私の男 (文春文庫)

  • 5283人登録
  • 3.68評価
    • (423)
    • (669)
    • (508)
    • (170)
    • (53)
  • 692レビュー
著者 : 桜庭一樹
  • 文藝春秋 (2010年4月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (464ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167784010

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
伊坂 幸太郎
村上 春樹
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

私の男 (文春文庫)の感想・レビュー・書評

  • ……川端康成の小説に『眠れる美女』という作品がある。薬で眠らされた全裸の少女と添い寝するという、退廃的な遊戯に耽る老人の話だ。老人は複数の少女を相手にするが、ある少女と寝た時に、ふと、あることを思い出す。……

    『私の男』という扇情的なタイトル。〈私の男は、ぬすんだ傘をゆっくりと広げながら、こちらに歩いてきた〉と冒頭から退廃的な空気を匂わせる。10頁もいかないうちに、語り手・花が「私の男」と呼ぶ男が、婚約者ではなく養父のことであると判明し、物語は加速度的に背徳の色を濃くしてゆく。追いうちをかけるように明かされる、過去の殺人と近親相姦の事実。そして物語は、この父娘の罪と転落の歴史を、語り手を変えながら少しずつ遡って行く。

    ここまででも十分に暗澹たる内容であるが、章を追うごとに次々と衝撃の事実が明らかになり、物語はほとんど絶望的になっていく。そして終盤のどんでん返し。ここにいたって、この父娘の悲劇性は、真のテーマは、近親相姦という特殊な問題ではなく、人間存在の根幹に関わる普遍的な問題らしいと気づかされる。

    ……『眠れる美女』の老人は、少女の体臭に「これは、母の匂いだ」と思い至る。十代の少女の裸体を前に、還暦を過ぎた老人は、在りし日の母の姿を思い起こす。……

    花の養父・淳悟の内面は、最初はほとんど描かれない。物語の終盤になって、初めて彼の魂の叫びが洩らされる。求めても得られないものを求めずにはいられない幼児の叫び。それは、鏡と鏡を合わせたように、花に反射して増幅し、共鳴する。親子の役割が逆転する。

    ほんとうの問題は、性的倒錯というより、母性剥奪にあるのではないだろうか。物語の中でしばしば、海が象徴的に描写される。生命を生んで育む海。一方で、荒れた時には、あらゆるものを呑みこんで奪いつくす海。海は羊水、即ち子宮であり、「母」の隠喩なのかもしれない。抜け殻のように座りながら一心に海を見つめる花も、死ぬときは必ず海に還るのだと言う淳悟も、求めても得られなかった母性に対する憧憬を、無意識に海に求めているのかもしれない。

    孤独な魂には、善意の人々の言葉も届かない。養父の「生きろ!」という叫びも、自分だけ置いていかれたという恨みしか呼び起こさない。老人の命がけの説得も、空ろな心には響かない。事の深刻さも理解できないまま、善悪の彼岸をやすやすと超えてしまう。そうして、母に見放された孤児たちは、偽りの幸福に溺れながら、閉じたループを描いて、いつまでもさまよい続ける。

    淳悟が去って、残された花はつぶやく。
    〈わたしは、これから、いったい誰からなにを奪って生きていけばいいのか〉。
    遺憾ながら、心理学のセオリーに従うかぎり、答えはひとつしかない。自分の子供から奪うのである。淳悟の母が淳悟から、淳悟が花から、順に奪ってきたように。

    健康な母性を花に期待できるだろうか。明るく輝く南国の海を「バカみたい」としか評せない花に? 淳悟の攻撃性が花に受け継がれてしまったことは、第一章の最後、花が小町に暴力をふるうシーンとして描写されている。花の子供もまた、求めても得られないものを求めてあがく空洞になるのだろうか。負の連鎖をとめることは不可能なのだろうか…。

    とにかく最初から最後まで呑まれっぱなしだった。私の中ではベスト100に入る傑作だ。

  • 花の結婚式前夜から物語は遡っていく。
    花と淳悟にしかわからない、わかりあえない精神的に閉ざされた世界の中がそこにはある。
    唯一無二の存在。
    言葉にしてしまえばたったこれだけに集約されてしまうけれど、二人が寄り添って壊れていくようすは怖いような哀しいような、胸にくる物語である。
    もともと壊れかけていた二人が出会い、共にゆっくりと溶けあっていく。
    約束した時間を過ぎても結婚式に現れない淳悟。
    時間も迫り父親が不在のまま結婚式を始めようとする周囲。
    花はうろたえながら叫ぶ。
    「だって、おとうさんがいないもん!どこにも、どこにも、行けないわ…」
    生きるために、幸せになるために、淳悟から逃げようとする花。
    縛りつけるわけでもなく、縋りつくわけでもなく、淳悟は淡々とそれらを受け入れる。
    誰と結婚しても、どこへ逃げても、結局は逃げ切れるはずなどないと知っていたのだろう。
    引き寄せられるように禁忌を超えた二人は、ひとつの魂が歪に割れたもの同士だったのかもしれない。
    他の誰とも合うことはない。
    ピッタリと自然にひとつになれる相手は、互いしかいなかったのだろう。
    描かれている場面だけを切り取れば、重く背徳の匂いが立ち込める物語になってしまう。
    けれどそれらを押し退け、圧倒し、上回る孤独と切なさが全編に漂っている。
    刹那的な二人の生き方が胸に迫る物語だった。

  • レビューの多くにある気持ち悪さは感じなかった。ただ、この愛の形は情愛だとか近親相姦なんて簡単な言葉で片づけられる物ではないし、「私の男」というタイトルの意味や淳悟が働かなくなった本当の理由も含め、読後もやもやするものが残った。

    淳悟にとって花は「血の人形」だと言う。
    姿は違っても母であり、娘であり、自分の分身であり、身体の中を脈略と流れる血はひとつ。花は血そのものなのだ。もしかしたら花の身体の奥で繋がった時にこそ、心から血を感じる事が出来るのかもしれない。

    一方で花にとって淳悟は父であり恋人。
    庇護してくれる父であり、たった一人の真の家族であり、甘えさせ、優しさで包んで、守り守られるべき恋人でもある。二人がひとつになることは自然の成り行きで、淳悟の求めに応えることで花は愛を確認できたに違いない。淳悟は花が愛するたったひとりの男なのだから。

    しかし子はいつか親離れし、恋には終わりがある。
    いびつな形とはいえ、花は肉親からのじゅうぶんな愛に育まれて大人になったのだ。もう親の庇護は必要がなくなってしまった。恋の熱はいつの間にか冷めていき、新たな出会いさえ生まれる。
    親離れしても父と娘という関係は変わらないが、恋の終わりは身体の関係の終わりをもたらし、花にとって淳悟は過去の男になった。

    花の恋の終わりは淳悟の心に孤独の影を差す。心が離れてしまった花の帰りを淳悟は待つ。父や母を死によって奪われた淳悟にとって、花を失うことは再びの孤独を意味し、彼女がどこへ行っていようともただただ待ち続けることしか出来ないのだ。

    新しい恋人、結婚、花は過去と決別するチャンスを得る。同時に淳悟も全ての過去、自分の存在すらも清算する。たった一つ、2人の歪んだ愛を捉えた古いカメラを残して。

    淳悟はその後生きているのだろうか。
    花を失った淳悟は孤独に潰されて死を選んでしまうに違いないと思った。
    そして同時に思う。
    もしかしたら今も淳悟は花のすぐ近くで、新たな血の人形の誕生をひっそりと待ち続けているのかもしれない。それだけを心の拠り所として。

  • 執着と呼べる様な歪んだ家族愛なのかと思いきや、話が過去に遡って進んで行くにつれ、お互いの欠けている部分を補うように求め合う二人の姿に悲しさを感じた。
    ただ、第4章は花の淳悟に対する気持ちが強すぎて、でもその気持ちを持つには幼くて、読んでいて怖かった。
    最後まで淳悟の気持ちが語られることが無いところも惹きつけられる要素かもしれない。

  • 複雑に絡み合った鎖のように重く、暗いものだけれど、こんなにもお互いを必要とし合える、愛し合える関係は、いっそ羨ましいと思えるほど。

  • この、読後の悪さを何と表現したら良いものか…。
    まず、日本語の扱いのうまさに脱帽した。「美しい日本語」とはまた少し違うのだが、語感が良く、表現も豊かなのである。こんなに文章がうまくなかったら、ここまで読後が悪くもなならなかっただろう。

    離れなければいけないと分かっているのにどうしても離れられない。世の中にはそんな恋もある。そんな恋ほど、とてつもなくいやらしい。ここまでいやらしく描けるのは、女流作家ならではだと思う。男性にはこんなグロテスクな性描写はできまい。

  • ≪あらすじ≫

    優雅だが、どこかうらぶれた男、一見、おとなしそうな若い女、アパートの押入れから漂う、罪の異臭。
    家族の愛とはなにか、超えてはならない、人と獣の境はどこにあるのか?この世の裂け目に堕ちた父娘の過去に遡る―。
    黒い冬の海と親子の禁忌を圧倒的な筆力で描ききった著者の真骨頂。


    ≪感想≫

    これはひさびさにきました。
    でました★5つ。

    後々ゆっくりと感想を書きたい。
    とりあえずずっと読み返して、ずっと浸っていたいような作品。

    まさにわたしが読みたかったのはこれ。

  • まさしくタイトル通り「私の男」の話。
    一章から息苦しくて沼の底に引きずり込まれて底に住んでいる人なのか妖怪なのか分かんない生き物に「私の一生を聞いてくれ」って言われてる気分だった。
    表現やストーリーの進め方は凄く巧みなので余計に、花の大人らしさと子供らしさが入り混じった語り草がいつまでもしんどい。
    平仮名使いが多かったり、冷めた感情をぶつけたり、嫌悪感を覚えるほど拒絶しているのに恋しがったり。
    ただひたすらに求め合う姿は真っ当からは外れているけど、手探りで重ねていく二人を逆行して見れたことで徐々に重石が外れて行くような気がして読み進められました。
    過去に逆行することで「こういう理由があるから歪んでるんですよ」って納得するんじゃなくて、過去にさかのぼることで二人の雪解けの様子を見たような。
    重苦しい二人を取り巻く空気はこうやって濃くなったんだなぁと感じられた気がしました。

    淳悟の愛が歪んでいようと肉欲だろうと愛情をただ欲しかったであろうと花の生活面の面倒を(食事面とか身の回りとか)きちんと見ようとしていた光景が見れたのが唯一の救いでした。

    こんなに感想が纏まらない本は初めてだ……。

    登場人物全てに感情移入できなくて、淡々と雪国の風景を見てるようでした。

  • 久しぶりにガツンとくる本に出会いました。ミステリーで直木賞作品という事ですが、むしろ純文学ですね。倫理的に嫌悪感を抱く人もいるかと思いますが、ある種の人間の業みたいなものを迫力ある筆致で描いています。この作家の作品を読んだのは初めてなのですが、他の作品も読みたいと思いました。

  • 父と娘を繋ぐ、禁断の愛。

    こんな設定のものを読む日がくるなんて思っていませんでしたが、映画化に合わせてインパクトのある装丁に惹かれて、なんとなく読んでみました。

    現在から過去へ、視点を変え、場所を変え、緩やかに巻き戻っていく歴史はなんだかどこか冷たくて、それでいて一定の熱を持っていて、不思議な世界観に引き込まれました。

    存在感がなさそうなのに、淳吾の存在感が常に浮き彫りになっていて、花のことよりも気持ちがそちらに向いてしまう。
    どこか壊れている淳吾。
    でも、憎めない存在。
    彼の心情にあまり触れられていないからこそ、気になってしまうのかもしれない。

    読み終わった後はなんだか切ない。

  • 私は父子家庭で、父親と娘の禁断の愛と銘打ったこの本を読むことがなかなかできませんでした。
    しかし今回の映画化で読んでみて、気持ち悪いなんて思いより、切なさやこの父娘の屈折した愛情が胸にきました。‥ん?愛情なのかな。
    互いが互いの心臓みたいに、お互いが存在しなければ生きていけないふたり。家族なんてみんなどこかしら欠損しているものだと私も思う。
    結末を序盤に知っているだけに余計に胸が苦しくなってくる。
    桜庭さんの描写がこの話のえぐい、どろっとした雰囲気をうまく醸し出している。
    最後の最後まで共感はできなかったけど、男でひとつで育ててくれた父のことを今一度考えさせてくれた。

  • ドロドロしてる…ようでいてそうでもない気もする。淡々とした語り口だから。爛れてるのは確かだけれど。流氷浮かぶ北の黒い海のおどろおどろしさと、女の匂いが香り立つように、あちこち漂っている本。不思議と男の匂いはしない。微かに煙草が臭うだけ。

  • 無理。読めない。
    ひさびさリタイアしました。
    女子中高生向けのエロ本としては文句ない設定・描写だと思う。
    こどもの頃に天涯孤独になって若い浅野忠信に拾われて、この世にふたりきりで、いつもじっくりと見つめてくれて、性愛の場面でだけは私があの人のお母さんがわりなの!って、いいよねー憧れるよねー(棒)ってかんじ。
    近親相姦というテーマが嫌なのでは決してなく、文体から漂う「この暗い恋愛、素敵っしょ」かげんが苦手です。
    例えて言うなら不倫自体はべつにいいと思うけど、女子などに現在進行形の不倫のつらさ・苦しさ・「でも好きなの!本当の愛なの!」みたいな話を聞かされてるときのスーパー眠いかんじに似てる。

  • ああ、これはなかなか 久しぶりにねっとりと
    からみつくような、からみつかないような、

    女流作家なら誰かが書いていそうで、意外にない感じ。
    表面的な題材からいえば、そりゃあ、何人も書いてるけど
    このインパクトはなかなかなかったなぁ

    これはしかし、描く方向が非常に決定的ですね。
    妙に読後感が絵画的で 屈折したほのぼの感。。。

    楽しませていただきました。

  • 養父とその娘の禁じられた愛を描く直木賞受賞作。

    一気に読まざるを得ないほど引きこまれた。淳吾と花の、愛というよりは依存し合う関係が濃厚すぎてたまらない。二人の世界とはこのことだと思う。
    時間をさかのぼってゆく展開も、はっきりと結論を書き切らないのにわからせてくれる結末も、ずっしりとした読後感を残すのにうまく働いていた。
    子供が欲しくなった。

    お互いに相手さえいればいいという、ひえびえとした排他的な空気

  • 痛々しいけど好き。お薦めはできないけど。濃密すぎると離れるしかない。

  • 両親を失った花と彼女を引き取った淳悟の、親子のようでもあり恋人のようでもある許されない関係性に、気持ち悪さと魅力を感じます。読み進めるほど過去に遡って、少しずつ2人の罪や秘密が明かされていく構成も面白いです。
    共感し難い内容ではありますが、直木賞受賞作だと納得できる作品だと思います。

    所蔵: 本館2階学習室(日本の小説) 913.6||Sa
    youina

  • 読み進めるうちに不快感と知りたいという好奇心が交差する不思議な感覚でした。
    こういう愛の形もありなのかと思わせてしまう、ねじれているけど、心の奥にありそうな見たくない感情を見せていく小説です。
    そして、大事な所は読者の想像力にゆだねている。
    人に寄って、様々な読み方が出来そうな気がします。

  • 直木賞作品なので、タイトル程度は知っていたけど、読み始めてしばらくは「男にこんな文章書けるのか?」と驚いてしまった。しばらくして、この筆名の人物は女性だったと知り、腹に落ちた。(まあ作者の性別で物語の面白さが左右されるわけではないけど)倒叙形式で不思議な男女関係の謎が解れていくお話。

  • 「直木賞を取るような作品を、一冊くらい読んでみよう」と選んだこの本。
    著者の名前がなんとなく好きだから、なんとなくこれにした、ただそれだけの出逢いでした。

    文字が映像に見えました。
    雨、狭い部屋、暗い海、小さな唇、実際に見せられているかのような錯覚に陥ります。

    花とおとうさんの関係は、 狂っているし、初めから壊れているし、信じ難いけれど、
    それなのに二人から目が離せません。
    時を遡る物語から頭が離れませんでした。

    普段、私は本を読むとき、登場人物の誰かにたまらなく感情移入したり、恋をしたりすることが多いのですが、 今回はまるでそういうのがありませんでした。
    ただただ狂おしい、けれどどこか美しいモノを見た、という感じ。
    普段とは全く違うジャンルに挑んで、また新しい「本」を知りました。
    「本を読む」って果てしないですね。
    直感で選んだけれど、この本を手に取ったことに後悔はありません。
    忘れないでね。

  • 気持ち悪いし到底理解はしがたい。
    それでも、現在から過去に遡って描かれている構成によって、二人の背景を知るべく引き込まれた。
    結局最後まで、二人を突き動かしたものがなんだか、わかったようなわからないような…。
    混沌としたままなのが、この作品のよさなのかもしれない。

  • 直木賞受賞のあと映画化してたし、当時の知人が桜庭一樹さんが好きだって言ってたから気になっていた作品。
    養父と娘の倒錯的な愛の物語。

    文学作品としてどうか、という見方ではなく一人の人間として読んだとき、どうしても精神的な気持ち悪さは拭いきれない小説だった。
    読んでいる間じゅう、あまり良い気持ちはしなかった。
    でも単純なその感想は多分それほど間違ってはいないというか、もしかしたら作者も、読者の多くがそう感じることを想定した上で書いたのかも?と想像したりもした。最初から理解は求めていないというか。

    震災で家族全員をなくした9歳の少女・花は、親戚である25歳の男・淳悟に引き取られ、養父と娘になる。
    しかしそこには大きな秘密がいくつか隠されている。
    物語は花が24歳になり結婚する場面から始まり、そこから時を遡っていく形で、様々な登場人物に視点を変えて進んでいく。

    愛というより共依存に近い二人の関係。
    それは複雑な生い立ちが背景にあることは読んでいてわかるけれど、とくに淳悟に関しては事実は分かれどその心理に迫った描写がほとんど無いから、彼がどうしてそうなってしまったのか理解出来ない気持ちが強かった。
    そしてそれは、もしかしたら作者の狙いなのかもしれないと思った。敢えて心理描写を避けたのかもしれない、と。
    花に関しても、元々いた家族に対する違和感を抱えていたことはわかるものの、冷めていてあまりにも全てを受け入れすぎている様が奇妙で、読んでいる側にも不思議な違和感を与えているように思った。

    周囲の人々はみな、ごく常識的で、この二人はそういう常識的な人々を蹴散らしながら二人だけの倒錯した世界に生きている。お互い以外は何もいらない、というような世界。
    それなのに場面は花が結婚するところから始まるから、それも奇妙でならない。

    評価が難しい作品。文学としては多分凄いのだと思うけど、心理的にはなかなか受け入れ難い。
    でも引き込まれてしまうのは間違いない。
    後味が悪いような、でも変に惹かれるものがあるような、そういう小説だった。

  • どの立場から読んでも、終始重苦しい。
    薄暗い世界を生きる花と惇悟。二人の世界がねっとりとした湿度を伴って、自分にまとわりついてくるような感覚でした。その感覚がどんどん麻痺して、読み進めて行くうちに、どっぷりハマっていたみたいです。
    絶対に理解できないような世界が、桜庭さんの描写にかかると、なぜか少しだけ理解できるような感覚に陥りました。現実にあったら、拒否反応だけど、小説だから受け入れられる、そんな世界。小説の醍醐味なのでしょう。久しぶりに物書きの偉大さにひれ伏した。

  • 珍しく3日に分けて読んだ。
    表紙の絵が、最初手に取った時は何とも思わなかったのに、章を追うごとにぞっとする絵に変わっていった。
    花しか見えない、血塗られた手。
    夜中に読んでたから余計怖かった。

    最後の嵐の章を読み終わると、今度は
    どうしようもない、いとおしいような、
    痛ましいような、離れてじっと見ていたいような
    そんな気持ちになった。

    2人の欠けた部分は欠けたままで
    お互いを補い合っていく様が悲しかった。
    あーそんな風にピースははまっていくんだね、と思った。

    花が大人になっていく、その移り変わりは別に特別なものじゃないように感じた。
    どこにでもある感じ。
    だから自分の顔にも殺人者の印がもしかしたらあるんじゃないかって少し不安になっている。

  • 直木賞を受賞し映画化もされた作品。

    震災で家族をなくした小学生の主人公が、身寄りのない若い男に引き取られ二人きりで近親相姦の深みに溺れながら生きていく物語。

    途中、殺人あり。

    一見共感しにくい異常でアンモラルな性愛が、時間を昔にさかのぼっていく書き方によってこの二人の長い長い物語や濃密性を感じさせられるものとなっている。

    閉鎖的な愛情のお話なので、弱っている時や単純明快なものを求めているときにうっかり読むと凹む。

全692件中 1 - 25件を表示

私の男 (文春文庫)に関連するまとめ

私の男 (文春文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

私の男 (文春文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

私の男 (文春文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

私の男 (文春文庫)の作品紹介

落ちぶれた貴族のように、惨めでどこか優雅な男・淳悟は、腐野花の養父。孤児となった十歳の花を、若い淳悟が引き取り、親子となった。そして、物語は、アルバムを逆から捲るように、花の結婚から二人の過去へと遡る。内なる空虚を抱え、愛に飢えた親子が超えた禁忌を圧倒的な筆力で描く第138回直木賞受賞作。

私の男 (文春文庫)の単行本

私の男 (文春文庫)のKindle版

ツイートする