そして生活はつづく (文春文庫)

  • 3244人登録
  • 4.05評価
    • (341)
    • (372)
    • (215)
    • (29)
    • (7)
  • 394レビュー
著者 : 星野源
  • 文藝春秋 (2013年1月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (204ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167838386

そして生活はつづく (文春文庫)の感想・レビュー・書評

  • 星野源最初のエッセイ集。荒削りで明け透けな文章が面白い。一気に読んでしまった。

  • 星野源って、面白い人だなー。
    ネガティブとは少し違う、劣等感を語っているのに何だが元気になれるような、愛すべきバカ。
    自分のことを好きになりたいとモガいているけれど、実はもうすでに自分のことが好きだよね?と思えてホッとするような、そんなエッセイだった。
    「あーそうそう」と共感できる、今までうまく表現出来なかった思いを言葉にしてくれた!と思える話が多くて、なんか悔しい(笑)
    集団の中でひとりでいることを堂々と楽しめる...私も自信をもってそう思えるようになりたいな。

  • 読みやすかった!こんなにも自分のダークな所をさらけ出してる芸能人は初めてかも。親近感を感じる。

  • エッセイという部類を初めて読んだのだが、
    独自の視点がとても面白い。

    もちろん好き嫌いがあると思うのだけれども、
    私は文章の作り方がとても好きだった。
    「テンポ感が良い」文章という印象。
    私もこういう文章を書きたい。

    内容も「生活」に関することで
    身近な話もあるが視点が独特で面白い。
    こういう視点になれば「生活」を楽しめるのかなという発見ができた。

  • マルチな才能を発揮し、しかし実はまともな生活がちゃんとできないという星野源が、ダメっぷりを書きつつも独自の視点でものごとを語るエッセイ。面白かった。

    さてここからは勝手な感想。

    同じようなエッセイで、すごく好きなのがオードリー若林の「社会人大学人見知り学部卒業見込」である。今回読んだ星野源のエッセイも同じ系統だなと思った。視点が個性的で、ちょっと周りから外れてて、自分の脳みそのなか吐き出してる的な。
    でも、なんか違った。
    なんだろう。星野源と若林の違いってなんだろう。

    (ここからホントに勝手なので読まないか読み飛ばすか読んでないふりをしてください。)

    すごく率直に言おう。
    なんていうか、どっちも処女作なんだけど、若林のほうが中二っぽいなあと感じました。そういえばなんで処女作って言うけど童貞作って言わないんだろうね。どっちも初めてなのにね。あ、話がずれましたね。
    2人とも同じくらいだらしなくてモテないって言ってんだけど、いや今や2人とも人気者だしモテモテだと思うけど、なんか若林のほうがもっと生々しくダメな感じが出てたんだな。私はそれもとっても好きなんだけど。一方星野源は、ダメ感はしっかりあるんだけど、もうちょっと余裕があるというか、ひと皮むけてる感が見え隠れしました。あ、変な意味じゃないですよ?てか、夜中にこーゆー本の感想文書いちゃダメだわね。中二っぽさがうつるわね。

    また話がずれた。
    2人のエッセイが描くのは、どっちも普通からは外れてる自分のことなんだけど、若林のは当時、自分が人と違っているって目線を中心に書いていたエッセイ。違うと思いながらも、受け入れてもらいたいという渇望が見え隠れしてしまう。一方星野源のエッセイは、自分もひとと違うけど結局みんなもそれぞれ違うんだ、ってもうわかっちゃってる立場で書いてるとこがあるかなと。そこに中二感の違いがあるかなと思いました。てか、えらそうに書いてるわたし自身が中二病の魔法使いなんで許してください。てへ。

    あんまり書きすぎるとどっちの感想文だよってなっちゃうけど、2人のエッセイどちらも面白いし似ているなと思うからオススメします。
    2人とも、面白おかしく脚色してるけど、自分自分ってなっちゃうことの苦しさを書いている。特に星野源がこの本で書いていた「自分探し」なんかじゃなく「自分なくし」をしたい、ってのがすごくいいなあって思いました。なかなかできないけどね…

    そして2人とも、意味がないからこそ、生活を面白くするのだということを書いている。これがすごいと思います。若林は「何かをしているのに意味が無いのではなくて、意味が無いからこそ"せっかく"だから面白いことをするのだ」という。星野源も「つまらない生活を面白がりたい」からスタートして、このエッセイを上梓している。
    つまらない日常を頑張って面白くするのだ。すごくこの考えは好き。
    なんでもない日常が楽しいなんて嘘だ、と言っていた星野源はいい感性の持ち主だなあと思った。若林もね。
    というわけでまとまりなくなってしまいましたが、オススメでっす。

  • やっぱり変な人だった。
    というか小学生男子ってかんじ。
    変で馬鹿だけど、憎めない。

  • 待ち時間になんとなく買った本。
    星野源さんて、天才的でもカリスマ的でもないけど、とても魅力のある人だなぁーと思いました。
    読んでいてクスッと吹き出してしまいました。

  • 旅やトイレのお供に、と書いてあったので旅の間に読んだ。もったいないほど楽しく読ませていただいた。絶妙なテンポ感とユーモア溢れる視点、今まで読んだ中で最高のエッセイストさんだと思った。

  • わかる、わかる・・・
    共感がつづく
    「子育てはつづく」がおすすめ
    笑いがつづく

  • 星野源のエッセイ。
    すっごいしょうもなくて
    めっちゃおもしろかった。

    ダメダメなところ、共感ハンパない。
    源ちゃんはダメ人間でも
    才能に溢れているけど、
    私はただのダメ人間だ。反省。

    しょうもないなかに
    大切なものが光る1冊。
    誰にも平等に生活はつづく。
    クスクス声が出た。

  • 星野源の初エッセイ集。マガジンハウス『ウフ.』の連載(2009年1月号~2009年5月号)と書きおろし、文庫版特別対談「く…そして生活はつづく(星野源×きたろう)」を収録。
    星野源って、ニコニコしていて人あたりがよくて、きちっとしてるのかと想像してたけど、意外とダメな人なんだなぁ。お母さんのようこちゃんのエピソード「子育てはつづく」と「はたち」(星野源原作、小田扉漫画)が好き。

  • ・星野源さんの初作品。子供みたいで、書きたい事、やりたい事をとことん書いているイメージ。日頃から、楽しむ事を大切にしているけれど、それが伝わってくる。そして、色々考えさせられる発言もあるし、一貫してポジティブな気持ちで読めた。

    「ひとつでいることを持続できる」人たちではなく、「全員が違うことを考えながら持続できる」人たちが本当に優秀な集団ではないか

    という文章はとりわけ印象深い。

    下ネタから真面目な話まで、楽しめます。

  • 一通り読んだ日は、正直「なんだかな〜。出来過ぎてる気がするな〜。」と感じた。エッセイって、もっと何気無い日常や自分の感じたことを素直に書くものであって、あまりにも作品として完成し過ぎていると感じたのだ。でも、一晩寝かして気づいたことは、「そうか、星野源さんは普通じゃ無いんだ!」ということ 笑。俳優、音楽家の人のエッセイというものは、そもそも少ないし、私は読んだことすらない。「普通の人じゃないんだ」と思ったら、素直に作品が面白い!と感じた。

    「日常を楽しむ」ことがテーマの本。
    普通に生活することに関して、虚無感を感じていた源さん。だから仕事を入れて忙しくして、その虚無感から逃げようとしたけれども、ふとした瞬間にどしんと押し寄せてくるあの感覚。私もそういう時期があったなぁ。分かるなぁ。
    でも、体を壊して、これじゃいけない、と客観感的に自分を見つめ直している、半ばオナニー的な本である。
    でも、あとがきで、自分のダメなところを改善したその後を紹介し、

    「なにげない」日常の中には「なにげない日常」しかない。素晴らしいものなんてない。一生懸命生きなきゃ毎日は面白くならない。

    と言っている辺り、なんていうか、カッコ良い!



    この本で、源さんのことをよく知れて、また彼の音楽作品を見る目が変わってくるように感じた。「SUN」から私は源さんが気になっているが、もっと親しみが持てるようになったので、読んでよかったなぁと思う。らしいなぁと。

    他の著書も読んでみたい。

  • エッセー
    過去の恥ずかしい思い出を面白おかしく紹介

    星野源の人となりが分かる

  • 裏タイトルは「く」を付けて「くそして生活はつづく」~料金支払いは・連載は・貧乏ゆすりは・部屋探しは・ばかは・おじいちゃんは・舞台は・ほんとうにあった鼠シリーズ「はたち」・ひとりは~ダメ人間振りを披露。第二の福山雅治と言われているらしいが,違う!という声が聞こえてくる。演技もし歌も唄ってエッセイも書くって事らしい。1981年生まれ,大人計画。エッセイはマガジンハウスの『ウフ.』に書いた。昨年ブレイクしたけど,エッセイは2009年から書いている

  • 星野源さんのエッセイ。お仕事で発揮される多才さと私生活のギャップがあり親近感を持つことができます。

  • 何気ない日常でも星野源の独特の視点で描かれていて新鮮だった。
    客観的に自分のことを見つめながら、謙虚で独特な視点が面白い。
    ・人間は毎日「生活」している。「生活」の中に面白さを見つけるのが大事。
    ・何気ない日常の中から素晴らしいものを見つけるには努力と根性が必要。
    ・一生懸命に生きなきゃ面白くならない。
    ・どんな素晴らしい人でも・・・き〇たま発言(笑)

  • 想像した以上に星野源ワールド!彼の仕事ぶりからはギャップのある内容でしたが、そのギャップが彼の世界観を生んでいるのかもしれないと思った作品でした。サブカル系女子は好きだと思います。

  • 下ネタ多くて、お下品だけど、核心はついているわな。違う!と思いながら、口にはできないこと確かに多い。

  • またもヒラマサさんロスということもあり、移動のときとかにさくっと読めると思って手に取ったこちら。

    こりゃおもしろい!やっぱ文章ってうまさより中身だな。くっだらないことが多いんだけど、ふと「あ、そうそう」って結構皆が思ってるけど言葉にしないことをさらっとネタにしているのが好み。

    もう星野源を見てもひらまささんを彷彿とする時期はすぎたけど、考え方好きです。新刊も読もうかな。

  • 20170331 ストレートに入っていけた。ないようでありそうな話。普段何考えてるのか不思議な気がした。自分にない感覚と出会う不気味さ。癖になりそうだ。

  • 読みやすく面白かった。汚い話多いし包み隠してない感じが親近感。

  • 昨年、「逃げ恥」の恋ダンスで世間を賑わせた星野源さんのエッセイ。

    人は生きている限り、生活しなくてはいけない。
    良いことばかりじゃなく、嫌なことだってある。
    その、「嫌だなー、やらかしたなー」と思うことも、見方を変えて笑いのネタにできれば、毎日が楽しくなるんじゃないか?

    …というのが、テーマです。

    星野さんが体調を崩した時、看病に来たお母様の言葉に共感しました。
    「自分の生活を大事にしない人が、自分を大事になんてできない。だから、人生が上手く行かなくなるんだ」

    今、星野さんは体を大事にしながら、お仕事してるそうです。
    だから、今の活躍があるのかもですね。
    私も生活を大事にします。

  • 星野源さんのエッセイ
    くだらない生活。
    でもなんでこんなに面白いんだろう
    読んでいて何回も笑ってしまいました!
    そして、下ネタが多すぎる。
    下ネタ大好きなんだろうなぁ…(笑)



    「自分がなくなる」
    周りからの評価とか意見ばっかりを気にして不安になったり焦ったり。そういうことから一瞬でも解放される何かが出来るって良いなぁ…!
    桂枝雀さんの「人を思うことが、本当は自分を思うことなんです」という言葉にはハッとした。
    私も、あんまり保身になりすぎて自分のことばっかり考え込んでいてはいけないな…と感じました。

    他の人と違った少数派の意見を言いたくても言い出せない雰囲気はすごくわかる。集団心理ってやっぱり怖いなぁ…。大勢が集まっても「ひとつ」になるんじゃなくて、「ひとり」であり続けるって大変だけど、絶対に必要だと思う。
    そして、長く集団で過ごしていくには、そういった「言いたくても言い出せない雰囲気」を少しでも無くして、気兼ねなく発言できるような雰囲気を作ることが大事なんだろうなぁ。



    本当に優秀な集団というのは、おそらく「ひとつでいることを持続させることができる」人たちよりも、「全員が違うことを考えながら持続できる」人たちのことを言うんじゃないだろうか。(p.180より)


全394件中 1 - 25件を表示

そして生活はつづく (文春文庫)に関連する談話室の質問

そして生活はつづく (文春文庫)を本棚に登録しているひと

そして生活はつづく (文春文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

そして生活はつづく (文春文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

そして生活はつづく (文春文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

そして生活はつづく (文春文庫)のKindle版

そして生活はつづく (文春文庫)の単行本

ツイートする