女王ゲーム (文春文庫)

  • 179人登録
  • 3.30評価
    • (5)
    • (21)
    • (28)
    • (6)
    • (3)
  • 24レビュー
著者 : 木下半太
  • 文藝春秋 (2013年12月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (350ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167838928

女王ゲーム (文春文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 面白かった

  • 勝てば10億円、負ければ死いう女王ゲーム。プレーヤーは美女(主人)とそのパートナー(奴隷)、ゲームはトランプのばば抜き、イカサマはなんでもOK。
    なんていうか、笑えない遊びという印象だった。
    (図書館)

  • 主人公は頭脳明晰・運動神経抜群・おまけに超がつくイケメンの高校生。晴れて東大に合格したのに、入学式当日、ハーフの女教師によって導かれ、命がけのババ抜き「女王ゲーム」に参戦する羽目に。勝てば賞金10億円、敗北すれば死が待つゲーム。果たして勝ち残れるのか?

    問題の女王ゲームはビルの地下でひっそりと行なわれ、木下半太さんらしい密室での物語展開と、イカサマが交錯する『カイジ』さながらのカードゲームに目が離せない。ラストでは見事に騙された。真の主人公はサラに今日子にひまりと、たくましくも恐ろしい女性陣か。

  • 私の中ではこの作家さんは「リアル鬼ごっこ」や「王様ゲーム」の作家 山田悠介さんを少〜しだけマシにした印象。どちらも映像化したら見栄えしそうな設定だけど、内容は薄い。「地獄のエレベーター」も読んでの感想です。

    勝てば10億円のばば抜きゲーム。
    プレーヤーは選りすぐりの美女(主人)とそのパートナー(奴隷)。負ければ美女は内臓を抜かれ、剥製にされコレクションにされる。

    発想はいいんだけどな。「奴隷区」とかもそうだけど一巻だけ面白そうで展開や幕引きがダメな感じ。いっそ「彼岸島」くらい突き抜けてくれたら好きなのだけど。

  • 世の中すべてが狂っているのにほとんどの人が気づいていない。靴の裏で踏み潰される蟻が人間の大きさを認識できないように。東大を卒業してエリート街道を歩み、普通に結婚して子供を作り円満な家庭を築く。幸せを約束された未来にどこか不安を抱いていた。ありえない世界に巻き込まれ、昨日までの現実がガラガラと音を立てて崩れていく。もう誰にも頼らない。自分の人生は自分で切り開く。この世の中に生まれてきた意味が朧に分かったような。

  • 勝てば10億円負ければご主人様が剥製にされるイカサマありのババ抜きゲーム

    イカサマのゲーム性はそんなに複雑なことはやってない
    むしろ、そんなリスクを負ってその程度のメリットしかないの?と思う
    それよりも重要なのは奴隷気質ってことなんだろうけどね

    残酷なゲーム設定の割にそんなに悲惨さを感じないのは土橋真二郎の小説を読んだせいかな?

    終盤のめまぐるしい二転三転もよくある展開で楽しく読めた
    ただ、やはりご主人様と奴隷の関係性が理解できないなぁ

    ま、そのへんも含めてギャグ小説としても楽しめたのでよし

  • 女性は強いというか、怖いというか。
    執念深い生き物ですね。
    そこまでしますか!?って思いました。
    敵にしたくない。。。

  • 【『悪夢のエレベーター』の鬼才が描くババ抜き勝負!】女王ゲームとは命がけのババ抜き。優勝賞金10億円、イカサマ自由、但し負ければ死。裏をかきあい知力を尽くす死亡遊戯の開始だ!

  • 【経緯】
    テンポいい本が読みたくて

    【感想】
    始めの数ページで心躍る。
    少年ジャンプのような設定のワクワク感。
    天才の挫折と進化。
    愛すべきキャラクターたち!
    生意気な圧倒的天才のひまりちゃん
    愛すべき猪突猛進な努力家の今日子

    【好き】
    「可愛い私の豚野郎」

    【なるほど】
    相手に自分のすべてを見せ、少しも相手を疑わないことが支配に繋がる

    【期待】
    ひまりちゃん視点のストーリーを期待!

  • 賞金10億円。
    敗北すれば女王の死。
    それが女王ゲーム、命がけのババ抜き。
    参加者は美女と奴隷のペア、イカサマ自由、細工したカードの持ち込み可。
    人並みはずれたルックス、頭脳、運動神経に直感ー淡路島で知らぬ者のいない有名人・村山英五は東大入学式直前、恋人の初芝今日子とデート中に高校の英語教師サラに銃で脅され連れ去らた。
    行き先は謎の美女の主催する女王ゲーム。
    参加者はイケメン東大生・英五と美女教師・サラ、都知事と女子中学生、崖っぷち芸能人とその熱狂的ファンの3組。
    それぞれが目的の為に策略とイカサマを駆使する中、英五を救おうとする今日子や金目的の外野が入り乱れー
    勝利は誰の手に?
    ドンデン返しギャンブル・サスペンス!

    もう!女性陣が各々個性的で強烈で素敵でした
    勢いとフィーリングで突っ走ってる感が爽快!
    読んでスッキリしました-
    今日子の血の滲むような努力にも笑わされたし-何気に今日子も天才だよね。
    新庄ひまりと岩崎征士朗のコンビが特に好きだったので、終盤に再登場してかっさらっていったのが嬉しかったり。
    あの後どうなったの?
    英五は、まぁ、巻き込まれて平穏とは程遠い人生なんでしょうね。

全24件中 1 - 10件を表示

木下半太の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

女王ゲーム (文春文庫)はこんな本です

女王ゲーム (文春文庫)を本棚に登録しているひと

女王ゲーム (文春文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

女王ゲーム (文春文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

女王ゲーム (文春文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

女王ゲーム (文春文庫)の作品紹介

『悪夢のエレベーター』の鬼才が描くババ抜き勝負!女王ゲームとは命がけのババ抜き。優勝賞金10億円、イカサマ自由、但し負ければ死。裏をかきあい知力を尽くす死亡遊戯の開始だ!

女王ゲーム (文春文庫)のKindle版

ツイートする