まんまこと (文春文庫)

  • 1771人登録
  • 3.71評価
    • (100)
    • (252)
    • (198)
    • (28)
    • (5)
  • 183レビュー
著者 : 畠中恵
  • 文藝春秋 (2010年3月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (356ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167783013

まんまこと (文春文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 初の畠中さんの作品。
    主人公は町名主代理の麻之助。
    その幼馴染みの清十郎と吉五郎が、町で起こった事件を解決していく。

    町名主は玄関で問題を解決することから、げんかと言われている。

    最近、時代小説にはまりだし読み始めたのですが、とても読みやすくおもしろかった!すべての話に人情や情けを感じられた。

    続きも楽しみ!

  • 20171101読了。
    うわ、登録してから4年も経ってるorz
    読み始めたら面白くて止まらなくなりました!麻太郎さん、良い性格してて楽しいwでも、何処と無く影もあり…続きが気になります!

  • 古名主の息子、麻之助と親友の清十郎、吉五郎の三人組の
    青春時代短編小説。
    主人公はお気楽ものの麻之助だが、しょうもない男のようで、
    かなりしゃんとして難問奇問を解いています。
    “しゃばけ”シリーズは人外のものたちとの関わりが
    各物語に散りばめられていますが、
    こちらは純粋に人と人との関わりが物語を紡いでいます。
    ほろ苦い過去の恋から脱却できるのか?
    武家の娘お寿ずとのことは?
    麻之助自身も抱えている問題をこれからどう解決できるのか、楽しみです。

  • しゃばけシリーズのひとつかと思って借りたら、違うシリーズでした。
    しゃばけもいいけど、わたしはこちらの方が好きです。

  • 名主の息子で跡取りの麻之助が町で起こるいざこざを解決していく。いい加減そうだが道理に優れと人情に厚い良い男。

  • 町名主の跡取り息子と友人二人が町内の揉め事問題等を解決する。

  • お江戸の町名主の倅が、日常のプチ謎解き。玄関脇での「調停」が、何気に「名探偵/皆を集めて/さてと言い」になってるのが可笑しい。
    主人公の初恋が通奏低音になってるんだけど、冷静に考えるに、上方へ逃げた男の子供を年下の幼馴染に押し付けようとしたお由有は、中々にしたたかな女だと思うけど。まあ、そこは初恋バイアスで見えない訳ね。

  • 町名主の跡取り息子とその悪友2人が、
    身の回りの問題や謎を解いていく。

    どこぞの若旦那と違い妖の力は借りられないが、
    娑婆で鍛えた問題解決能力(物理)があるので、
    こちらも安心して読める。

    酸っぱいような苦いような過去や現実。
    のほほんとしているようで、少し重い話。

  • 麻之助と清十郎、吉五郎との友情、麻之助の淡い初恋、麻之助とお寿ずとの恋の行方、麻之助の機知に富んだお裁き、どれもとても面白かった。ちゃらんぽらんのように見える麻之助だが、遊び歩くことも世間を知るという意味で名主になるには役に立つことだと思えた。遊ぶけれど清十郎の弟をかわいがる優しい、温かい人物。勇敢なお寿ずとは良い夫婦になりそうだ。

  • 町名主、初めて知りました。

    しゃばけシリーズより好みかも。

    お気楽な性質、と見せかけつつかつての恋を忘れがたく引きずる主人公と。女にゃ滅法モテるその友人と。

    多くは語らない江戸の女たちが抱えた理不尽な思いと芯の強さと。

全183件中 1 - 10件を表示

畠中恵の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

まんまこと (文春文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

まんまこと (文春文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

まんまこと (文春文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

まんまこと (文春文庫)の作品紹介

江戸は神田、玄関で揉めごとの裁定をする町名主の跡取りに生まれた麻之助。このお気楽ものが、町の難問奇問に立ち向かう。ある日、女好きの悪友・清十郎が「念者のふりをしてくれ」と言ってきた。嫁入り前の娘にできた子供の父親にされそうだという。本当の父親は一体誰なのか。

まんまこと (文春文庫)の単行本

ツイートする