世界クッキー (文春文庫)

  • 585人登録
  • 3.46評価
    • (17)
    • (51)
    • (55)
    • (14)
    • (3)
  • 62レビュー
著者 : 川上未映子
  • 文藝春秋 (2012年5月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (187ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167791025

世界クッキー (文春文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 川上さんのエッセー集。タイトルのルーツは、

     世界クッキー、なはんて書いてみると「うふふ、世界のほうも、クッキーのほうも、ここで隣り合わせになるなんてことは、夢にも思ってなかったはず」

    と、あとがきにあるように、全然別の世界の言葉の出会いと化学反応に文章を書くことの喜びを見出している作者ならでは。

     章ごとに、からだのひみつ、ことばのふしぎ、ありがとうございました(文学賞受賞などの際の感謝の言葉)、きせつ、たび、ほんよみ、まいにちいきてる、ときがみえます、と、とても面白いカテゴリー分けになっている。

     しょっぱなの「からだのひみつ」から、彼女の独特の感性が爆発。特に、彼女のこだわる「境目概念」。。

    「唾」:口の中にあるうちはぐんぐん飲んだりしてるのに、なぜいったん口外に放出され、外気に触れた途端にきわめて汚物と認定されてしまうのか。爪とか髪の毛もそうですね。(以下略)

     こんなこと思ったこともないけど、おっしゃる通り。

    「世界には絶えず境目が存在し、その時々の入れ物や環境が本質を変革するのです。」
    「境目を超えることになって姿勢や考え方の本質が変化するのなら、いつ何時でも信用できる主体性や本質なんてものはいったいどこにあるといえるのか。ふ、そんなものないのだぜ、と言ったほうがスマートな気持ちもするけれど、それでもやっぱり、そんなこと言わずに、やっぱり何がしかを判断するのは常に自身の中にあるブレない点の機能であってほしい、という願いもあったりして。」

     このエッセイの特徴は、彼女自身の独特の感性から生じる問いを出発点としていること、そこからより普遍的な問題が抽出され、自らの感覚的なものの捉え方に従って、自分なりの解を、願望も込めて導き出していくという流れ。加えて、ときに方言や詩的な文体を用いた文章自体の持つテンポの良さ。どれも本当に素晴らしい。

    いちばんすきだった話は、ほんよみあれこれ、の一節。

     国語の教科書をすみからすみまでなめるように読んだのが読書の原体験であるという作者。
      大人になってしまえば、限られた時間を読書に充てようとすれば自分の好みや必要性に会った本を読むことになり、逆に読みたくないものは読まないで済んでしまえるということで、いやでも出会って読んでしまうという幼少時の読書体験は、本質的に贅沢なものだったなあと述べる。国語の教科書が重いだけで憂鬱で仕方なかった自分との根本的・決定的な差異。思わずため息・・・

    「自分の人生の局面を左右する出来事や決心の多くは、いつでもきっと自分の想像を少し超えたところからやってきて、まるで事故に遭うように出会ってしまい、巻き込まれてしまうものです。」

     人生は自分の望みどおりにならない。自分で選べていることは実は数少ない。神経科学の研究でも、「人間に自由意思はあるのか?」というのは一つの大きなテーマだ。
     作者は、数々の偶然性に支えられた人生を豊かに生きるには、「自分の知らない何かに出会うこと、自分の意識からの束の間の自由を味わってみること」が大事だという。

     僕は、感受性が鋭い人は本質的に傷つくことも多いんじゃないかと思うのだが、川上さんの本を読んでいると、傷つくことを恐れていてはいかんのだと思わされる。素直で力強い。関西の女ゆえ?
     そして、彼女がもう一つ大事にしていると思われる「自分と対象とのかけがえのない「一回性」の共有」ということ。その一回性のなかで生まれる感情や情景をことばにすること、に真摯に向き合っていると感じる。それは、彼女の表現方法が小説にとどまらず、詩や音楽まで多岐にわたることとも無関係ではあるまい。

     傷つくことを恐れずに言葉にする勇気を持とう。

  • 未映子氏のおしろぺろんをわたしは飛行機の中で読んだのだけどどうにも我慢できなく笑ってしまってその時離陸した。
    テーマごとに分かれて合って、年代は前後していると思う。そのせいか文体も少しずつ変化があっておもしろい。
    わたしは書きなれてきた感のあるまさにエッセイ風味の文章が好き。(旅行のあたりとか?)
    しょうじき、この人は生きていてしんどいだろうなあと思うような感受性というよりはもうイタコっぽいところがあると思われる。
    わたしも色々としんどいことこの上なしだけど、この人よりはましだと思える。あ、心が軽い。
    誰にも傷つけられているわけでなし、攻撃もなく自分から勝手にグシャグシャになってしまうこのしんどさ。
    もとい、ひとつの発見が。
    あまり好んでいなかった太宰治をまた読み進めはじめた。まず積読本にあった「ろまんドウラン」から手にとると、
    これまでみたことのない太宰がいて、これがみんなの言う太宰の面白さなのだろうと初めて体験した。
    今、読んでてとても面白い。笑ってしまう。未映子様ありがとう!

  • 「乳と卵」で芥川賞を受賞した川上未映子さんのエッセイ集。
    なるほど、この方はこんな文章を書くのね、と、俄然興味のわいた一冊となりました。
    豊かな表現力と、丁寧に一つ一つを確認していくかのような思考の仕方、とても、よかったです。好みです。

    その人を知るという行為はすなわち、その人の考え方を知るということにほぼ等しいと私は思っていて、そういう意味でもかなり作者について知ることができた、いい読書体験でした。

  • ただの日常も、川上未映子の目を通り、文章になると違ったものになるのが楽しい。語り口調であったり、詩であったり、独特の文章がいい。好きな一文があったりして手元に置きたい一冊。

  • 表紙の女の子が微妙に怖いけど、中身は女の子らしい感じ。

  • 独特な語り口で普遍的な感情や違和感を綴っているエッセイ。受賞の言葉群が抜群にかっこいい。「自分は変わってます」感をそんなに出してないのにきらきらと光って見える中毒性の高い文章だ。

  •  彼女のエッセイを読むのは「オモロマンティック・ボム!」に次いで二冊目。
     読んでいると、ときおり「とりとめがあるような……ないような」という不思議な感覚に襲われる。
     文章は小気味よく、「オモロマンティック・ボム!」を読んだ時にも感じた可愛らしさを、今回も感じることが出来た。
     彼女の「言葉」に対峙する時の感覚に、変に共感を覚えたりする。
     物凄く面白い、という訳ではないが、暇つぶしに手に取る、といった安っぽさはない。

  • 2017 10/28

  • 17/08/10 (60)
    8月で60冊目。あと40冊。のこのこがんばろー
    川上未映子氏のエッセイ。これで何冊目になるんだっけな。あいかわらず言葉のチョイス、感性にとことん痺れます。ずっとずっとこの人のエッセイは追いかけ続けたい。
    桜にそわそわぞわぞわしてしまうとことか、夜空に勇気をもらうとことか、なんだかすごく共感してしまって。

    P141
    頭のなかにある記憶はそれがどんなに素晴らしくても、誰にも見せることができないのだな。

  • テンポが良くて、飾らないありのままで、面白い文章だった。

全62件中 1 - 10件を表示

川上未映子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
伊坂 幸太郎
湊 かなえ
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

世界クッキー (文春文庫)に関連する談話室の質問

世界クッキー (文春文庫)に関連するサイト

世界クッキー (文春文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

世界クッキー (文春文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

世界クッキー (文春文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

世界クッキー (文春文庫)の作品紹介

体、言葉、季節、旅、本、日常など、あれこれ。「乳と卵」「ヘヴン」の川上未映子が放つ、魅惑のエッセイ集。

世界クッキー (文春文庫)の単行本

世界クッキー (文春文庫)のKindle版

ツイートする