世界を変えた10冊の本 (文春文庫)

  • 1206人登録
  • 3.94評価
    • (67)
    • (135)
    • (64)
    • (8)
    • (1)
  • 111レビュー
著者 : 池上彰
  • 文藝春秋 (2014年2月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (279ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167900366

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三島 由紀夫
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

世界を変えた10冊の本 (文春文庫)の感想・レビュー・書評

  • 『聖書』『コーラン』『種の起源』『資本論』といった定番中の定番から、『イスラム原理主義の「道しるべ」』という(少なくとも私にとっては)聞いたことのない書物まで計10冊、池上先生が簡潔ながらも分かりやすい解説を付して紹介している。特に『道しるべ』については全く予備知識がなかっただけに、大いに勉強になった。

    奇しくも先日、ここで取り上げられている『アンネの日記』が破られる事件があったが、その際、イスラエル大使館がなぜ『アンネの日記』を大量に寄贈したのか、本書を読めばその理由がよく分かるだろう。個人的な悲劇は何かと政治的なプロパガンダに利用されやすいのだ。また、同じく本書で紹介されているケインズの財政政策とフリードマンの金融政策を知ることは、アベノミクスを理解する上でも参考となると思う。

    池上先生のレクチャーにはいつも感心しているけれども、その土台には、おそらく若い頃に読んだであろう膨大な量の古典の蓄積があったのだなぁ、と改めて感心させられた。世にはびこる自称コメンテーターとはやはり年季が違う。

    書名は「世界を変えた」と過去形になっているが、ここに挙げられた10冊は、それぞれがそれぞれの形で今なお世界を変え続け、現在の世界を形作っている。その意味でこれは「世界を知るための10冊の本」でもあるのだ。

  • 祝文庫化!

    文藝春秋のPR
    「本当に「知力」が身につく名著の読み方
    『聖書』『資本論』から『アンネの日記』まで。池上さんが世界史を見渡し、10冊を厳選。その内容と歴史的位置づけを徹底解説。

    担当編集者より
    『聖書』『種の起源』『資本論』から、『アンネの日記』や話題の“プロ倫”まで。それまでの常識を180度ひっくり返し、今につながる歴史を作った世界の重要書物10冊を、池上さんが鮮やかに解説します。もととなったのは、女性誌「CREA」の昨年12月号から10回にわたる連載。「書物から得る教養は、未来を切り開く力となる」というメッセージは、3.11以降なおいっそう色濃くなり、読むと心に強靭な柱が生まれるような本となっています。(RU)」

  • 池上さんが考える世界に影響を与えた10冊の中に、宗教関連(というか聖書そのもの)が3冊も占めていることが興味深い。
    科学書も宗教と対立していたのにはビックリしました。
    日本に生まれてよかったです(笑)

  • 10冊の選び方にストーリー性があってよい

  • 弱いものは狙われます。けれども、強いものは生き残り、けっして負けることはないのです。(アンネ・フランク アンネの日記より)

    ユダヤ人のことをもっと知りたいと思った。もっと言えば、境遇が生む力の大きさが知りたい。それほど力強い少女の言葉であった。

  • 読書案内かと思いきや、さにあらず。
    現在のいろいろな問題の背景にある思想に影響を与えた本を紹介するとともにその思想も明示してくれる。
    大きく分類して、宗教、経済、科学が主流である。

  • 本好きとしてはどんな本がエントリーされているのだろうと、興味津々で手に取る。池上さんの本は分かりやすく勉強になるので好きだし。本を見てみて、10冊で挙げられてはいるのはほぼちゃんと読んだことのない本だが、実際に読む気にはなれず。池上さんの解説で勉強させてもらう。

    【学】
    アンネの日記
    聖書
    コーラン
    プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神
    資本論
    イスラーム原理主義の「道しるべ」
    沈黙の春
    種の起源
    雇用、利子および貨幣の一般理論
    資本主義と自由

    聖書
     旧約聖書:(古い契約)ユダヤ教聖典
     モーセの出エジプトその際に神はユダヤの民に対し守るべき「十戒」を授け、済む土地として「カナンの地」(現イスラム)を与えた。これが契約
     新約聖書:(新しい契約)人間と神の間で新しい契約が結ばれた。これに対して、キリストはユダヤ人として生まれたが、ユダヤ教の改革運動をする。このためユダヤ教徒の怒りを買い、十字架にかけられる。キリストの言行をまとめたものが新約聖書

    コーラン
     イスラム教教典。旧約聖書、新約聖書後人間は神の言いつけを守らないので、神は最後の預言者に「ムハンマド」を選び、言葉を伝えた。コーランは神がムハンマドに語りかけた言葉をそのまま記載した書物

    ケインズ 乗数効果
    最近の研究でピラミッドは農閑期の働き場所確保という景気対策だったという事が分かってきました

  • あげられている10冊全て読破したような気にさせる本だった。特に「プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神」は労働者と宗教との関係がよく分かり面白かった。しかし、「アンネの日記」の海外に与えた影響で池上さんが述べたことに関しては少し疑問に思う。

  • あまりにも有名だけれども、自分では絶対読まない(読めない)本に、池上さんの力を借りて触れてみた。
    宗教については非常に分かりやすい。経済については短く、丁寧にまとめられているも、私には難しく、読むのがなかなか辛かった。
    宗教・科学・経済、全てが結びついている。取り上げられた本の順番もこれしかないと思わせる一冊。

    アンネの日記
    聖書
    コーラン
    プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神
    資本論
    イスラーム原理主義の「道しるべ」
    沈黙の春
    種の起源
    雇用、利子および貨幣の一般理論
    資本主義と自由

  • 書評でもなく宣伝でもなく、内容を簡単な言葉で分かりやすく伝える文章力にまずは感激。
    テレビの'(CMの後で)みたいな手法ではなく、紹介した本の本質を伝えることで好奇心をくすぐり、より深く知りたくなるような仕立てに感激。
    本の紹介ってこういう風にするんだなという、お手本のようだ。
    もちろん取り上げた10冊は、簡単にはまとめきれないような内容の本だからこそ、これが成り立つのだけれど。

  • 紹介されてる本はどれも、歴史を作った本であることは確かだと思う。
    我々はどこから来たのか 我々は何者か 我々はどこへ行くのか。

  • ベスト10という訳ではないが、当該10冊の本が世界に大きな影響を与えたという事実が、分かりやすく解説されている。

    1 『アンネの日記』アンネ・フランク(オランダ)
    2 『聖書』
    3 『コーラン』
    4 『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』マックス・ウェバー(ドイツ)
    5 『資本論』カール・マルクス(イギリス)
    6 『イスラーム原理主義の「道しるべ」』サイイド・クトゥブ(エジプト)
    7 『沈黙の春』レイチェル・カーソン(アメリカ)
    8 『種の起源』チャールズ・ダーウィン(イギリス)
    9 『雇用、利子および貨幣の一般理論』(ジョン・M・ケインズ)
    10 『資本主義と自由』ミルトン・フリードマン(アメリカ)

    改めて、10冊を列挙してみると、宗教的・経済的思想が人を動かすのだが、それを広めるのに『本』という媒体が強い力を持っているのだなぁということに気付かされる。結果として、当該10冊が『世界を変えた』のだ。

    原書を読んでみたい。

  • わかりやすいし、歴史と経済の仕組みと思想と、そういうことだったんだ……!とガッコで暗記した知識が結びついて理解できました。

  • 博識になれます!
    世間さんの動きに疎いとか、政治経済に疎いとかいう皆さんは読んでみて良いと思います。
    私はそんな一人です。
    何より分かりやすくて、大変素晴らしい。

  • 世界を変えた、というほどなので、政治や宗教や経済に関する本が取り上げられている。今では当たり前になっている考え方の出どころがよく分かる解説だった。宗教や本が与える影響力の強さに圧倒された。
    さらりと説明しているので、普段あまりそういうものに触れていない人向けの本だと思う。

  • 1冊の本の存在が、世界を動かし、世界史を作り上げたことがたびたびある中で、本書は池上彰氏が取り上げた10冊の本の影響について紹介し、その影響について説明されている。
    「アンネの日記」「聖書」「資本論」「沈黙の春」など存在は知っているが読んではいない本についてあらためてその本の影響力、偉大さが伝わる。
    宗教と経済の観点についても触れられており、現在の経済や政治も影響されている点など理解を深められた。

  • アンネの日記からはじまり、聖書、コーランそして資本主義と自由へと進んでいきます。
    あまりそれらの本の内容を要約しているとはいえない。聖書やコーランの発行により、世界にどのようなことが起こったのか、ということを記している。
    この本を読んだから、聖書が読みたくなった、ということにはならないだろう。
    もし、この10冊の本で、気になる本があるのなら、新書か何かを買って読んだ方がよいと思う。

  • 聖書、コーラン、アンネの日記、道標、プロ倫、沈黙の春、ダーウィン、マルクス、ケインズ、フリードマンの要約。もともと雑誌の連載。Good read

  • 池上さんが選ぶ、世界に影響を与えた10冊を紹介している本。

    アンネの日記
    聖書
    コーラン
    プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神-マックス・ウェ―バー
    資本論-カールマルクス
    イスラーム原理主義の道しるべ
    沈黙の春-レイチェルカーソン
    種の起源-ダ―ウェイン
    雇用、利子および貨幣の一般理論-ケインズ
    資本主義と自由-フリードマン

    大きく分けて、宗教と経済、生物学(進化、環境問題)。
    多くの日本人は、ユダヤ教、キリスト教、イスラム教がどのように世界に影響を与えているか、知らないと思う。
    ぼくも知らない。
    なぜあんなに戦争が発生するのか、知らないことが多い。
    また、イスラム原理主義がテロを起こしているって聞くだけで、なぜというのは調べようとしない。
    これでは、日本が世界の人と仕事をするときに困る。
    東京オリンピックも大丈夫かって心配になる。

    読み終わって、そう感じた。

    面白かったのは以下。
    給料は、労働者の食事や住居費、加えて翌日元気になるための費用の対価って考え。(労働の再生産費)
    自分が作ったもの、サービスしたものの対価と思っていたけど、上記考え方だと、最低賃金はもう少し上げてもいいのかなって思う。

    あと、ガブリエルがムハンマドに神の教えを授ける際、アラビア語を話すムハンマドに伝えたってことは、アラビア語は神が選んだ言語だという見方。
    確かにそういう考えもあるよなーって。
    で、天国は涼しい木陰というイメージ。そりゃ、灼熱のアラビア半島の人にとって、天国とはそういう場所を想起させるよなーって。
    ジハードで死ぬと天国に行けるって考えも、僕からするといやいやって思う。
    女性がターバンかなんかで髪を隠すのは、美しいところは隠せ=髪は美しいという方程式から来ているとのこと。
    いろいろと思うことはあるけど、宗教ってそういうもの。

    マルクスの労働価値説(使用価値と交換価値)
    運命説(運命が決まっているなら、自分が天国に行ける人間だと信じるしかない、努力するしかない)
    遊びっぱなしの人は、働けば得られるはずの金を無駄遣いしているという考えがある。だから時間の浪費が罪。
    エジプトの神殿は、閑散期の景気対策。

    こんなところ。宗教的な本はもっと読まなきゃあかんと反省しました。

  • 一冊の本が世界を変える。死ぬまでに、あとどれだけ読めるかな。

  • 良本。アンネの日記など非常にためになる

  • <目次>
    はじめに
    第1章 アンネの日記
    第2章 聖書
    第3章 コーラン
    第4章 プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神
    第5章 資本論
    第6章 イスラーム原理主義の「道しるべ」
    第7章 沈黙の春
    第8章 種の起源
    第9章 雇用、利子および貨幣の一般理論
    第10章 資本主義と自由
    おわりに

    ***

    本書は、池上さんが文藝春秋から発行されている女性向け月刊誌のCREAに、10か月に渡って連載されたものをまとめたものです。
    電子書籍の普及や読書離れが進んで発行部数の減少、休刊、廃刊になる雑誌のニュースも絶えませんが、そんななかでもやはり本の持つ力というのはとてつもない強さを持っている、と氏は言います。

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    読んだ人が、内容に感動したり、感化されたり、危機感を抱いたりして、何らかの行動に出る。それによって人々が動き、ときには政府を動かし、新しい歴史が築かれていく。それによって人々が動き、ときには政府を動かし、新しい歴史が築かれていく。書物の持つ力は恐ろしいほどのものです。
    (はじめに p9)
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    そして、本書で取り上げている「聖書」や「コーラン」、「資本論」など、耳にしたことがある人は多いのに読んだことがある人が比例しないのは、『古くて読みにくい、分かりにくい』といった印象があるからではないか、と指摘しています。
    ので、この本は1冊1冊の内容を深く負ったものでも、世界を動かしたかをものすごく細かく説明した本でもありません。紹介する本を読んだことがない人が挫折しない程度に簡単に内容を紹介し、「我々の生活に関係あるんだな」と感じられる程度まで噛み砕いた影響を述べている、といったところでしょうか。

    個人的に今年に入って「コーラン」、そしてアメリカ史を建国から現代まで簡単ではありますが追っかけ終わったところだったので、とても面白く読めました。
    『イスラーム原理主義の「道しるべ」』は知らなかったので、実際に読んでみたいな、と思います。
    ダーウィンとマルクスが同時代の人と言うのも今更知りました。すごい時代だなぁ。

    個人的な発行年順のメモ。
    本書は話の繋がりの上で変則的な掲載順序になっていますが、実際に発行された年ごとに並べ替えてみるとそれもまた連関が分かるようで面白い気がします。
    年数は初版、発表年数。

    ・聖書
    ・コーラン
    ・アンネの日記(アンネ・フランク)1947年 オランダ
    ・種の起源(チャールズ・ダーウィン)1859年 イギリス
    ・資本論(カール・マルクス)1867年 イギリス
    ・プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神(マックス・ウェーバー)1904年 ドイツ
    ・雇用、利子および貨幣の一般理論(ジョン・M・ケインズ) 1936年 イギリス
    ・沈黙の春(レイチェル・カーソン)1962年 アメリカ
    ・資本主義と自由(ミルトン・フリードマン)1962年 アメリカ
    ・イスラーム原理主義の「道しるべ」(サイイド・クトゥブ) 初版1964年 エジプト


    その他、面白かったところは、
    ・日本で紙を使った生理用ナプキンが作られたきっかけは「アンネの日記」。(アンネ株式会社として「アンネナプキン」が1961年に発売。のち同社は1993年にライオンに吸収合併)
    ・『マタイによる福音書』と『ルカによる福音書』は、『マルコによる福音書』を参考にしながら書かれたという説が有力。また、それぞれ別にもう一つ資料を見て書いたらしい(見つかっていないので『Q資料』と呼ばれている)
    ・チェルノブイリはウクライナ語で「苦よもぎ」(ヨハネの黙示録に出てくる水源に落ちた星の名)
    ・使用価値と交換... 続きを読む

  • 一冊の紹介がさくっと読める分量でまとまっていて、読みやすかった。
    個人的にはアンネの日記についての紹介が興味深かった。

  • 【前書き】
    まず、タイトルの通り「世界を変えた10冊の本」とありますが、この10冊は「池上さんが選んだ」10冊です。
    実際、「世界を変えた」と言える本はもっとあるでしょう、とのこと。

    ------------------------------------------------------------

    タイトルにある「本が世界を変える」ということは、ある種の比喩です。
    実際は、本を読んだ人、それも「本を読んだ一部の権力者や指導者」がその本の内容に影響を受け、政治や政策をおこない、結果として、歴史が築かれていく、つまり「世界が変わる」ということです。

    ということは、このような「世界を動かす級の超ベストセラー本」の影響範囲は、学会や研究の場、有識者だけにとどまらず、結果的には「本を読んでない人」にすら影響を及ぼすと言えます。

    例えば、具体例をひとつあげるなら「ダーウィンの進化論」。
    人間が神によって作られたと信じられてきた考えを一掃したベストセラー本です。

    「進化論」とは、人間を含むあらゆる生物は「自然淘汰」により、環境に適応したものこそが生き残っていくという生物進化の理論のことです。

    この「社会に適合したものが生き残る」という考えのねじれた解釈が広まり、虐殺や差別という悲劇を生んでしまったのが、ヒトラーの選民思想や、黒人差別の思想です。
    それらの思想は、この「進化論」を「優れた者が自然に生き残る」と解釈してしまい、社会的な生き物である「人間」に当てはめてしまった。

    結果、「進化論」を読んでいない人達すらその思想に先導されてしまい、悲劇の歴史を刻んでしまいました。
    その他にも、今のイラクやイスラムの戦争や紛争のもとは、聖書とコーランの思想の対立でもあるといえます。

    つまり、「世界を変えた」といっても必ずしも「良い方」に変えたとは言い切れないようです。

    ------------------------------------------------------------

    ということで現代社会、我々が意識せずとも、既にもっている当たり前の「考え・思想」というのは、
    実は自分心の考えでなく、これらのような本の影響を受けた、先人や指導者の思想なのかもしれません。

    大衆の気づかないところまで「浸透する」からこそ、「世界を動かした」といえるのでしょう。
    そういう意味では、「歴史を作り上げてきた本」ともいえます。


    そんな、歴史を作り上げてきた10冊の本、すべての原著を読むには時間がない!という方は、この「世界を変えた10冊の本」を読んでみましょう。

    概要をざっくり知るだけでも、勉強になることが多いと思います。

全111件中 1 - 25件を表示

世界を変えた10冊の本 (文春文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

世界を変えた10冊の本 (文春文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

世界を変えた10冊の本 (文春文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

世界を変えた10冊の本 (文春文庫)の作品紹介

本当に「知力」が身につく名著の読み方

『聖書』『資本論』から『アンネの日記』まで。池上さんが世界史を見渡し、10冊を厳選。その内容と歴史的位置づけを徹底解説。

世界を変えた10冊の本 (文春文庫)の単行本

世界を変えた10冊の本 (文春文庫)のKindle版

ツイートする