茗荷谷の猫 (文春文庫)

  • 358人登録
  • 3.74評価
    • (28)
    • (60)
    • (33)
    • (12)
    • (2)
  • 70レビュー
著者 : 木内昇
  • 文藝春秋 (2011年9月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167820015

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
宮部 みゆき
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

茗荷谷の猫 (文春文庫)の感想・レビュー・書評

  • 江戸時代から昭和にかけて、地名で言えば現在の文京区台東区豊島区当たりの市井の人々を書いた連作短編。それぞれの短編には地名が振られている。

    それぞれの短編の主人公たちは”何か”を見つけている。

     武士の身分を捨て新たな桜の品種の掛け合わせに没頭する植木職人と妻とのすれ違い/「染井の桜」

     気鬱の人を幸せな気分にする黒焼きの研究のために隠遁する男/「黒焼道話」

     夫との死別の後、自分も絵も変わった女性と彼女の家に住みついた猫の家族とそして別の何か/「茗荷谷の猫」

     東京に出てきたばかりの男が関わることになった奇人の作家/「中之町の大入道」

     人と関わりたくないということに全神経を使い、断ることさえ面倒臭がるためにどんどん苦境に陥る男/「隠れる」

     浪曲への道を諦めた映画館支配人と、映画監督への夢への輝きに満ちた青年と、戦争/「庄助さん」

     戦争を生き延びたが、家族を失い闇市で生きる男たちの話/「ぽけっとの、深く」

     上京した娘が、憧れだった母との再会で生じた違和感/「てのひら」

     憧れの家での生活を夢想する男の日常/「スペインタイルの家」

    登場人物たちは直接の知り合いではないが、前の話の人物が次の話で「その後」が語られたり、人はそれぞれの人生を生きていると感じさせられる。

    しかしどうもすっきりしないところもある。
    こういう「登場人物は知らないけれど、読者(または視聴者)には示される真実」の書き方にしては、すべてが明らかになるわけでなく、謎のままだったり想像のしようも無かったりというところも。
    さらにどうもすっきりしないのは、登場人物たちが悩みや孤独がコミュニケーションの薄さのせいで起こっていることか。
    きっと分かっているだろうと思って言わない、言っても分からないだろうと言わない、こういうことを言ったら嫌がるだろうと言わない、察してほしいから言わない…これで結局孤独に陥り、読者にだけ心が示されてもちょっとすっきりしない。

  • どうでも良い、負け組負け犬の米粒のような市井の人のお話です。ビジネス本的な。成功成果主義な物差しでは。
    これを読んだからと言って、成功には一歩も近づかないし、具体に役に立つこともありません。
    努力に向けて拍車がかかる訳でもありません。
    大変に素晴らしい小説でした。僕は大好きです。

    実はこれも<ゆるい読書会>の課題図書。
    僕自身は全く予備知識なしの、ノーマーク。
    恐れ入りました。脱帽、圧巻ですね。こんな素敵な小説があるのを知らなかったななんて。
    というか、こんな素敵な小説と、同時代の小説家さんを発見できたのが、嬉しいですね。
    (って…もう十分にメジャーな作家さんなんですが。たまたま僕がここまで食わず嫌いで)

    なんとも説明の難しい、連作短編小説。
    共通点は、「東京が舞台」ということと、それぞれの短編が微妙に時代をずらしながら、微妙に登場人物がカブっていく、ということですね。
    そしてあとは、有名人も出てきますが(内田百閒さんとか)、基本は無名な市井の人が主人公。
    誰も、そんなに栄光ある人生を歩みません。
    時代に翻弄されたり、不幸になったり。儚い夢を追ったり、淡々と暮らしているだけです。
    そんな中に貫きとおる、ため息みたいな哀感というか。
    もののあはれと言いますか。
    不幸やちょっとした偶然や皮肉、敗北の味や叶わなかった夢や希望の香り。
    それがふっと。花の匂いに感じる縁側の夕暮れ時。みたいな小説ですね。我ながら、伝わらなさそうですね。ごめんなさい。

    備忘録。
    ①染井の桜
     江戸時代。桜の配合に全てを掛けた、植木職人。妻に見捨てられ、色々なものを失いながら、無名を貫いて、染井吉野を作った。傑作。

    ②黒焼道話
     いもりなどを、焼いて、粉にして売る。黒焼きに魅せられて、黒焼きの開発に全てを掛けて、そして報われずに終わる男のオハナシ。
     これまた、異様な迫力と切なさで美しい一篇。

    ③茗荷谷の猫
     左程売れない絵描きの女性。未亡人。なんだけど…実は夫は事故で死亡したのではなくて蒸発なのか?
     通ってくる画商の人物造形が素敵。一言もそういうことが書かれていないのだけど、恋心が香る心地よさ。大人だなあ…。

    ④中之道の大入道
     暢気な一篇。
     田舎から出てきた旋盤工見習いの若い男性が、大家に頼まれて内田百閒のところに借金の催促に行く。本など読まぬ職人と百閒先生の交流。
     作者の、近代日本文学への、沁みついたような愛情を感じて微笑ましいです。

    ⑤隠れる
     これも、凄味がありつつ暢気で壮絶な、名編だと思います。
     乱歩ばかり読みふける、高等遊民?…うーん、中等遊民かな…遺産で暮らす暢気な中年男性。
     これが、世間と外れて生きていきたいのに、偶然皮肉で近所の社会で「良い人」として思われて、構われてしまう。
     そのうざさ。
     そして、不可解不条理怪奇小説のような超絶なラスト(笑)。これ、上手く言えないけど素敵。「理研」の奥さんとの駆け落ち。

    ⑥庄助さん
     このあたりから、時代設定とともに、痛み、切れ味が増してきますね。
     十五年戦争直前の世相。どうやら③で蒸発した旦那が、今は映画館の館主。
     通い詰める奇妙で暢気な青年、映画監督希望の「庄助さん」との交流。そして、赤紙…。

    ⑦ぽけっとの、奥深く
     メロドラマ要素で言うと、最も高い1篇。
     「火垂るの墓」の世界、戦後焼け跡闇市。戦災孤児、復員兵。
     貧しいホームレスの、今で言えば南米やアフリカのストリートチルドレンの世界。
     それぞれに当たり前に喪失体験の末にひねくれた少年たちの交流と、孤独と、ほのかな助け合い。泣けますね。

    ⑧てのひら
     戦後、30年代か。
     東京の娘、田舎の母。「東京物語」風... 続きを読む

  • ◆人びとはなにを考え、どのように生きたのか。この一冊を一言で表すとしたら、人が生きる物語としかいえないのかもしれない。

    ◆舞台は幕末から戦後の東京まで。各作品は時間の流れに沿いながらわずかにつながっている。その物語を全て味わったとき、時の流れが残すものや消し去ってしまうもの、そして、時の流れが浮かび上がらせるものがあるのだと気がつき、なんともいえない感動を覚えた。

    ◆この本に描かれているのは、運命や宿命といった自らの外にある強大な力と立ち向かい、自分自身の存在理由を求めながら生きた人びとなのではないか。無為のままに暮らしていた人が、はじめてなにかに惹かれ、あるいは畏怖し、懸命にそれと向かい合う。そして懸命にあがき、ときには挫折する。◆人生には、自分で選択できる部分以上に、どうしようもない部分のほうが多いように思う。人生を長く歩んできた人間は、自分はどうしようもない旅路を経てきてしまったのだ、という感覚にときおり陥るのではないか。そこに自分の人生に対する後悔があるわけではない。なぜなら、人生の道のりは必ずしも自分の意志で選択するわけではなく、生きるための成り行きでそうなったという部分が多分にあるからだ。だからこそ、本作の俊男のように「自分の人生には、別の可能性があったのではないか」と思い描いてしまうものなのかもしれない。

    ◆この本には著者からの問いかけというか、読んでいておやっと引っかかるところがたくさんあった。各作品の人物が自然を畏怖する(桜を”めっける”)点で共通していることもあれば、猫を嫌う点で共通していることもある。結局のところ、茗荷谷の猫とはなんだったのだろう。猫の住処に潜んでいた黒い物体はなんだったのだろう。各物語それ自体は、後味の悪い疑問が残るような終わりではない。けれど、読み終わっても「この文章から、まだ自分は何かを引き出せていないのではないか」と疑わざるを得ない。そんなところも、本書が「小説らしい小説」と呼ばれる”ゆえん”なのかもしれない。これはすごい本だと思った。じっくり読みたい一冊。

  • 幕末から戦後まで東京を舞台にした連作短編集。植物だったり、一軒家だったり人が馴染んでいたモノが繋がっていくのが新鮮。話の中に時折文豪たちがひょいと顔を出す。作者がいかにたくさんの書物に触れて親しんできたのかがよく分かる。『仲之町の大入道』と『隠れる』は滑稽、『庄助さん』と『てのひら』は切なくて切なくて。舞台となった東京の町、いつか訪れよう。その町の曲がり角のその先に木内さんが描いたあの人やあの家がある気がするから。幻想と現実の曖昧さをぼかし融合させる、そんな力を備えている木内さんにわたしはぞっこんです。

  • 名もない市井の人々の物語。時代が流れても、人々の営みは続くが、その名を後世に留める者も、そうでない者もある。
    いくつかの舞台になる家にしても、家は家として在り続けるだけで、それらの歴史が住まい手に受け継がれることはない。
    ご一新の代から震災、戦争を経て高度成長期まで、変わり続ける東京の片隅で生きた、庶民の暮らしは、では取るに足らないものだろうか。ひとりの人生は、時代の中ではかなく消えゆくように思えても、ひとの強いおもいは消えずに、受け継がれていく。連作の中のなかのささやかな繋がりが、それを示唆してくれるように思える。
    あっというまにその時代にタイムスリップさせられる手腕は見事で、相変わらず心地よい。

  • 連作短編集。想像以上だった!木内さんの「人」の捉え方に惹かれる。独特の余韻。人生は儚い、無常なんだなと改めて。

  • 雰囲気のあるお話で、楽しめました。
    『漂砂のうたう』のほうが、好きかな。

  • 題名に惹かれて読む。
    大学卒業後、10年ぐらい茗荷谷の4畳半1間のアパートで1人暮らしをしていたので。

    不思議な小説だなあ。

  • ・人に薦められて、そのときたまたま読む本もなかったので読んでみた。猫ものかなと思っていたがそれは良い意味で裏切られた。この本で木内昇が好きになり、他の色々も読めたので、出会えて良かった一冊。
    ・江戸~昭和の東京を舞台にした、ゆるーくつながる連作短編。繋がりかたの「露骨でなさ」が、人の世ってこういうものだよなあと思えて良い。特に1.染井吉野の登場のしかたが好き。作り手の望んだ通りにこの桜は東京に浸透していったんだな、と。
    ・2.黒焼道話、これけっこう強烈で好き。この主人公が4.では「東京で成功した」と誤解されてるところがまた切ない。
    ・3.表題作だけど、私はあまりぐっと来ず。
    ・4.田舎から東京に出てきて旋盤工としてせっせと働いて生きていくつもりだった青年が、文学に出会ってしまい、逃走。面白い。
    ・5.人と関わりたくなくて、嫌なやつになって悪評たってほしいと思い人の嫌がることをしているのに、なぜか裏目に出て(?)感謝されたり好意を持たれたりしてしまう青年の話。これ、同じ筋書きでも、作家さんによっては、漫画っぽいタッチで面白おかしくはあるけどただそれだけ、みたいなつまらない作品になりそうなところを、こうも品良く書けるとは。すごい。
    ・戦中、戦後の6.と7.は哀しい。
    ・8.美しかった、憧れだった母の老いを受け入れがたい娘の話。親の老いって、親が生きているなら、自分が年をとっていくなかで必ず経験することなのに、そうなるまで全然想像していなかったことだなーと思う。
    ・9.3.に出てきた男性の家の話でこの作品しめくくり。きれい。
    (2015/3/8記。数年前に読んだものを再読。)

  • 美しい文章が近代小説風の書きぶりの中から香り立ちます。読み進めると、連作のように話がつながり驚きました。ここに出てくるのは名もない市井の人々ですが、その来し方は地層のようにその土地に積み重なっていくのですね。一編一編の完成度が高く、珠玉のような名作です。作家が表現者であることに改めて気づかされる、小説らしい小説に出会えました。

  • 幕末から昭和までのいろんな人の人生を描いた短編集。
    どの話も実は繋がっているので連作短編とも言えるのかなぁ?

    全体的に切なくて懐かしい空気が漂っているように思いました。
    何かに取り憑かれた人ばかりで、最後は何も変わらないまま終わったり、悲しい終わり方だったりなのでハッピーエンドや幸せな気分を求めてる方には向かないかも。
    どれもが心に刺さって辛いんだけど、最後まで読ませる力がやはり凄いなぁと。

    『庄助さん』と『てのひら』が特に好き。
    前者は庄助さんの無邪気なひた向きさが、戦争なんていう残酷でくだらないものの前にあっけなく壊されてしまう様がとても辛くて悔しかった。
    後者は誰しもが年老いた親をみたときに少なくとも感じることだと思う。
    昔の幸せな記憶と今とのギャップに向かい合えなくて駄々をこねてしまう人は結構いるはず。
    すべての描写が胸をしめつけてこれが一番読んでて辛かった。
    それでも読んでよかったと思ってしまうところが作者のすごいとこだと思う。

  • 私は「庄助さん」「手のひら」が特に。
    一編一編が味わい深い。短編集だけど、読み進めるうちにそれぞれが緩やかにリンクしていき、最後まで読んで(想像の余地も残しつつ)全体がわかるおはなし。

  • 江戸末から昭和にかけ生きてきた、市井の人々に焦点をあてていく短編集。
    歴史上語られる存在でなくとも、確かに「在った」彼ら。その連綿が今に至る、という当然なことが極めてすごいことに思える。

  • 『猫』に惹かれて手に取った一冊。
    猫がメインでは全くなく、肩透かしではあったが、連作の意図が段々わかるにつれ、この本の面白さに引き込まれた。『庄助さん』にはホロッときた。
    最近は意識して新しい作家を読んでいるが、こういう出会いがあるのだから、未知に飛び込むのも悪くない。
    でも、次は内田百ケン(門がまえに月)に行こう、猫繋がりで。

  • 短編連作。深く絡むのではなく、それぞれの人物がそこで生きていた些細な証が見える作り。静かだが、物語が進むごとじわじわ面白い。

  •  この作家、いいなあと手ごたえを
    感じる作品だった。

     安易な結末は
    用意されてはいないが、でも、すべてが
    絶望ということではなく、何かかすかな
    期待を感じさせるようでもある。
     ニュアンス、気配のとらえ方が
    私の好みなのかと思う。ほかの作品も
    全部読んでみたい。

  • 今年1月の中学受験の国語の問題で使用されたと聞き、読んでみた。
    大人の私でも、文体と時代設定慣れるのに少々時間がかかったので、小学生には難しい内容だと思った。
    しかし、内容はおもしろい。久しぶりに、早く先が読みたい、と思える小説に出会えた。木内昇さんの小説は初めて読んだので、別の本も読んでみたい。

  • 不思議な話だった。

  • 読んでいる最中は「期待しすぎたかな」という感じ。
    読み終えて少し経ってから、また開きたくなる。
    淡い無常観?

  • 東京のとある一角を舞台に江戸から昭和にかけてそれぞれの時代に生きた人達を描いた短編集。まったく別の話だけど前の登場人物がちらりと顔を出したりしていて面白い。時代が変わっていく様も面白い。
    ほんわかした染井吉野の話かと思えば黒焼きを生み出そうとしたり。かなり個性的な話だけどなんだか不思議とまとまっている。
    なんか素敵。それが読み終えた今の率直な感想。そこはかとなく嬉しさが湧いてくる感じ。
    いつかこの辺りを歩く時がきたとしたら、どの時代のお話を思い出すのだろう。万人の幸せを願う者に想いを馳せるのか 駆け落ちしたとされている男をきのどくに想いつつも小さく笑ってしまうのか。はたまた内田百閒か。浪曲の道を諦めのちに映画館の館主となった男は必須だろう。
    桜が綺麗な頃だといいな。

  • 蔦屋書店でぽっと見で購入したのだけれど、最初は江戸?口上に、うわ、私の苦手な時代物か…?なんて思い、しかもあっさり、殊に言っては無味乾燥な文体に、期待外れを覚悟していたのだか、一話目の終盤辺りで既に物語に前のめりな姿勢で向き合うことになった。
    木内さんの凄いところは、人間の感情を一言で表現しないところだ。故に、悲しくても、悲しい、という言葉は出てこない。嬉しくても、嬉しい!と言葉にしない。直接的な表現が出ないから、淡白に捉えられる文章。それなのに、直接的な表現よりも、ずっと物語の人間達の感情が、自分の体に染み込んでくる。
    とてもいい本だった。

  • 連作短編小説。話しが続いているわけではないけれど、前の話しに出ていた人の消息がふっと知れたり、他の話しに出てきた人が何気なく出てきたりして楽しい。

  • 読み始め…12.9.23
    読み終わり…12.10.16

    「茗荷谷」って、、いったいどこにある谷 ? ふとどこか奥深い山に囲まれた麓にあるのではないかと想像してしまいますが、「茗荷谷」は江戸東京文京区の一角。その昔、茗荷畑が多かったことからついた名前といういわれがあるそうです。

    更にもう少し調べてみると現在でも「茗荷谷駅」という地下鉄丸ノ内線の駅は存在しているものの、その周辺に「茗荷谷」と呼ばれる町はすでになく今では文京区小日向とその名を変えているとのことでした。

    そしてそしてもう一つ..。この本を読み終えて間もなくの頃、とあるデパートの展示会場でジオラマで作られた東京都文京区の下町風景を偶然目にする機会があり、このお話の街の風景はこんなふうだったのか..と 立体的な形で思い巡らすことができました。

    ストーリーは茗荷谷の街のほんの一角を舞台に、幕末から昭和にかけての移ろう人々の暮らしぶりが描かれています。ある一軒の古い住まいに時代とともに入れ変わる
    人々の暮らしととその繋がり。味わい深いです。

  • 江戸から明治へ、少しづつ時代と場所と人物が移り変わっていく連作短編集。
    市井の人たちの日常が深く穏やかに切り取られている。

    出てくる地名に馴染みがある、というだけで手に取った話だけど思ったよりも良かった。
    あの辺の播磨坂の桜とか小石川の坂道とか、土地勘がある人はタイムスリップした気分になれるのでおすすめ。

全70件中 1 - 25件を表示

茗荷谷の猫 (文春文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

茗荷谷の猫 (文春文庫)の作品紹介

茗荷谷の一軒家で絵を描きあぐねる文枝。庭の物置には猫の親子が棲みついた。摩訶不思議な表題作はじめ、染井吉野を造った植木職人の悲話「染井の桜」、世にも稀なる効能を持つ黒焼を生み出さんとする若者の呻吟「黒焼道話」など、幕末から昭和にかけ、各々の生を燃焼させた名もなき人々の痕跡を掬う名篇9作。

茗荷谷の猫 (文春文庫)の単行本(ソフトカバー)

ツイートする