伏―贋作・里見八犬伝 (文春文庫)

  • 2143人登録
  • 3.40評価
    • (87)
    • (212)
    • (302)
    • (76)
    • (15)
  • 253レビュー
著者 : 桜庭一樹
  • 文藝春秋 (2012年9月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (473ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167784065

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

伏―贋作・里見八犬伝 (文春文庫)の感想・レビュー・書評

  • 本来の里見八犬伝では、有名な物語の発端として、犬と夫婦になった伏姫が妊娠するものの、自らの身の潔白を証明するために割腹、その腹から8つの玉が飛び出し、それらは正義の犬士のもとへと届くわけですが、この「贋作」では、伏姫が本当に犬の子を妊娠し、結果生まれた犬と人間の混血の子孫たちが江戸時代まで続き、「伏」と呼ばれる一種の残虐なモンスター(人狼的な)として狩られる存在となっているという設定。主人公は「伏」を狩る側の猟師の少女・浜路。兄・道節と協力しあい、「伏」の発祥を調べ存在を追う滝沢冥途という青年に翻弄されつつも、江戸に残った最後の「伏」である信乃を浜路が追いかける…というのが主な筋書き。

    単純にエンターテイメントとして面白く読みきれましたが、当方かなりの八犬伝マニヤにつき(苦笑)、マニア的にはちょっと物足りなかったかな。まあ作者の意図するところは別に馬琴の原典へのリスペクトとは無関係だと思うので、数多の八犬伝から派生したファンタジー作品(ドラゴンボールですらこれに含まれる)の一つだと思えば、かなり良質なほうではないでしょうか。

    以下、南総里見八犬伝を現代語訳や抄訳意訳ではなく岩波文庫で全10巻読んで、さらに研究書や関連書数種類読んでる人間の意見ですので、興味ない方はスルーしてください。

    まず伏姫が本当に八房の子を妊娠していて、犬と人間の子が生まれていた、という発想は面白いと思う。その子孫たる人狼のような凶暴な者たちが「伏」と呼ばれるのも、本来「伏姫」の「伏」の名も「人」と「犬」を合わせたものとして馬琴は書いているのでそこは合っているし(ゆえに、里見義実がその名前に妙なこじつけを付ける部分は無駄な描写だった気はしますが)。

    あとは八犬士のキャラの位置づけに、もうちょっと原作との関連性が欲しかったなあ。まあそのまんま使う必要はないとは思いますが、原典からの取捨選択の基準がよくわからなくて…。道節は浜路の兄ゆえ人間なので別枠として、狩られる「伏」として登場した残り7人の中でも信乃と親兵衛は比較的原作に近いポジションだったものの(でもこの信乃はどちらかというと性格的には原作における毛野に近い)、毛野と現八は出番はそこそこながら原作とは別人だったし(毛野は小僧、現八は医者)、小文吾、荘助、大角にいたっては性別まで変更されて、八犬士の名前を把握してない読者には、彼らの元ネタすらわかってもらえなさそう。さらに謎だったのが、何故か毛野の恋人が雛衣だったこと(※彼女たしか大角の奥さんじゃ)。道節を人間にしてしまったことで、伏の数が7人になり、ひとり足したかったのかもしれませんが、だったら逆に原典から名前だけ引っ張らずに、オリキャラで良かったのに。

    逆にオリキャラは、原作には登場しない伏姫の弟・鈍色と、里見義実の妹・藍色が挙げられますが、この辺はわかりやすく「贋作」のファンタジー部分だと思うので、逆にあまり気にならなかったです。むしろ鈍色は魅力的な人物でした。玉梓、船虫といった悪女キャラを、女義賊みたいにしてあったのも、まあ面白いかなと思えたし。あ、でもなぜたかが義賊の玉梓に、「煩悩の犬となさん」と里見家を呪うほどの妖力があったのかは謎だけど(笑)。

    あと原典からの名前拝借で一番謎だったのが妙真。原典では親兵衛の祖母の名ですが、ここでは何故か馬琴の養女の名前に。この辺の設定は、あえて史実と違えた意味があんまりわからなかったです。確かに晩年の馬琴は目が不自由で、息子の嫁の路に口述筆記を頼んでいましたが、ならば別にこの女性の名は路でよく、あえて妙真にする必要はなかったのでは。息子の「滝沢冥途」は、名前見て一目瞭然架空の人物とわかるようにするために、あえて突飛な名前のオリキャラにしてあっただけに、その辺の基準が謎でした。

  • 「伏 贋作・里見八犬伝」は、三つの話で構成されている。
    一つは主人公の猟師の少女・浜路とその兄などが活躍する活劇。
    二つ目は怪しいかわら版屋の書く「贋作里見八犬伝」。
    三つ目は、「伏」の一人・信乃の語る「伏の話」。

    作中作がとにかく長い。もしかしたら長編を読みなれていない人は、ここでぐったりきてしまうかもしれない。
    でも根気強く読んでみて欲しい。読み進めるうちに、最初のイヤイヤ感はまったくなくなっているはずだ。それどころか、ああもう終わっちゃうの、と残念に思うだろう。

    個人的には、最後、いつも強気で兄を支える役目だった浜路が、恐怖に「十四歳の女の子」に戻って兄に助けを求めるシーンが好きだ。少女らしさが出ていて微笑ましい。

    映画化もされているから、そちらも観てみたい。

  • おもしろかった。読む前にある程度は里見八犬伝の知識があったほうがいいです。まったく八犬伝をしらないとおもしろくないと思う。
    作中に挿入される話や回想が緻密なのに比べて、本編はドタバタしてるだけの感じではあります。そのせいかもう一歩キャラが立ってないのが残念。でも作中話の「贋作・里見八犬伝」はおもしろかった。八犬伝の外郭は壊さずに、ありそうな形、より引き込まれそうな形に収まっていて、なるほどなぁと思いました。
    この本をプロローグにして、この続きがあると、おもしろいかもなぁとか思います。

  • 「八犬伝」と聞くとNHKの人形劇『新八犬伝』が頭に浮かぶのだけど、確かにその時の“仁義礼智忠信孝悌”という8つの珠に浮き出る文字は今でも覚えているもんね。
    と言って、その頃の私は、『ひょっこりひょうたん島』が終わって以降のその時間の番組をまともに見ておらず、滝沢馬琴を手に取ることもなかったので、本当の「南総里見八犬伝」がどんな物語なのかはよく知らなくて、『贋作・里見八犬伝』と銘打たれたこの本、真贋見極めながらという意味ではどこまで楽しめたのか…。
    里見家を守る八犬士たちが、江戸の町を荒らす“伏”として登場し、その首に懸けられた賞金を目当てに道節と浜路の兄妹が追いかけるという物語。
    まあ、馬琴の登場人物を借りた別の物語っていう感じで、間に挿まれる冥土と信乃の語る話はそれなりに面白くはあるけど、色々盛り込んだ厚さの割にはサラッと終わって、物語としての厚みはあまり感じられずでちょっと残念。

  • なるほど、アニメにするとピッタリな作品。祖父と暮らしていた山から降りて、兄と共に伏を狩る猟師、浜路とその敵である伏、信乃が地下道を共にしたわずかな時間の先にどんな決着があるか、ドキドキしながら読んだものの、アレレ?地下道のやり取りがなかったかのようなアッサリした結末。でも贋作の方の物語はとてもおもしろかったので良しとするかな。里見八犬伝を知っていたら、もっと楽しめていたかも。

  • 里見八犬伝って、小学生のときに読んだ記憶がうっすらあるような無いような。
    もう一度読んでからまたこの本読んだら面白いかも。

    入れ子構造なお話で重厚。
    アニメは正直失敗だと思う。

    桜庭一樹独特の筆致は癖になります。

  • 話の内容よりも
    文体や世界観に惹かれた。

    元を知らないけど
    この本だけでも楽しめたと思う。

    でもやはり元は気になる…。
    機会があれば。

  • 「伏 鉄砲娘の捕物帳」の原作ということで手に取りました。
    映画自体は見たことないのですが。
    でも宣伝で見た映画の印象とは違う感じ?
    宣伝では浜路と信乃がもっと恋仲風に感じたのですが。
    文庫のあとがきで映画のプロデューサーがこの原作で色々な話が出来るとあったので、このまま映画と一緒…というわけではなさそうです。

    もともとのストーリーに入れ子の話が2編も入ってて、何だがぎっしりな感じのお話です。
    伏の在りよう…特に信乃が語ってる部分は、何だか障害者のような感じがしました。
    人間社会の中で、馴染めない思いを持ったり差別を受けたりして、生きづらさを感じている人たち。
    だとすると、伏を狩るというのはずいぶん乱暴な対処法ですよね。
    まぁ、伏は殺人とかも結構するみたいだったから、仕方ないのかもしれないけど…。

    でも最後の方で浜路が、江戸にいる人みんなが伏に見えた…という描写で、誰もが心に闇(?)を抱えて生きてる…みたいな感じなのかなぁ…と思いました。

  • 伏とゆう犬人間と、それを狩る猟師の女の子と、巡る因果の話。
    落語のようにテンポよくさっさと進む。伏の悲しい運命やそうなるに至った経緯などは心惹かれる。悲しい伏に相対して主人公は明るく元気な猟師なのもバランスがいい。終始話の内容は暗いはずなのにそれを打ち消す存在感。伏姫の話はどことなく不気味でよかった。
    伏、白い犬、猟師、銀の歯の森、江戸、村雨丸、里見八犬伝、天守閣。

  • 桜庭一樹さんの作品は『ゴシック』シリーズしか読んだことがなかったので、本作は随分趣が異なっていて新鮮でした。
    作中に登場人物の一人の滝沢冥土が執筆した『贋作・里見八犬伝』が組み込まれており、構成が面白い。
    主人公の猟師の浜路と伏の信乃との関係性がちょっと期待はずれだったのが個人的にはやや残念な気もしますが、作品全体を考えると、作者が描いた関係性が良かったのかな、とも思います。
    浜路と兄の道節の会話が、気持ちいい。
    オリジナルの「南総里見八犬伝」は子供の頃に子供向け作品で読んだのですが、内容を忘れてしまったので、こちらも読んでみたいと思います。

  • ライトノベルのような一冊。映画化されていたが、なかなか映画で見るとおもしろいかもしれない。ただ、この本に関していえば純粋に活字を楽しみたい人には少々物足りない印象を受けるかもしれない。だが、わたしは桜庭さんは『私の男』のイメージが強かったため、このようなライトタッチな文章も綴れるのだな、と感心が大きい。

  • 贋作 里見八犬伝以外のとこは世界に引き込まれず…

  • ☆4.2
    馬琴の「南総里見八犬伝」を桜庭一樹がパロって小説化。全然違う話になってるけど。
    人と犬との間の「伏」による凶悪事件が頻発し、幕府はその首に懸賞金をかけた。ちっちゃな女の子の猟師・浜路は兄に誘われ江戸で伏狩りを始める。人と伏、光と影、不思議な因果の輪が回る。

    私は伏が少し可哀想だと思った。伏が伏に産まれたのは自分ではどうしようもないこと。狩るものと狩られるもの、繁栄と犠牲、という因果から抜けられないのかな。というかこの話は続くのか?続きそうだけど。

  • ”贋作・里見八犬伝”が一番面白かった。
    他の部分は、あまり内容がないような・・・。
    文章が、瓦版の呼び込み語り口調のようで、雰囲気を煽ってくれる。

  • アニメを見たからでも見るためでもなく、南総里見八犬伝が好きだから読んでみた。また浜路がヒロインかというありきたり感と、イメージが違い過ぎて違和感ありまくり。「んん」がわざとらしくて嫌だった。劇中劇の「贋作里見八犬伝」もちょっと。伏姫をあんな姿にする必要があったのか。伏がやたら人を傷つけるのもいくら半犬でもやり過ぎだ。読後感もスッキリしない。映像は綺麗になるだろうけどね。

  • 本家・里見八犬伝を切り崩して、ここまで別物の話に纏め上げた
    のはお見事。
    ただでさえ登場人物が多い八犬伝ですが、新しい個性をもった
    キャラクターとして1人1人が作中で、とても生き生きと描かれて
    いたのが、読んでいて楽しかった。
    また今回、映画と原作の両方を見ましたが、話はどちらも別物で
    あり、色々なパターンの結末が楽しめる作品だと思いました。

  • 物事には裏と表があるように、時代の光と影、秩序と自由、そんなことが強調された作品で、面白かった。
    伏の意味はなるほどと感心した。

  • 「伏 贋作・里見八犬伝」桜庭一樹
    時代劇ファンタジーライトノベル。撫子色。

    先に映画を観てから、読みました。
    時代劇というものの、虚構の世界のお話なので、いわゆる歴史考証とかを気にして読んではいけないでしょう。

    いまいち読ませどころが何なのか分からなくて、いろいろ盛り込みすぎている感があります。
    “噺”だらけ、というか。
    発想が面白くて、もうちょいで渋くなりそうな雰囲気があるところもあるだけに、
    もっと予定調和なんて無視した大人向けのファンタジーだったら、個人的には好みだったかなあ。(3)

  • そもそも里見八犬伝をしっかり読んでいないから贋作ぶりがいまいちわからぬのです
    伏姫が鈍色と交わす最後のシーンがとても素敵。憎み合う、というけどこんなの愛情の裏返しでしかないじゃんー
    村雨丸の正義も、玉梓の恨みも、全部人がやってることだからね。神様がよきに計らってくれない限り、どちらも収まらないんでしょう。
    伏たちは心の壊れた人ってことだとしたら、治すか、伏だけの国を作るしか生き延びる手段かない気がする。
    狩ることを正義としないで、懸賞金目当てにとどめておくのが活路なりの正義なのかも。それは思考停止なんだけど。
    モヤモヤの残る話でした。

  • 文春文庫の秋フェアで見かけ、映画化の文字にも興味を惹かれて購入。
    主人公の浜路がとても活発で勢いがあり、続きを読むのが楽しくてつい長々と読書に耽ってしまいました。
    かの有名な『南総里見八犬伝』が題材となっていますが、実は一度も読んだことがなくあらすじすらほとんど知らない状態で本書を読みました。
    読み終えてからネットで八犬伝の作品紹介等を見てみたら大分アレンジされているようだったので原作が好きな方だと余計に好みが分かれるのではないかと思います。

    途中で挟む“贋作”の中身も、伏姫はどんな結末を迎えてしまうのだろうと先が気になって仕方ありませんでした。
    ただ、最後はあっけなく物語が終わってしまったような印象も受けました。
    これは先に映画の宣伝を見てしまったせいかもしれません。(映画の予告映像だと浜路と信乃がかなり深く関わるような印象を受けたので……。)
    少し間をおいたらまた読み返したい作品です。

  • 原作のところから離れてみると作品としては面白いなと思う。
    主人公の女の子浜路が銃を担いで伏と呼ばれる人間の姿をした獣を狩っていく、
    しかも江戸の中にいた武士たちは全く歯が立たなかったのに
    浜路だけは猟の経験を生かして敵を追い詰めていけるっていうのは
    痛快な感じがします。
    人間と同じ姿をしているのに、伏というだけで狩られなければならないのは
    どうなんだろうか、というテーマ設定も深いなと思いました。
    テンポもいいので読みやすかったです。

  • アニメ化に伴いピックアップされてたので手にとってみました。
    桜庭さんがもともとラノベ畑出身(有川浩さん的な)ということは知っているのですが、実は作品として読んだことがあるのは『私の男』だけなので、いまいち作風とか分からなかったせいもあるんですが、うーん、ちょっと期待はずれだったかも…
    ついこの夏に八犬伝(山本タカトさんの妖艶な挿絵がたっぷり)を読んだばかりということもあり、たとえ「贋作」と銘打ってはいても、やっぱりどうしても登場人物にもとの八犬伝のイメージを抱いてしまい、うまく展開に乗りきれないまま終わってしまったというか…「伏」という異種が登場するという設定と、狩るもの・狩られるものとのそこはかとない恋、みたいな展開自体は非常に好きなんですが…むしろそこ以外完全に人物名とかは八犬伝から離れてくれた方が面白がれたなーと。もしくは、各人物のエピソードをもっと膨らませるとか…せめて鈍色の葛藤をもう一掘り…残念。

  • 人であって、人でない、その名も、『伏』。この本は、人と犬の交わった『伏』の、因果の話。


    可愛らしいお顔に、似つかわしくない大きな、黒い猟銃を巾着にしまう、浜路。ぐうたらだけど、剣を振れば達人という、その兄、道節。


    最近ウワサの、江戸の町にひた走る『伏』を、懸賞金目当てに狩ろうとする道節が、育ての親である祖父を亡くした浜路を山から呼び寄せて、この物語は始まる。


    桜庭一樹の作品は句点が多く、リズミカルに、会話文のように読んでいます。全体としての分量はなかなかボリュームのあるものでしたが、場面が小分けしてあるのでサクサク読めました。


    構成としてはやはり「贋作・里見八犬伝」と「伏の森」が間に挟まれ、主人公の浜路に語り聞かせているという点でしょうか。浜路と同時に読者に語り聞かせることで、自分が物語の中に入り込んだように没頭します。


    小節のあいだに短編形式で入り込むことで、メリハリが効いていました。読みやすさの一つの要因だったと思います。


    この作品をどのように劇場化するのか、気になるところです。

  • 65点
    まーまー
    期待値の割には…

  • 時は江戸時代、伏と呼ばれる「人にして犬」という者による凶悪な事件が頻発していた。これは、腕利きの猟師である少女浜路と伏の信乃の「狩る者と狩られるもの」による物語。
    世にも不思議な一匹の伏と1人の少女の特別な物語が始まった。

全253件中 1 - 25件を表示

伏―贋作・里見八犬伝 (文春文庫)に関連する談話室の質問

伏―贋作・里見八犬伝 (文春文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

伏―贋作・里見八犬伝 (文春文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

伏―贋作・里見八犬伝 (文春文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

伏―贋作・里見八犬伝 (文春文庫)の作品紹介

伏―人であって人でなく、犬の血が流れる異形の者―による凶悪事件が頻発し、幕府はその首に懸賞金をかけた。ちっちゃな女の子の猟師・浜路は兄に誘われ、江戸へ伏狩りにやってきた。伏をめぐる、世にも不思議な因果の輪。光と影、背中あわせにあるものたちを色鮮やかに描く傑作エンターテインメント。

伏―贋作・里見八犬伝 (文春文庫)のKindle版

伏―贋作・里見八犬伝 (文春文庫)の単行本

ツイートする