ザ・万歩計 (文春文庫)

  • 1372人登録
  • 3.87評価
    • (130)
    • (216)
    • (140)
    • (19)
    • (7)
  • 196レビュー
著者 : 万城目学
  • 文藝春秋 (2010年7月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (234ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167788018

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
伊坂 幸太郎
村上 春樹
万城目 学
万城目 学
森見 登美彦
有効な右矢印 無効な右矢印

ザ・万歩計 (文春文庫)の感想・レビュー・書評

  • マキメさんの渡辺篤史に対する愛が重い(違)
    あっ、「たてもの探訪」への愛か?(それ違う)
    そしてGが大嫌いなマキメさん。
    「発想飛び」で先生に賞品を貰ったマキメさん。などなど…。
    どれもこれもクスクスと笑ったり、
    ぶっ。と吹き出したり、面白いエッセイ集だった、

  • こんなに行動力のある人だとは。
    作家さんの考えていることが少しでも覗けて面白かった。

  • 小説ほど面白くない、というのが第一印象。文章が上手いという作家ではないので、エッセイというより、日記の類、想い出話に付き合わされた気分。作者は、ごく普通の一般人、少し着眼点が面白く、ちょっと発想が豊かというのが判るが、それでよくあの奇想天外なストーリーを生み出せるな、ということの方が驚き。真面目で努力の人なんだろうなぁ。

    万城目学は、原作がTVドラマや映画化されブレイクする前から知って、「こりゃ面白い!」と青田買いした気分があったのだが(というほど早くはないけど)、発想、ストーリー展開が良かっただけで、特段、文章が上手いとか、気の利いた表現があったという印象は確かになかった。 

    いろんな媒体に発表した短文の寄せ集めのためトーンが異なりまとまりに欠けるのも良くなかった点か。きっと、ひとつのテーマ、あるいは方向性を絞るなど、なにか制限を加えたほうが、この作者はその中でなんとかしてやろうと知恵を絞って、虚実ないまぜの面白いエッセイを書くんじゃないかと思う。小説を書くきっかけとなった国語先生とのエピソード、猫の話など悪くないものもあったけど。

    一番笑えたのは、巻末に、“万歩計”というのは、山佐時計計器株式会社の登録商標で使用に関して許諾を得ているという編集サイドの一文だった。「おぉ、そうなんだ!」と(笑)

  • 万城目学さんのエッセイ。
    学生の頃の出来事だったり、作家になるまでだったり、海外をぶらついてた時の話だったり。

    流石、というか、やっぱりと言うか…
    面白いこと考えてるな〜と笑えました。

    「ねね」という飼ってた猫の話でちょっとぐっときたり、「チャララリラリ〜」と小声で歌いながらファイルを開ける同僚の話や、旅行記など色々なジャンルのお話で面白かったです!

    特に歌う人の話で、ある日突然曲が変わった時、突っ込んでその人が歌う事をやめてしまう事を恐れて、なぜ曲が変わったのか同じ係全体の議題にする流れがスバラシク面白かったです((´∀`))

  • エッセイって面白い。自伝じゃなくてエッセイが面白い。ひとりの誕生日の楽しみでした。悲しいかな、彼が置いて行った本だけど。

  • ひさびさに、本を読みながら声を出して笑いました。
    最後の、モンゴルの話も相当面白かったのだけど
    思い返すとGにまつわる話は飛び抜けて可笑しい。

    絶対に、公共の場で読まない方がいい一冊です。
    笑ってしまうので。

  • エッセイである。おもしろい。特に、昔勤めていた会社の上司がファイルをあけるときに歌を歌う話がお気に入り。

  • 万城目氏の頭の中ってどんな風になってるんだろうなーと思ってこのエッセイを手に取ってみたら、予想を斜め上に行く不思議な方でした。
    気楽に読める短い小ネタ盛り沢山なエッセイという感じですが、万城目氏の作家に至る経緯や幼い頃の不思議な体験が書かれていたりと、ファンにとっては興味深いものも多いです。

    個人的には学生時代のモンゴル旅行記(と言うか何と言うか)が一番面白かったです。人の旅の記録とかを読むのが好きなので。
    ただの異国探訪にとどまらず、もれなく笑いの種が散りばめられているのがさすがと言うべきところです。きっと、軽妙な文体がそれを後押ししているんでしょうね。

    息抜きしたい時にぱらぱらと捲って読むのがぴったりな1冊だと思います。

  • 万城目学さんの本は3冊目。
    面白いと評判だったエッセイを読んでみました。
    個人的にはエッセイがあまり得意ではないのですが、これは面白かった!
    万城目さんの大阪人魂を感じたような…(笑)。

    私も大阪人なので当然、ふつうに大阪弁をしゃべる。
    でも、文字にするときは標準語になる。
    ときどき標準語だと思いこんでいたものが、大阪弁だったことに気づき、軽いショックを受けたこともあるけれど、それが小説を書く万城目さんも経験することだと知り、かなり嬉しくなった。
    で、その大阪弁。
    万城目さん曰く「大阪弁の文章はひらがなが多く読みにくい」。
    そう!その通りだと思うと同時に私だけじゃなかった~と、これまた嬉しくなった。
    最近読んだ、【戸村飯店青春100連発】の大阪弁が読みにくかったのだ。
    大阪人なのに、大阪を離れて5年しかたっていないのに、大阪力が落ちてきたのか…、と切なくなっていた私を万城目さんが勇気づけてくれた~!

  • マキメ氏の、とても楽しいエッセイ。

    実力人気作家は、エッセイもまた面白い。

  • 直前まで三浦しをんのエッセイを読みまくっていたせいか、面白いけれど少しインパクトに欠けた普通のエッセイという感じがした。

  • 万城目さんのエッセイです。
    万城目さんのエッセイだなんて、考えただけで面白そう!とハードル上がる感じですが、期待通りでした!!

    爆笑って訳ではなく、「ふふっ」っと笑ってしまうエピソード満載です。まぁ何度か噴出しましたが(笑)

    とにかくどれも面白くて、読んでる間ニヤニヤしっぱなしです(;^_^A
    そして意外にも(失礼?)行動力がすごくて、バックパックでヨーロッパに行ったり、ドバイにも行ったそうで。
    何よりすごいのはモンゴルでしたが・・・・
    好奇心旺盛というよりは「ちょっと行ってみたかったから行った」みたいな感じで書かれていて、またびっくりです。

  • 少年時代に大阪で阿呆の薫陶を受け、大学時代に自分探しの旅で全財産を失い、はては作家を目指して単身東京へ。
    ホルモーでついに無職を脱するも『御器噛』に苛まれ、噛みまくるラジオに執筆を阻まれ、謎の名曲を夢想する日常は相変わらず。

    そのすべてを飄々と綴ったエッセイ集です。

    色んな雑誌・メディアからのエッセイなので 統一感がな話題も様々な方向へ飛んでいくのですが、章立てにしてあり、章ごとの内容は統一感もあってすっきり読めました。

  • 「西川のりおじゃないか」ぶふっ
    「おおお、フェルメールの明かりが」ぶはは

    面白すぎるではないか

    私は著者と年が近く、しかも私も京都の大学生だったのでとても親近感がわく。万博記念公園もよく遊びにいったもんだ。
    関西人でなくても十分面白いと思うけど、関西人ならもっと楽しめるのではないか、というネタ満載である。「探偵ナイトスクープ」とか「ごっつ」とか(ごっつは全国区か)
    西川のりおとか名前出てきただけでうけるみたいなとこあるもんなあ・・・

    実は最近工場にちと興味があり「Fantastic Factory」はなかなか惹かれる文章だった。万城目さんと安全課の人とのやりとりも心に残る。

  • 「鹿男あをによし」、「鴨川ホルモー」、「プリンセス・トヨトミ」と出す小説のどれもが馬鹿馬鹿しい設定であるのに、どうにもやめられないかっぱえびせんのような作品。
    「一体この著者の頭の中はどうなっているのか?」と初エッセー集を読んでみた。やっぱりちょっとおかしな人だった。

    偏執的にゴキブリが苦手である私。著者が部屋でゴキブリと戦う日常を描いた「御器齧り戦記」には鳥肌を立てながら読むことになった。これほど共鳴できたので、私は万城目氏が大好きだ。

    他にも、80年代、90年代歌謡曲の話しとか、バックパッカーのエピソードなどハマるツボがたくさんある。もう一冊出ているエッセイ集も早く読まねば。

  • 読めば読むほどマキメワールドにハマっていく。
    「花火は宇宙」たしかにそうだ。あの途方もなく広がっていく感覚はまさに宇宙。
    工場萌えについては、「どうしてそこまで私の感覚がわかるのだ」と身悶えするほど。夜の工場の構内をひとり歩く状況を想像するとうっとりするし、昼の工場のシステマチックなこと、比類なし。
    読んでいるとときどき「あんたほんまはいくつや」と言いたくなることがある。
    見境なく人に勧める気にはならないが(申し訳ない)、私個人としては今最高に面白くわくわくする作家である。

  • 『鴨川ホルモー』『鹿男あをによし』で彗星の如くその名をとどろかせた万城目学氏によるエッセイ。

    とにかく、軽妙なタッチの文章が読みやすい。
    日常の出来事をここまで面白おかしく書きあげるのはさすが文章家といおうか、乙一の『小生物語』を彷彿とさせるほどの出来である。
    着眼点も面白ければ好奇心も強く、すぐに行動しては後悔する小市民的なところがとても良い。
    友達にいたらとても楽しそうである。

    ほとんどギャグマンガを読む、くらいのスタンスで私は読んだし、読み終わるのが正直勿体無かった。
    声を上げて笑ったこと数え切れず。
    万城目ユーモアと相性が悪くない人は是非。

  • 万城目学さん、エッセイ「ザ・万歩計」読了。「鴨川ホルモー」という突拍子もない物語を書く万城目さんのエッセイってどんなだろうと興味を持ち手に取った本。いやー、面白かったです。デビュー前の会社の出来事。作家を目指したきっかけ、過去にあった事をあの万城目節で面白可笑しく綴っています。家族、友達、ペットの話など、なかでも中学生の「地理、公民」授業の話が、ドハマリでした。男性なら誰でも共感できる内容。本当に読む場所には気を付けましょう。読んでみて、万城目さんはチャレンジ精神旺盛な方なんだなと感じました。是非♪

  • 『ザ・万遊記』に続き、本書を読了。ものすごく面白く、万城目ワールドを堪能した。作家デビュー話では、小鬼を見たとカミングアウト。「しゃばけ」の鳴家? やはり作家さんとは非凡なものだ。五器齧り戦記のGとの戦いも良かったが、ねねの話がじ~んときた。マジカル・ミステリー・ツアーでの著者の世界放浪ぶりが羨ましい。5年もの大学生時代という時を使える贅沢。遥かなるモンゴルは、その集大成という感じだ。それにしても、万城目学・東野圭吾・森見登美彦の3氏は、私の中で関西3大作家だ。

  • 万城目さんのエッセイははじめて読んだ。作品の内容が飛び抜けているのは若い頃からいろいろなことを体験されているからなんだなぁと思った。面白い話、ちょっと切ない話、自分にはピンと来ない話もあったが、第5章のマジカル・ミステリー・ツアーは秀逸。万城目さんのバイタリティがすごい。

  • 再読。面白い小説を書く人のエッセイはやはり面白かった。大阪弁や静岡弁やトルコの垢すりには笑いがこぼれた。おじいちゃんやねねの死の話には涙がこぼれた。小説の創作秘話は、こんなきっかけでこの話が生まれたのかと、得した気分になった。ただの面白いエッセイではなく、よいお話を聞かせてもらいました、と感じられるところは小説と同じだ。

  • 【読書感想」「ザ・万歩計」万城目学

    大好きな万城目学のエッセイ。

    以前「ザ•万遊記」というエッセイを読んだのですが、どうやら出版順としてはこちらが先のようです。


    イヤーー超面白かった。
    おかしくてこらえきれず、電車でニヤニヤしたことが何度もあった(笑)
    この人のエッセイも小説もホント大好きだなぁ。
    「ちょっと落ち込んじゃって。。。」
    なんて人はこのエッセイ読んだら少し元気になれるよ。間違いなく!

    万城目さんが作家になるまでの話とか、
    いろんな作品のもとになった出来事なども語られています。

    万城目さんは学生のころから海外旅行にしょっちゅう行っていたみたいです。
    そのなかでもインパクトがあったのはモンゴルのトナカイと暮らす遊牧民のところにいって生活しちゃうというもの。
    この話も超面白かった。
    トナカイって塩分が好きなんだって。知ってました?
    大とか小とか野原でしてるとトナカイがワラワラと寄ってくるんだって(笑)


    私は怖がりなので海外旅行が本当に苦手。
    いろんなところに行ってみたいし、見たことない世界を
    見てみたいってのもすごく思うんだけど、
    言葉が通じない恐怖と、騙されて帰れなくなったらどうしよう、とか考えちゃって。
    でもあんなに長い夏休みとかあったんだからもっと海外いっとけばよかったなぁ。。
    もったいないねぇ。

    いやーー。ホント、面白いからこれはみなさん読んだほうがいいですよ。
    ワタシ的には、
    「木曜5限地理公民」と
    「Fantastic FactoryⅡ」
    「マジカル・ミステリーツアー」
    が大好きです。

  • ただの万城目学ファンとしてすごく面白く読ませてもらいました。

    万城目さん、小説家ということで勝手にインドア派かと思ったら案外アクティブでアウトドアだった…(笑)

    万城目学さん、小説も面白いことながらさすがエッセイも面白い。

    ファンならきっと楽しいはずです!

  • さすがのマキメワールド。エッセイでも一味違う。いちいち、なるほどと思いながら、絶対、こんな発想は持てないなとの相矛盾する感情を抱きながら、やっぱ、こいつ関西人やとおもう。

全196件中 1 - 25件を表示

ザ・万歩計 (文春文庫)に関連する談話室の質問

ザ・万歩計 (文春文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ザ・万歩計 (文春文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ザ・万歩計 (文春文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ザ・万歩計 (文春文庫)の単行本

ザ・万歩計 (文春文庫)のKindle版

ツイートする