がみんなああだと思われるのはなんだけど)、巧いこと描かれてると思う。

  • 瀬尾まいこを読みはじめたのはわりと最近です。映画化された『幸福な食卓』(2006)と『天国はまだ遠く』(2008)はDVD化されてからすぐに観て、どちらも結構好きだったのに、なぜか原作には手が伸びませんでした。しかし、600頁超えの分厚い本に疲れていたころ、300頁を切る厚さ(薄さ)に惹かれて『幸福な食卓』を購入。映画を観て結末は知っていたはずなのに、不幸のどん底に突き落とされる結末に泣かされました。その後読んだ『図書館の神様』、『おしまいのデート』など、いずれも胸キュンキュン。

    今回、タイトルに惹かれて購入したのが『戸村飯店 青春100連発』。4年以上前に文庫化されていたとは知らなんだ。不覚。大阪出身の国語教師、瀬尾まいこのがっつり大阪弁の本はとても楽しい。がっつりだけど、木下半太とはちがって品があるのです(笑)。

    大阪(住之江辺りらしい)の超庶民的中華料理店、戸村飯店。年子の息子がふたり、兄はヘイスケ、弟はコウスケ。兄弟とは思えないほど見た目がちがう。イケメンで勉強もスポーツもできるヘイスケは昔からモテモテ。対するコウスケはゴツゴツした顔でボケだけは上手い。幼いころから父親は料理の真似事を息子たちにさせたがったけど、器用なはずのヘイスケが包丁で指を切り、なぜだかコウスケが店を手伝うことに。コウスケは、ヘイスケがわざと指を切ったのだと確信しています。高校3年生のヘイスケは、卒業したらとっとと東京へ出て行くと言う。店を継ぐ気なんてさらさらない様子だから、コウスケは自分が店を継がざるを得ないと思っています。けれどそれが嫌なわけではないし、ほかに進路の希望があるわけでもなし。

    こんなふたりが章ごとにかわりばんこで語る構成。折り合いの悪かった兄弟が、大阪と東京で自分を見つめ直す時間は、関西人ならばまず間違いなく笑えます。オチのない話をすれば怒られ、吉本新喜劇を見るのは必須。巨人ファンだとでも言おうものなら「関西人の風上にも置けんやつ」と罵られ。東京でヘイスケがバイトをするカフェの料理の話もちょっと面白い。戸村飯店の客たちがチャーハンや餃子をかっくらう姿を「美味しさ以上のあたりまえのものがある」という話も。

    コウスケは兄のことを要領のいい、すかした奴と思っているけれど、ヘイスケは常連客の笑いを取るコウスケのことを羨ましく思っています。小学生だったヘイスケがこっそり吉本のギャグを練習するくだりは切ない。おとなになってそれがやっと報われたとき、読んでいる私も思わずニッコリ。

    吉本新喜劇のすばらしいところ。何年も前のギャグが今でも笑える。戸村飯店に集まる人のすばらしいところ。どれだけ勝手して離れていても昔のまま迎えてくれる。

    お気に入りの本になりました。

  •  あるある、と思うことがたくさん出てきた。大切にしたい作品。

  • 冒頭が大好き。「ラブレターの代筆なんて、よくある話なのかもしれない」

全221件中 1 - 10件を表示

瀬尾まいこの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

戸村飯店 青春100連発 (文春文庫)に関連するまとめ

戸村飯店 青春100連発 (文春文庫)を本棚に登録しているひと

戸村飯店 青春100連発 (文春文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

戸村飯店 青春100連発 (文春文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

戸村飯店 青春100連発 (文春文庫)の作品紹介

大阪の超庶民的中華料理店、戸村飯店の二人の息子。要領も見た目もいい兄、ヘイスケと、ボケがうまく単純な性格の弟、コウスケ。家族や兄弟でも、折り合いが悪かったり波長が違ったり。ヘイスケは高校卒業後、東京に行く。大阪と東京で兄弟が自分をみつめ直す、温かな笑いに満ちた傑作青春小説。坪田譲治文学賞受賞作。

戸村飯店 青春100連発 (文春文庫)のKindle版

ツイートする