氷平線 (文春文庫)

  • 410人登録
  • 3.77評価
    • (32)
    • (70)
    • (49)
    • (7)
    • (2)
  • 53レビュー
著者 : 桜木紫乃
  • 文藝春秋 (2012年4月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (262ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167836016

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ピエール ルメー...
湊 かなえ
高野 和明
三浦 しをん
又吉 直樹
横山 秀夫
有効な右矢印 無効な右矢印

氷平線 (文春文庫)の感想・レビュー・書評

  • 評価は4。

    内容(BOOKデーターベース)
    真っ白に海が凍るオホーツク沿岸の町で、静かに再会した男と女の凄烈な愛を描いた表題作、酪農の地を継ぐ者たちの悲しみと希望を牧草匂う交歓の裏に映し出した、オール讀物新人賞受賞作「雪虫」ほか、珠玉の全六編を収録。北の大地に生きる人々の哀歓を圧倒的な迫力で描き出した、著者渾身のデビュー作品集。

    2014年に購入してそのままに成っていた本をやっと読了。
    6篇からなる短編集。それぞれの話は北の大地以外につながりもなく完全な読み切りである。
    愛にすがったり、気持ちを隠して好きな人を譲る等々様々な物語が有ったが、印象に残ったのは夏の稜線かな・・・意地悪な姑と駄目駄目な息子を置き去りにして潔く家を出る嫁の決意がアッパレで唯一スッキリした話だった。

  • 北海道を舞台に男女を赤裸々に描いた短編集。
    それは夫婦であったり、不倫相手であったり…形は様々。
    ただ、そこには気丈に生きる女性の姿がある。
    桜木さんの作品はデビューから官能的だったんだなぁー。

    2017.2.18

  • 「雪虫」田舎から出て夢破れて舞い戻り昔の女とズルズルと…
    「霧繭」和裁師と呉服問屋の顧客部長と。
    「夏の稜線」東京から嫁に来て女しか産めなかった末。
    「海に帰る」田舎の理容店を継ぐ圭介とキャバレーの女、絹子。
    [水の棺」田舎の歯科医師と僻地へと勤務を移す元カノ。
    「氷平線」田舎の漁村から東大へ行った男と売春婦。

    彼女の小説は、描写や背景。男と女の深い闇みたいなものが面白すぎる。

  • 霧繭が良い
    和裁で生計を立てる主人公の仕事の仕方が凛として、本人の意識しない美意識を、感じさせる。
    表題作の水平線は、悲しい。傷ついた母親は、気がつかずに息子の恋人を傷つけて、絶望させてしまっていた。どちらも主人公を守ろうとしていたのに。

  • 6つの短編からなる作品。
    5つめまでは可もなく不可もなく…という話だったけれど、最後の表題作には完全に心を持っていかれた。
    故郷を棄て、親を棄てて生きて来た主人公が、それでも故郷からは逃れられないでいるのが哀しい。
    果てしなく拡がる流氷原を目の当たりにしているかのような臨場感。読後は体温が下がった感じ。

  • ホテルローヤルのほうが色艶があって心に染みたけども、華やかささのないシックな作風はすごく好き。文章に初々しさを感じた。夏の稜線がお気に入り。

  • 北海道の凍てつく寒村を舞台とした、6編からなる短編集。

    作者の作品を漏れなく読もうと思い手に取ったのだが、デビュー作品集とは思えないほど、すでに独自のカラーが確立していて驚いた。
    逃げ場のないどんよりとした灰色の空と海を背景に、あきらめをまとった主人公たちが無表情に生きている。淡々と描かれる底なしの哀しさと、熱を帯びた生々しい息づかいとが交錯して、どの作品も人物像が立体的に浮かび上がる。見事だ。

  • 自分で自分の道を決める女性たち。明るい未来ばかりではないけれど、彼女たちならきっと後悔しないだろうと思う。
    うろたえ、取り残される男たちに比べたら、ずっと潔い。

    瀧井朝世さんの解説もよかった。

  • 桜木紫乃さんの初単行本である短編集。
    6つの短編全て舞台は北海道(主に釧路)で、一筋縄ではいかない男女の関係が描かれている。以前読んだ「誰もいない夜に咲く」とも通じる部分が多かった。
    前も思ったけれど風景の描写が素晴らしくて、それも北海道の雄大な景色とかではなく、寒々しい北国の港町だとか裏ぶれた田舎町の描写で、読みながら寂しいモノクロの町が目の前に浮かんでくるみたいだった。

    幸せ、とは呼べない男女であったり夫婦の関係。人は根本的には独りだからこそ、誰かと寄り添ったり縋ったりしたくなる。
    性描写もほぼ必ず出てくるけれど、そのシーンが何よりも一番寂しい。欲望というより、どうしようもなさを感じた。

    女性歯科医がだらだらと付き合い続けた院長との関係を精算して僻地の診療所で新しい生活を始める「水の棺」と、窮屈な田舎町を出て東京で出世したけれど地元で一度関係を持った売女のことを忘れられない男が主人公の表題作がとくに好きだった。両方寂しくて、寒々しくて。

    どこか鬱屈とした地方の町で生まれ育つと、そこから抜け出したい気持ちを多くの人が持つはずで、飛び出すのも留まるのも自由だからそこで道は分かれるけれど、外の世界に憧れながらも留まる理由を作ってそこに居続けるという矛盾した感情もあったりする。
    私自身地方の町で生まれ育ってるからすごく解る。外に出るか留まるかで、本当に大きな隔たりが生まれるから。
    そういう鬱屈としたものが全体に漂っている小説で、苦しいけれど共感出来た。

  • 凍える様なひんやりとした空気の様な短編集。
    北海道が舞台の小説なのだから当然だけど
    自分が行ったことないのに、北海道の冬の
    景色や温度を肌で感じる。

    どの話に出てくる人も、人生に行き詰まったり
    何かに縛られ逃れようとしていたりしているが特に
    男性が主人公の話でも、女性が主人公の様な気がする。
    最後には女性が判断を潔くきっぱり決めただ悲しいだけではない最後を迎える。
    そして、その最後は未来が幸福か不幸なのか
    読むものに考えさせる様な感じだ。

    生々しさとドライな感じうまく組み合わさっているから
    冬の空気を思い出すのかもしれない

  • 桜木紫乃さんのデビュー作である【雪虫】を含む第一作品集。
    【ホテルローヤル】で直木賞を受賞されるまで、桜木紫乃さんのことは全く知らなかった……
    この本が4冊目。
    男女のどうしよもなく切ない関係が胸に響く。
    桜木さんはインタビューで『知らない空は書けない』と言われているそう。
    その言葉が作品から伝わってくる。
    桜木さんの作品は舞台が北の大地だからなお読む人の胸に染みるのだと思う。
    他の作品も読んでみよう。

  • 相変わらず、桜木紫乃作品にハマっております。
    誰にでもある、闇みたいな暗さをサラリと重くなく、美しい北海道の景色と絡ませて、読み始めたら、どっぷり浸かります。
    胸がいっぱいになり、ちょっと悲しく…生きていくのは大変だなぁ。

    桜木紫乃作品はまるで、話の中に自分がいて、目の前でこの情景をみているような錯覚にとらわれる。

    当分は桜木紫乃作品にまだまだハマりそうです。

  • 寒々しい光景が目の前に広がるかのような表題作。圧倒された。その他の短編も秀逸である。

  • 短編集です。
    「霧繭」「水の棺」など秀作揃いで、特に表題作の氷平線」がイイ!
    いずれも北の大地が舞台ですが、物語の内容は閉塞感が漂ってます。
    言い換えれば、とても人間くさいです。
    淡々としているようで、心は愛や憎しみ、劣等感、希望...様々な感情を持っている。
    初読みの作家さんでしたが、好みです。

  • どの短編も、未来は明るいのかどうだかそれも本人次第という終わり方。そこに行き着くまでも北国の寒々しい背景を舞台に古い地域特有の閉塞感と妙な団結力のある社会。でも惹きつけられてしまうのは他人の不幸だからと済ませられないものがあるからだろうか。

  • 歯医者さんの話がよかった

  • 直木賞作家のデビュー作という先入観で読んだものの、作風はどちらかといえば芥川賞的かも。
    極端な田舎に住んだことがない自分には判断できませんが、もしある程度リアリテイがあるなら北海道の寒村暮らしは辛すぎますね。

  • 最近読んだ本の中で一番よかった。
    短編集だと知らず読んだ。
    今の私の年齢的なものも加味され考えさせられる深い内容だった。特に霧繭は何度も泣いた。

  • デビュー作を含む短編集。珍しく男を主人公にしてる作品があると思ったら、やはりメインは傍らにいる女だった。
    桜木紫乃の描く女に会いたい様な会いたく無いような。ろくなことにならないんだろうな。。。

    6編あるけどどれもいいです!
    掲載順に読むべし!

  • 表題作がとくに切ないな、友江さん。

    やり過ぎでない(そんなに強くはなれないよというような)
    身近にいそうな、やっと、でもちゃんと生きている
    女の人たちがいるところは素敵だと思う。

    でもちょっと早かったかも。

    あと、湖は見てみたくなった。

  • 男の弱さとの対照に、女性の強さをしたため描かれる各短編。背景の北の国の風情・風習に滲み浮かぶそれぞれのストーリーの濃さは"純"と呼んでもおかしくないでしょう♪。起の"雪虫"、結の"氷平線"…二作は突筆!。

  • 北海道の地方の荒んだ情景がたまらない。著者は子持ちの主婦というのもたまらない。

  • モノトーンなのに鮮やか。冷たいけれど生々しい。確かにそうだ。どの作品にも絶えず薄暗い雪雲がかかっている印象があるが、時折きりりとした原色が現れる。北国の透明な冷たさと、そこに生きる人々の体温を同時に感じさせる。ある種の諦念を持った芯の強い女性像と、流氷の上を歩くシーンが印象的。表題作『氷平線』と、新人賞受賞作の『雪虫』が特によかった。

全53件中 1 - 25件を表示

氷平線 (文春文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

氷平線 (文春文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

氷平線 (文春文庫)の単行本

氷平線 (文春文庫)のKindle版

ツイートする