三匹のおっさん (文春文庫)

  • 12411人登録
  • 4.16評価
    • (1702)
    • (1937)
    • (757)
    • (88)
    • (18)
  • 1416レビュー
著者 : 有川浩
  • 文藝春秋 (2012年3月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (448ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167831011

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

三匹のおっさん (文春文庫)の感想・レビュー・書評

  • とても面白い本です。
    3人のおじさんたちが少し切ないところもありますが、楽しくすかっと事件を解決していってくれます。
    ところどころ孫や娘の恋愛話もあって、有川さんらしい作品だなと思いました。

  • まさに自分が欲しかった本。
    三匹のおっさんが悪人を退治するところ、しかもそれをできるだけ隠していること(匿名で)がかっこいいですね。
    こんなにスッキリする本、初めてかもしれません。

  • 痛快。
    いいなあいいなあ、こんな素敵なおっさんに囲まれたみたい!

    ゆうきと早苗の変化も微笑ましかった。

    あーおもしろかった。

  • 60歳はまだ若い!バイタリティに溢れてる!
    そんな「おっさん」達のドタバタ…かと思ったら、裏テーマは孫と娘とおっさん達に刺激されて変わる家族、なのかもしれないと思ったのでした。

  • あるときぐっと引き込まれる引力みたいなのが、ある、有川さんの本には。
    いつも、いきいきと活きるキャラクターが、頭にうかんでくる。
    さあもう、そうやって気づいたら、好きになっている。

  • 【 #三匹のおっさん 読了】
    遂にキタ!!これは面白い!!
    こんな書き方したら有川浩ファンに怒られるかも知れないけど、
    これはもう『池袋ウエストゲートパーク』ですよ!!
    オッサン版のね。笑。
    .
    子供の頃は『三匹の悪ガキ』と呼ばれていた、キヨ、シゲ、ノリ。
    彼らも歳をとり『定年を迎える年齢』になってしまった。
    しかし、まだまだ気持ちは若いままである。
    「このままオジイサンになる気はない。もう少しオッサンのまま先延ばしするんだ。」
    という決意の元、
    地元の治安を守る私設自警団『三匹のおっさん』を結成。
    (実状は暇潰し。笑。)
    剣道師範のキヨ、柔道の達人シゲ、
    腕っぷしは無いが作戦参謀であり超強力に改造したスタンガンを巧みに使いこなすノリ。
    彼らは今夜も居酒屋で飲んだ後、町内をパトロールするのであった、、、。
    続編があるらしいので、早速探しに行かねば♪
    .
    #有川浩
    #池袋ウエストゲートパーク っぽい小説

  • とにかく還暦を迎えたおっさん三人が超絶カッコいい! こんな人たちが近所にいたら毎日気持ちいい朝を迎えられそう!と思わせるような人生の先輩である。 相手を諫める時の台詞とか本当にカッコいい。感情に任せて怒るのでもなく、ただ単に叱り飛ばすでもない。落ち着いて諭すように注意するんだから、その時の台詞が小気味良くて仕方ない。読んでいて身につまされる注意もたくさん。

  • 一緒の墓ァ入ろうな、登美子
    が格好良すぎた

  • 還暦を迎えたおっさんたちが、次々と現れる事件を解決、そして町の平和を守る!思春期を迎えた孫息子と、へっぽこ息子夫婦と、熟年夫婦、、家族関係も3匹のおっさんが集まれば、いつの間にかわだかまりも薄れてた。

    楽しかった!こんなおっさんたちがこの街にもいたら良いのにって思う。まだいるかな?

  • ドラマ化されていた事で知った作品
    泉谷しげるが出ていたかな
    全く見ていないので誰役だったのか知らないですが

    読んでみての感想
    一言で面白いですね
    イメージ通りではあったのですが、いわゆる3バカトリオみたいなヤツの「おっさん」版ですな
    イヤ、バカでは無いのですがね

    「3匹」の1人が定年退職して嘱託職員になった事から話が始まる
    あとの2人は自分で飲み屋やったり工場やったりという3匹
    時間が自由になる事から自警団みたいな事をやろうと

    ・1話
    清さんが会社を定年退職して、その会社の系列の経理担当嘱託職員になるところから始まる
    清さんは二世帯住宅、息子夫婦との軋轢みたいなところも描かれつつ、生意気な孫息子も
    清さんは剣道の有段者

    嘱託社員になったのはアミューズメントパーク(ゲーセンやらボーリングやらがある施設、ROUND1的な感じか)だったが、孫息子もそこでバイトしていた

    経理部分の管理が無茶苦茶で苦労しているが、その理由として店長が悪い奴らと結託して金を盗んでいたと
    それを解決するのが3匹の最初のストーリー
    その中で孫息子との絆も深まっていく

    ・2話
    町内で痴漢が出ているという噂を聞いて3匹が動き出す
    このストーリーでは則さんの高校生の娘さん早苗ちゃんが主役
    かなり可愛いキャラとして描かれているが、痴漢というか婦女暴行未遂というレベルで被害を受ける
    そこに3匹が来て助けられたのだが、清さんの孫息子祐希もそこに絡みつつ、早苗ちゃんとのラブストーリーの始まり
    則さんは頭脳派

    ・3話
    重さんの家庭がメインで描かれつつ、祐希と早苗ちゃんの恋愛関係も進んでいくストーリー

    重さんの奥さんが男性に声をかけられるところからストーリーが展開
    いわばナンパのようなものなのだが、ミスター雑な男のような重さんの奥さんとしてやってきた事からすると丁寧な扱われ方にキュンとしてしまう

    結論、その男性は詐欺師であり、奥さんが騙される前に3匹の活躍で奥さんは騙されずに済んだと
    奥さんは詐欺師の待つ場所に向かってしまうのだが、そこに来るのは旦那さんである重さん
    重さんは自分を捨てて詐欺師に行った奥さんを許すというストーリー
    このストーリーの終わり方はイメージ違っていたかな

    ・4話
    清さんに剣道を習っていた子供が清さんに助けを求めてくる
    中学校の飼育係なのだが、飼っていたカモにイタズラするヤツがいると

    結論、学校内の人間の犯行であったと
    祐希と早苗ちゃんの関係もかなり進んできているのは次の5話目へ向けてかな

    ・5話
    祐希と早苗ちゃんがデートしているところに早苗ちゃんの友達潤ちゃんが来た
    潤ちゃんは早苗ちゃんに「祐希を紹介してくれ」と

    祐希とは恋人ではないが、ただの友達ではないという、いわゆる友達以上恋人未満
    男女関係としては一番面白い時期なのだが、そこに潤ちゃん現る、早苗ちゃん困ると

    でも、早苗ちゃんはそこで断れない
    祐希も早苗ちゃんから別の娘を紹介されてショック
    早苗ちゃんも早苗ちゃんで全く元気なくなる

    結局、潤ちゃんが悪い男に狙われて、そこを3匹が助ける
    潤ちゃんも「引っ越すんだ」という流れで元サヤ

    ・6話
    お年寄りを騙す詐欺商法がフィーチャーされたストーリー
    町の一角に明らかにお年寄りを騙す事を目的としたような店ができる
    そこからお年寄りを助けようとするのだが、お年寄りはお年寄りで話し相手になってくれるお店の人に感謝すらしている

    3匹は60過ぎくらい
    現代ではまだ「お年寄り」とも言えないくらいなので、一人になってしまったお年寄りが寂しい思いをしている事がまだわからなかったりするのだ

    祐希と早苗ちゃんがキスす... 続きを読む

  • 『三匹のおっさん3~正義の味方、みたび!!~』
    テレビ東京/毎週金曜放送
    2017年1月20日から

  • 肩肘張らず気軽に楽しく読めて、けれど文章は隙の無いこういう作品も書けてしまう、まったく有川さんという作家はなんと引き出しの多い作家だろう。
    ただ本作品の最終章、有川さんの「植物図鑑」の様なストーリーが入っているのはなぜなのだろう?

  • 剣道家と柔道家、そして機械を操る三人のおっさんたちが、街の平和を守る、というストーリー。ホロッと深いところもあり、また、現代の社会的背景も伺えて考えさせられる部分もあり、読んでいて夢中になる作品です!*図書館の所蔵状況はこちらから確認できます。
    http://opac.lib.kitami-it.ac.jp/webopac/catdbl.do?pkey=BB50096437&initFlg=_RESULT_SET_NOTBIB

  • 幼馴染みの3人のおっさんが世直しをするお話。どのお話も最後ほっこりする。祐希と早苗のお互いの思いに気付かずすれ違う感じがじれったかったが、あの2人のやり取りはどこか微笑ましいものがある。祐希と清一の関係も一つ一つの事件解決をしていくにつれて良好になっていきよかった。

  • 勧善懲悪の痛快活劇。面白かったです。
    三匹とその周りの人物をうまいこと絡ませながら事件が起こるので、三匹が最強ながらも目が離せない作りになっていました。
    最強といえど、おっさんたちが町内でできることは限られてて同じようなパターンの話なのでは?と思いましたがそんなことはなかったですね。
    個人的には祐希が活躍する一話、二話、五話がすきでした。
    三匹と聞いて、三匹が斬る!を思い出しました。すきだったなあ。
    続編も読んでみようと思います。

  • 読むと暖かな気分になる作家さんですね。続きも読みます。

  • 所在:紀三井寺館1F 請求記号:Browsing
    和医大OPAC→http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=86665

    3匹のおっさん、街の悪を斬る!
    有川浩の痛快爽快活劇小説!!

    「俺たちのことはジジイと呼ぶな。おっさんと呼べ」

    (※もう個人的に時代劇「三匹が斬る!」しか思い出せない…時代劇は下火になりましたが、「半沢直樹」なんて現代劇の皮をかぶった時代劇だとわたしは思う。スタッフN)

  • 勧善懲悪で分かりやすく読みやすい。
    痛快活劇とはコレ!みたいな

  • 表紙及び、軟弱という印象で買ってはいても手を出していなかった本書。やはり先入観はいけないなあと時間しました。元悪がきの未だ元気な還暦3人組。正義を果たすべく街を巡回し、困った人々を助け、悪をくじく。誠に漫画向きのお話で、読んでいてワクワクしました。水戸黄門を好きな自分と同じ部分が疼きました。
    完全懲悪ではあるのですが、孫の恋や愛情や友情、老いらくの恋なども含まれていて考えさせられる部分も有り、なかなか読ませますね。早いうちに続編読もうと思います。

  • 痛快!
    読みやすさもあるけど、こんなに面白いと思わなかった。
    気持ちがいいほどバッサリと事件(?)解決していくのは、読んでて本当に楽しかった。
    続編も読みたい。

  • ドラマでやってたよな、見てないけど..と思って手にしました。
    還暦を迎えた元悪がき3人組が自警団を結成してご近所トラブルを解決するようなお話。
    テンポが良くて読みやすい文章。3人のキャラクターも良い。マンガを読むようなノリで読めちゃう。出てくるトラブルは今の世の中にはびこる割と身近でかつ深刻な問題だったりするので、3匹がどう対応するのかが見ものだった。
    あと高校生の孫、ゆうきとの関係の変化が面白かった。高校生の淡い恋愛模様を絡めているのもまた良い。
    暇つぶし的かもしれないけど、なかなか面白い本でした。

全1416件中 1 - 25件を表示

三匹のおっさん (文春文庫)に関連する談話室の質問

三匹のおっさん (文春文庫)に関連するまとめ

三匹のおっさん (文春文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

三匹のおっさん (文春文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

三匹のおっさん (文春文庫)の作品紹介

還暦ぐらいでジジイの箱に蹴り込まれてたまるか、とかつての悪ガキ三人組が自警団を結成。剣道の達人・キヨ、柔道の達人・シゲ、機械いじりの達人の頭脳派・ノリ。ご近所に潜む悪を三匹が斬る!その活躍はやがてキヨの孫・祐希やノリの愛娘・早苗にも影響を与え…。痛快活劇シリーズ始動。

三匹のおっさん (文春文庫)の単行本

ツイートする