プリンセス・トヨトミ (文春文庫)

  • 9173人登録
  • 3.50評価
    • (546)
    • (1322)
    • (1459)
    • (360)
    • (82)
  • 1350レビュー
著者 : 万城目学
  • 文藝春秋 (2011年4月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (554ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167788025

プリンセス・トヨトミ (文春文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 会計検査院、セーラー服の少年、大阪国総理大臣
    思考、想像は不要です。ただただ頭の中を空っぽにして楽しみましょう!

  • 大阪の秘密を明らかにするのはタブーなんだってば。しかもこんな小説にして、ましてや映画化までしちゃうなんて…!あの存在については隠し続けなきゃいけないのにー。

    出鱈目のような真実がここにある。大阪の男たちが累々と繋ぎ、守ってきたもの。父から息子へ語り継がれてきたもの。女たちが見守ってきた歴史。

  • 面白かった!本、読んでから映画版見たけど、やっぱりなんでも原作のほうが面白い。プリンセス・トヨトミの場合も、本のほうが面白かった。

    映画版では鳥居調査官が綾瀬はるかで、ゲーンズブール調査官が岡田将生。男と女が入れ替わってる。適役がいなかったのかな?男と女入れ替えたら、話がつながらなくなっちゃうよ。

    大阪に行きたくなる。大阪城・空堀商店街・・・、お好み焼き屋さん!冨紗家(ふさや)っていうお好み焼き屋さんがモデルだったみたい。行かなくっちゃ♪

  • もしこれが本当の話だったら、身近(でもないかな?)にこんな秘密があったら、どんなに面白いだろうと思う。
    秘密の内容が面白いわけではない。
    そのために税金をどんどん使ってくださいというわけでもない。
    でも、なんか面白い。
    子供の頃の遊びに必ずあった仲間だけの「秘密」に似ているからだろうか?
    本当だったら…と想像するとわくわくしてしまう。

    歴史についての説明が楽しめればきっともっと面白かったのだろうけど、基礎知識とその方面への興味が圧倒的に不足していたため感心することもツッコミを入れることも出来ず。
    大阪城付近の土地勘もあれば更に楽しめただろうけど、それも全くないので細かいところはさらりと流した。
    そういう意味ではこの小説が十分に楽しめたとは言えないかもしれない。
    ちょっと残念。

  • 大阪には大阪国というものが存在し、豊臣秀吉の子孫で大阪国王女を大阪国の男たちが守っている。

    巨額の税金が大阪国に流用されているところに目を付けた会計監査委員が監査を試み、実態を解明する。

    ストーリーアイディアは好きだが、表現や説明がまどろっこしい箇所が目立ち、中だるみした。

    親から子へと脈々と受け継がれる世代交代の重要性が際立つ部分は好き。

    「何故大阪国なんて信じるか?」「それは、父の口から語られたことだからだ。」

  • 「『大阪が全停止』ってどういうこと?なんで?」と1ページ目から惹き込まれて一気読み!
    現実にあるものを絡めていくから「もしかして大阪国って本当にあるんじゃ?」と思ったほど。
    大輔と茶子の絆がすごい。

  • 手首の怪我で入院した私に、こんど中一になる娘が貸してくれた。面白くて一気に読破。「やっと私の云ってることが分かったみたいね」と娘。
    大事なことを思い出させてくれる一冊だ。

    映画の設定とはだいぶ違うらしいが、その予告だけは見ていたので、なんとなくイメージしていたトンデモ話かいなという疑念は、最初の数ページの筆力で吹き飛んだ。
    キャラの立った3人の会計検査院調査官、微妙に知らされるいくつかの伏線、作者そのものが愛する大阪城とある商店街界隈の人々。奇想天外な400年の歴史をつなぐ、熱くも温かい大阪の男達の想い。そして行き詰る対決の山場と、拍子抜けするほどの見事などんでん返しのラスト。
    作者がそそぐ、登場人物へのまなざしが全編で庶民的で温かい。
    父と子、国家とは、守るとは、大阪の持つ独特の優しさとは、いろんなことを考えさせられながら、泣いたり笑ったりしていた。
    今後、大阪を見る目が少し変わってきそうに思う。

    何よりもこの本を読め読めと、ずうっと云い続けていた我が娘に、今日、
    「パパはどんなことがあっても、お前を守るからな」と素直に言えて、作者と娘に感謝している。

  • どうなるの?どうなるの?
    と、ワクワクして読んだけど…最後が納得いかない。

    映画は見てない。

  • つまらない

  • 後半まで、なんでこの小説おもしろいんかなぁ~て思いながら読んでた。ほんとに最後の方になって、ホロっとくる感じ、なるほどぉ~って感じになった。。。って事で、結構おもしろかったかな。。。

全1350件中 1 - 10件を表示

万城目学の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

プリンセス・トヨトミ (文春文庫)に関連するまとめ

プリンセス・トヨトミ (文春文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

プリンセス・トヨトミ (文春文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

プリンセス・トヨトミ (文春文庫)の作品紹介

このことは誰も知らない-四百年の長きにわたる歴史の封印を解いたのは、東京から来た会計検査院の調査官三人と大阪下町育ちの少年少女だった。秘密の扉が開くとき、大阪が全停止する!?万城目ワールド真骨頂、驚天動地のエンターテインメント、ついに始動。特別エッセイ「なんだ坂、こんな坂、ときどき大阪」も巻末収録。

プリンセス・トヨトミ (文春文庫)の単行本

プリンセス・トヨトミ (文春文庫)のKindle版

ツイートする