奇跡 (文春文庫)

  • 252人登録
  • 3.38評価
    • (7)
    • (19)
    • (42)
    • (5)
    • (0)
  • 16レビュー
  • 文藝春秋 (2013年6月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (273ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167838607

奇跡 (文春文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 離ればなれとなった兄弟の再会と、奇跡を信じ旅に出る物語。タイトルからどんな奇跡が物語中で起こるのかと期待して読み始めはしたものの、内容は奇跡にあいにいくまでの軌跡。流れ星が見たいから星のよく見える場所にいくということとかわりはない。ただ、奇跡を信じる子供達の状況、心境が、この小説の面白さの主軸となっているように思います。子供ながらの葛藤や、子供らしい純粋さは、自分にとっては懐かしく、そしてうらやましく感じずにはいられません。

  • 小学生の小さな、でも大きな旅の物語。
    普通に楽しく読めたが、やっぱりこの人は恋愛ものが良いなあと。あの繊細な世界観は恋愛ものの方が合ってるんだろうな。

  • 少年たちの真っ直ぐな勇気が好ましいものの、もう1つ訴えかける力が不足しているような気がします。

  • 航一と龍之介の兄弟は別々に暮らしている。両親が別れてそれぞれ母親、父親と暮らしている。性格は違うけれどどちらも前を向いて生きている。新幹線の一番列車がすれ違うとき奇跡が起きると聞いいた子どもたちの冒険が始まる。

  • 【映画化『100回泣くこと』著者の感動作】青春小説の旗手・中村航が描く兄弟愛と小さな冒険旅行。是枝裕和監督の映画にインスパイアされた、ハートウォーミング・ストーリー。

  • 映画を元に書かれた作品というのがなんだか新鮮だった。

    幼い子ども達のひたむきさがまぶしくて、悲しい。
    何かが本当に起こってくれたら…と、ついつい先を読み進めた。
    つい物語に引きこまれるテンポの良さみたいなのがあって読みやすい。

    前を向いて進んでくれたことが「救い」だと思った。

  • 親の離婚で福岡と鹿児島に離れ離れとなった兄弟が、九州新幹線の交差に立ち会えば願いが叶う奇跡を信じて仲間と旅をする。原案の是枝裕和が監督、脚本で映画化され、主演は前田兄弟。まぁ、観てないけど良い出来だろうと予想はつく。映画化前の小説だとノベライズにならないのかな・・ともあれ中村航作品としては直球。読みやすいけど、らしくない。7人の子供が主人公で、素直な内容。無理してなくて好きだけど、インパクトは弱いな・・

  • あいかわらずの中村調、といった感じ。良い意味で。

  • 2013/09/14読了

    好きな作家さんが、以前劇場で見て感動した映画を文字にしてくれたというのがとても嬉しい。映像をなぞることはとても難しい。航一の怒りや悲しみの象徴が、老夫婦の未来が、図らずとも起こった奇跡が、子どもの中に渦巻く感性が、ゆっくりと浮かんでくるのは文字だからこそかもしれない。
    奇跡のあの瞬間の叫びと思いが爆発していた。
    映画の演出も小説も、航一の心の中をこれ以上ない位上手く表していたのだ。

    少年たちは叫ぶしかないのだ。それしかない
    250ページ以上ある彼らの冒険記はたった1ページのために。
    2時間におよぶ彼らの足跡はたった1分間のために。
    奇跡というタイトルその瞬間のものなのだ。

    良作。映画とともに是非。

  • "博多発と鹿児島発の新幹線、「つばめ」と「さくら」が初めてすれ違う時に奇跡が起こる"…それぞれの思い・願いを胸に、その場所を目指しその瞬間を迎える男女七人の小学生たち。子供の純真な真っ直ぐ目線と、見守る大人たちの温か目線にホノボノさせられる。

全16件中 1 - 10件を表示

奇跡 (文春文庫)に関連する談話室の質問

奇跡 (文春文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

奇跡 (文春文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

奇跡 (文春文庫)の作品紹介

両親の別れによって鹿児島と福岡で離ればなれに暮らす航一と龍之介の兄弟。ふたたび家族揃って暮らす望みを抱く航一はある噂を耳にする。新たに開通する新幹線の一番列車がすれ違うとき、奇跡が起きる――。引き裂かれた家族の絆を取り戻すため、奇跡を信じた子どもたちと、彼らを温かく見守る大人たちの想いを描いた感動エンターテインメント。6月に映画(関ジャニ・大倉忠義主演)も公開される60万部のベストセラー『100回泣くこと』の著者・中村航が、海外映画祭で高い評価を受けた是枝裕和監督の映画にインスパイアされ書き下ろしたハートウォーミングストーリー、待望の文庫化!

奇跡 (文春文庫)のKindle版

奇跡 (文春文庫)の単行本

ツイートする