インシテミル (文春文庫)

  • 9559人登録
  • 3.50評価
    • (517)
    • (1599)
    • (1497)
    • (398)
    • (88)
  • 1385レビュー
著者 : 米澤穂信
  • 文藝春秋 (2010年6月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (528ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167773700

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
米澤 穂信
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

インシテミル (文春文庫)の感想・レビュー・書評

  • スッキリはしないけれど、面白かった

  • 「儚い羊〜」が素晴らしかったので、米澤穂信さん2冊目。雰囲気が全く違っており、その多彩さに驚いた。

    ただ残念ながら、こちらは自分には合わなかった。
    どこか無気力な登場人物たち。
    いつも中途半端に頓挫したり、不自然な結論に至る会話。
    登場人物のバックグラウンドがほぼ何も明かされないこと。
    「2人同時に殺せない吊り天井」「氷のナイフ」って一体?
    最初の男性が自殺しなければならない理由。
    多数決解決の恐ろしさに触れておきながら、結局それによる被害者はいないと言っていいし。
    黒幕の目的についても納得がいかない...
    などなど、消化不良な点が多かった。それも一種のスタイルなのかもしれないが、私には合わなかった。全てに伏線を用意し綺麗にまとめるのが良い小説だとは思わない。ただ、ちょっと表面的でご都合主義な話に思えた。
    好みの問題なのかな。

  • うまい話には裏がある、まさしく阿藤先生が言った通りだなと……。(読んだ方ならわかるはず)

    時給十一万という破格の給料且つミステリーゲームに参加できるなんて面白そうだが、誰が敵で誰が味方か、むしろ自分以外全員敵だなんて空間に七日間もいるなんて耐えられないし、自分が生き残ることはできなさそう。

    唯一残念なのは、関水が十億必要な理由がわからなかったことだが、下手なお涙頂戴話を書かれるよりはいいのかもしれない。

    それにしても結城はとんでもない人物に目を付けられたと思う。
    「疑心暗鬼」の次は「明鏡止水」だなんて悪趣味にも程がある。

    所々随所にちりばめられた様式美のミステリーモチーフは好き。

    最後まで読んでから、最初のどのような目的でバイトに参加したかを読むと、多分あの人がこれだと思うことができて面白い。

  • 密室ものだけど
    あんまり

  • クローズド・サークルもの。
    人が集まって集団になると、そこには必ず自然にリーダーが発生する。
    最初にリーダー的位置についたのは大迫だった。
    何ごともなく過ぎていくかと思われたが・・・。
    12名の間の緊張をいっきに高めたのはひとつの死体だった。
    殺された人間がいれば、殺した人間もいなければならない。
    疑心暗鬼にかられた被験者たちは、周囲の人間に対してある者は過剰に怯え、ある者は過剰に疑いの目をむける。
    誰かが犯人だとわかれば、きっと人は安心するのだろう。
    真犯人かどうかは重要ではない・・・と思う。
    どんなに不確かなものでも、人は自分に都合のいいように解釈したがるものだ。
    より多くの報酬を求める者がいる限り、犠牲者は増えていく。
    人が人を殺す。
    自分自身の欲望のために殺す場合もあるだろう。
    恐怖のあまり我を失って、殺される前に反撃する・・・場合もある。
    大抵は勘違いで、殺された相手には何の罪もないことが多いのだが。
    推理小説の一説が登場する「メモランダム」が楽しかった。
    昔読んだ小説を思い出し懐かしい気持ちになった。
    設定はとても面白い。
    けれど、物語そのものの展開が少し甘いような気もした。
    つまらなくはけっしてない。面白いのだ。
    面白いけれども、何かが足りない。もったいないな、と思う。

  • あんまり・・・   好きなタイプのお話ではなかった

  • 映画とは内容が違った。ラストまでは面白かったけど、最後がイマイチ

  • こういう本をミステリっていうのね
    なるほど 
    ちょっとすきかもしれないです

  • 【状態】
    展示中

    【内容紹介】
    「ある人文科学的実験の被験者」になるだけで時給十一万二千円がもらえるという破格の仕事に応募した十二人の男女。とある施設に閉じ込められた彼らは、実験の内容を知り驚愕する。それはより多くの報酬を巡って参加者同士が殺し合う犯人当てゲームだった―。いま注目の俊英が放つ新感覚ミステリー登場。

    【キーワード】
    文庫・ミステリー・映画化

    【映像化情報】
    『インシテミル 7日間のデス・ゲーム』
    2010年10月16日映画化
    出演:藤原竜也・綾瀬はるか・石原さとみ 他


    +++1

  • 外界から隔離された実験施設、いわゆるミステリ用語で言うところのクローズド・サークルを舞台に、高額バイトにひかれて集まった11人の男女が7日間過ごすストーリー。

    映画はあんまりという評価らしいですが、原作はミステリの王道って感じで最後まで犯人探しを楽しむことができました。

    それにしても極限状態に置かれた人間って怖いですね……

  • 12人が地下に集められ、鍵のかからない個室と凶器がそれぞれ与えられ7日間生活する。
    推理小説のようで、1日ずつ殺人が起き、そこで変化する人間模様がしっかり描かれているので、ありえない設定だが、物語にはいりんでしまう。
    次に何が起こるか、ラストの全てが解決に向かうところからは、読み進めずにはいられない小説でした。

  • 恐くて恐くて。気味悪くて。
    でも、読み進めずにはおれんかった。
    映画を以前見てたから、映画の映像も浮かんできて、それがまた気味悪さを増長させて。
    いや、この設定怖すぎじゃろ。
    どんどん人死んでいくし。
    ミステリーを存分に味わった感じで、なかなかの引力の本でした。

  • わりと序盤で『え、あれすればいいじゃん』と思いつつ読み進めることが多かった。ただそれをしたところで解決しなかったので、がっかりというほどではなかったけれど。
    承がグダッと長い感じは相変わらずだけれども事件と解決は面白かった。人物に焦点が当たらないのはもったいないなー。何故学生ばかりだったんだろう?所々疑問が残る…。。

  • 犯人の武器には少し不満…。後は動機というか、犯人の背景ももっと知りたかった。
    ただ、主人公が疑心暗鬼にとらわれて夜眠れなくなる部分はホラーチックでとても好き。

  • 映画化もしたミステリ小説。分かりやすくミステリー。高額の求人情報を見つけた主人公が怪しいと思いながらも応募。最大七日間、ある建物内で過ごすというもので、過ごした時間によって報酬が出るという。まあ実際に行ってみるとエライコッチャになるよね。日毎に区切られてるんだが二日目に行くの怖かった(笑)一気に読める感じで読みやすかった。最後はどんでん返しがある。

  • 映画が面白くないと知っていたので、半信半疑で読み進めたけど原作は面白かった!
    推理も、抜けがなくしっくりくる感じ。
    後日の話については気になる。もっとちゃんと書いてくれてもよかった。

    160930

  • こういう舞台設定に放り込まれた人間たちがどういう行動をとるのか、興業として成り立つのかもしれないなあ。倫理さえ許せば。実際、本を読んでいる自分は楽しめたし。
    須和名さんが、「わたし、気になります!」と言い出すんじゃないかと気が気じゃなかった。

  • 同僚から「面白いから読んでみぃ」と借りて読了。

    話題になっていたのを尻目になんとなく乗り遅れてしまったので、スルーしていたのですが、こんな形で機会に恵まれて良かったです。

    最近、ミステリからは遠ざかっていましたが、読み始めると先が気になって読むのを止められなくなってしまいました。

    先が気になって、自分で謎解きをする余裕はありませんでしたが、ミステリーの面白さを堪能できました。

  • 氷菓、ボトルネックと初期の作品と比べれば、ミステリとしての完成度は上がっているように思える。文体もきれいになった印象。映画よりも面白い。法外な時給のアルバイトはクローズドサークルで行われる12人の殺人推理ショーだった。

  • 先がわかっていてもイッキ読み‥
    手に取った時は、厚っ!って思ったけれど納得の内容でした。最後の方とかもっと書いてもいいくらい。
    アガサクリスティの「そして誰もいなくなった」の優しい現代バージョンみたいな笑‥最初の方は登場人物多すぎて誰が誰だかだったけど最後まで読むとこれも納得だわ!笑 確かにこの人数必要だね笑
    映画版の宣伝が最後の解説で書いてあったんだけど、キャスト豪華すぎ。。TSUTAYA行きますかね‥笑

  • 久しぶりに綿密な計算に基づくミステリーを読んだ気分。しかし読み進むほどに嫌悪感がつのる話でもある。途中で放棄したかったが、結末を見届けないと気が済まないので一気に読んだ。けれども最初の感覚とは裏腹に、いつからか嫌悪感がなくなり面白さが増していった。いつか、ここで紹介されたミステリーを読んでみたい。

    なお、登場人物の一人である須和名と、同作家の小説に出てくる千反田が重なって見えて困った。内面はともかく表面的には非常に似ている気がしたのだ。善人である千反田に、須和名の持つ内面があったらどうしよう…などと、字面を見ながら考えてしまったせいで、集中力を欠いた。でも十分理解できないとはいえもう二度と読む気はしない。

  • Masae_xofunlife
    なんてこった、夜なんかに読んだのが間違いだった…。読み終えての感想はまずそれ。一見ミステリ要素のほうが強いため、平気だろうと思って読み進めていたが、おっとどっこい、ホラー全開。心霊現象だとか怪物といったものであれば、子供だましだとでも思って眠れたのだろうが、そうもいかない。この「暗鬼館」は紛れもない、生きた人間の巣窟なのだ。主催者の巧妙な設計に踊らされ、闇へ引きずり込まれていく参加者たち…。その闇は誰しもが持っているものであるからこそ、怖くなった。面白い、すこぶる面白いのだけど…夜読むべき本ではない(笑)

  • 緊迫感のある運びである。読み物としては引き付けるものがある。・・・評価としてはこんなに人が亡くならなくても・・・という臆病さから。

全1385件中 1 - 25件を表示

インシテミル (文春文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

インシテミル (文春文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

インシテミル (文春文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

インシテミル (文春文庫)の作品紹介

「ある人文科学的実験の被験者」になるだけで時給十一万二千円がもらえるという破格の仕事に応募した十二人の男女。とある施設に閉じ込められた彼らは、実験の内容を知り驚愕する。それはより多くの報酬を巡って参加者同士が殺し合う犯人当てゲームだった-。いま注目の俊英が放つ新感覚ミステリー登場。

インシテミル (文春文庫)のKindle版

インシテミル (文春文庫)の単行本

ツイートする