プリンセス・トヨトミ (文春文庫)

  • 9059人登録
  • 3.50評価
    • (529)
    • (1313)
    • (1445)
    • (358)
    • (82)
  • 1332レビュー
著者 : 万城目学
  • 文藝春秋 (2011年4月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (554ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167788025

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

プリンセス・トヨトミ (文春文庫)の感想・レビュー・書評

  • 懐かしの大坂が舞台で楽しく読んだ。豊臣の末裔云々の秘密が暴かれてくんかなというわくわく期待感を持って読み、途中までバーッと一気に読めました。が、しかし、最後はその勢いを失っ…て…いっ…た…。なんだろ、大坂の男たちの気持ちも、松平さんの気持ちも、おかんたちの気持ちも、大輔の気持ちも、それぞれは分かるんだけど、お互いの気持ちがお互いに作用するだけの根拠が薄くて、ね。

  • 「とっぴんぱらりの風太郎」が面白かったので、話に繋がりがあるこちらも積読消化。結論から言うと「とっぴん~」の方が面白かった。
    あまり楽しめなかった最大の要因は、読んでいても頭の中に画が浮かばなかったこと。大阪の地理が全然分からないから、どれだけ説明してくれてもピンとこない。他にもいろいろと説明している部分が多くて、全体的に固い印象だった。
    とはいえ、自分でも知っている武将と同じ名字の人がどんどん出てきたり、「とっぴん~」との繋がりを見つけたりと、ワクワクできるところも多かった。最後に明かされる"大阪の女"の在り方も素敵。
    自分にとってあまり馴染みのない場所、すぐに理解しづらい設定、等々、、サクサク読めない1冊ではあったけど、「とっぴん~」の記憶がある時に読めたのは満足。

  • 舞台が大阪だからいいんでしょうね!
    東京だと、純粋な東京人が少ないから無理そう…

    小説だとわかっているのに、大阪の地下に本当に大阪国あるかも、と思ってしまいました。
    大阪ならあるかもね?

  • 2017年5月26日読了

    533ページ

    万城目学は初めて読む。

    映画化されている小説も多く、本作もそうだが映画とキャストの印象がまるで違うので映画を観る気にはならない。

    5月31日 16時に大阪の機能が突然停止するところから、話は始まる。

    性同一性障がいに悩む中学生、真田大輔と幼なじみの橋場茶子、大阪府庁に監査にくる会計検査院の松平、鳥居、ゲーンズブールを中心にストーリーは進む。

    全体の印象は面白いんだけど、あまり好みじゃないかな。
    メルヘンすぎて、映画よりドラマ向きというか、映像向きだよね。

  • 荒唐無稽なありえへん話。
    ありえへん内容でも、いや、もしかしたらある得るな?と思わせるものがあれば、それなりに面白いが最後までありえへんままだった。なので面白さは「信長協奏曲」におも劣る。

    戦国時代に活躍した人の末裔か?と思わされる人達が沢山出てくるので、その人物がどういうポジションにいるのか歴史上の人物と照らし合わせるのも一つの楽しみ方かと思う。それにしても、ここまで不細工感満載の小説も珍し。作中の人物がこぞって不細工!主役の松平はハンサムという事になっているが、読んでるとそうは思えない。プリンセスもおブスだしね。

  • そこかしこに名だたる戦国武将様が。
    ひょっとしてその方々も末裔?凄い集団だなぁとワクワクしつつ、大阪に生まれ育たないが故にそんな組織は断固あってはならないとひがみつつ、「あとがきにかえて」を読了後、大阪ウロウロツアーしようかなぁとマンマとドッブリやられてしまいました。

  • 狙ったわけではないけど、これも実写化の際には綾瀬はるかが出演してたね。

    大阪国という荒唐無稽な設定が、無理なく且つ、あああり得るかも? と思わせてしまう作者の力量に素直に感動。
    大阪国、豊臣家の末裔という事以外が現実に非常に沿っているので、違和感なく読めたのだと思う。

    基本、男性社会の部分で物語は進んでいくのであるが、大オチの後、女性から見た大阪国とは? がふれられているのもよいです。
    このために旭というキャラクターが存在しているのだと思うのです。
    彼女自身が、作中に出てくるマイノリティの代表のような形であるので(長身、ハーフ、男性社会の中での女性など)、最後に大輔にネタ晴らしするのが彼女でよかったと思います。

    面白かった。

  • 万城目作品はこれで2冊目。
    『とっぴんぱらりの風太郎』を読んで、ブクログのレビュー見たら、『とっぴんぱらり〜』の続きが『プリンセス・トヨトミ』ということを知り、読んでみました。
    映画も知らんし、刊行順を遡る読み方をしてる感じです。

    まず思ったのが「説明なげー」という……申し訳ないが、そう思いましたね。確かに、大阪冬の陣や夏の陣とか、豊臣家の歴史とか、辰野金吾の説明とか。必要だよ。『とっぴんぱらり〜』読んでたら、大阪冬の陣夏の陣と豊臣家の歴史の説明は2回目だし、私は辰野金吾(たまたま)知ってたから、そのあたりは斜め読みしました。

    で、話的には大阪国が立ち上がったところからが面白い。
    「どーなんの、これ?」
    とか
    「合図って?」
    とか。
    設定もなかなか……というか、こういう視点で豊臣家を捉えるかっていう。奇抜な発想。
    多分、万城目さんが書きたかったんだろなって思った。正直、主人公は誰?て感じ。タイトルはプリンセスだが、別にプリンセスが主人公って感じでもないし。会計検査院でもない気がする。だから、これは設定がいいのです。まー、鳥居さんは愛着もてるキャラではある。

  • 本を読んでから映画を見に行った記憶が。たった一人の女の子を守るために、大阪府民が全員で嘘をつくという壮大な設定。

  • へぇぇ、って感じ!
    こんな、お仕事小説風のファンタジーなんて、初めての感覚だったな。
    なんていうか、ファンタジーと現実の狭間を常に揺れ動いている感じで、こんなの、あってもおかしくないな、って思わせる感じがある。

    正直、今のこの一瞬で情報が拡散する現代の世の中で、この仕組みはもはや続き得ないと思うけど、、。

    なんか、最後の収め方はよく分からない部分もあるけど、きれいにまとまってた。
    意外と分厚いので読むのに時間はかかった感じかな。

  • 映画を観てから購入。 設定の違いがかなりありびっくりしましたが大変面白かったです。

  • なげーよ( ̄▽ ̄)

  • 『鴨川ホルモー』の万城目さんの最新刊。
    しかしどっからくるんだ、この発想!『鴨川ホルモー』も十分に破天荒なファンタジーだったけど、それを上回るよ。まあファンタジー要素が少ないのか?
    大阪に実は”大阪国”があり、その本拠地?は大阪城の地下。彼らの目的は”豊臣秀吉”の末裔である”王女”を守ること。そしてその国を守るために、日本国から年間5兆円もの予算が出ている。そこに会計検査院の調査が入る…って、なんっじゃそりゃ!すげえ…。
    しかしキャラの魅力という点では、圧倒的に『鴨川ホルモー』だな。
    あと読了後思ったけど、若干『ダ・ヴィンチ・コード』とかぶるよね。今話題だからかもしらんが…。

  • あー面白かった

  • 映画と全然違う
    フィクションでも現実味が無さすぎて読みながらつっこんでしまう
    素直にフィクションを楽しめればいい話

  • 万城目学さん最高!というか、ただの万城目学ファンなんですが…(笑)

    大阪の秘密を元に繰り広げられていくお話ですが、歴史そして、本当に大切なもの、家族ってなんだっけ?

    改めて違う角度から教えてくれる。

    そんなお話にも感じました。

    普通に面白いです!
    万城目学ファンなのでごり押しします!

  • 今年大阪に行ったので読んでみた。
    最近の真田丸の展開を見てると、こうだったらいいのになという作者の願望も含まれているのでは…

  • 読後感良くほっこりした。同じ時代、同じ現象を違う視点で見る新鮮さがある。ちょうどブラタモリ大阪の放送があり、パラレルワールドを感じ面白かった。大阪旅行に行きたくなる。

  • 最近、東宝系の映画を見に行くと、ずっとこれの予告〜
    予告だと、大阪の機能停止から話が発展するように見えたのに、ラスト1/3くらいでやっとだよ。

    大法螺なんですが(・・・ですよね?)、舞台が大阪だから、まあ、何て言うか、説得力?があるような。ズルっこじゃね?

    固有名詞がガンガン出てくるんですが、大阪不案内の身にはどこまでが実在で、どこからが創作なのかがわからなくて、今イチ歯がゆい。(大阪が舞台の話ではよくあることですが^^;アリバイトリックとか距離感なくてサッパリのこともあるし)

    娘は母親と二人で話す機会なんていくらでもありますが、
    息子は父親と二人でゆっくり話す機会って、
    あんまりないもんなんですかあ? ふ〜ん・・・

  • 【読間】
    映像化された方は、劇場公開時に視聴。とあるアンソロジーにて「万城目学、面白し」との手応えを得たのを機に購入。

    さて、劇場版の方の記憶は……

    〈ストーリー〉
    ●検査官3人が、大阪出張。
    ●壮大な秘密を知る。(大阪城地下に、巨大な真・大阪城を擁する組織が!)
    ●何やら大変なことが起こる。(真・大阪城がベールを脱ぐ?)
    ・・・という程度しか覚えておらず(苦笑)。
    当然、結末がハッピーだったかアンハッピーだったかも。

    〈ビジュアル〉
    ●キャスト…堤真一と綾瀬はるかともじゃもじゃ頭、のみ
    ●富士山麓に林立する白い十字架
    ●赤く光る大阪城
    ・・・のみ。

    現在、だいたい半分くらいの時点。とりあえず、堤真一がハマり役だったことは確認。残りの二人は……映像作品のイメージに左右されずに読めてる感じ。

    ↑の“何やら大変なこと”とは何だったのか?、結末がどうなったか?続きも楽しみ♪

    2016.10.04.書。



    【読了】
    うん。面白く、楽しく読めた。
    先の予想がつかないトンデモな展開に、ハラハラハラハラさせられ・・・少々疲れたかも。劇場版を先に観ていなかったなら、あまりのワケワカラン展開に、途中で放り出していたかもしれないが・・・。

    結論。ああだこうだというトンデモ展開な中でも、心に残るモノが一つあったかな。それを含め・・・この映画を一言で表すと、

    「観終わったら、故郷の父親に電話をかけたくなる映画」

    ★3つ、7ポイント半。
    2016.10.05.古。

  • このことは誰も知らない。五月末日の木曜日、午後四時のことである。大阪が全停止した。長く閉ざされた扉を開ける“鍵”となったのは、東京から来た会計検査院の三人の調査官と、大阪の商店街に生まれ育った二人の少年少女だったー。前代未聞、驚天動地のエンターテインメント、始動。


    おもしろかった!

    この人の話面白いけどよく分からんってのが多いので今回のは比較的分かり易くて面白かったです。


    「みんな知ってるの。大阪の女は男が何をやってるか、全部知ってるの。だから敢えて何もいわへんの」


    このセリフで終わってほしかったなぁ!

    にしてもこれが本当だったら面白いだろうな。

    けど、そのお金を普通に社会保障費にあてたらなんて言わないところがいいのかもしれないね!

    父親の時間とか自分で作れも言わないもんね!

    このロマンってのがきっとこの話には詰まっているんだろうけど私はそういうのけっこうグッとくるタイプだけどわからん人にはわからん話だと思いました。

    ところどころ面白いとこいっぱいあったんだけど難しかった。

    後半の盛り上がりどころがやばい。

    だった国の税金・・・。

    府外民にとったらwwww



    映画は見てないんですが見たくなったなぁ。

    けど松平さんが堤真一で真田さんが中井貴一ってのは逆だと思った。

    松平さんには役者の真田広之がいいと思います。ややこしいけど!

    あと普通に綾瀬さんで旭をやってもらって上記セリフをぜひ言ってほしかったと。

    ",http://thumbnail.image.rak

  • 分厚さにひるんでたけどそんな心配は無用だった。

    まずは名前である。
    作者は「まんじょうめ」さんではなかったし、ゲーンズブールなどというカタカナ名の調査官のほか、どっかで聞いたことのあるようなないような、いわくありげな名の持ち主たちがズラズラ出てくる。
    斬り込み役は、会計検査院。
    特に気にもとめずにいたけれど、なるほどそういう立ち位置だったとは。

    読み進むうち明らかになってゆく大阪国。
    主役は誰かとなるとあの人のようでもあり、この人のようでもあり。
    それぞれのキャラクターが面白い。

    「ええー!」とか「バレるんじゃない?」とかツッコみながらも、そのツッコミ込みで楽しめました。
    ひょっとして万城目さん、ねらってた?(笑)

  • まあ、ありえないしお話ね〜だけど
    大阪愛に溢れて、その愛を表したかったと思えば
    良い話です。
    男同士の秘密も楽しいだろうし。
    しかし、この表紙絵はひどい。
    写真のまねがきはうまいなら
    人物も写真見ながら書きなよ。
    ひどいデッサン力、このイラスト見るたびげんなりするので
    読みかけの間はいつも裏表紙を上に。

  • 落ち着いて読めなかったためか、そこまで引き込まれなかった。男のロマン的なものが理解できなかったせいもある。

全1332件中 1 - 25件を表示

プリンセス・トヨトミ (文春文庫)に関連するまとめ

プリンセス・トヨトミ (文春文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

プリンセス・トヨトミ (文春文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

プリンセス・トヨトミ (文春文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

プリンセス・トヨトミ (文春文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

プリンセス・トヨトミ (文春文庫)の作品紹介

このことは誰も知らない-四百年の長きにわたる歴史の封印を解いたのは、東京から来た会計検査院の調査官三人と大阪下町育ちの少年少女だった。秘密の扉が開くとき、大阪が全停止する!?万城目ワールド真骨頂、驚天動地のエンターテインメント、ついに始動。特別エッセイ「なんだ坂、こんな坂、ときどき大阪」も巻末収録。

プリンセス・トヨトミ (文春文庫)の単行本

プリンセス・トヨトミ (文春文庫)のKindle版

ツイートする