世界極悪人大全―「野心」と「渇望」と「狂気」の果て (文春文庫)

  • 67人登録
  • 3.46評価
    • (3)
    • (8)
    • (11)
    • (1)
    • (1)
  • 10レビュー
著者 : 桐生操
  • 文藝春秋 (2010年2月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (362ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167773410

世界極悪人大全―「野心」と「渇望」と「狂気」の果て (文春文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 残虐な独裁者、暴君、ペテン師、猟奇的殺人者…。数々の『極悪人』極悪エピソード。
    人間は一面では語れないとつくづく思う。面白かったです。

  • 詐欺師のところが一番好き。詐欺師以外は、時代によっては悪にはならないのかもしれない。

  • 目次

    Ⅰ.世界を震撼させた独裁者・暴君たち 近・現代編
     
     毛沢東
     スターリン
     フアン・ペロン
     ヒトラー
     マルコス大統領
     アミン大統領
     ポル・ポト
     フセイン大統領
     
    Ⅱ.世界を震撼させた独裁者・暴君たち 古代~近世編
     
     ドラキュラ公
     カラカラ帝
     ティベリウス帝
     チェーザレ・ボルジア
     ピョートル大帝
     
    Ⅲ.世間を騒がせたペテン師たち

     ファン・メーヘレン
     ジョルジュ・サルマナザール
     ウィリアム・アイアランド
     アルヴィス・レイス
     カリオストロ伯
     ウィリアム・ハースト
     アルバート・エイブラムズ

    Ⅳ.残虐人間たち

     エドモンド・ケンパー
     チャールズ・マンソン
     ジョン・ウェイン・ゲイシー
     キャメロン・フッカー
     ネヴィル・ヒース
     フランク・アレクサンダー

  • 悪い・・・というか残虐な話が多くて怖かった。
    拷問や人を痛めつける描写が容赦無い。
    実在する人物のエピソード・・・というのだから、余計に怖い。

  • 串刺し公ドラキュラや、近代の独裁者、有名な詐欺師、猟奇殺人鬼。あー…桐生操だいすき

  • 悪人ワールドカップだな。

  • こいわー。

  • 独裁者からペテン師、凶悪犯罪者まで。読んでいるとゾッとすること間違いなし。

  • ○○大全っていう題には凄く心惹かれるものがある。例えば、「ウルトラマン大全」のような本を見かけたら、ウルトラマンには全然興味なくても思わず手にとってしまいそうだ(笑)
    そういうわけでこの本を手に取り、目次に「ティベリウス帝」「カラカラ帝」という二人のローマ皇帝の名前を見つけたので即購入。読了。

    内容は歴史に名を残す極悪人たちの生涯を列伝的に叙述したもの。構成は4章から成り、順に、近現代の独裁者、古代から近世の独裁者、大ペテン師、殺人鬼たちを5~8人ずつ紹介している。
    ペテン師の章を除けば、そこに書かれている内容は凄惨で目を覆いたくなるばかりだった。異常性愛的な行為もさることながら、拷問の説明がホントきつい。「痛い痛い、やめてやめて」って感じだw
    とはいえ、読み物としては非常に面白かったと言っていい。
    残虐な事件は残虐であるがゆえに扇情的だ。マスコミ等が、それらの事件をこぞって商品化している事実を見れば分りやすい。本書もそのような刺激的な事件等を抽出することで、興味を掻き立てる一冊になっていると思う。また、そうした戦慄するような事件を紹介するに留まらず、あとがき、解説で、何故彼らが極悪人になったか等について、簡単ではあるが考察し、読者に警句を投げかけているのも印象的だった。いつ、いかなる場所でもそれらは繰り返されうる。

    あと、それとは全く別の切り口になるんだけど、筆者が参照した資料は殆ど全てが断罪する側の資料であろうことが読んでいて気になった。
    特に独裁者の章などは、当時の政治的思惑が働いているのでは?と勘繰ってしまう(例えば日本が行ったと主張される南京大虐殺のような。これに関して一般人は誰も真実を知らないし、もしかしたら真実を知る人は既に残っていないかもしれない。情報とは、かくも有耶無耶だ)
    ティベリウス帝も、タキトゥスをはじめ多くの史家に批判されたが、本書で紹介された性的倒錯については後世の創作に過ぎないという説が有力になり、モムゼンに最良の皇帝と称されるまでに至っている。
    そういう意味では、本書は(例えばゴシップ誌のように)偏向的とも言えるのだが、扇情的で面白かったのは間違いないので☆4つを進呈。

  •  桐生操。

全10件中 1 - 10件を表示

桐生操の作品

世界極悪人大全―「野心」と「渇望」と「狂気」の果て (文春文庫)はこんな本です

世界極悪人大全―「野心」と「渇望」と「狂気」の果て (文春文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

世界極悪人大全―「野心」と「渇望」と「狂気」の果て (文春文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする