キャプテン・アメリカはなぜ死んだか (文春文庫)

  • 285人登録
  • 3.82評価
    • (22)
    • (45)
    • (30)
    • (2)
    • (2)
  • 32レビュー
著者 : 町山智浩
  • 文藝春秋 (2011年12月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (464ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167801632

キャプテン・アメリカはなぜ死んだか (文春文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 新書文庫

  • 面白い。短い話で構成されていて読みやすいし。解説の方も狂信者って感じじゃなくて好感が持てる。樋口毅宏さんね小説読もうかな。ただこういうやつは信頼できねーのよな。別に町山智浩の人格とか経歴とか考えたら実際住んでるわけでもあるし、全部ほんとの話なんだろうけど、自分から遠い場所の話であればあるほど猜疑心が増してしまうのは許してもらいたい。嘘だろって思うような話ばかりだしね。

  • 面白い。アメリカ人のアホさと奥深さが政治・経済・カルチャー全ての側面から読みやすいエッセイとして描かれている。

  • 『USAカニバケツ』続編

  • このコラム、タイムリーに読みたい

  • こんなアメリカや、あんなアメリカといったアメリカン・コラム集。驚くばかりに多様な今のアメリカの姿が活写されている。これを読むと、アメリカ人というのは変な存在に見えるが、アメリカ人がこんな風に相対化されているように、実は日本人もまた変なのだということがよくわかる。

  • 189番乗り。文教堂書店ユアエルム青戸店にて発見。気になる。これも文春文庫のノンフィクションフェア。2年前の本の2刷。これもブックオフオンラインでいいかな。(2013/4/6)

  • 面白い。この人の、もっと長い文章も読みたいなー。

  • タイトルに惹かれて中身も見ずに買った。
    読んでみると日本にいては知ることができないようなアメリカの実態をばっさり斬っていく町山の口調に引き込まれる。
    文字通り寝る間も惜しんで一気に読んだ。またこのようなコラムを文庫本にまとめて欲しい。

  • 問答無用。オモロ過ぎ

全32件中 1 - 10件を表示

町山智浩の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ピエール ルメー...
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

キャプテン・アメリカはなぜ死んだか (文春文庫)はこんな本です

キャプテン・アメリカはなぜ死んだか (文春文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

キャプテン・アメリカはなぜ死んだか (文春文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

キャプテン・アメリカはなぜ死んだか (文春文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

キャプテン・アメリカはなぜ死んだか (文春文庫)の作品紹介

エキセントリックなセレブや奇人が絶えることなく出現し、コミックのヒーローの死にすら政治状況が反映され、宗教が科学をも否定する…。そんな「新聞やテレビが報道しない」おかしなアメリカの実像がここに!広すぎ、深すぎ、奇妙すぎるこの超大国を、映画、TV、政治経済、音楽など様々な面から切り取った刺激的コラム集。

ツイートする