鬼彦組―八丁堀吟味帳 (文春文庫)

  • 29人登録
  • 2.83評価
    • (0)
    • (2)
    • (6)
    • (4)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 鳥羽亮
  • 文藝春秋 (2012年3月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (299ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167829018

鬼彦組―八丁堀吟味帳 (文春文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  私としては、結構おもしろいな、て思って読んだんですが、意外と評価が低い…。
     他のかたのレビューを読んで、言われてみればそうだな、て思ったのは、主人公たる新十郎さんがそれほど活躍していないというか…、倉田さんの活躍がパネェな、ていうか。

     それにしても、時代小説でも、しゃばけとか町人がメインの読んだ後に読むと、まったり感がさらさらないですね。

  • 2017.2.10.

  • 鳥羽先生の新シリーズです
    同心に悪につながるやつがいる・・・

  • 第一弾
    同心・与力が独立して事に当たるのでなくグループを組み合理的に事件を解決していく。
    話としてはいいか
    悪に組する奉行所内部と背後に潜む悪と戦う

  • 読み物として設定・登場人物・展開も面白いが・・・!続編も買ってしまった。まだ未読。

  • L 八丁堀吟味帳鬼彦組1

    鳥羽さん、例に洩れず滅多斬り(笑)28歳の敏腕与力という設定に少々無理があるのでは。父ちゃん隠居で健在だし。探索は同心たちがやるので当の新十郎はイイトコ取りのみ。逆に倉田が主役でもいいんじゃないの?吟味方与力の新十郎に彦坂組とやらを率いるほどの理由が見つからず。
    銀次に見るような力の抜きどころもほぼなし。新十郎と母親とのやり取りは中途半端過ぎ。人間味の面白いところがないんですケド。そういう事件がありましたマルって感じでしょうか…。

  • 書き疲れですか。

全7件中 1 - 7件を表示

鳥羽亮の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

鬼彦組―八丁堀吟味帳 (文春文庫)はこんな本です

鬼彦組―八丁堀吟味帳 (文春文庫)のKindle版

ツイートする