こんな夜更けにバナナかよ 筋ジス・鹿野靖明とボランティアたち (文春文庫 わ)

  • 224人登録
  • 4.41評価
    • (33)
    • (18)
    • (7)
    • (1)
    • (0)
  • 37レビュー
著者 : 渡辺一史
  • 文藝春秋 (2013年7月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (558ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167838706

こんな夜更けにバナナかよ 筋ジス・鹿野靖明とボランティアたち (文春文庫 わ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 障害者ノンフィクションとして読むと、乙武洋匡が『五体不満足』で(その後、著者自身も後悔する)明るく元気な障害者像を打ち出してから 5年後の 2003年、障害者の聖化に真っ向から NO を叩き付けた快作だが、しかし、それはあまりにも浅い読み方だろう。この本は、障害者と介助ボランティアの話ではなく、人間達と人間達の話なのだ。「生きるとは何か」「人と関わるとか何か」を異常に濃密な人間関係の中で考え続けた著者の苦悩録なのだ。筋ジストロフィー患者シカノの圧倒的な存在感を背景に一気に読ませる。タイトルも秀逸。

  • 著者の渡辺一史(1968年~)は、札幌市在住のノンフィクション作家。本作品は処女作で、講談社ノンフィクション賞(2003年)、大宅壮一ノンフィクション賞(2004年)をダブル受賞している。2013年文庫化。
    本書は、札幌で自立生活を送る進行性重度身体障害者・鹿野靖明氏と、鹿野氏が42歳で亡くなるまでに関わった多くのボランティアの人たちを描いた物語であるが、脚本家の山田太一が解説で、「ああよくあるやつね、と内容の見当がついてしまうような気がする人もいるかもしれない。それは間違いです。これはまったく、よくある本ではない。凄い本です。めったにない本。多くの通念をゆさぶり、人が人と生きることの可能性に、思いがけない切り口で深入りして行く見事な本です。」と書いている通り、非常に複雑な読後感を残す作品である。
    本書では、一般的な「重度の障害、そして、死と向かい合って生きる人間の、清らかで崇高なイメージ」とは異なり、「どこまでも「自分、自分」を強烈に押し出してきて、自らの“欲求充足”と“生命維持”のためにまわりの人間を動かし、世界がまるで鹿野中心に回っているかのような」鹿野氏と、鹿野氏のまわりに集まるボランティアたちも含めて、「決してやさしかったり、純粋なだけの人間集団なのではなく、ときには危ういドロドロとした、ひどく微妙な人間関係の力学の上に成り立つ世界」が、500頁に亘って様々な側面から描かれている。
    著者は、シカノ邸を最初に訪れてから半年以上が経った頃に、鹿野氏から「どうですか。進んでますか?」、「なに悩んでるのさ?本はいつごろ完成しそうですか」と急かされつつも、「しかし一方で、私の筆の進みは遅々としていた。現実を、ただ現実として書き記すことの難しさに、身もだえする思いだったのだ。いや、本当に大切なのは、そこから先なのではないか、という気もしていた。・・・何を悩んでいるのか。私は何を悩んでいるのか。」と記しているが、全編に通底するのは、「自分と他者」、「人が人を支えるとは何か」、「人が人と生きることの喜びと悲しみ」という、介護や福祉の問題に留まらない基本的な問題である。
    そして、文庫版あとがきには、鹿野氏の死去後10年経っても、多数のボランティアが鹿ママ邸(ボランティアの求心力でもあった鹿野氏の母の家)に頻繁に集まることが記され、「結局のところ、鹿野が生涯で成し遂げた一番の功績は、一人ひとりのボランティアや介助者と向き合って築いた、その人間関係のユニークさにこそあるのだろう」と結んでいる。
    “人間は社会的動物である”というが、“人が人と生きること”について深く考えさせる力作と思う。
    (2017年12月了)

  • 私は、以前からこの本を知っていたが、重いテーマとタイトルから、障碍者のわがままをそれとなく、非難する本と思っていたが、そうではなかった。ボランティアを無償で行う人たちも、すごい善意があふれる人たちばかりで、人間性も素晴らしい人たちだと思っていたが、そうでなかった。ボランティアたちも問題を抱えていて、それとの結びつきで、ボランティアを行っている部分もあった。と気づかされた。読むまでは、実は、ボランティアをする人たちが分からなかったです。また、24時間全面介助をボランティアに受ける身でありながら、ずうずうしく細かい要求をする鹿野さんもすごいものだと思った。ちと、恐縮して、できない部分もあると思うが、私の考えでは、また、鹿野さんの生に対する執念深さは、素晴らしいものがあり、つらい状況をユーモアを交えながら、暮らしていく鹿野さんの勇気、背負ったものの大きさを感じさせないすごさを感じ取り、人間性とはなんであるかを考えさせられました。しかし、このルポライターは、北の無人駅から で、好きになりましたが、国立八雲病院を訪問した時は、スタッフ、医師に現在の状況を聞いたみたいだが、入院中の患者の素直な意見も読みたかったです。障碍者の見方が変わりました。いろいろの性格の人がいると思いますが、しかし、この本が出版されなければ、鹿野さんとボランティアたちの生活も知ることがなかったと思うと素晴らしい本だと思います。

  • 369

  • どんな人でも、読んでおいて後悔しない本かと

  • 筋ジストロフィーの鹿野靖明氏と彼を支えるボランティアの日常を描いた内容です
    が、一般的な障害者と介助者とのイメージとは大きくことなり、介助される側の
    鹿野氏に一切の遠慮はなく、介助する側を教育までするというこれまでの概念が
    覆される内容でした。
    自分で何もできない鹿野氏にはそうせざるをない状況なわけですが、一般的な施設
    には入らず、親の家での介護も選択せずに自分の力でボランティアを募って生きて
    いくと決めて実践したのは本当にすごいなと感じました。
    各ボランティアの面々も個性的でユニークなエピソードが満載でした。
    それぞれが鹿野という人を通じて自分の人生や生き方を見直し、影響を受けている
    様子をみて鹿野氏が誰に対しても全力で向かい合っている結果なのだろうなと感じ
    ました。
    印象に残ったコメントとしては、「”あつかましさ”っていうのが人にとっていかに
    大事か。~、最初は嫌がられても、追い返されても、はねつけられてもね、情熱
    さえあれば、結局人って動いてくれるし、最終的にはわかってくれるんだよね。」
    ズバリこれです。
    今の自分には足りないなぁ~と読んでいてつくづく実感しました。

  • 2016.2.24
    ボランティアが弱者である障害者に献身的に手を差し伸べ、障害者はその介助に感謝する。ボランティアは人のために役立つことが出来て充実感が得られる。その関係性に感動。とか、障害があってもそれを乗り越え精一杯生きる姿に感動というような日テレの24時間テレビ的なものでは全くない。
    何なんでしょう?結局は障害とか関係なく、ただ人間と人間、鹿野さんと周りの人の関係性が面白いんだと思う。それにしても鹿野さんのしぶとさ、生への執着が半端ない。エネルギーそのもの。

  • タイトルの雰囲気にひかれて読み始め、かなりの大著ながら、3日ほどで読み通すことになった(kindle版)。ケアをし、ケアをされることの、抜き差しならぬ状況に胸がつまる。しかし、つまりながらも、これが日常なのだ、生きるということなのだ、という声も聞こえる。平和ぼけならぬ、健常ぼけの私も、遠からずケアされる側に回る確率が高く、同じように生きる覚悟はあるのだろうか。

  • おもしろい。筋ジスを患う著者の、日常から死までを本人主観の独特な文体で書かれたもの。外野から見る障害者のイメージをことごとく破壊してくれる頼もしい内容。日々の奮闘ぶり、それもかなり攻撃的な言葉遣いながらも人間らしく不思議と愛着がわく。身近にいるような錯覚にとらわれる。読後感がすがすがしい。元気のないときに た読みたいなぁと思う。

  • シカノさんはとても強くて弱い。

    筋ジストロフィーのシカノさんにとって1日の生活が「生きる事」そのもの。
    命がけで今を生きるシカノさんと共に過ごしたボランティアさん達から、教わる事がとても多かった。

    印象的なタイトル。
    おしゃべりで、なんだかんだ不死身のように思えるシカノさん。
    厳しいテーマを扱いながら、なんとなくユーモラスなのはシカノさんのお人柄なのか。
    一生懸命伝えてくれた事を、少しでも活かせていけたらと思う。

全37件中 1 - 10件を表示

渡辺一史の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
末井 昭
高野 和明
三島 由紀夫
國分 功一郎
朝井 リョウ
村上 春樹
いとう せいこう
大野 更紗
東山 彰良
又吉 直樹
宮部 みゆき
村上 春樹
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

こんな夜更けにバナナかよ 筋ジス・鹿野靖明とボランティアたち (文春文庫 わ)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

こんな夜更けにバナナかよ 筋ジス・鹿野靖明とボランティアたち (文春文庫 わ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

こんな夜更けにバナナかよ 筋ジス・鹿野靖明とボランティアたち (文春文庫 わ)の作品紹介

ボランティアの現場、そこは「戦場」だった――自分のことを自分でできない生き方には、尊厳がないのだろうか? 介護・福祉の現場で読み継がれる傑作ノンフィクション!

こんな夜更けにバナナかよ 筋ジス・鹿野靖明とボランティアたち (文春文庫 わ)のKindle版

こんな夜更けにバナナかよ 筋ジス・鹿野靖明とボランティアたち (文春文庫 わ)の単行本

ツイートする