そして生活はつづく (文春文庫)

  • 3082人登録
  • 4.06評価
    • (335)
    • (341)
    • (207)
    • (27)
    • (7)
  • 369レビュー
著者 : 星野源
  • 文藝春秋 (2013年1月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (204ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167838386

そして生活はつづく (文春文庫)の感想・レビュー・書評

  • 読みやすく面白かった。汚い話多いし包み隠してない感じが親近感。

  • 昨年、「逃げ恥」の恋ダンスで世間を賑わせた星野源さんのエッセイ。

    人は生きている限り、生活しなくてはいけない。
    良いことばかりじゃなく、嫌なことだってある。
    その、「嫌だなー、やらかしたなー」と思うことも、見方を変えて笑いのネタにできれば、毎日が楽しくなるんじゃないか?

    …というのが、テーマです。

    星野さんが体調を崩した時、看病に来たお母様の言葉に共感しました。
    「自分の生活を大事にしない人が、自分を大事になんてできない。だから、人生が上手く行かなくなるんだ」

    今、星野さんは体を大事にしながら、お仕事してるそうです。
    だから、今の活躍があるのかもですね。
    私も生活を大事にします。

  • 星野源さんのエッセイ
    くだらない生活。
    でもなんでこんなに面白いんだろう
    読んでいて何回も笑ってしまいました!
    そして、下ネタが多すぎる。
    下ネタ大好きなんだろうなぁ…(笑)



    「自分がなくなる」
    周りからの評価とか意見ばっかりを気にして不安になったり焦ったり。そういうことから一瞬でも解放される何かが出来るって良いなぁ…!
    桂枝雀さんの「人を思うことが、本当は自分を思うことなんです」という言葉にはハッとした。
    私も、あんまり保身になりすぎて自分のことばっかり考え込んでいてはいけないな…と感じました。

    他の人と違った少数派の意見を言いたくても言い出せない雰囲気はすごくわかる。集団心理ってやっぱり怖いなぁ…。大勢が集まっても「ひとつ」になるんじゃなくて、「ひとり」であり続けるって大変だけど、絶対に必要だと思う。
    そして、長く集団で過ごしていくには、そういった「言いたくても言い出せない雰囲気」を少しでも無くして、気兼ねなく発言できるような雰囲気を作ることが大事なんだろうなぁ。



    本当に優秀な集団というのは、おそらく「ひとつでいることを持続させることができる」人たちよりも、「全員が違うことを考えながら持続できる」人たちのことを言うんじゃないだろうか。(p.180より)


  • 星野さんのダメダメぶりがなんとも言えなかった。登場するKさんじゃないけど、しっかりして‼星野さん!と言いたくなる(笑)でも、憎めない。おもしろかったです。

  • 源ちゃんってやっぱ少し変わってる。

  • 星野源がどんな人なのか興味を持って読んでみました。
    読後に残ったのが…つまりうんことシモネタが好きなんだな!ということ。トイレで読むエッセイに確かにぴったりな内容でした。

    止め処もない毎日の断片を、ちょっとの嘘とちょっとの本音を交えて聞いているようで面白かったです。
    文体から滲む星野源節がとても独特でなにかが新鮮。

  • 変態的なヒトトナリが良く分かる、お気軽なエッセー。(ほめてる)

  • なんでもない日常が大切なんだということを、理屈ではなく体感として染み込ませてくれる類稀なる本。くだらなくて、笑えて、でも真理が見え隠れして。日常をキラキラさせようと説いた本はきっとたくさんあるけれど、そういうものとは一線をきしたバイブル!

  • 自分のことばかりを考えている人より、人をあっさりと思いやれるような人のほうが魅力的に見える。自分の立場とかプライドとか、そういったものを常に考え、なるべく自分が損しないようにいつもピリピリしているような人より、たとえ自分が多少損をしたとしても「いいじゃない」とあっさり前に進める人のほうが、ストレスも少なそうで、かつ生きることを楽しんでいるようにも見えるだろう。

  • 話題の方なので、とりあえず手にとれる本をみんな読んでみました。
    なるほど、まさに「エッセー」な感じ。
    星野さんに興味のない人にはとくにどうということもない話題です。でも、なんとなく、読めてしまう。それが文才なのでしょう。

  •  星野源は困った顔と嫌そうな顔の演技がとても上手い。
    LIFEも大河も逃げ恥もその演技が上手かった。読みすすめるとあの顔の演技を思い出してしまって、やっぱり上手いなぁと思う。日常は面白さと愛おしさであふれている、と気づかせてくれます。

  • こんな変な人だったのか‥(笑)
    自慰ネタ多い(笑)
    お母さんがすてきな人だなって思った

  • 終始くだらないが、共感する部分もあり、吹き出してしまう部分もあり、とても楽しめる一冊でした。
    星野源の内面の部分が少し見てるような作品です

  • ☆2
    バナナマンのラジオに度々登場し、歌手・俳優・文筆家をマルチにこなす多才な星野源さんのエッセイ。バナナマン好きなことと、「逃げ恥」ブームに乗って読んでみた。
    「生活が苦手」な星野源が「生活をおもしろがる」をテーマに書いたエッセイ。
    私としては笑いのツボがあまり合わなかったのか、そこまで楽しむことができなかった。ただ星野源さんの考え方や行動に「そうそう」と共感するところは多々あった。おじいちゃんの話は感動した。

  • 富士山の三合目くらいの汚さがあるエッセイ。

    一見華やかそうに見える有名人だって
    当たり前に生活をしている。
    その人のパブリックイメージと実際の生活は
    必ずしも一致するとは限らない。

    ああ、この人は大人計画のひとなんだなあ、
    と納得させるエピソードの数々。

  • 美人のようこちゃんの本気の子ども遊びに秘められた想いに泣き、「うんこナイキの謎」で爆笑した。Kさんの辛辣かつ的確なツッコミも素晴らしい。ああいう人が自分の人生にいるかいないかは中々大きな問題だ。

    愛する作品たちへの考察は敬意に満ちていて、知らない作品や興味のなかった人にも関心を持つきっかけを作ってくれた。

    私も虚構と物語が好きだ。
    この世界にそれがあるからなんとか生きてこれた。
    でもそれを仕事にすることは出来なかった。いまだそれを貪るための免罪符として仕事をしている日々だ。

    だから、虚構と物語が好きでそれを仕事にして、しかもそれがちゃんととても面白いということに本当に感動するし尊敬する。


    虚構と物語が好きな人間にとって、本当に「人と出逢えた」と思えるのは作品の中だけだ。
    この世界に1人だけ、という想いをそっと温めてくれるのは虚構だけだ。

    だから星野源の作品が好きなんだろうな。

  • ゆるいエッセイ。そして日々は続く。生活は続く。苦手だろうがなんだろうが、それでも生きている。生きていける。

  • 携帯電話の料金を払い忘れても、部屋が荒れ放題でも、人付き合いが苦手でも、誰にでも朝日は昇り、何があっても生活はつづいていく。
    ならば、そんな素晴らしくない日常を、つまらない生活をおもしろがろう!
    星野源、初のエッセイ集。

    くだらなく面白い話ばかり(褒めてます)で、1時間半ほどで読了。
    文庫版あとがきの言葉が深く、印象に残った。

    「なにげない日常の中から、おもしろさを見いだすには、努力と根性がいります。」

    「毎日をおもしろくするのは自分自身だし、それをやるには必死にならなきゃ何の意味もない。」

  • 子供がこの人の曲をよく聞いている。ドラマは数回見た程度。意外に地味な風貌に、何やら才能を垣間見せるという印象。

    エッセイを読んで大好きになった。ひとり時間を大切にし、音楽、役者、文筆稼業といくつものワラジをはいていて、「二兎を追うことはおもしろいんじゃない」というスタンス。

    かっこ悪い自分を俯瞰するように見ながら考察する文章は、自虐ネタにとどまらず深いものだ。

    平凡な人間にも、才能溢れた人間にも、悲しみの中にも「今日の晩御飯どうしよう」みたいな生活がつづいて行くのだから、この本のタイトルは万人に向けて訴えている。
    すごい事を言いえてると思う。

  • 俳優、音楽家としても大活躍中の星野源さんが、自身の日常を綴ったエッセイです。
    「生活」が苦手だという星野さんの七転八倒ぶりに共感したり、思わず「わはは」と声に出して笑ってしまったり。気軽に読めて元気をもらえます。(浦河)

  • つまらない毎日の生活をおもしろがることをテーマにしたエッセイ。劣等感のかたまりである自分から逃げるために、映画や芝居、音楽に夢中になり、生活から目をそらしてきた星野さん。創作の仕事をがむしゃらにやるも、過労で倒れたことを機に、生活を置いてけぼりにすることはもうひとりの自分を置いてけぼりにすることだと気づく。「くだらないのなかに」など、少し前の星野さんの曲は、日々のなにげない生活のなかにある愛おしさをすくい上げているように思う。そんな曲が心に染みるのは、ぼく自身生活を、もうひとり自分を置いてけぼりにしてるからかもしれない。

  • 控えめに言ってやばい

  • 最近よく見るようになった気がする星野源さん。
    恋、最高です。
    そんな人が書いてる本とのことで
    期待大で読みました。
    普段、エッセイそんなに読まないんですけどね。

    三浦しをんさんのエッセイ読んだときの
    感じに似てる。
    日常にありそうで、なくて、
    くだらなくて、それどうなん?なことがあって
    真似はあんまりしたくない。みたいな。
    くだらなさに笑えて勇気をもてる気がします。

    星野源さんてこんな人なんだなぁと
    なんとなく近くなったような気がします。
    別で出てる分も読んでみたいです。

全369件中 1 - 25件を表示

そして生活はつづく (文春文庫)に関連する談話室の質問

そして生活はつづく (文春文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

そして生活はつづく (文春文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

そして生活はつづく (文春文庫)はこんな本です

そして生活はつづく (文春文庫)のKindle版

そして生活はつづく (文春文庫)の単行本

ツイートする