悪の教典〈上〉 (文春文庫)

  • 9749人登録
  • 3.80評価
    • (801)
    • (1570)
    • (985)
    • (184)
    • (53)
  • 898レビュー
著者 : 貴志祐介
  • 文藝春秋 (2012年8月3日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (467ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167839017

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
米澤 穂信
三浦 しをん
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

悪の教典〈上〉 (文春文庫)の感想・レビュー・書評

  • 上巻を読み終わった。
    蓮実は天才の設定だけど、現実だったらもっと早い段階で同種の人間と潰し合いしたり、危険察知能力の高い人に察知されたりするし、誰からも好かれるような人には嫉妬も含めて常に疑いの目が向けられるし、夜中に見覚えの無い軽トラが往来してたら印象に残るし、
    とかあちこちに気になる点がありすぎ。
    どのミステリーがすごかったのかとおもう。
    考えなしにサブカル気分に浸るにはちょうど良かった。

    マリアビートルの次に読んだのでどうしても悪意の比較をしてしまった。

  • 面白い!
    クリムゾンの迷宮にはじまり昔から貴志作品は好きだけども、これもなかなかエッジがきいてて良い作品。
    サイコパズ蓮見がどうなるか下巻が楽しみ。

  • 分厚いのですが、展開も早くすぐに読めます。先生の狂気や非常感にゾッとします。集中すると物音にすらビビるほど入り込みました。怖いです。

  • 映画「悪の教典」が面白かったので、ほどよく忘れた頃に原作読んでみた。

    上下巻で文庫本900ページ超というボリュームはすごいな。
    とはいえ中身はけっこうスカスカかな。

    女生徒に人気の教師が実はサイコパスだったというプロット。
    他人に対する「共感能力」を決定的に欠いていることから
    「人を殺すこと」を「選択肢」に入れることに迷いがない。
    徹底的に感情を隠し、人をあやつる。

    ということだけどやっぱり普通にこれはバレますよ~。
    あまりにもうすっぺらいだましのテクニックに衝動的すぎる行動パターン。
    1クラスの生徒40人「殺害の夜」も、
    「校舎からみんな一斉に逃げ出せばそもそも成立しなくね?」というのは
    誰もが気がつくネタで。
    「どう殺すか」よりも「どうやって話を終わらせるか」に興味が集中する、なんとも安っぽい展開に苦笑するしかない。

    映画は三池監督の腕と伊藤英明の「顔の演技」にかなり救われてたんですね。
    何も残らない。でもそれぐらいでいいか。
    こわくなかったし。

  • 2017.5.7読了 48冊目

  • あまりにも子供が次々と惨殺されていくので、後味の悪い読み物。同じ年頃の子供を持つ親としては、フィクションだけど楽しめなかった。映画化されそうな話だなーと思っていたら、もう映画になっていた。主役は伊藤英明か。なんかイメージ違う。蓮見は谷原章介のイメージだった。

  • ひたすらゾッとする。怖い。泣く。
    どこかで蓮実聖司を愛しいと思ってしまう。
    読んでると自分もサイコパスの感覚を持ったみたい

  • 上下巻通しての感想。
    圧倒的な悪意が蓮実の行動を通して迫ってくる。
    後半のほとんどを占める殺戮シーンは、息が詰まるほど気味が悪かった。
    極端に臆病で他への恐怖心が大きい者。
    悪に骨の髄まで染まり、悪を理解しているからこそ吸い寄せられる者。
    蓮実が他人のために犯したたったひとつの殺人。それは憂実のためだった。
    残りの殺人はもっと簡単な理由。
    うるさい烏を排除するように、邪魔な人間を排除していく。
    逮捕されることをあまり意識していない蓮見の行動が怖い。
    特別に偽装工作もしないし、一応の考えてはいるようだけれどその場しのぎのような。
    衝撃的な題材と展開。
    その強烈さが良作と勘違いされてる部分が無きにしも非ず・・・と感じた。
    貴志さんの作品だし、はずれのない作家さんだと思っているので満足はしている。
    もう一歩・・・期待度が高いだけにそう思ってしまうのかもしれないけれど。

  • 冷静沈着過ぎる殺人鬼蓮実。
    淡々と人を陥れて行く様に惹かれてページが進む。
    下も楽しみ。

  • 晨光学院町田高校の英語教師、蓮実聖司はルックスの良さと爽やかな弁舌で、生徒はもちろん、同僚やPTAをも虜にしていた。しかし彼は、邪魔者は躊躇いなく排除する共感性欠如の殺人鬼だった。学校という性善説に基づくシステムに、サイコパスが紛れこんだとき―。ピカレスクロマンの輝きを秘めた戦慄のサイコホラー傑作。<裏表紙>

  • 上巻は、ライトに読めるけどストーリー展開もテンポ良く、いい塩梅で狂気を感じさせる内容で読んでいて気持ちよかった。下巻に続く

  • おまえは、頭が良い。俺が今までに見てきた、どんな生徒よりもな。だったら、わかるだろう?こういう風にしたら、人は傷つくんだと。、こんなことを言ったら、人ら悲しむだろう。こういう行動を取ったら、人は心に重荷をしょうだろう、そういうことをな、おまえに、真剣に考えて欲しいんだ。

    学者というものは、無自覚なまま性善説に立っているために、悪意を持って騙そうとする相手に対しては、カモ以外の何物でも無いのだ。

    両親に助けを求めれば、何とかしてくれるだろうが、葛原教諭が罰せられることもない中途半端な結末では、面白くない。聖司は、自力で解決しようと決意した。→マチルダ的。

  • 描写も自然でとても没頭できる。ハラハラして上下巻あっという間に読んでしまう!サイコパスって本当にこういう感じなんでしょうね。おもしろかったです。

  • シリアルキラー自身が主人公の為、読むべきは内面描写と他人の受け取り方。上手い

  • 映画が話題になってて読んだ本。
    読み終わった後映画も見た。

    サイコパスである主人公・ハスミンが自分の王国を築くため様々な問題を解決していくが、最後にミスって捕まる話。

    ハスミンはどうしようもない殺人鬼で犯罪者なんだけど、こんなに魅力的なのはなぜだろう。
    ここまでの大量殺人だと、フィクション感が強くてゲームみたいに見えるからかな。
    舞台が町田なのはフイタw
    俺はもう引っ越したからいいけど、町田の高校の人とかこの本どう思ってるんだろう。

  • エロスとバイオレンスの権化であるサイコパスが、欲望と保身のために非道の限りを尽くすストーリー。

    読み進めているうちは「この外道が」と思いましたが、読み終わってみると不思議とスッキリした気分。自分の内にある暴力性をこの主人公が解き放ってくれたのかな。

    それにしても作家自身がサイコパスなんじゃない?と思うような描写の連続でした。それだけ想像力豊かってことなんだろうけど。

  • つまらなくはないけれど面白くもないというか…。
    人物の会話の中から、主人公の次の動きが予想できるし、その通りに話が進んでいく。
    続きがあまり気にならないので多分下巻は読まない。
    いや、決して、つまらなくはない。

  • キャラクターデザインもストーリーの運び方も幼稚で、文章にも魅力を感じない。中二病的発想で突き進んだマンガ作品で、文学的な豊かさを感じない。下巻を読むのが躊躇われる。

  • 徐々に明らかになる蓮実の本性。感の良い年頃の生徒たち。上巻全体が序章の様に感じたので、下巻に期待したい。

  • 貴志作品は好きですがこれはイマイチです。
    学園ドラマかと思いきや、単なる殺人鬼がハメを外すまでの心の変遷等を描いたお話でした。

  • 一気読み。サイコパスハスミン恐るべし。

  • ハスミンの仮面がはがれていく様が面白い。

  • 生徒からも同僚からも人気で信頼の厚い高校教師、蓮実。
    しかし実際には自分にとって不要な人間は次々に排除する、残酷な人間である。
    この設定だけでも背筋がぞっとするが、彼の持つオーラや行動の不気味さといったら。
    これ、映画になってますが、映像なんて見てられないと思う。
    彼自身も、他の登場人物も、闇があるというか変な人間が続々と出てきて、なんか恐ろしかった。
    でも不思議とページを繰る手が止まらない…。
    蓮実への不信感を抱いた生徒たちがどう行動するのか、下巻が楽しみです。

  • 人の感情を理解する能力が欠如した人間のことを、サイコパスと呼びます。この本は、高校教師として生徒や他の教師から絶大な人気を持つ蓮実聖司という人間が、サイコパスとしての本性を表していくまでを描いた本です。
    見所は蓮実が本性を表し、生徒を次々と殺害していく場面です。普通の人なら殺人に対して恐怖や、良心の呵責があるものですが、彼にはそんなものは存在しません。読んでいてスッキリするものではありませんが、普段目にすることのない狂気の世界を体感できる作品です。
    伊藤英明さん主演で映画化もされているので、映像と文章の双方から楽しめると思います。
    Kamekame
    本館2階学習室(日本の小説)
    913.6||Ki||1

全898件中 1 - 25件を表示

悪の教典〈上〉 (文春文庫)に関連するまとめ

悪の教典〈上〉 (文春文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

悪の教典〈上〉 (文春文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

悪の教典〈上〉 (文春文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

悪の教典〈上〉 (文春文庫)の作品紹介

とびきり有能な教師がサイコパスだったとしたら、その凶行は誰が止められるのか──ピカレスクの輝きを秘めた戦慄のサイコ・ホラー。2010年度「このミステリーがすごい!」第1位、「週刊文春ミステリーベスト10」第1位、第1回山田風太郎賞。

悪の教典〈上〉 (文春文庫)のハードカバー

悪の教典〈上〉 (文春文庫)のKindle版

ツイートする